江戸のまちにタイムスリップ

2017年04月29日
今日は国民の祝日「昭和の日」。昭和天皇の誕生日の今日は、天皇崩御により
「みどりの日」として制定されたが、国民の祝日に関する法律の改正(2007年)に
よって「みどりの日」は5月4日に変更され、新たに「昭和の日」となった。

今月から「タイムスリップタクシー」と名付けられたタクシーが都内を走っている。
大名屋敷や寺院などを描いた古地図に基づき、都内の歴史スポットを案内する
タクシー(日の丸リムジン)で、訪日外国人や歴史ファンの話題を呼んでいるとか。

タブレット端末のGPS機能を使い、古地図に現在地や走行ルートを表示。
特定の場所でタブレットをかざすと江戸時代の風景、風俗を描いた浮世絵や
コンピューターグラフィックス(CG)で再現した建造物などが鑑賞できるという。
音声は日英中韓の4カ国語に対応。

    江戸城
               江戸城跡   千代田区

東京駅前から皇居を一周して築地や日本橋をめぐる「江戸城コース」(1時間、
2人乗り5千円)では、大名屋敷が立ち並ぶ丸の内を出発し、皇居に向かう。
辰巳櫓、正門の大手門、11代家斉・15代慶喜将軍の一橋家、平川門、そして
江戸時代の観光スポットであった江戸城天守閣のVRを眺める。

         江戸時代の地図 千代田区        
        「この附近の江戸時代」(日比谷堀 和田倉門 ・・・)

九段、清水家の清水門、武道館が建つ田安家の田安門、靖国神社、英国大使館、
半蔵門、最高裁判所、国立国会図書館、井伊家、桜田門外の変があった桜田門、
海だった日比谷入江、大岡越前が勤めた南町奉行所、歌舞伎座、築地本願寺、
与力や同心が住んでいた八丁堀、土佐藩があった国際フォーラム、東京駅八重洲、
遠山の金さんで有名な北町奉行所を経て、五街道の起点だった日本橋がゴール。

     八丁堀
         「八丁堀の与力・同心 組屋敷跡」    中央区

江戸城は、太田道灌が築いた城。当時の江戸城は麹町台地の東端にある平山城で、
その規模は非常に小さかったという。豊臣秀吉の田原攻めにより北条氏が滅亡、
徳川家康が関東に移封となり、段階的に改修されて日本最大の城郭となった。
皇居だけでなく千代田・中央区のほぼ全域が江戸城といっても過言ではないという。

江戸時代のままの田安門、清水門、桜田門が国の重要文化財に指定されている。

    田安門
              田安門     千代田区

内郭の石垣はほとんどが江戸時代のまま。数多くあったという江戸城の櫓も
度重なる火災や地震により、残るのは伏見櫓、 富士見櫓、桜田巽櫓の3基のみ。
いずれも小さなお城の天守ほどの大きさがある。
    
      巽櫓
              桜田巽櫓(辰巳櫓)  千代田区

家康が造った慶長の天守、それを壊して秀忠が造った元和の天守、さらにそれを
壊して家光が造った寛永の天守、いずれも当時国内最大の規模を誇った。
寛永度天守の高さは45m、天守台の高さは14m、ほぼ20階建てのビルに
相当する巨大なもの。面積は姫路城の約2倍、体積は約3倍。ちなみに、大阪城の
天守の高さは30m、姫路城天守が31mほど。

江戸260年のうち最初の50年間、聳えていた天守だが、「明暦の大火」で焼失。
焼失後すぐに再建に取りかかり、天守台の石垣は加賀藩前田家の寄進により
造られた。しかし当時の将軍後見役で、家光の異母弟、会津藩主の保科正之が
「被災した人たちの救済と江戸の街の再建が先。今は天守再建の時にあらず」
と、築城工事が見送られた。すでに戦国の世は遠く、もはや天守によって幕府が
天下を威嚇する時代ではないとの保科正之の考えがあったと言われている。

江戸城の天守を再建する会(NPO)は、寛永の天守(木造)再建を目指している。
旅・散策

健康ステーション

2017年04月28日
最近とみに歩幅が狭くなり、歩く速度が遅くなってきたことを自覚している。
歩幅、歩く速度は健康のバロメーター。分速48mより遅くなると、認知症や
介護のリスクが高まるという。歩く速さを測れるアプリが開発されているという。
普通に歩く速さの1日の平均速度(30m程度をまっすぐ)などを測定するアプリ。
「インフォデリバ」という歩幅計測アプリが開発されているという。このアプリを
組み込んだアンドロイド端末が5月以降に販売される予定だとか。

このごろとみに歩くのが遅くなっていると感じる。歩幅も狭くなっている。
先日、大岡山駅のホームのタイルに「歩幅チェックステッカー」を見つけた。
「ご自身の歩幅を計ってみしょう!」と、聴診器を持つ「のるるん」が立っている。
350cm先まで「160cmの女性」のサンプルの足あとがあった。隣ホームには
男性のがあるのだろう。柱には「一般的な歩幅 身長-100cm」とあった・・・。

        歩幅チェック
 
駅のホームの上に東急病院がある東急線大岡山駅はかなりユニーク。
昨年秋から始まった「健康ステーション大岡山」プロジェクトは、東急線利用者の
健康づくりを応援するプロジェクト。           (健康志向の駅

     ホームドア
              ホームドアにも

以前からホームから改札口への階段の側面には、カロリー消費量やメッセージの
ステッカーが貼られていたが、全国から寄せられた700を越える作品の中から
選ばれたという応援メッセージが掲示されていた。さすがに東京都の人が多いが、
中には大阪府、愛知県、北海道などの作品もあった。
 
        健康階段
    -0.3lcal 「踏み出そう 健康づくりへ まず一歩」 北海道 男性 82歳
 
「健康啓発ポスター」 駅構内の待合室やトイレに健康に関連するポスター  
       啓発ポスター
     「肩こり 首こり解消のストレッチ」   「健康にやせる3か条」
              2016.9             2017.4

「自販機」にエネルギー表示 
      自販機
         ダージリン 0kcal ・・・ネクター159kcal

ほかにも「LAWSON+toks」は「NATURAL LAWSON+toks」に(女性向きに改装)
「東急病院1階にラウンジスペース」(健康関連のパンフ)など。

気になっていた「歩幅」だが、「一般的な歩幅 身長-100cm」と書かれていたが、
これだけではよくわからない。調べてみると、
女性の場合は、「58.2cm以下が狭く、65.1cm以上が広い」とされているとか。
男性が普通に歩いた場合の歩幅は、「62cmから70.5cm」
とある。

歩幅は、ゆっくり歩く場合「 身長×0.37 (もしくは2分)」
普通に歩く場合は「身長×0.45 (もしくは2.5足分)」
早歩きだと「身長×0.50 (もしくは3足分)」


以前、東急病院にかかっていた時期はよく大岡山駅を利用したが、東工大構内に
お花見、タイサンボクなどのスケッチなどをのぞけば、最近は乗り換えのときや
E病院への送迎バス利用のためがほとんどになった。
年齢もあるだろうが、わが歩幅は、この平均値より歩幅は狭いことがわかり、
かなりショックを受けた。階段を避けてエスカレーターを利用することが多くなった。
「階段はお気軽手軽な無料ジム」(大阪府 66歳 女性)・・・。
そういえば、最寄りの駅、4駅とも階段は数段しかない。「健康ステーション」の
大岡山駅のほかにも階段はある。せめて乗換駅では、階段を利用しなくては!
旅・散策

ついに3台目

2017年04月27日
昨年のカメラに続き、購入後わずか1年半のラジオ付ICコーダーを失くした。
この数年はテレビはめったに見ない。ラジオの生活がつづいている。
ごんさんはテレビオンリー。埃をかぶっていたミニコンポも2階へ持ってきたので、
3部屋それぞれにラジカセかミニコンポが置いてあるほか、机の横にもラジオ
(ICコーダー付)を置いて、メモ代わりに録音することも多く、録音したファイルが
たまるとPCに移して整理している。

出かけるときはバッグに入れていく。イヤホンはバッグに入れっぱなしで、
車内では語学講座やラジオで録音したものをきくことも多い。そんなラジオを
持ち歩く生活が6年つづいている。

そんな中、置き忘れたのか、盗られたのか、なくてはならないものを失くした。
どこでどうやって失くしたのか、心当たりは探したが見つからなかった。
1週間、迷いつづけた。新たに購入するか、シンプルな携帯ラジオにするか、
外出時にはタブレットできくか、ウォークマンにするか、それとも、りんりん
あげた1台目のICコーダーを返してもらうか・・・?      (有難いもの

    1台目
                 SANYO (1台目)
  
この1台目は、3.11直後購入、4年以上使ったが、彼はほとんど使っていない。  
結局、2台目のAM・FMラジオ付ICコーダーとまったく同じものを購入した。
使用書と保証書などを出して比べてみると、1年半前とまったく変わらないが、
領収書をみると約3千円も値上がりしていた。つくづく失くしたことが悔やまれた。
何といっても本体がなければ使用書やスピーカーが残っていてもどうにもならない。

        3台目
               SONY (2台目、3台目)  
 
      使用書

それにしても、いざというときに家電製品などの保証書のしまった場所が
わからずに困ることも度々、といったことは多いらしい。スマホで登録、
活用できるスマホの無料アプリ「Warrantee(ワランティ)」が気になっている。

スマホで、簡単な作業で製品を登録すれば、購入店・購入日などを管理でき、
保証を受けとれる。また、修理や個人情報や製品の型番など伝える必要なく
中古査定に出したり、改修依頼をでき、大きな家電もワンクリックで業者に
回収依頼できるとか。

新しく購入したICコーダーや昨年のプリンターあたりから、「Warrantee」を
使ってみようかと思うが、この頃そういったことが面倒になってきている。
つれづれ

都市鉱山から五輪のメダル

2017年04月26日
2020年東京五輪に向けて、不要な携帯電話やスマートフォンなど小型家電を
収集してリサイクル金属を抽出し、約5千個の金・銀・銅メダルを製作する計画
「都市鉱山からつくる! みんなのメダルプロジェクト」が始まったという。

6年前の東日本大震災や原発事故の被災者救済や復興は不十分なまま
五輪関連の事業が急ピッチで進められているのは理解に苦しむ。ボストンの
ように、膨らむ開催費用を考慮して五輪招致を止める都市も増えるときくが、
東京に招致したことに驚き、決定してからの複雑な思いは今もつづいている。
だが、このプロジェクトは「東京五輪のためにメダルを製造するだけでなく、
大会後にも持続可能な社会の実現につながる」ようなので協力できそうだ。

日本国内の小型家電に含まれる金の推定量は約6800㌧ともいわれ、これは
世界の埋蔵量の16%分に匹敵する。銀は22%分で、どの天然鉱山資源国をも
凌ぐ世界有数の「都市鉱山」資源国だとか。
「都市鉱山」とは、こうした金属を含む廃家電を鉱山資源とみなした表現。

メダルに使われる金属はこれまで鉱山会社の寄付などで調達してきた。
過去の大会でも原材料の一部にリサイクル金属を含むメダルが作られたことは
あるが、メダル製作を目的に小型家電などを回収をした例はないという。

    破砕前
     破砕を待つケータイとスマホ     ドコモショップで

計算上は現在の回収量でメダルは作れるとはいえ、都市鉱山から得た金属の
多くはすでに電子部品の材料として再利用されている。特に銀は需給が逼迫、
メダルに回せる分を確保できるかは微妙だとも。

回収にはNTTドコモや一般財団法人の日本環境衛生センターなどが協力。
ドコモ販売店では年間300万台以上の携帯電話やスマホを回収しているとか。
800万台分あれば必要な金と銅は十分に賄える見通しで、銀は不足するが、
余った金と銅を換金して銀の購入費用に充てる計画だとか。

ドコモショップでは携帯電話、スマホのみの回収。1台前のタブレットまでずっと
ドコモ製品。買い替えの度に回収していたが、なぜか1台残っていたケータイと
スマホはドコモショップへ持って行った。ドコモは目の前で携帯電話破砕工具
(ケータイパンチなど)で、破砕処理を行ってくれるので安心。

          破砕
                  破砕の瞬間   

国内で年間65万㌧の小型廃家電が発生するが、この法律の仕組みで回収
できているのは10万㌧に満たないとされる。環境省の定める小型家電の回収
目標は、人口1人当たり年間1kgだが、0.1kg に満たない自治体が多いとか。

ちなみにPCのマザーボード1枚から抽出される主なレアメタルは、金0.11g、
銀約0.42g、銅約258.3g、パラジウム約0.12gで、金の延べ棒(1㎏バー)
1本作ろうとした場合、マザーボード約9090枚分が必要となる計算。

4年前に始まった小型家電リサイクル法。自治体と認定リサイクル業者が連携し、
廃家電を回収し、リサイクルへの関心を高め、回収量を増やすことが必要だが、
現状は役所に回収箱を設置するだけがほとんどだという。

調べてみると、大田区は回収箱の設置はなく、まだ、宅配回収のみだったので、
「日本環境衛生センター」に、国認定の宅配回収事業者(「リネットジャパン」)を
きいて、PC、デジタルカメラ2台、国語辞書の(無料)回収を申し込むことにした。
旅・散策

わが庭の「かご猫」

2017年04月25日
土鍋の中で身を丸くして眠る猫の様子を撮影した動画コンテンツ「ねこ鍋」が
テレビなどマスメディアに盛んに取り上げられてから何年も経っていたが、
わが庭では「カゴ猫」がよく見られるようになった。あるとき、カゴを干していたら
猫たちが入るようになり、よほど気に入ったのか、窓を開けても気づかないほど
ぐっすり眠っていることも度々。 以来カゴは彼らのものとなった。(冬日和

2014.10
   2014.10
            トラ     2008.5生れ     アミ
2014.11
         11.2311:46
               入ろうと思ったら・・・
         11.23
       11.2311:47
               妹のトラ   やさしい兄ケシ

        11.2413:49
        11.2413:51
         11.2414:29

2015.11
       2015.11
                     ケシとトラ
2015.12  
        2015.12

2017.2   
    2017.2
           クク                   トモ 

2016年夏、トラが逝って、かごはククトモが入ることが多くなった。
トモだけがわが庭で生まれた猫ではないが、ククと共に南側に移ってきた。
4匹の中でもっとも警戒心はない。
猫・動物
 | HOME | Next »