FC2ブログ

女性専用車

2011年04月30日
4月になると、震災後、一時中止されていた「女性専用車」が再び走り出した。
女性専用車両は、公共交通機関において、原則として女性だけが利用できるように
なっている車両。
日本における女性専用車両は、戦前(明治45年)に東京の中央線で朝夕の通勤通学の
ラッシュ時間帯に登場した「婦人専用電車」が最初だというのには驚いた。
この「婦人専用電車」は、男性と女性が一緒の車両に乗るのは好ましくないという、
当時の旧弊な考えで導入されたものの、短期間で廃止された。

ときどき利用するJR京浜東北線に、中央線の「婦人子供専用車」につづき導入されたのが、
戦後まもなくだというが、短期間で廃止されたという。
中央線では朝の通勤・通学ラッシュ時間帯での運行が継続されていたものの、1973年、
当時の敬老の日から導入された「シルバーシート」(優先席)と入れ替わる形で廃止された。

2000年代になると、車内における迷惑行為や痴漢行為が社会問題として大きく取り上げられ、
このような状況を背景に、女性が安心して乗車できる事を目的として女性専用を謳った車両が
導入され始めた。京王線に女性専用車両が導入され、その後、他の鉄道会社に徐々に広がり
始めたという。

    ホーム

東急東横線・みなとみらい線(相互乗り入れ)特急、急行などの全区間に「女性専用車」が
導入されたのは、6年前だが、翌年、問題が生じたため、昼間の女性専用車両はなくなった。

女性専用車両は、根本的解決策ではないが痴漢対策に役立っているが、様々な問題がある。
専用車両を男児及び身体障害者の男性も利用できるとしている鉄道事業者が多いが、
一般には認知度が低く、男性視覚障害者が女性専用車両と知らずに足を踏み入れて
冷たい言葉を投げ掛けられたり、男児や身体障害者とその介助者が乗車できない事業者、
条件付きで男性の利用を認めている事業者もあるなど、統一されていない。(Wikipedia)

    車内
    「がんばる女子のハッピーバレンタイン」    iPadに夢中  JR京浜東北線で

女性専用車両は比較的空いている事から、痴漢を避けるためではなく、単に座席確保を
目的にした女性客が利用する場合もあるとの批判もあるらしい。
朝のラッシュ時に目にしたのは、網棚にコートを置き、iPad(アイパッド)に夢中の女性だった。
女性限定の広告スペースとなることもあるようだ。
2月、女性専用車両に乗ったら、1両すべての中吊りが女性向けのポスターだった。
つれづれ

白山吹

2011年04月29日
今日は「昭和の日」。昭和の時代には「天皇誕生日」だったが、昭和天皇崩御により、
「みどりの日」となり、2007年、多くの国民の要望を受けて「昭和の日」になった。

シロヤマブキ   バラ科  シロヤマブキ属  
           学 名  Phodotypos scandens Makino 
           原 産  中国 朝鮮半島 日本

           白山吹

シロヤマブキは岡山県の石灰岩地などに自生する落葉の低木。氷河時代、朝鮮半島と日本が
ほぼ陸続きであった時代に、日本にも分布した植物の1つであると考えられている。

実生でよく発芽し、3年目に開花する。短枝に頂生で白色の4弁の花を咲かせる。
8月頃、1つの花に光沢のある純黒色の実を4個ずつつけ、翌春まで残る場合がある。

30年近く前、シロヤマブキを挿し木したところ、うまくついて、毎年、4月の終わり頃に
白い花を咲かせるようになった。
2年前に庭の奥にあった樹を門の近くに移植したら、今では2m以上の大きな株になった。
出入りの度に目をやるせいか、花もたくさん咲くようになった。大好きな花の1つだ。

    白山吹
        
シロヤマブキは図鑑ではヤマブキの隣に記載されているとはいえ、詳しく見ると
共通点はあまり感じられず、バラ科の中の異端者といったところだとか。

ヤマブキは北海道、本州、四国、九州に分布する。ガクも花弁も5枚で、色は山吹色。
シロヤマブキの葉は対生なのに対し、ヤマブキは互生して付く。

山吹 八重山吹
     ヤマブキ  ヤマブキ属               ヤエヤマブキ

山吹で思い浮かぶのは、大田道潅の「山吹伝説」。
父をたずねて(鷹狩の途中という説も)越生(おごせ)の地に来た道潅は、にわか雨に遭い、
近くの農家で簑を借りようと立ち寄った。そのとき、少女が出て来て、1枝の山吹を差し出した。
その意味がわからずに「花を求めたのではない」と不機嫌のまま帰館した道潅は、後にこの話を
家臣に話したところ、「七重八重 花は咲けども山吹の 実の〈簑〉一つだになきぞ悲しき」という
後拾遺和歌集の歌で返答したのだと教えられる。
道潅は自分の無学を恥じ、それ以来、歌道に励み、ついには歌人としても名をなしたという。

この時の花は八重咲きのヤマブキ。山吹に限らず、八重咲きのものは、しべが花弁に変化して、
受粉が困難になるために、実がならないものが多いそうだ。

山吹伝説の舞台となったとされる「山吹の里」は、埼玉県越生町の越辺(おっぺ)川に架かる
山吹橋を渡ったところにあり、現在は、歴史公園として山吹の花が約3千本植えられており、
4月中旬~下旬頃にかけて見頃となる。
植物など

「風景印」 目黒区 Ⅳ

2011年04月28日
下目黒局
 下目黒不動堂
     龍泉寺 前不動堂 灯籠                  前不動堂

龍泉寺は、一般には目黒不動尊の通称で呼ばれる。江戸三十三箇所第3番札所。
江戸五色不動の1つとして、江戸城守護、江戸城五方の方難除け、江戸より発する
五街道の守護に当てられ、江戸随一の名所として多くの参詣客で賑わった。
五色不動は、目黒不動尊(龍泉寺)、目白不動尊(金乗院)、目赤不動尊(南谷寺)、
目黄不動尊(永久寺)、目青不動尊(教学院)。青木昆陽の墓があることでも知られる。
また、目黒不動は、谷中感応寺、湯島天満宮とともに富くじが許された寺社でもある。

不動堂(前不動)は、江戸時代中期の仏堂建築として、当時の姿が残されていることから、
「東京都指定有形文化財」に指定されている。江戸名所図会も描かれている。
 

目黒三局
  目黒三 鷹
      茶屋坂の清水碑 鷹          鷹   (浜離宮 放鷹術会場)           

JR目黒駅を降りると権之助坂があり、途中から北に向かい三田春神社を過ぎると、
茶屋坂の間に爺々が茶屋(じじがちゃや)跡がある。江戸時代、この茶屋では
湧き出る清水で茶をたてていたが、第二次大戦後、清水は涸れたという。
  
         茶屋坂と碑
               茶屋坂           茶屋坂の清水碑

ここは、江戸から目黒に入る道筋の一つで、三代将軍家光や八代将軍吉宗が
鷹狩りの度に休み、目黒不動に参詣したとする伝承がある。
落語『めぐろのさんま』は、この茶屋を舞台に創られたものという。


目黒四局
  目黒四  競馬場跡
      目黒競馬場跡記念碑                目黒競馬場記念碑

銅像のモデルは初期のダービー馬を多数輩出した種牡馬トウルヌソル号。
1907年、目黒競馬場が開設され、1932年に日本ダービーも開催された。
だが、存続自体が難しい状況に追い込まれて、翌年、府中競馬場に移転した。
  
       カーブ
                   残るカーブ

競馬場の跡地は住宅地になっていて、外周道路の一部が路地になって残っている。
以前、目黒通りを走るバスに乗ったことがあるが、「モトケイバジョウ前」というアナウンスが
ピンとこなかった。それが「元競馬場前」、目黒競馬場跡地だと知ったのは大分後だった。


三田局
  三田 写真美術館
       東京都写真美術館 カメラ             写真美術館

東京都写真美術館は、恵比寿ガーデンプレイス内にある写真・映像専門の公立美術館。
この美術館で開かれた「紫禁城 写真展」を見に行ったのは、2008年春だった。
そのとき購入した「紫禁城 写真展」の写真集を久しぶりに開いてみた。
清朝末期、紫禁城の建造物を詳細に写真撮影した日本人写真師の写真を元に、
現代の中国人写真家が当時とほぼ同じアングルで捉えたモノクロの「紫禁城」だ。

写真展に行くことはめったになかったが、あの頃は「北京」に夢中だった。
まだ北京オリンピック前のことだ。ちょうど4月半ばから始まった世田谷市民講座
「北京 皇都の歴史と空間」の受講を始めて間もない頃だった。
世田谷区の図書館に貼ってあった「市民講座」の案内に、倉沢進先生の講座を見つけ、
区民ではない私と区内在住のSさんと2人で申し込んだ。
毎週水曜日、7月半ばまでの3ヶ月間、1時間以上かけて松陰神社前(東急世田谷線)の
市民講座会場に通ったことを懐かしく想い出す。
旅・散策・イベント

「絆」という字

2011年04月27日
「絆」という文字が気になり始めた。
震災後、ラジオやテレビで絆-きずな-プロジェクトという言葉を耳にするようになった。
これは、JNN・JRN(TBSなどのJNN系列のテレビ局・JRN系列のラジオ局)が
被災者の声に耳を傾け、総力を挙げて全国へ支援の輪を広げるというもの。

「絆」の語源は、犬などをつなぎとめる手綱。
これが転じて、「断つことのできない人と人の深い結びつき」の意味で使われる。
「絆」の読み方は、「きずな」と「ほだ(し)」の2通り。
通常、「きずな」と読まれて、深い人間関係を好ましいと捉える。
一方、「ほだし」は深い人間関係を「束縛」と捉え、全く逆の意味となる。

『大辞林』には、
「きずな」    ①人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。
          ②馬などの動物をつないでおく綱。
「ほだし」は   ①人の心や行動の自由を縛るもの。自由を妨げるもの。
          ②馬の足を繋ぎとめるための縄。
          ③手かせや足かせ。ほだ。
「ほだされる」  ①情に引きつけられて、心や行動の自由が縛られる。 
           ②身体の自由を束縛される。


東日本大震災から1ヶ月となった日、日本政府は世界各国の主要紙に菅首相の「絆」と題する
メッセージを掲載して、支援してくれた世界各国・地域および人々に感謝の意を表したという。

以前、中国語の「絆」という漢字は、日本語の「きずな」のような温かい人間関係といった
意味合いでなく、マイナスイメージが強いということを聞いたことがある。
中国の『人民日報』ではどう訳されたのだろうか。少し気になって調べてみると、
「絆」は「纽带 niǔdài」と訳されていた。「纽带」は、「紐帯(ちゅうたい)、
きずな(ボタンや紐のように)2つのものを結び付ける作用をするもの」(『中日辞典』)
日本語の「絆」のような人と人との温かい人間関係という意味にはならない。
そのためか、「纽带」の下に「情誼紐帯」と書かれている。

中国語で「きずな」は何というか、『日中辞典』を引いてみると、
       ①(馬などをつなぐ綱)    羁绊 jībàn      
       ②(離れがたい結びつき)  纽带 niǔdài 
        (血縁、愛情などの)    羁绊 jībàn
       ③(束縛)            束缚 shùfù

そして「绊 bàn」という漢字は、『中日辞典』には、
       ①絡みつく、邪魔をする。       
       ②足を掛ける、足を掛けて倒す;(物が人を)つまずかせる、倒す、転ばせる。


  切手

自分の子どもに「絆」という名前をつけたが、その子が大きくなって中国へ行ったら
困るのではないかという親もいるそうだ。そんなことを今から心配する必要はないと思うが、
同じ漢字でも、中国と日本では意味の違う単語は少なくない。
中国語学習を始めて、「手紙」はトイレットペーパー、中国語で手紙は「信 xìn」ということ、
「切手」は「邮票 yóupiào」で、「切手」は、文字通り「手を切る」ことになってしまうと
知って驚いた。

その後も、湯、愛人、老婆、告訴、勉強、念、花、松など、今、思いつくだけでも日中で
ずいぶんと意味が異なる単語があることを習った。
     
       大黒湯
              「大黒湯」  目黒区
         
そういえば、日本留学中の中国人張君が、街の銭湯「大黒湯」を見て驚いたという話が
テキストに載っていた。彼は「真っ黒いスープ」を連想したのだ。
中国語の「汤 tāng」は、スープや煮汁の意味。(お湯や温泉の意味もあるが)
また、「爱人 àiren」は、夫、妻、配偶者または恋人で、日本語の「愛人」の意味はない。
       
     「老婆 lǎopo」     女房、妻
     「勉强 miǎnqiǎng」  強制する、無理に強いる、渋々だ
     「念 niàn」         ①心にかける、懐かしく思う 思い、考え 
                    ②声を出して読む 勉強する 
     「花 huā」          使う、消費する (花、花火、模様などの意味も)
     「松 sōng」        ①緩い、締まっていない  
                    ②緩める、(力などを)抜く、放つ 
中国・中国の旅

「断捨離」は難しい

2011年04月26日
このところ、「ダンシャリ(断捨離)」ということばをよく耳にする。
書店では「断捨離」関係の本が何種類も並べられ、「断捨離」ブームが起きている。
10年ほど前、ひとりの主婦が提唱し、ブログを通して広がったというが、
これは、不要なモノを断ち捨てることで、モノへの執着から離れて、身軽で快適な生活を
手に入れようというもの。身の周りがすっきりすると、心もすっきりする。
自分を取り戻して、前向きな自分になる、人生の大掃除のようなものだとか。
 
『わくわく どきどき』(瀬戸内寂聴 著)に、こんなことが書いてあった。
悲しい過去は思いきって切り離し、しっかりと前を向いて歩いていこう。切り離すとは、
その場所に留めておいて、今の日常生活の中に持ちこまないこと。切り捨てるのではないと。
現代を生きるためには、こうした「断る」「捨てる」技術、知恵が必要になるのだろう。
こうしたことを実行する人を「断捨離アン」というらしい。 

私は模様替え、整理、収納が得意だし大好きだ。そして、不要なものは捨てるばかりでなく、
毎月バザーを開く知合いに送っている。模様替えや部屋の移動の度に整理するため、
随分と減っている。そう思っていたのだが、いつの間にか、モノは増えていることに気づいた。
衣類はかなり減らせたが、父の使っていた文具類は捨てられずにいるし、私も好きなため、
文具類は減らない。
何しろ、収納が上手なため?、入れ方を工夫すると結構、何でも収まってしまうのだ。
また、今に始まったことではないが、ファイルの増え方が半端でない。  (趣味のうち
ファイルそのものが100円で買えることがいいのか悪いのか・・・。

           本棚 2010.3
                  入れ替え前の本棚

机の周りに並んだファイルや本に囲まれて溜息をつくこともしばしばだ。
4年前に亡くなった父の遺品整理の大変さを思うと、娘や息子たちには全く関心がない
本やファイルなど私のモノなど、簡単に処分できるだろうと思ってみたり、そんなモノを
片付けるのに、忙しい彼らに無駄な時間を費やさせたくない。

     整理中

実は、このブーム以前にも何度か「断捨離」を試みたがダメだった。
先月、たまたま目にした『老前整理』(坂岡洋子 著)を購入して、一気に読んだ。
これから楽しく充実した人生を送る上で、本当に必要なモノだけを取捨選択する力を
身につけること、そのためにはまず頭と心を整理することだ
」という。
これまでの整理法は、モノの片づけだけに主眼を置いて来たために、いつまでたっても
片づけられなかったという人も多いのだとか。気力、体力ともに充実しているうち、
すなわち老いる前にきちんと整理することが大切だとも。

ごんさんは定年退職後、身の周りの整理をした。今思うと「断捨離」をしたのだった。
背広は「これで十分」と1,2着だけ残し、年賀状などのお付き合いの整理、棚卸しをして、
会社員生活からきっぱりと足を洗った。
もっとも、ほかにサイズが合う背広がなかったのかもしれないが。

「老前整理」はダイエットに似ている。急激なダイエットにつきものなように、
リバウンドは起きるのだそうだ。少しずつ、無理せずにやっていくことが大切らしい。
私は一気に整理、収納したいタイプだ。リバウンドが起きるわけだ。
ちょうど1年前、2階の部屋から父の書斎だった部屋へ移ったときには、
さすがに片づけにひと月近くかかった。しばらくは快適な部屋だったのだが・・・。
1年経った今、ますます、モノが増えている。

『老前整理』によれば、片づけには「気力・体力・判断力」が必要だ。
今年こそ「老前整理」ならぬ「老中整理」を始めようと思っていた矢先の大地震。
壁に掛けていた「京劇面」の1つが落ちて欠けたり、本が数冊落ちた程度だったが、
地震の被害を少なくするためにも、「断捨離」は急がなければならない。
つれづれ

あ~ きもちいい~!

2011年04月25日
体中で春になった喜びを味わうクク。思い切りストレッチをする。

1.2.3

4.5.6

これ以上、地震は起きないでほしい。放射線も浴びたくない。
きれいな空の下、思いっきり深呼吸したいものだ。

動物など

銅像 石像  モニュメント

2011年04月24日
街を歩いていると、いろいろなモニュメントの人物像を見かける。有名人から名もない
少女や少年たちまで、この2年間だけでもずいぶん多くの人と出逢ったものだ。

   勝 龍馬 西郷
        勝海舟         坂本龍馬         西郷隆盛  
     隅田公園 墨田区      品川区        上野公園 台東区

軍艦奉行の勝海舟は、神戸に海軍操練所を開いて幕臣や坂本龍馬を教育した。
戊辰戦争では幕府軍の軍事総裁となり、西郷隆盛と会見し、江戸城の無血開城を実現した。

勝海舟 (1823-1899)
3月はじめ、隅田公園を歩いていると、勝海舟の銅像が目に入った。
勝海舟夫妻のお墓は大田区洗足池畔にあるが、生れたのは、墨田区本所だと知った。
「生誕の地の碑」は両国公園内。

坂本龍馬 (1836-1867)
旧東海道品川宿の立会川付近は、土佐藩の下屋敷があったところ。
坂本龍馬が江戸で過ごした青年期は、ペリー来航に続く「黒船」騒動の渦中だった。
藩の命を受けた龍馬が警備についた浜川砲台が立会川にあったことが明らかになった。
龍馬像は高知県から寄贈されたという(2004年)。

西郷隆盛 (1828-1877)        (風景印 台東区Ⅰ


      野口 夏目
    野口英世  上野公園 台東区         漱石公園 新宿区 

野口英世  (1876-1928)            (ただいま工事中 Ⅲ)  
夏目漱石   (1867-1916)            (風景印 新宿区 Ⅱ)   

     寺
      弘法大師           日蓮上人          開基 松雲元慶  
     増明院 大田区       本門寺 大田区        羅漢寺 目黒区 
    
     
新聞少年と 赤とんぼの碑
   
     「新聞少年」         「未来をみつめる少年」       「赤とんぼの碑」    
  有栖川宮記念公園 港区                  三鷹市商店街      
      
有栖川宮記念公園は、もとは忠臣蔵で有名な浅野家の下屋敷。現在、区立公園になっている。
「新聞配達の少年」像は、働く少年の保護育成活動の推進する新聞協会などによって、
各地に建てられたという。

「未来を見つめる少年」のモニュメントには、『この世に生きているものは、なんらかの意味に
おいて、太陽に向かって、手をのばしていないものはないと思います。 有三
』と刻まれている。
「赤とんぼの碑」は、三鷹市と深いゆかりのある三木露風の童謡「赤とんぼ」に因んだ像。

本門寺 駅 1019no7.jpg
     「もみじ小僧」             「小便小僧」            「少女と雀」 
     本門寺 大田区         JR浜松町駅ホーム      雀のお宿公園 目黒区

昨年9月、浜松町駅(山手線外回り・京浜東北線)ホームに「小便小僧」を見つけた孫りんりん
1電車遅らせて、一緒に記念撮影することになった。お祭りのハッピ姿だ。
10年間の衣裳が「JR浜松町駅小便小僧 ギャラリー」というサイトに載っていたのには驚いた。

歯科医によって寄贈された(1952年)「小便小僧」は、毎月、ボランティアグループの手で
新しい衣装に着替えているという。この着せ替えは、火災予防運動に防火のPR用の衣装を
作ってほしいという芝消防署の依頼をきっかけにして始まった(1986年)のだとか。
小便小僧の誕生には諸説あるが、本家本元はベルギーで、戦争のとき、悪童ジュリアンが
爆弾の導火線に小便をかけて消し、町を救ったという逸話が知られている。

 オペラシティ  巨大モニュメント
      「Singing Man」               オペラシティ  新宿区 
旅・散策・イベント

なわとび

2011年04月23日
先週、孫娘たちと過ごした2日間、室内でケーキ屋さんごっこ、オセロゲームなどで遊んだが、
3時過ぎ、姉のゆうゆうは近所の小学生たちと一緒に縄跳びに興じた。 (春の午後
毎年秋の保育園の運動会では、年長さんたちが縄跳びを披露するが、交差跳び、二重跳びなど
が出来る子もいたり、実に見事な腕前を披露してくれる。年長になったゆうゆうは、
10数回つづけて跳べるようになり、今年の運動会に向けて、目下、二重跳びの練習中。 

一方、小2になった孫りんりんの腕前は、2歳違いの従妹ゆうゆうとほとんど変わらない。
幼稚園時代、苦手だと思ったのか、ほとんど練習しなかったらしく、小1の冬、体育の授業が
縄跳びになったときに、皆のように跳べないことがはっきりした。できないことが悔しいと
思ったようだが、努力をせずにいて、情緒不安定になっていた。

わが家でも縄跳びの縄を用意して、彼が来たときに教えるようにしたが、うまく跳べないため、
すぐに疲れたと放り出してしまう。彼の自尊心を傷つけずに練習させなくてはならない。
まず頭で理解することが早道だと思って、探し出したサイトを参考にして、コツや図を
わかり易く書いたものをつくり、プリントして渡したり、来る度に練習させたりしていた。

     アミ                     
                アミに見守られて 特訓中のりんりん
            特訓中 2011.2
                
りんりんが1年前まで乗っていた水色の自転車にゆうゆうが乗ることになった。
今、水色は女の子に人気の色のようだ。そういえば、最近、水色のランドセルをよく見かける。
今月はじめ、ゆうゆうたちがりんりんの家に自転車を取りに来た。
りんりんも大分跳べるようになっていたが、ゆうゆうが上手に跳ぶのを見て、驚いたようだった。 
       
      姉妹 2011.4
          
あいあいも縄跳びを持ってピョンピョンしたり、自転車に乗りたがったりと、目を離せない。
りんりんは、こうくんのママの数時間の特訓で自転車に乗れるようになったそうだが、
どうも縄跳びは苦手のようだ。


    自転車
            2009.5            現在の自転車    2010.4

縄跳びのコツを調べていたとき、みつけた「なわとび指導法」のサイトによると、
コツは、リズム感を養う、視点を固定化し、手首中心の回転を心がけることなどだという。 

      縄跳び 2011.4 
                        ゆうゆうのお友だち
 
ほかにも、「かけっこ」「さかあがり」「自転車、一輪車」の効果的練習方法などのサイトが
あったり、本が出ていた。今は、公園などで近所の子どもたちと遊ぶことも減っているので、
自然に覚えることが難しくなっているのだろう。
子どもたちの「サンマ」(時間、空間、仲間)がなくなったということをきいたことがあるが、
家の近くに年上の女の子たちが大勢いるゆうゆうの環境は恵まれているようだ。
身近な人びと

春の午後

2011年04月22日
先週、2歳の孫娘あいあいが咳が出るために保育園を休むことになり、例によって
ごんさんと朝9時から午後1時までと夜7時までの2交替制をとって遊び相手を務めた。

保育園通いも2年目に入り、我々との留守番にもすっかり慣れたあいあいは姉のすることは
何でもやりたがる。朝からずっと喋り、遊びつづけたそうだ。
午後、交替してからも、昼寝もせずに頑張って、昼寝をした姉とともによく遊んだ。
夕方、5時近くになってソファで寝てしまったが。

       3人
                   何をしようか・・・
 
オヤツ後、外に出ると、お隣りの姉妹やその友達が集まって来た。どうやら、3年生、1年生、
幼稚園児と、歳はマチマチ。女の子ばかり。最年少は勿論、あいあいだ。

普段、孫娘たちは夕方の時間は保育園にいるため、こういった歳上のお姉さんたちに遊んで
もらえることは珍しい。ゆうゆうも実に嬉しそうだった。
「遊び場道路」でないが、車がすれ違うのがやっとの狭い道路だ。たまに通る車も徐行する。

           5人           
        5人

皆で遊んでいるのだが、同じことをするのではない。だが、彼女たちは「一緒に遊んでいる」。
こういった光景を久しぶりに見て、娘や息子たちが子ども時代、「遊び場道路」仲間と
よく遊んでいたことを想い出した。あれから30年余、彼らはみんな親たちになっている。
さっちゃんあっちゃんも、こう君も、けい君しゅう君の兄弟も。
   
       姉妹
         そっちの縄に替えて~!      こっちの縄でも飛べない・・・ 

あいあいも縄を持ってピョンピョン飛んでみる。うまくいかずにご不満の様子。
そのうち、きっと出来るようになるからね。
           
2日目、あいあいの咳は治ったが、念のため休園したため、同じく2交替制でお相手をした。
ゆうゆうとのオセロの3回戦は、いい勝負だった。相手の動きや先を読むことが出来るのには
感心した。どうやら、保育園でも、家でもパパと対戦して腕を磨いている様子。
3時過ぎ、彼女は帰宅したお隣りの小1の子と6時過ぎまでシャボン玉遊びをした。

その様子を窓から眺めたり、アンパンマンのパズルをしたりと、あいあいは3時間もお昼寝をしたおかげで、夜まで上機嫌だった。抱いて寝かしつけることもなくなり、子守りから遊び相手に
昇格?したようだ。彼女たちとの2日間は、余震や放射能汚染の怖さをしばし忘れられた。
ずいぶんと日が永くなったものだ。

    縄とびの端もたさるる遅日かな  橋 石
身近な人びと

変わった駅の風景

2011年04月21日
このひと月で、街も駅の様子もすっかり変わってしまった。
自動改札や券売機、エスカレーターなどは、時間帯に応じて運行されているが、
渋谷駅では、ハチ公口に数台が並んでいた券売機は、しっかりと蓋?で覆われていた。
最近は、スイカやパスネットなどの普及で券売機などの利用は減っている。
券売機前の長い行列は見たことがない。ラッシュ時でも不便は感じないはずだ。

つなげよう、日本。4月下旬までに、東北新幹線 全線運転再開」 
券売機があった場所にポスターが貼ってあった。

            渋谷駅 4.12
               閉じられた券売機コーナー  JR渋谷駅

         JR蒲田駅 3.17
                 照明が消えた駅構内  JR蒲田駅  

      東急線

当初、休日ダイヤで運行されていた東急線。現在、東横線は特急、急行、女性専用車も
運行されるようになったが、震災前の8割程度だとか。

           東急線 3.17
 
         
売店のレジには「東北地方太平洋沖地震 義援金募金 ご協力お願いいたします」         
3.11大震災の前は「ATM付近での携帯電話の通話はご遠慮ください」だった。

        駅売店  
                  東急東横線多摩川駅     
    震災前
          震災前の明るい売店    煙草もおにぎりもあります・・・      

  
金町浄水場から乳幼児が飲む暫定規制値の2倍を超える放射性物質が検出された(3.23)。
その日の夕方には、自販機の飲料水は「売切」ボタンが点灯した。 (そして2週間が過ぎて
       
          自販機 東急線
                   照明が消えた自販機
   煙草
   「品切中」の札が下がった煙草とすべて売切れの自販機  JR阿佐ヶ谷駅ホーム 

愛煙家にとって煙草がないことは一大事のようだ。
飲料水の買い占めに走る人たちのことはわかるのだが・・・。
近所の煙草屋を何軒も廻って、残っていたカートンを買い集めた人がわが家にもいたとは!
旅・散策・イベント

始まりの春

2011年04月20日
今日は24節気の1つ、「穀雨」。
「雨が降って百穀を潤す」。春の温かい恵みの雨が降って、穀類の芽が伸びて来る頃。

次第に暖かくなるこの頃、人の肌は緩み、皮膚の末梢血管の供血量も増え、
中枢神経系統に鎮静、催眠作用を引き起こすため、体は疲れやすい。
「春眠暁を覚えず」の「春眠」は、季節の変化が引き起こす一種の生理現象だという。

中医学では、医学理論の根拠になっているのは陰陽五行説。
体の構造や働き、病気の仕組み、治療方法などがこの考え方で説明される。
この世における「もの」の存在や構造、働きや現象を大きく「陰陽」の2つに分けて捉え、
それらを5つの要素に分けて、お互いにどのように関連、影響しあうのかを解明している。
そして、五行「木火土金水」、すべてのものは、相性関係と相剋関係とに分けられるという。

           五行

相性関係  木生火、火生土、土生金、金生水、水生木。(木は火を生ずる・・・)
相剋関係 、木剋土、土剋水、水剋火、火剋金、金剋木。(木は土を剋する・・・)


                  五行色体表 
    象徴   季節   方角   色     臓     腑 
   木     春     東     青     肝     胆
  火炎   夏     南     朱     心     小腸
  大地   土用    中央    黄     脾     胃
  金属   秋     西     白     肺     大腸
   水    冬     北     玄(黒)  腎     膀胱

「木(もく)」は樹木に象徴されるように、よく曲がり、よく伸びるといった現象を表す。
生命の始まり。発展する。季節は
1日の始まりはからの日。の風でい芽が伸びていく。
は、体をのびやかにする、病気になると風のようにゆらぐなどの性質が現われる。

気功の楊先生は、季節の変わり目に「今、どの臓器が大切?今摂るとよい食べ物は?
重点的に練習するのは(気功法の)何番?」などと訊ねられる。 (楊先生おすすめの気功
気功を始めて何度目かの春だ。やっと「肝臓!」「5番!」などと答えられるようになった。

春、この時期に、人は食べ物や生活習慣などに気をつければ、暑い夏は勿論、1年を通して
元気に過ごせるという。
1年のうちで春が、1日のうちで朝がもっとも大切だという中国の諺「一年之际在于春 
一天之际在于晨
」のように、春はとても大切な「始まりの時期」ということになる。
「春は青いもの、つまり、緑の野菜などを摂り、肝臓を強くしましょう。また、人参や苺などの
赤いものも血を強くし、心を安定させます」とのことだ。
また、よく眠ることも大切だとも。余震さえなければ、これはクリアできるのだが。

青春、朱夏、白秋、玄冬という言葉は五行説から生れた。
絵を習い始めた頃、この4種の言葉を画題にして日本画を描こうと思ったことがあった。
花のシリーズは、朱夏が「凌宵花(のうぜんかずら)」、白秋が「ススキ」などと構想は出来たが、
実現せず、風景画も「春隣」「遅い春」「ゆく夏」「秋思」「冬に入る」といった画題にしてしまった。
その後、「河骨(こうほね)」と「凌宵花」の画に、「朱夏」という画題はつけたのだが。

1年の計は春にあるのかもしれない。何か新しいことを始めたくなるのはいつも春だ。
だが、片付かない部屋の中で心ばかりが焦っているのに、体はまだ冬眠状態のようで、
そうこう言っているうちに、片付かないまま、暑い夏が来てしまいそうだ。
これ以上、地震が起きないように!早く原発の恐怖から解放される日が来てほしい。

        きくらげ
             黒きくらげ        白きくらげ

楊先生によると、放射性物質から身を守るための食材は「黒きくらげ」と「白きくらげ」。
「黒きくらげ」は、鉄分を多く含み、血液を強くして浄化する。抗がん作用が認められており、
がんの予防のほか、食養生にも有効。また、肺を潤し、粘膜を強くすることが知られている。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含む「白きくらげ」は、何よりも免疫力を高め、
白血球を増やす働きがあるという。

今回の原発事故が起きるずっと以前から、免疫力の乏しい私は、楊先生に勧められて
「白きくらげ」を摂っている。そのお蔭だろうか、肺の具合は良くなったように感じる。
この春、少し心を入れ替え、気功の練習にも励まなくてはと思っている。
つれづれ

日本で頑張る!

2011年04月19日
3.11の巨大地震、M9以上は超巨大地震というらしいが、その東日本大震災の数日後、
「こんにちは!地震は大丈夫ですか?」中国江蘇省常州にある日本企業で働く李さんから
短い日本語のメールが来た。早速、無事を伝える簡単なメールを送った。
あの大津波や原発事故の映像を見た李さんは、日本に留学中、数年間住んでいた埼玉や
大学に通った東京も壊滅的な被害を蒙ったと思って心配してくれたのだろう。

以前、数人の中国人留学生との交流があった。彼らのお誕生会をわが家で開いたり、
彼らのバイト先を訪ねたり、大学の収穫祭に誘われて出かけて行ったこともあった。
パソコンがおかしくなると、張さんが勉強とバイトで忙しい中、駆けつけてくれた。
そんな彼らが大学を卒業して中国へ戻っていくと、メールも途絶えてしまった。
たまに、思い出したように李さんから短い日本語のメールが来ることがあるが。

彼らの中で、日本に住む呉さんとのお付き合いはいまでもつづいている。 (呉さんのこと
彼はアモイ出身。大学時代の同級だった林(リン)さんと結婚した。
彼らは、まもなく4歳のU君を保育園に預け、赤城山麓(群馬県)の農業関連の会社で働く。
季節の野菜や果物を送ってくれたり、ときどき、ご機嫌伺いの電話やメールをくれることもある。
わが子どもたちは頼みごとがあるときにしか連絡してこないが・・・。

大震災翌日のメールには、地震直後の物が散乱する事務所の様子、余震の中、立ち尽くす
農家の人たち、そして、レタス畑の3枚の画像が添付されていた。
    
      レタス畑
                レタス畑   利根郡昭和村

3月下旬、暫定基準値を超える放射性物質が検出された福島県と北関東3県の
農畜産物の出荷が停止され、県単位の措置により、まったく問題のない地域の野菜も
出荷停止になっただけでなく、対象外の野菜も返品や契約破棄が相次いだという。
風評被害が深刻化して、出荷停止となった群馬県のホウレンソウ、カキナは出荷最盛期に
入ったところで、彼の会社でも相当な痛手を受けたそうだ。

群馬県産のホウレンソウ、カキナの出荷停止が解除されたのは、4月9日だ。
この日、呉さんから「野菜やコンニャクなどを送ります」と電話があった。
送られてきた箱には、ホウレンソウ、カキナ、ニラなどの野菜、コンニャクとシラタキが
数えられないほど入っていた。風評被害の影響で、野菜だけではなく、コンニャクなどの
加工品も売れなくなったらしい。できるだけ多くの人にお裾分けすることにした。

野菜のお礼メールを送った先週、彼が中国の友人に向けた中文メールには、
高崎観音山の百衣観音と満開の桜を背景に、家族3人の写真が添付されていた。
今回の東日本大地震に伴う原発事故は、私たちの生活への影響は相当なもの。
外部の環境は変えられない、自分の考え方を変え、前向きに行動するように努めている。
平常心で、1日1日を大切に、充実した毎日を送っている」
といったことが書かれていた。
  
先日、テレビを見ていたら、普段は大勢の人で賑わう横浜中華街のシャッターを下ろした店が
何軒も映った。大震災直後から、いわゆる「新華僑」のコックさんたちの一時帰国が相次ぎ、
臨時休業や閉店時間を早める店が増えているのだとか。中華料理には欠かせない「ふかヒレ」の
産地は、甚大な被害を蒙った気仙沼(シェア90%)だ。大きな中華料理店の店主は、
多少のストックはあるが、今後、仕入れの見込みは立たないと嘆いていた。

呉さんに、中国のご家族から「帰ってくるように」と言われなかったかと訊ねたとき、
帰るように言われたが「帰らずに頑張る!」と答えたとのことだった。
できればどこかへ逃げ出したいと思った自分が恥ずかしくなった。

        1054no2.jpg
         「がんばれ東北!応援特価」 岩手産ひとめぼれ

今、私ができることは、風評被害を受けている産地や被災者の農産物を買って、
有難く、そして美味しく味わうことだろうか。
昨日買って来た群馬の胡瓜とホウレンソウ、今日中に頂くことにしよう。
中国・中国の旅

わが庭のパンダたち??

2011年04月18日
ジャイアントパンダの大好物は、竹と笹ということはよく知られているが、竹や笹だけで
あの大きな体を維持できるのか不思議で仕方がない。
パンダは硬い竹を消化する胃と噛み砕く歯を持ち、果物、まれに昆虫や小動物なども食べる。
栄養の少なそうに見える笹だが、新芽部分は結構栄養価が高いらしい。

ところで、わが庭の東側の塀に沿って細い竹が植えられたのは20年以上も前のこと。
数年後、南側の庭のあちこちに生えるようになったが、亡父は、その1本だけは残してすべて
刈り取ったのだが、その後も毎年、刈っても刈っても、まるで「モグラ叩き」のモグラように
顔を出した。ウッドデッキを置いても、その隙間から伸びる。
いつの間にか伸びるに任せるようになった。現在は2本。丈は詰めてある。

ジャイアントパンダは、ネコ目(食肉目)クマ上科。中国語で「大熊猫」「熊猫」という。
猫はパンダと仲間なのだろうか。わが庭の竹の葉が、猫たちに食べられていることを発見した。
わが庭に「猫草」は置いてない。彼らがどこでどんな草、葉を食べているか全くわからないが、
猫は、退屈を紛らわしたり、胃の中の毛玉を吐き出すために植物の葉をかじるらしい。

           ケシと竹の葉 2011.3
                  ケシ     かじられた葉   

ククは暖かくなってからあまり姿を現さなくなった。久しぶりにやって来たクク
竹の葉をムシャムシャ食べ始め、その後、デッキの柵の上でしばらくじっとしていた。
胃の調子が悪いのだろうか、ショボンとした目をしていた。

    クク           
       クク 2011.4.9 

考えてみれば、薬屋さんに笹の葉エキスなどという薬がある。菌・解毒作用があり、
ピロリ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌の発生を抑えるといった効能があるという。
免疫力アップ、食欲不振、滋養強壮、栄養補給、不眠症などの効果があるだけでなく、
高血圧や糖尿病の予防、最近では抗癌作用もあるという効能書きがある。

隈笹の効果は免疫力アップ?!何よりも私の求めているものだ。わが庭に隈笹もたくさんある。
乾燥した葉は煎じて健康茶にされたり、エキスが健康食品として市販されている。
これは高血圧、糖尿病などに効果があるとされるが、ヒトに対する有効性について信頼できる
データは無いようである
(Wikipedia)。猫には有効なのだろうか。
最近、免疫力アップのために白きくらげを摂っているので、わが庭の竹も隈笹も猫専用だ。

因みに、タケ類には竹と笹とバンブーがあるが、竹と笹の違いは
竹皮の着生 竹は生育後落下するが、笹は生育後も着生している。
葉の形態 竹には格子目があるが、笹にはなく縦に伸びる平行脈がある。
開花 竹は約120年周期、笹は40年から60年周期で、どちらも開花後は枯死する。
分布 竹は青森から九州、笹は北海道や高山地帯にも自生する。
動物など

「朝活」はいいものだ?!

2011年04月17日
「就職活動」を略して「就活」というように、結婚のために必要な活動を「婚活」というようだ。
この言葉は、この言葉は社会学者が考案した造語だという。(『AERA』2007年)
バスの中で初めて目にした「結婚予備校」のポスターの、「予備校」の語句に驚いた。
「結婚力」を磨き「婚活」に勝つために上質な出会いを提供する、新型の結婚相談所だ。
その後、車内で見たのは、「恋愛に役立つヒント、WEB上で公開中」というポスター。
女性専用車両の端から端までポスターが下がっていた。

  ポスター
    「結婚力を磨いてお相手も紹介」   「・・・恋愛のマル秘テクは!?」
                          
「婚活ナビ」というサイトには、プロが教える恋愛テクニックや男女の深層心理に
基づいた診断テスト、結婚相談所、婚活パーティーなどの情報が掲載されているらしい。
今や、結婚も「就職地獄」同様、「結婚地獄」。昔のようにいわゆる適齢期になれば、
自然に結婚できる(とは限らないと思うが)といった時代ではなくなったというのだ。
 
ここ数年、ブームになっている「朝活」と「婚活」が一緒になったものもあるそうだ。
「朝読書」をはじめ、マラソンをしながらパートナーを見つける「ランニング合コン」、
ゴミ拾いをする「エコん活」などがあるそうだ。

「朝活」は早朝の時間を有意義に使おうという目的にした「朝の活動」のこと。
早起きして野菜ジュースや朝食を作ってみたり、自転車通勤をしたり、「朝ヨガ」「朝ゴルフ」
「朝活禅」「朝英会話」「朝読書」、趣味と実益を兼ねた朝型生活を送る人が増えた。

私の「朝活」体験は、5年前の「早朝の中国語学習」。10月から3月までの半年間、
週2度、朝4時半に起き、まだ暗い5時に出て、新橋の朝日文化学院に通った。
その頃、父母の家と隣合せで住んでいて、わが家の玄関は父の部屋に近かったため、
父を起こさないようにと気を遣った。音をたてないように玄関や門を開け閉めし、
玉砂利を踏むのは大変で、泥棒になった気分で出かけたのを覚えている。
暗くて足元がよく見えないために、踏石に躓き、派手に転んだこともあった。

4月からもつづけようと思っていた矢先、父が入院したため、早朝授業は半年だった。
ほとんどが出勤前の若い人で、彼らの頑張る姿に励まされ、真剣に授業を受けた時期だった。
今はもう、早朝に出かけることも、授業についていくだけのエネルギーはなくなった。
もっとも、この学院は1年前になくなってしまったが。

「勉強カフェ」という店ができたというし、午前4時から9時専用の「朝活手帳」もある。
驚いたのは、朝食。カフェのモーニングセットではなく、最近、天丼や牛丼などを
しっかり食べて仕事に向かう人が増えているいう。
たとえわずかな時間であっても、朝の時間に余裕を持つことはいいことに違いないが、
すっかり朝型に切り替えるのは難しいかもしれない。昼間に眠気を催さないといいが。

       温活

「女子力アップ」には「婚活」「朝活」だけでなく、「温活」も必要だと言われている。
「女子力」はともかく、免疫力不足の私にとって、「温活」は私にとって必須の活動だ。
生姜を毎日摂るようにしたり、「生姜力」「しょうが生活」とか、「免疫力を高めて・・・」
「体を温めて・・・」などの本も揃えて読んでみたのだが、効果のほどは?!
つれづれ

もくれん

2011年04月16日
   モクレン    モクレン科モクレン属
            学名  Magnolia quinquepeta
            原産  中国南西部

           紫モクレン 4.10

通常、モクレンといえば、濃紅色の花を咲かせるシモクレン(紫木蓮)のこと。
白い花は、近縁種のハクモクレン。モクレン属には、コブシ、タイサンボクなどがある。

昔は「木蘭(もくらん)」と呼ばれていたこともあるが、これは花が蘭に似ていることに由来する。
今日では、蘭よりも蓮の花に似ているとして「木蓮(もくれん)」と呼ばれるようになった。
モクレンは世界に330種もあり、中国には約165種。そのほとんどが南方にあるという。
中国では「玉蘭」と言われている。中国の切手に「玉蘭」を見つけた。(『人民中国』綴じ込頁)

    もくれん
  玉蘭                            山玉蘭    
  木蘭 白木蘭ともいう。和名 ハクモクレン。    中国特有の樹。高さ約15m。
  高さ8m以上になる庭園用の樹木でもある。    四川、貴州、雲南の各省に自生。
  標高500~1000mの山地に生える。       夜になると花が開く。
     
    もくれん
  荷花玉蘭                         紫玉蘭  
  広玉蘭ともいう。和名 泰山木(タイサンボク)。    和名 紫木蓮(しもくれん)。
  北アメリカ原産。高さ10~20m。           庭園用の樹木であるだけでなく
  荷花は蓮の花のこと。                  乾燥した蕾は漢方薬になる。
                                  高さ約3m。
  紫モクレン 4.7
              シモクレン

                  タイサンボク
                              タイサンボク

白木蓮(ハクモクレン)と辛夷(コブシ)はとても似ている。     ( 辛夷の花
         白モクレン     
    ハクモクレン    花 8~10cm 上向きまたは斜め上を向く   
                花びら9枚(6枚+ガク3枚)
                葉 8~10cm 若い枝は斜め上に伸びる      

           コブシ
    コブシ        花 4~5cm 斜め上または横向き 
                花びら6枚 花の下に若葉が出る
                葉 4~5cm  若い枝は上に伸びる 
植物など

体力 気力そして脚力

2011年04月15日
気功の楊先生によると、中国には「树要护根 人要护脚」(樹要護根 人要護脚)という
諺があるそうだ。樹は根を護り、人は脚を護らなくてはならないといった意味だろうか。
脚は第2の心臓とも言われ、体の中でもっとも頑丈にできている反面、筋力の消費する
エネルギーが大きく、使用しない時の退化が激しい。日頃から、脚を動かし鍛えることは
非常に大切だと言われている。

現在、ランニング人口は急増中、空前のランニングブームだという。
ジョギングやマラソンの参加人口は年々増加し、今年2月の「東京マラソン」の応募抽選倍率は
マラソンが9倍以上、10kmロードが13倍を超えるなど、非常に人気の高い大会となっている。

ランニングやジョギングのメッカ、皇居を周回する「皇居ランナー」も急増したそうだ。
土日はもちろん、会社が終わった後の夕方以降は、ランナーたちの渋滞が起こるほどで、
最近では、平日の昼休みもランナーの流れが途絶えないとか。
信号待ちがないこと、適度な上り坂と下り坂があること、景色がよいので飽きないこと。
1周がほぼ5kmであるため、タイムトライアルが行いやすいこと。
さらに、警察官が50m置きに立ち、警備がしっかりしていることなども人気の理由らしい。 

千代田区には4軒の銭湯があるが、いずれも皇居のそばにあり、ランナーは銭湯で着替えて、
番台にロッカーのカギを預けて一走り。終われば銭湯で汗を流すという。
開業当時からランナー利用者はいたというが、とくに、昨年の秋から利用者が急増したため、
昨年末に拡張工事を行い蛇口の数を約2倍に増やした銭湯もあるのだとか。  
ほかにも、ロッカーとシャワールームが700円程度で利用できる「ランステ」と呼ばれる
ランナーズステーションもあるそうだ。

    たまリバー50km
       新二子橋~大師橋緑地付近 「たまリバー50キロ」 * Click! 

皇居周辺は排気ガスが多いらしい。マラソンやジョギングとはまったく縁がない私だが、
多摩川の河川敷を風をきって走ったらどんなに気持ちがいいだろうかと思う。
数年前、区役所でもらった『たまリバー50キロ コースマップ』を久しぶりに広げた。
羽村取水堰(羽村市)から大師橋緑地付近(大田区)に至る約53kmの連続したコースだ。

天気のよい日は富士山や秩父の山々を見ながら、野球やサッカーグランドの少年たちの姿を
目で追いながら、ガス橋と丸子橋の間を歩くことから始めようか。往復約6kmだ。
このコースも信号はないし、空気もよさそうだ。
そのうち、二子橋、新二子橋まで足を伸ばしてみたいが、いつになることやら。

      ガス橋付近
                   多摩川ガス橋付近

息子が小4のとき、近所のケイ君とリトルリーグに入った。     (多摩川の河川敷
多摩川河川敷が練習場で、毎年正月、マラソン大会があった。確か、ガス橋と丸子橋間の
往復だったように思う。
年々、上位に入賞するようになった彼は、脚力に自信をつけ、高校では陸上部で大活躍?した。
大学で始めたラクロスの練習場は大学からほど遠く、わが家に近い多摩川河川敷だったため、
練習後、わが家が部員たちのシャワールームになったこともあった。

        丸子橋付近
                   多摩川丸子橋付近

そういえば、野球の練習日には、親たちもお茶当番などで駆り出されたりしたものだ。
今でも多摩川に向かうユニフォーム姿の少年やコーチ、親たちを見かけたりすると、
あのころの息子やケイ君、そして河川敷のグランドを想い出すことがある。

河川敷の野球やマラソンで培われた息子の体力と気力は、2人の女児の「イクメン」として
十分役立っているようだ。「イクメン」とは、積極的に育児をする男性のこと。
身近な人びと

語りかける「どうぶつ」たち

2011年04月14日
駅やビルの正面にはいろいろな動物のオブジェが置かれていることがあるが、
緑道を歩いていると、思わぬところから小さな動物たちが顔を出す楽しみがある。
招き猫伝説で有名な豪徳寺そばの烏山川緑道に招き猫が!   風景印 世田谷区Ⅰ

      猫
     「玉ちゃん」 新宿住友ビル  新宿区     烏山川緑道  世田谷区

新宿住友ビル正面には、玉ちゃんがいる。
人にはいのちあれば 猫にもいのちあり 江戸の里を開きし太田道灌 
この地の北でいくさに敗れ あわやいのちを失わん時
一匹の猫あらわれ逃げ道をあんない いのちをとりとめ江戸を開いた
なれどこのかくれた江戸の恩ねこも ねこなるがゆえに名ものこらぬばふびん
江戸のいいたま玉ちゃんと名づけ のちのちまで江戸のまもりとす
  つくりびと  流 政之  ねこの生まれ 文明狂年
」と書かれている。

  犬
                「ハチ公」 渋谷駅前 渋谷区
    「南極犬」  東京タワー 港区        犬屋敷跡 中野駅前 中野区

ふくろうやみみずくのオブジェは多い。  (幸せを招くふくろう
     
        ホープくん
          鳩と迷惑顔?の「ホープくん」  渋谷駅東口 

  蝸牛
                 多摩川台公園  大田区  
   駅
    「馬」  JR高田馬場駅 新宿区     「羊」 多摩川線下丸子駅ホーム 大田区
   
  公園
      「虎」 芝丸山古墳  港区            「馬」 馬事公苑 世田谷区

   ビル
  「タランチュラ」 六本木ヒルズ 港区    「テントウムシ」 都庁 新宿区

 いろいろ
   芝公園    港区                北沢川緑道  世田谷区
   北沢川緑道  世田谷区              芝公園    港区
旅・散策・イベント

「風景印」 中野区

2011年04月13日
中野区内には風景印を置くのは4局と少ない。中野駅前から哲学堂の方へとつづく中野通りは
みごとな桜並木になっている。

中野サンクウォーレ内局 
  サンクウォーレ局     サンクウォーレ 4.4
 サンクウォーレタワー 中野通りの桜 犬        サンクウォーレタワー 

犬たち中野通り
             犬屋敷跡の犬たち                  中野通りの桜 4.4

JR中野駅北側、駅を貫通する中野通りと北側の早稲田通り、西の環七に囲まれる区域には、
「生類憐れみの令」で有名な五代将軍綱吉によって建てられた「お囲い御用屋敷」があった。
綱吉は、とくに犬の保護策を強行して、江戸郊外の中野に最も大規模な犬屋敷を造らせ、
多数の役人や医者を置いて、野犬の飼育にあたらせた。
犬屋敷は綱吉の死去により廃止されるまでの15年間存続し、莫大な費用は商家や天領の
農民の負担で賄われた。敷地は現在の区役所を中心に約30万坪に及び、5つの犬囲いには、
各数百棟の犬小屋、餌場、日除場、子犬養育場もあった。



中野局中野北局 
    中野局   サンプラザ    
        哲学堂と中野サンプラザ             中野サンプラザ          

    中野北  哲学堂
       江古田の獅子舞と哲学堂公園              哲学堂

    1037no10.jpg
        哲学堂 六賢台                   哲学堂 四聖堂

哲学堂は、哲学者井上円了(東洋大学創立者)により、哲学や社会教育の場として創設された。
哲学に由来する、歴史のある建造物や像がある。その傍らに説明板が立てられている。
「六賢台」ここに東洋的六賢人として、日本の聖徳太子、菅原道真、中国の荘子、老子、朱子、
インドの龍樹(りゅうじゅ)迦昆羅(かびら)をを祀っている。
「四聖堂」本堂に東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの世界的四哲人を
奉祀している。
 
 

落合局
 落合 薬王院門
    薬王院 牡丹 おとめ山公園                  薬王院 

落合郵便局には昨年暮に訪れた。デザインに使われている薬王院、おとめ山公園(新宿区)は
今年4月になってから訪れた。
桜は2分咲きだった。訪れる人は少なく、震災後のさまざまな不安もしばし忘れてリフレッシュ。

    薬王院
         ケヤキの大木と桜                牡丹と本殿

薬王院は、奈良長谷寺の末寺で東長谷寺と称されている。長谷寺から移植された牡丹が有名。
現在40種類、1000株あるという。ボタン寺、牡丹寺とも呼ばれているだけあって、
境内の斜面にはたくさんの牡丹が植えられていた。赤、真紅、紫、白などの花々で境内が
覆われる、5月の連休頃は、大勢の見物客で賑わうことだろう。

おとめ山公園は、新宿区立の公園。目白台地から神田川を臨む南傾斜地にあり、
敷地内は起伏に富み、楢、椎、椚などの落葉樹が生い茂り、かつての武蔵野の原野の風景を
留めていて、斜面からはわき水が出ている。この水を利用してホタルの養殖が行われている。
池にはカルガモが飛来し繁殖するという。道路には「カルガモ横断注意」の標識がある。

   おとめ山公園

「おとめ山」一帯は、江戸時代の将軍家の狩猟地で、立ち入り禁止の意味の「御留山」から
つけられた名といわれている。  
旅・散策・イベント

止まったエスカレーター

2011年04月12日
電車に乗っていると、人身事故により電車が止まることもしばしばだ。この頃は、
そういったアナウンスをあまり聞かなくなった。災害で亡くなった人、被災地の人たちの
ことを思って、自分で命を断つことなどできないと思う人が増えたのかもしれない・・・。

今回の大震災で直接被害に遭っていない人たちも、今までの生活を見直すキッカケになる、
そうならないといけないのかもしれない。電気水道ガスの省エネは必要だが、
脚を使うことを節約することはない。気功や筋トレに通うのに電車やバスに乗るが、
駅でもビルでもエレベーター、エスカレーターがあれば、当り前に使っていたことを反省した。

今、東急線各駅のエスカレーターは、上りは動いているが、下りは進入禁止のテープが
張られているので、階段を利用することになる。これは各鉄道会社によっても異なるらしいが、
時間帯によっては上りが2本ということもあったり、まったく動かない駅もあるかと思えば、
エレベーターがない駅や階段が狭い駅などでは、上り下りとも動くところもあったりと、
それぞれの駅任せだとか。

さらに停電の問題がある。停電の間、エスカレーターを階段代わりに開放していると、
回復したときに急に動き出すために、最悪、将棋倒しの事故を引き起こす。
一方、エレベーターには、停電時に閉じ込められるという危険性もある。
計画停電の前後には、エレベーターに乗ることを避けたほうがよさそうだ。

  エスカレーター
          
止まっているエスカレーターを階段代りに使えばいいかというと、そうはいかないらしい。
普段、エスカレーターが動いているときも、ラッシュ時の階段は混みあい、様々な事故が
起きている。狭いエスカレーターで上りと下りの人が押し合うことになると危険極まりない。
また、本来、エスカレーターは歩くように設計されていないので、階段より段差が高い。
足を上げたつもりでも、つまづいて倒れ込む危険がある。

エスカレーターの安全基準は、ステップ上に立ち止まって利用することを前提にしていて、
歩いたり走ったりしたときに起きる振動で安全装置が働き、緊急停止することがある。
エスカレーターの片側あけは危険を伴う行為だということが、少しずつ浸透をしてきたという。
JR川崎駅前の地下街などでは、エスカレーターの歩行禁止の呼びかけを始めているというが、
私の見る限り、朝夕のラッシュ時など、まだまだ、追越して行く人たちは多い。

因みに、東京など多くの地域では、車の追い越し車線を行くように、右側を追越していく。
大阪では、大阪万博のとき国際ルールを採用して、急ぐ人は左側を歩くようになったというが、
京都の一部では、大阪方式だったりするなど一概にはいえないようだ。

どちら側を空けようと、止まっていようと動いていようと、その上を歩いたり
走ったりするものではない。そもそもエスカレーターは階段とは異なるのだから。
階段は、建築基準法では、例えば、幅140cm以上、蹴上げ(段差)18cm以下、
3m毎に踊場の設置をするなどの一定の基準が決められているという。

二列用のエスカレーターの右側を、バタバタと大きな靴音をたてて駆け上る人もいる。
という私も、たまにだが、音を立てないように気をつけながら追越すことがある。
一列用エスカレーターのときは、追越されないので安心して乗っていると、
イライラする様子を背中に感じることがある。だが、「エレベーターは歩くものではない」と
言い聞かせて、そのまま動かずに上まで乗っていることが多い。

これからは、停電に備えるだけでなく、他人に気兼ねをしなくてすむように、
そして何よりも自分の脚のためにも階段を利用することにしようと思う。
つれづれ

震災からひと月

2011年04月11日
3.11の大地震からひと月。「東北関東大震災」「東日本大震災」「東日本巨大地震」と
バラバラだった呼び名は、4月入り「東日本大震災」と閣議決定されたという。
それはともかく、連日伝えられるニュースは原発の問題も重なり、暗く不安になるものばかり。

「被災地の人の気持ちになって考えてみよう」ACジャパンのCMがテレビ、ラジオに流れている。
「みんなでやれば 大きな力に」「今、わたしにできること」は何だろうか。
部屋の電灯はこまめに消そう」「使っていない電化製品のコンセントは抜いておこう」
「デマにまどわされないようにしよう」「無駄な通話やメールは控えよう」
「必要がないのに買うのはやめよう
」などの文字篇、海外からの応援メッセージなどもある。
震災後にACジャパンのCMが大量に放送されて抗議が殺到したため、ACでは被災者を
応援する内容の新しいCMを作りつづけているという。

つい最近まで、コンビニやスーパーには、飲料水は「1家族各種合計2ℓまで」、ティッシュや
トイレットペーパーは「1家族1袋まで」とのはり紙があった。
近くのスーパーでは、開店前から並ぶ人の列は見られなくなったが、入口に「優先販売」の
案内が貼られていた。「1歳未満の乳児をお持ちのお客様と妊娠されているお客様」が対象で、
母子手帳と本人確認が出来るものを持参して、「ミネラルウォーター優先販売カード」を
受取るというもの。

  スーパー
    ミネラルウォーター優先販売の案内     数制限のお知らせ  

因みに、街中、駅構内の自販機は、相変わらずミネラルウォーターだけが「売切」が多いし、
納豆やヨーグルトなど品薄の商品もあるが、単3単4の電池はようやく棚に並ぶようになった。

交通機関も徐々に平常通りの運行に戻りつつある。駅構内の照明は落とされていたり、
車内でも蛍光灯が数本置きに外されていたが、こうした節電をしながら、東急東横線では、
4日から特急、急行、そして通勤通学時間の女性専用車も走り始め、本数も増えた。

         車内

電車は意外に省エネなのだそうだ。例えば、新幹線(東京ー大阪)の場合は、
25万円(600円/km)、乗客1人当り200円程度になるそうだ。  (新幹線の旅
山手線1周にかかる電気代は1300円程度だそうだ。

因みに、地震翌日から消えた東京タワーのライトアップの1日当りの電気代は、2万円余。
大きなパチンコ店などでは約3万円、ナイタ―で使う電気代は150万円ほどだとか。
もっとも、ナイタ―をしないからといって、その分節約ができるわけではないらしいが。

一般的な家庭の1日当りの電気代は約400円程度らしい。計画停電、無計画停電?は
とりあえずなくなったが、今年の夏はどうなるだろうか。
各家庭でも、契約アンペア容量を2割程度下げれば、節電ができ、基本料金も下がり、
いい方法だと思うのだが。夏はサマータイム、クールビズで乗り越えられるかもしれない。

電気に関しても、使い放題の生活習慣病にならないために、節電ダイエットが必要だろう。
「部屋の電灯はこまめに消そう」「使っていない電気製品のコンセントは抜いておこう」
これは以前から実行しているが、これからは「必要のないものを買うのはやめよう」。
それが「今、私にできること」「やるべきこと」。長くつづけていくことが大切だと思う。

「たいへん」とは「大きく変わる」なのだと、書道家武田双雲氏。(TBSラジオ)
瀬戸内寂聴氏は、新聞(朝日3/31)で、無常をこの世のはかなさを示す語とは考えず、
「この世は常ならず」と自分流に判断してきた
そうだ。「この世では同じ状態は決して続かない」
今のどん底状態も長くはないはずだ。正しい知識や情報を持つことも大切だ。
そして、ひとりひとりが「今、できること」をできる範囲でつづけていくことだろうか。
つれづれ

六義園の枝垂桜

2011年04月10日
小石川後楽園と共に、江戸の二大庭園と称される六義園(文京区)には、「日本の三大桜」には
及ばないが、高さ15m、樹齢70年のみごとな枝垂桜がある。
六義園は、5代将軍綱吉の側用人柳沢吉保が造営した大名庭園。

大地震発生のとき、私は六義園の池畔の「吹上茶屋」の傍にいた。 (恐ろしかった1日
その後今月5日の清明の日、東京メトロ駒込駅から六義園に向かった。
あの地震で、六義園近くの郵便局に寄れず、何か忘れ物をした感じがしていたし、
あの日はまだ固い蕾だった枝垂桜が咲いた姿を観てみたいということもあったので。

駒込付近は染井吉野の古里。駅前の「染井吉野桜記念公園」に寄って、六義園に向った。
途中、染井門に「満開」のはり紙があった。(染井門は4月は土日のみ、5月1日から8日まで開門
 
  枝垂桜
       3.11  14:35                       4.5   14:42 
       
内庭大門を入ると目に飛び込んできたのは、薄紅色の枝垂桜の前で記念撮影をしたり、
カメラを向ける人たちだった。
園内には、枝垂桜、染井吉野、山桜、里桜など75本があるが、この枝垂桜はまさに満開だった。
この桜の前に立ったのは地震の直前で、ほぼ同じ時刻に満開の桜を見たことになる。

           3.11&4.5
               枝垂桜   高さ15m 幅20m     4.5     

園内には、辛夷(こぶし)の大木が2本ある。
地震の起きる直前、カラスが妙に騒がしく、この樹の下も急いで通ったことを想い出す。

こぶし池
      満開のこぶし                池越しに望む辛夷     4.5  

地震で石組が崩れた蓬莱島に松の木はなく、園内の一部は通行止めになっていたが、
枝垂桜の前やの大勢の人、吹上茶屋の賑わい、地震が起きる前と同じように松の手入れをする
植木職人たち。3週間前にあのような大地震があったとは思えない春の午後だった。
満開になった枝垂桜は、六義園のサイトによると、翌日6日夕方に散り始めたという。  

蓬莱島  3.11     
           地震前 14:40 
            地震直後 14 :55 
                    余震がつづく  さざ波が見える  
4.5
            4月5日 14:45
                        亀たちの甲羅干し

今回の震災で多くの人が亡くなり、避難所で不自由な生活を送る人たちも少なくない状況で、
被災しなかった人間だけが楽しんでいられないという気持ちもわかる。
だが、ライトアップやどんちゃん騒ぎはともかく、何でもかんでも自粛してしまって、
暗い顔をしていることもないように思う。

私の花見は、もともと静かなものだ。お花見スポットといわれるところは避けて、
散歩の途中に見つけた姿のよい桜の木を見上げて、元気をもらう。
暑い夏も寒い冬も耐えてきた木は、春になってやっと開いた花を愛でる。それだけで十分だ。
散り始めた桜も大好きだ。マイ「桜」は年毎にふえていく。
旅・散策・イベント

三春の滝桜

2011年04月09日
昨年の4月、目黒川沿い、東工大構内、新宿御苑などで見た桜は、染井吉野が多かった。
今年の桜の開花は昨年より遅い。例年だと枝垂桜は散り始める4月だが、今年は
りんりんと見た増上寺の枝垂桜、赤坂サカスの滝桜、そして、六義園の紅枝垂など、
行く先々で満開の枝垂桜を観ることができた。

           増上寺 4.1
                      増上寺

「赤坂サカス」(港区)で東日本大震災被災地に向けて募金活動が行われている。
「サカス」は、三分坂、薬研坂、丹後坂、氷川坂など、赤坂にたくさんある坂、つまり、
「坂s」「サカス」。ついでに、「akasaka Sacas」を右から読むと「SACA・SAKA・SAKA」と
三つ連なる坂なのだとか。
桜を咲かす「サカス」でもあるようで、およそ100本の桜がある「サカス」には、
3月上旬の「河津桜」から5月上旬の「兼六園菊桜」まで、桜の花が咲きつづけるという。
その中心にある紅枝垂は、福島県三春町の「滝桜」の子孫樹。

三春は、梅と桜と桃が一斉に咲き、三つの春が同時に訪れることから名付けられたという。
室町時代から城下町だったところで、しだれ桜の名所としても知られている。
多くの桜の古木がある中、「日本三大桜」の1つ「滝桜」は、樹齢千年の紅しだれ桜。
その様は滝が流れ落ちるかのように見えることから、古来より「滝桜」と呼ばれている。

この「滝桜」が、震度6強の地震に耐えて元気だという話をラジオで聞いて嬉しかった。
開花予想は今月20日(ウェザーニュース)。三春滝桜のサイトには
私は元気です。皆さん、災害に負けずがんばってください。三春 滝桜」とあった。

また、三春町のサイトには、三春町も避難受入や原発事故の影響があり、今年の観光の
受入態勢を充分に整えることができず、三春駅からの臨時バスやシャトルバスの運行や
ライトアップなども中止されるが、「被災された皆さまや町内外の多くの皆さんにも、ぜひ
お越しいただき、千年の刻を見守りつづける滝桜から元気を受け取ってほしい
」とあった。 

何年前になるだろうか、会津・那須のスケッチ旅行の途中、レンタカーで「三春 滝桜」へ
向ったが、渋滞に巻き込まれて途中でUターンしたことがあった。
数年後のお正月、絵の仲間数人と、JR東日本「元旦フリーきっぷ」で「北上・角館」に
1泊の旅をした。旅の終わりに「三春の滝桜」に寄ったが、あまりの巨大さに圧倒されて
クロッキーすらできなかったことを想い出す。写真もたった1枚が残っているだけだ。

              滝桜 2000.1.2

春の滝桜はどんなにか見事だろう。私の出逢ったのは真冬の滝桜だったが、
千年もの時を生きて来た大木をゆっくりと観ることができた。それで十分満足だった。           
こういうご時勢だからなおのこと、近所でマイ「桜」のお花見をすることにしよう。
染井吉野も満開になった。

因みに、「日本三大桜」は、すべて国天然記念物。
三春「滝桜」(幹周9.5m、根回り11.3m、樹高13.5m)
山梨県山高の「神代桜」(幹周10.6m、根回り13.5m、樹高131.6m、樹齢1800年)
岐阜県根尾谷の「薄墨桜」(樹高17.2m、幹周9.1m、樹齢1500年)
旅・散策・イベント

さくら さくら

2011年04月08日
今日はお釈迦様の誕生を祝う灌仏会。降誕会( ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、
浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ) 、花会式(はなえしき)、花祭(はなまつり)の別名もある。

「花まつり」といえば、2年前、等々力不動尊を訪れたことを想い出す。  (花まつり)      
はじめて見た「花まつり」だったが、あまりきれいとはいえない谷沢川の水面に舞い散った
桜の花びらが「花筏(はないかだ)」となって流れて行く様は、いくら見ていても飽きなかった。

          花筏
              「花筏」  谷沢川  等々力渓谷(目黒区

日本には、野生種と栽培品種とを含めて約340種類の桜があり、新しい種類が発見されたり、
交配種が作り出されたりして、年々増えているという。

満開の桜もいいが、樹の根元などに「蘖(ひこばえ)」を見つけると感動を覚える。
太い幹から直接出た小枝を「胴吹き」、切り株や根元から群がり生える若芽を「蘖」という。
もともとは、孫が生まれる=孫生(ひこばえ)という意味で、眠っていた芽が起き出したもの。

    2009.4.2 綱島   
               「蘖」                横浜市 綱島
                   
実は、蘖は、幹の樹皮が痛みきった樹によくみられるものだという。
上の枝が枯れたり病気になると、それに代わって栄養をつくるために起こされた芽のこと。
つまり、樹勢が低下し、危機的状況から脱出しようと努力している姿 ということらしい。

日本(沖縄と北海道を除く)桜の80%はソメイヨシノ(大島桜と江戸彼岸の雑種)と言われるが、
その他の桜の種類も多い。大きく分類すると自生種(山桜など)、一重の里桜(染井吉野など)、
里桜(八重、半八重桜)。里桜を八重桜と分類する場合もある。
ソメイヨシノは、江戸時代末期に江戸染井村(現在の豊島区)から「吉野桜」として売り出され、
(桜の名所、奈良県吉野山になぞって吉野と呼ばれていたが、明治5年に地名を付けて
「染井吉野」と命名されたという。

昨年は、目黒川沿い(目黒区)、東工大キャンパス(大田区)、新宿御苑(新宿区)などの
お花見スポットを訪れた。 (桜を求めて歩く桜 桜 桜の四日間目黒川沿いの桜

わが家の近くにも、静かに花を観賞できるスポットがある。
   染井吉野&枝垂れ桜
            染井吉野   2010.3.30             枝垂桜  2010.4.14

   普賢象&八重桜
             普賢象?  2010.4.20              八重桜  2010.3.27


            2011.3.23 2011.3.23

駅に向かう途中、高さ3mくらいの桜の樹が歩道の片側に植えられている。
3月半ば、ソメイヨシノに似た花を咲かせ、4月半ばには可愛らしい実をつける。
何という種類か調べてもわからない。

2010年
 2010.3.17 4.4
           2010.3.17                   2010.4.4 
 2010.4.15 5.6
           2010.4.15                   2010.5.6   
植物など

そっくり猫 Ⅲ

2011年04月07日
トラはわが庭に現れる猫で、もっとも甘ったれでわがまま?な三毛猫。
街を歩いているとトラにそっくりな三毛猫たちが目に入る。    ( 街でみかけた猫たち
三毛猫は、白、茶、黒の3色の短毛が生えている日本猫の総称。
日本では珍しくないネコだが、そのほとんど全てがメスで、オスが滅多にいないことから、
伴性遺伝の具体例として、遺伝学の教科書などで取り上げられる代表的な生物。

福を招く三毛猫を船に乗せると船が遭難しないという言い伝えがあり、特にオスの三毛猫は
福を呼び船が沈まないと言われ、江戸時代には高値で取引されていたとか。
(Wikipedia)

        トラ
                     わが庭のトラ

              世田谷区
                    岡本民家園  世田谷区

佃島本郷
       佃島  中央区                本郷  文京区

 大田区
       大田区                         上野  台東区      
                  上野
   
    日比谷公園   目黒区
      日比谷公園 千代田区            目黒区

         上野
             三毛??  上野公園  台東区
動物など

開店前の浅草仲見世

2011年04月06日
台東区浅草の雷門から宝蔵門に至る参道の両側に軒を連ねる全89店舗のシャッターを
キャンパスに見立て、浅草の伝統行事や四季の風物詩『浅草大絵巻』が描かれている。
総延長は約380m。

4年前、閉店後のシャッター活用、商店街の活性化、浅草の新名所づくりなどを目的に、
商店会と東京芸術大学などにより企画・制作された元画『浅草絵巻』が完成した。
それから17年後、「浅草仲見世シャッター壁画」が全面リニューアルされたという。
テーマは「三社祭」「ほうずき市」「浮世絵」「金龍の舞」「白鷺の舞」など。

先月のスケッチ会は浅草雷門に10時集合だった。少し早く着いたので、浅草寺の参道、
仲見世通りを歩くことにした。すでに店を開けていたところが多かったが、下りたシャッターに
描かれた画を見ながら楽しんだ。「金龍の舞」か「白鷺の舞」の画だろうか、
シャッターの前に張られた紅白の紐が外されて、開店間もない店もあった。

    開店
                      いよいよ開店

        桜
 
        流鏑馬
                       「流鏑馬」

       ? 

         浮世絵
                        浮世絵
      浮世絵
   
     ほおずき市
                       「ほおずき市」 

「ほおずき市」は、毎年7月10日 浅草観音の四万六千日の縁日に、ほうずきを売る露店が
観音堂周辺にズラリと並び、大きな市がたつ。 
「三社祭」は、東京三大祭りの1つ。5月中旬、浅草神社に3基の神輿を奉納する。

        三社祭
   三社祭
      三社祭
      三社祭
      三社祭
      三社祭
   
    隅田川花火
                         「隅田川花火」
旅・散策・イベント

中国の切手 「清明節」

2011年04月05日
今日は24節気の1つ「清明」。万物がすがすがしく明るく美しい頃。
『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。
様々な花が咲き乱れ、春の種まきと行楽のシーズンにあたる。

中国では、「掃墓節」とも呼ばれるように、祖先の墓参り、草むしりをして墓を掃除する日で、
日本のお盆に当たる年中行事。春を迎えて郊外を散策する日でもあり、「踏青節」ともいう。

北京には、大小合わせて百ヶ所以上の墓地があるという。毎年この時期には、道は大渋滞し、
墓地は墓地で、人であふれるという。                 (中国の清明節
ここ数年、「オンライン墓参」が増えているという。昨年も中国清明網というネット陵墓が
開設され、「オンライン墓参」ができたようだ。これは、故人の仮想的な墓地を無料で登録し、
サイトに故人の写真やビデオなどをアップロードすることができるというもの。
さらに、線香を立て、お酒を供え、 紙銭を燃やしたりする伝統的な墓参、あるいは、
花束を捧げたり、簡単なメッセージを書くなどの現代方式の墓参ができるというから驚きだ。
政府も推奨しているというが、これで道路の渋滞が緩和されるのだろうか。

清明節前に摘んだ茶葉を「明前茶」、清明から穀雨までの茶葉を「雨前茶」、穀雨以後の
茶葉を「雨後茶」といって、緑茶は清明節に近い時期に摘むほど、香りと甘みがあり、
高級とされている。
中国茶芸師の資格を持つS同学が、毎年今頃の中国語講座の日、香り豊かな「新茶」を
淹れて下さったことを思い出す。その彼女は、この3月、ご主人と共に中国湖南省の長沙に
行かれたばかりだ。湖南省は「君山銀針」という黄茶や緑茶、黒茶の生産地としても有名だ。
今頃、S同学はお茶の勉強にいそしんでおられることだろう。

中国では、昨年の清明節に3種類の「清明節」の切手が発行された。 (『人民中国』綴込頁
 祖先祭祀 

祖先祭祀

一部の地方では、清明節を『鬼節』と言う。
お墓の雑草を取ったり、新しい土を添える。
蝋燭と線香を立て、紙銭を焼いたりして、
お礼と黙祷を捧げる。




 春の行楽 

春の行楽

清明節の前後、女性たちは自生する野菜を採って、
餃子や、饅頭の餡にする。
また、野生の小花を髪に挿す習慣もある。
この他、凧揚げをすることもある。




 柳の枝植え

柳の枝植え

「清明前後、種瓜種豆」
清明節の前後、瓜や豆を栽培するという意味。

「栽樹莫要過清明、種上棒槌也発青」
植樹の一番良い季節だと言う意味。





中国・中国の旅

「ぼく おごうのファンです!」

2011年04月04日
春休みも終わりに近づいた4月1日、前日わが家に泊った孫りんりんと出かけることにした。
上野の科博に行くことも考えたが、パンダが公開される日。上野はさぞかし混雑するだろう。
ここ数年、スカイツリーに注目が集まっている。東京タワーは空いているはずだ。
都営地下鉄「大門」で下車。大門、三解脱門を通り境内へ。

      増上寺
                 増上寺境内  
      
鐘楼堂や水盤舎の傍の枝垂桜は満開だった。鐘楼堂の大梵鐘は東日本で最大級で、
あまりの大きさに7回の鋳造を経て完成(1673年)したという。江戸3大名鐘の一つ。
江戸時代の川柳には、「江戸七分ほどは聞こえる芝の鐘」「西国の果てまで響く芝の鐘」
「今鳴るは芝(増上寺)か上野(寛永寺)か浅草(浅草寺)か」と、「江戸っ子鐘」と親しまれている。
水盤舎は、将軍家霊廟建築を伝える数少ない遺構のひとつ。

                  鐘楼と枝垂桜
                          鐘楼の前の枝垂桜

港区観光協会の「江(ごう)姫」のキャラクターが描かれた幟を見つけたりんりんは、
「あっ!お江だ!」と案内所に駆け寄った。そこには、増上寺やお江グッズが並んでいたが、
「お江」の大きなバッジを買うことになった。「ぼく、お江のファンなんです」とりんりん
「そうなの。じゃあ、この袋(港区観光協会)に入れてあげようね」と入れてもらって大喜び。
秀忠とお江夫妻の石塔の写真を見て、「あのー、お江のお墓はどこにあるんですか?」と。
本堂の奥にあるが、御霊屋(徳川将軍家墓所)の特別公開日は今月15日だと教えてもらった。

          バッジ
             東京タワー 展 のパンフ    I ❤ お江 バッジと袋 

彼は「大河ドラマ」(NHKテレビ)を「篤姫」から「天地人」「龍馬伝」「江~姫たちの戦国」と
ずっと熱心に見ているようだ。「龍馬伝」のときは、父親も一緒に見たが、「江」はひとりで
見ているらしい。龍馬に憧れていた昨年は、龍馬が暗殺された京都の近江屋まで行ったりした。
その「龍馬ファン」だった彼が、今年は「お江ファン」になったというわけだ。

増上寺を出ると、たくさんのカメラ!東京タワーへ向う歩道で撮影をしているようだった。
整理中の係員に「何の撮影ですか?」とテレビっ子のりんりんが訊いた。
「リバウンド」というドラマで、日テレの水曜日午後10時からということだった。
桜が咲き始めた道を東京タワーの方へ向かって、背の高い男性(速水もこみち)が女性を
背負って10mくらい走った。それだけで撮影は終わりだった。

        東京タワーへ      猿まわし
             桜もチラホラ              お手並み拝見            

東京タワーに着くと、大きな声と拍手が聞えて来た。猿の「みらいチャン」が頑張っていた。
テレビでしかみたことのないお猿さんの芸に、りんりんはしきりに拍手を送っていた。
3階で「江展」(無料)をやっているのがわかったとき、彼が喜んだのはいうまでもない。
江戸城の一部が再現された会場で、江に関する「パネルタッチクイズ」に挑戦したりんりんが、
わからなかったのは「江の子どもは何人?」だけだった。(答えは8人) 
大河ドラマも見ず、はるか昔に習った日本史もすっかり忘れた私にはチンプンカンプンだった。    

「江展」の横のマザー牧場カフェで「東京タワーパフェ」(¥700)に2人で挑戦した。
東京タワーのライトアップをイメージした33.3cmの高さ(1/1000)。
下からゼリー、ババロア、コーンフレーク、ソフトクリームのパフェ。美味しかった。

              パフェ 33.3cm

最後は、日光、久能山、上野の東照宮と並ぶ「四大東照宮」の1つ、芝東照宮へ。
徳川家康が祀られている芝東照宮は、家光が植えたといわれる「手植えの公孫樹」があり、
第二次大戦の空襲で神社の本殿などが焼失したが、この公孫樹は生き残ったという。
以前、この樹齢360年余の巨樹を見に訪れたことがあったが、芝公園からも聳え立つ
公孫樹の姿が印象的だった。
   2009.8   2011.4.1
   芝公園から 2009.8  樹高25.5m  幹周6.45m 都天然記念物  2011.4.1

「江」のドラマの登場人物の関係はほとんど彼の頭に入っているようで、「江展」のパンフに
載っていた家系図を参考にしながら、ママのお迎えまでに書いた日記はお江のことばかり。
りんりん曰く「きょうはお江と徳川家の旅だったね」。春休みの小さな旅は終わった。
まもなく彼は2年生になる。
旅・散策・イベント

マイ「桜」

2011年04月03日
近所の坂道に、覆いかぶさるように枝を伸ばした桜の木がある。マイ「桜」の1つだ。
花の時季、紅葉の時季などは、少し遠回りをして、この坂道を通ることが多い。
今年はいつまでも寒く、大地震で驚いたのか、桜の開花ものんびりとしているようだ。

          2011.4.1
                        2011.4.2

咲き誇る花、多くの人たちに愛でられる桜の花も嫌いではないが、へそ曲がりの私は、
舞い散る花、散り落ちた紅や黄の葉をひとりで眺めるのも好きだ。

2010年
              2010.4.1
                        2010.4.1
   2010.4          
        4.4              4.13          4.5 雨上がり  
     
  2008.11.20 2008.12.2                    
            2008.11.20                   2008.12.2
  
  2010.11.25 2010.11.25
                             2010.11.25 
旅・散策・イベント

今年の春は・・・

2011年04月02日
3月28日、東京の桜(靖国神社)が開花したと発表があった。
翌日、近くの空地の「マイサクラ」を見に行ったが、蕾しか見当たらなかった。
今年、桜の開花は昨年に比べて遅いが、昨年が特別早かったのかもしれない。

空地に見つけた春  
               2011.3.29
                   「マイサクラ」      2011.3.29
昨年の「マイサクラ」
 2010.3.24 2010.3.30
            2010.3.24                 満開      2010.3.30

今年、この空地にひと固まりの菜の花を見つけた。鳥が下の畑から種を運んで来たのだろうか。
毎年、椎の木の根元一面に薄紫の花を咲かせる諸葛菜(ショカツサイ)だが、今年は少ない。 
諸葛菜は花大根、オオアラセイトウとも呼ばれる。

 2011.3.29
          諸葛菜            2011.3.29       菜の花

一昨年の春、モミジイチゴが苺の花に似た白い花を咲かせたが、今はない。
空地の南側は桜と銀杏、椎など数本を残して、綺麗に整地されて淋しくなった。

    2009.3.31
       モミジイチゴ  2009.3.31       カラスノエンドウ   2009.4.12 
               
線路沿いに見つけた春 
 2010.4.9 2011.3.31
         2010.4.9             つくし            2011.3.31

     2010.3.28
         菜の花          2010.3.28           諸葛菜

  2010.4.9
         蔓桔梗          2010.4.9           大根の花      

こうして花たちを眺め、春の訪れを実感できることがどんなに幸せなことだろうか。
余震がつづく被災地。故郷を離れて避難生活を余儀なくされている人たち。
春の訪れが遅い東北にも、春の兆しが訪れる頃だ。
白樺 青空 南風 こぶし咲く あの丘 北国の ああ北国の春・・・
北国にほんとうの春が訪れるのはいつになるのだろうか。
植物など

無邪気なこどもたち

2011年04月01日
延期されていた上野動物園のパンダたちが今日公開される。
孫たちはまだ生の?パンダを見たことはない。5歳のゆうゆうの描いた「動物園」の画に
パンダは登場しない。忍者が登場するのはなぜかわからないが。

          2011.2 click! 2011.2
           犬 猫 キリン 雀 ライオン 象 猿 豚 鹿 忍者 *Click!

先月末、「1日保育係」として、阿佐ヶ谷(杉並区)に行ったときのこと。
朝9時、到着したごんさんの顔を見るなり、2歳のあいあいはママにしがみついて、
チラッとごんさんを見ては泣いたそうだ。姉ゆうゆうは「見なければいいじゃない~」と
妹に言ったとか。だが、ママが出かける段になると、「ママ、バイバイ」と見送ったらしい。

私が着いたのは午後2時。お昼寝中かと思いきや、あいあいはアンパンマンのパズルに挑戦中。
私の顔を見るなり、ごんさんにしがみつき、挙句の果ては泣きだす始末。
「おじいちゃんのうちに行けばいいじゃない~」と姉に言われて、こっくりする妹。冗談でしょ! 
ごんさんが帰り支度する間に、キャッキャとはしゃぎ出した。
我ながら慣れたものだ。前回、会ったのは2月下旬。2歳を過ぎた彼女の成長はめざましい。
翌日、「あのとき、実際にあいあいを連れだしたら、どうなっただろうね?」とごんさん
2歳の孫に慕われて、よほど嬉しかったようだ。

「もしもし、うん、ひがしにほんだいしんさいが おこったの」「きょうは津波はこないって」
5歳のゆうゆうは、誰に電話しているつもりなのだろう。
「きゃあ~津波が来た! にげなくては!」「津波だ! にげろ~!」と部屋中駆け回る。
妹もつられて姉の後を追う。かと思えば、揺れてもいないのに、座卓の下に潜り込む。
保育園での避難訓練の成果だろうか?? とても楽しそうだ。

           避難訓練?
                               頭を押さえないと・・・!
      避難訓練?
        しっ~! 

画を描くのがもっとも落ち着かせるのではと思い、「お絵かきしようか」と誘ってみた。
妹のあいあいも「アンパンマン」らしきものを描く。なかなか姿勢がいい。
姉の画を覗くと、「見ないでっていってるでしょ!」と言われてしまった。
描き終わると、得意そうに見せてくれた。

お絵かきタイム
                                「みないで!」とゆうゆう 
      2011.3.23 2011.3.23
            出来上がり          ゆうゆう 画

彼女はまだウィンクできない。プリキュアの影響だろうか、いかにも女の子の画だ。
従兄のりんりんとどちらが上手?と訊かれて困ったが、
とりあえず、彼にはこういう女の子は描けないと思うと答えると、納得したようだった。
来年は小学生になるゆうゆう、この負けず嫌いも成長の証しなのだろう。
身近な人びと
 | HOME |