FC2ブログ

夏の小さな虫たち

2011年07月31日
夕暮れどき、池の近くや川沿いを歩いているときに、電灯の下にたくさんの小さな虫が
柱状に飛んでいるのをよく見かける。それがユスリカで、一見すると血を吸う「蚊」に
似ているが、動物や人を刺すことはない。昆虫綱ハエ目ユスリカ科に属するハエの仲間。
「頭虫(あたまむし)」とも呼ばれるように、2mから1.7mの人の頭の上に蚊柱をつくる。
ユスリカ交尾のために(メス1匹に100匹の)オスが集団を作り、特別な音を出して
メスを呼び寄せるのだという。
蚊柱から逃げても蚊柱はついてくるし、目に飛び込んで来ることもあって、実に不快だ。

年々、ユスリカが増えているらしい。農薬や殺虫剤を使うことを嫌う傾向になってきたこと、
また、ちょっとした水が溜まりやすい場所が増えて来たことが考えられる。
そして、水そのものが汚くなっているので、幼虫を捕食するものが減ってきているのだとか。

ユスリカの成虫は人を刺すことはないし、水に棲む幼虫が、泥中や水中の有機物から体を作り、
やがて成虫となって水外に飛び去ることで、川や池などの浄化に役立つという意味では
基本的に益虫であるといえる。しかし、生活排水による川の汚れなどにより、川の富栄養化が
進むと大量発生して害となる。大量発生すると、川の近隣住宅においては、洗濯物を干せない、
窓を開けられないといった問題が起きる。
(Wikipedia)

目黒区の駒沢通りから大橋方面にかけて目黒川沿いに、ユスリカ対策の一環として、
「電撃殺虫機」が設置されている。「この電撃殺虫機は、ユスリカを駆除するためのものです。
高電圧のため大変危険です。絶対に手をふれないでください
」。
保健所では例年、春から秋にかけて夜間点灯しているが、今年は、東北地方太平洋沖地震の
影響により、節電対策として当分の間消灯するということだ。

        ユスリカ用
           目黒川沿い遊歩道     ユスリカ用 電撃殺虫機  目黒区

ラジオをきいていたら、ユスリカだけでなくアブラムシも増えてきているらしい。
多くは4月から6月に生れ、移動するときに群れをつくるという。人間には害はないが、
気持ちのよいものではない。アブラムシの天敵のテントウムシが減ったことも原因だとか。

街で増えつづける緑のカーテンなど、突然出現した「緑」にも虫はたまりやすいのだそうだ。
自然に出来た「緑」と違って、生き物のバランスが保たれず、生態系が変わることもあるそうだ。
そういえば、テントウムシをあまり見かけなくなった。

蚊柱は、夏の季語。    夕立の来て蚊柱を崩しけり    正岡子規

                一つ二つから蚊柱となりにけり  小林一茶
動物など

中国の「世界農業遺産」

2011年07月30日
今年6月末、小笠原諸島と平泉が世界遺産に登録されることが決まったが、
「世界農業遺産」については、意外に知られていないようだ。
世界重要農業資産システム「世界農業遺産」は、伝統的な農業と、農業によって育まれ
維持されてきた、土地利用(ため池、農地、水利施設など)、技術、文化風習、風景、そして、
それを取り巻く生物多様性の保全を目的に、国連食糧農業機関認定の世界的に重要な地域。

今年6月、日本では初めて、「トキと共生する佐渡の里山」と「能登の里山里海」が選ばれた。
佐渡市(新潟県)は国の特別天然記念物トキと共生するために、減農薬稲作で餌場づくりに
取り組むなど、自然と人間が共生する農業システムが、能登(石川県)は「能登の里山里海」と
呼ばれる日本海沿いの棚田と集落が織りなす景観や、豊作を願い田の神を祭る農耕儀礼
などの文化・風習が評価された。
         貴州省
                    貴州省の棚田        1999.4

この「農業遺産」が始まったのは6年前。フィリピンの棚田、チリのチロエ農法などのほか、
中国では、雲南省の「ハニの棚田」、浙江省麗水市の「稲田養魚」などが登録された。
ハ二の棚田は、総面積は5万4667ha。棚田の段数は最も多いもので3700段にもなり、
開墾から1300年を超え、その独特な灌漑方式と古くからの農業生産方式によって、
河川、棚田、村、森林が一体となった原始農業的な生態系を保持しているといわれる。

今年は日本の2ヶ所のほかに、インドの「カシミールのサフラン栽培」と中国貴州省の
「トン族の稲作・養魚・養鴨」の登録が決まったという。

トン族は、貴州省、湖南省、広西チワン族自治区(主に貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州)
に分布する、人口約300万人のチベット系少数民族。人々はうるち米やもち米の栽培を
主とし、稲田で魚を養ったり、カモの飼育をするなどの伝統農業を守っている。
また、林業に従事し、杉、油茶の栽培で知られ、このお茶で客をもてなす慣わしがある。
トン族の女性は綿の栽培をし、自ら布を織り染めている。

   1143n01.jpg
     『那山・那人・那狗』(あの山・あの人・あの犬)
    という中国映画(1999年)を見たことがある。
    『山の郵便配達』この映画を観るには
    ハンカチが数枚必要だと聞いていた。
    Kさんと覚悟して出かけて行った。
    「この辺で泣く人が多いのだろうな」とは
    思ったものの、ハンカチを使う機会は
    ほとんどなく、「この歳になると
    泣けなくなるのかしら」などと言いながら
    映画館を出たことを思い出す。

ストーリーはシンプルだが、天をつく棚田の風景、郵便配達人が辿る険しい道・・・
風景が素晴らしかった。犬の愛らしさも印象に残っている。
長い間、手紙を届けてきた郵便配達人が年老いて引退を決めた。後を継ぐ息子と共に
最後の配達をする父。旅を通して父を心より尊敬するようになった息子・・・。

あの映画の舞台となったトン族の村の夕刻の祭で披露されたのは「蘆笙(ろしょう)」の踊りだ。
この「蘆笙」の踊りをみたのは、初めての中国の(雲南・貴州省の少数民族を訪ねる)旅だった。
貴州省のミャオ族の村を訪ねたときに、近くのミャオ族の人たちがたくさん集まってきて
蘆笙を吹いたり、踊りを披露してくれた。
  貴州省
           蘆笙を吹く長角ミャオ族    貴州省 六枝特区  1999.4
    歓迎会
                  メンバー(後方)歓迎のミャオ族の踊り    
中国・中国の旅

そして「暑熱順化」

2011年07月29日
今年の梅雨は全国的に短く、しかも早めに明けた。身体を夏の暑さに馴らすための
準備期間が短かかったために、熱中症のリスクが高くなるといわれる。
先週(18~26日)は、2千人が救急搬送され、6人が亡くなったとか。台風の影響で、
これでも少なかったという。半数は65歳以上。因みに、先々週は7千人近くだった。

熱中症対策には、つまり、暑さに体を馴らすことが大切。暑く感じるというだけでクーラー!
に頼ってしまうと、本格的に暑くなった時に体が対応できないのだ。   (熱中症

本来、人間の体は「暑熱順化」、暑さに馴れるように出来ているそうで、暑くなり始めると、
数日で汗をかくための自律神経の反応が早くなり、体温上昇を防ぎやすくなるという。
3、4週間経つと、汗に塩分が無駄に流れるのを防ぐためのホルモンが出て、
塩分欠乏による症状を防ぐのだそうだ。実にうまくできているものだ。

「暑熱順化」の江戸時代の知恵を取り入れて暑い夏を乗り切るのもいいかもしれない。
よくいわれるのは「打ち水」だが、ポイントは日陰になっているところに打つこと。
また、日なたと日陰の温度差の少ない、朝夕が効果的とされる。

南と西側の窓に昨年と同じ竹製すだれ、居間の前には隙間だらけの「緑のカーテン」がある。
すだれは、直射日光を遮って、実際に涼しく感じるが、わが庭の朝顔やゴーヤのカーテンの方は
どちらかというと観賞用で、日除けの役目はあまり果たしていない。

       本門寺
         池上本門寺 「500個の風鈴の音を聴く」(7/3~17)

耳で感じる涼しさは、何と言っても「風鈴」だ。陶製の風鈴を部屋の中に1つ吊るした。 
昨年につづいて、池上本門寺(大田区)に風鈴の音を聴きに行った。
南部風鈴500個が吊るされて、涼やかな音を響かせていた。     (「風鈴の音

冷たいものがほしくなる夏だが、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると、夏バテを引き起こす。
夏バテ対策として、江戸の庶民は「甘酒」を甘酒売りから買って飲んでいたという。
主に米と米麹で作られる「甘酒」は、米麹についている麹菌の酵素が米の栄養素を身体に
吸収しやすい形に分解されるので、飲む点滴とも呼ばれる、江戸時代の栄養ドリンクだ。
               
      萬屋酒店
            萬屋酒店  国有形登録文化財   明治8年築 

因みに「甘酒」は夏の季語。 風鈴の音を聴いた帰り、参道の「萬屋酒店」で「甘酒」を買うと、
「冷やしてトマトジュースと割っても美味しいですよ」と勧められた。(お寺や公園の井戸
        
        甘酒
                 瓶入り4種とカップ入の甘酒 

先日のヒートアイランド学会で発表された結果(産業総合技術研究所)は意外だった。
午後4時終業のサマータイムが導入後、帰宅時間が早くなってどう変わったか。
オフィスの電力消費は10%減るが、帰宅後のエアコン使用などで、全体で4%増だとか。
1人暮らしが全世帯の約4割を占める東京では、個々にエアコンを使用することが多く、
集合住宅では27%、一戸建住宅は23%と、電力消費は増えることがわかった。

すだれなどによる日差しの遮蔽効果は5%減、エアコン設定温度28℃で5%減の効果が
あったというが、アスファルトの道路に打ち水しても、効果はあまり期待できないという。
打ち水すると、1戸建てでは、温度はほんのわずか下がるが、湿度の高い空気が室内へ入り、
エアコンの負荷を上げることになるのだとか。

めったにクーラーを入れないわが家では、朝夕、庭に水を打ち、ゴーヤのカーテンとすだれで
日差しを遮り、扇風機で涼しい風を取り込み、風鈴の音をききながら、団扇で煽ぐ。
無理をせずに「暑熱順化」で、節電の夏を乗り切るつもりだ。

明日、鎌倉の由比ヶ浜海岸では、市民が持ち寄った線香花火で鎌倉大線香花火大会
開かれるそうだ。大震災の影響で「鎌倉花火大会」も中止になり、「自分たちで花火大会を!」と
twitterで沸き起こった。市内の僧侶有志による鎮魂読経のあと、線香花火大会となる。
暑い夜は、わが家で孫と線香花火を楽しむのもいいかもしれない。
つれづれ

「節電ビズ」?!

2011年07月28日
車内でトレインチャンネル(JR)やTOQビジョン(東急)を見るのが楽しみだが、
お気に入りの1つに、パナソニック提供の「暮しのエコナビ」がある。

先日、JR京浜東北線の車内で見た「バイオテックジャケット」篇は意外だった。
衣料品メーカーが開発した、この「生分解性」という特長を持つジャケットは、
土に埋めればバクテリアの力で、ほぼ1年で水とCO₂に分解されて、自然に戻るという。

このジャケットやスーツだが、ファッション性や耐久性は普通のスーツと変わらない。
オシャレだし、コスト削減にもゴミの削減にもなるという。
最近は洋服も流行のサイクルが早いため、リサイクル率は26%に過ぎず、
年間約69万tが廃棄されているとのことだ。

因みに、わが家でのリサイクル率、リユース率は、80%くらいではないだろうか。
着なくなった衣類や使わなくなったものは、段ボール箱にためておき、箱がいっぱいになると
横須賀市の知合いに送ることにしているので、とくに衣類はほとんど捨てずにすむ。
彼女のところでは、月1度、バザーを開いて、その収益金を施設の運営にあてているそうだ。

通勤風景

先日、車内で、前の席を見ると、通勤途中のビジネスマンたちは全員がノーネクタイ。
これが、「クールビズ通勤」「クールビズ通勤服」というのだろうか。
鞄を抱える人、膝に乗せる人、脚で挟む人、上着を持つ人といろいろだが、全員爆睡中。
月曜の朝8時半頃の東海道線下り電車内の風景だ。

ところで、「土に還るジャケット」はいいが、何と言っても今は節電の夏だ。
数年前に始まった「クールビズファッション」(半袖シャツやYシャツにノーネクタイ)は、
さらにカジュアル化し、「スーパークールビズ」(Tシャツやポロシャツ)となったらしい。
この超軽装を「節電ビズ」というそうだ。
紳士服売り場では、ネクタイをしなくてもおしゃれなイタリアンカラーのシャツや
ビジネス仕様のポロシャツ「ビズポロ」などが爆発的に売れているそうだ。そして、ベルトも。

男性用の日傘も売行き好調だという。また、扇風機付きの日傘もこの夏の大ヒット商品だとか。
「日傘扇風機」は、傘内側に羽根が3枚ついていて、スイッチを押すだけで羽根が回転し、
(単三電池3本)風が来るという仕組み。晴雨兼用で4000円ほど。
ちょっと魅力だが、今年は、2000円でとても軽い日傘を買ったので、来年までお預けだ。

   日傘
                    黒い日傘と白い日傘

白い日傘と黒い日傘が多いが、色の性質から考えると、黒の方が日傘に向いているようだ。
黒の方が電磁波を吸収することで紫外線をカットし、照り返しも内側で防げるという。
だが、最近では内側あるいは外側がコーティングされ、それぞれ遮光、遮熱効果があるため、
紫外線を完全にカットするだけでなく、赤外線もカットするため、涼しく感じる傘もあるようで、
日傘の色だけでなく、多少高くても素材の素晴らしいものを選ぶことがいいようだ。

今年の暑さは昨年ほどではないようだ。日傘をさしても強烈な日差しを避けられない、
そんな日は少ないかもしれない。だが、いわゆる「ゲリラ豪雨」「ゲリラ雷雨」など、
局地的な雷雨はかなり多くなりそうだとか。
つれづれ

記念の碑

2011年07月27日
記念碑、記念建物、記念館、銅像、慰霊碑などをモニュメントという。
国や地域、事象等の象徴性を示すものや戦争、独立記念日等の事象、集団を祀る象徴的、
特徴的場所を示すといった目的があり、形態もピラミッド、凱旋門、銅像、彫刻など
多岐にわたる。こうしたモニュメントの存在が、都市や街のイメージをつくり、
ランドマークともなる。
(Wikipedia)        (街角アート銅像 石像 モニュメント


「あゝ上野駅」歌碑  台東区 JR上野駅前
上野広小路口に、1960年代に集団就職列車に乗って上京した若者の応援歌「ああ上野駅」
作詞・関口義明 作曲・荒井英一)の歌碑が建つ。歌碑には、「C62 23」と「ようこそ東京へ」と
書かれた幟を持った人々が描かれている。

   上野    銀座
        「あゝ上野駅」歌碑                  「銀座発祥の地」 

「銀座発祥の地」碑   中央区銀座2丁目
慶長17年、「銀貨鋳造役所銀座」が設置され、このときの町名は新両替町(通称銀座町)。 
「銀座」の名前は明治になってから正式に使われたもの。

「煉瓦銀座之碑」  中央区京橋
「明治5年 銀座は全焼し延焼築地方面に及び焼失戸数四千個と称せらる・・・
政府は国費を以て煉瓦造二階建アーケード式洋風建築を完成す・・・」 時の東京府知事
由利公正は不燃性の都市を建設することを主張し、銀座煉瓦街の誕生となった。

銀座のガス燈のガス発生炉用耐火煉瓦は、品川白煉瓦製造所で製造された煉瓦。
この工場の煉瓦は、旧仙台藩伊達家下屋敷跡(現品川区東大井)の醸造工場にも使われた。


      銀座      戸越銀座
         「煉瓦銀座之碑」           「戸越と銀座 ゆかりの碑」

「戸越と銀座 ゆかりの碑」  品川区戸越
全長約1.6kmにわたる関東有数の長さを誇る商店街には、当時の煉瓦の記念碑がある。
「戸越」では、大正12年の関東大震災で被害を受けた銀座からこの耐火の白煉瓦を譲り受け、
水はけの悪かった戸越の大通りなどに再利用した。
現在日本には数多くの銀座と名のつく地名があるが、このような由縁で日本で初めて
「銀座」という名前を譲り受け、「戸越銀座」という地名が誕生した。
「戸越」という地名は、江戸を越えた土地という意味の「江戸越え」に由来すると言われ、
当時、この地に住む人々は「とごえ」 と呼んでいたとか。

「芝神明増上寺」   港区大門
東海道に隣接し、増上寺にも程近い神明宮界隈は、水茶屋や楊弓場、芝居小屋や寄席などが
軒を連ねる盛り場としてにぎわっていた。

            大門
       大門
     「名所江戸百景 芝神明増上寺」     「江戸自慢三十六興 芝神明生姜市」
          歌川広重(三代)           歌川豊国(三代)・歌川広重(二代)
 
「名所江戸百景 芝神明増上寺」は増上寺の参道入口付近から見た増上寺の大門と芝神明宮。
「江戸自慢三十六興 芝神明生姜市」は、「芝の神明さま」として親しまれる芝大神宮の
祭礼の様子を描いたもの。生姜は昔から厄除として江戸庶民の信仰の対象にもなってきた。
旧暦9月11日から21日まで10日間も続くことから、「だらだら祭り」として知られている。

「伊能忠敬 測量記念碑」  芝公園 芝丸山古墳  港区
芝公園は、日本で最初の公園として指定された都立公園。南端の林の中に芝丸山古墳がある。
この古墳は、4世紀後半から5世紀に築かれたとされる前方後円墳で、全長が112mあり、
都内最大の古墳とされる。東京都指定史跡。

        芝
                  「伊能忠敬 測量記念碑」

1800年、伊能忠敬は、蝦夷地の測量に出発し、その後、16年間にわたって全国を測量し、
日本初の本格的な実測地図「大日本沿海輿地全図」を作成した。
 
因みに、都内にある大型古墳をみると、大きさ順に、大田区の亀甲山古墳(107m)、
大田区宝来山古墳(97.5m)、上野公園内摺鉢山古墳(70m)、大田区浅間神社古墳(60m)。
旅・散策・イベント

智歯と乳歯は大違い

2011年07月26日
明日はいよいよ口腔外科で「親知らず」の抜歯だ。
「親知らず」つまり、第3大臼歯は、20歳前後で生える歯のため、平均寿命が
40歳前後だった頃は、親は自分の子どもの「親知らず」を見ることが出来ない、
というのがこの名の由来と言われる。「親知らず」は必ずしも生えるとは限らないようだ。

20代だったと思うが、大学病院の口腔外科で「親知らず」を抜いたことがあった。
はっきり覚えていないが、おそらく曲がって生えて来たか何かで、抜いたほうがよいと
近所の歯科医が判断したのだと思う。
今回抜くことになっている歯は、数10年も前から生えていて、さし当たって問題はなかった。
そう思っていたのだが、顎関節症で通う口腔外科のN先生に「抜いた方がいい」といわれ、
E病院で抜歯することになってしまった。

抜歯とはいえ、ちょっとした手術のようだ。日程を決め、どういった手術かの説明を受け、
歯科衛生士から同意書も渡された。
「埋状智歯抜歯についての説明書」には、抜歯の目的、方法、合併症について書かれている。
「親知らず」は「智歯(ちし)」というらしいが、智恵がついてから生えるから?
いずれにしても、腫れが引くまで1週間近くかかるようで、涼しくなってからがよかったと、
今頃になって後悔している。

「親知らず」はどちらかというと邪魔ものだが、乳歯から永久歯に生えかわる時期は、
親には子どもの成長の証しのようで、嬉しいものだろう。素直に生えてくれば助かるが・・・。
先月、孫ゆうゆうが腹痛で保育園を休み、子守に行ったの日のこと。
気になっていたグラグラの歯が抜けた。5歳半ではじめて抜けた、小さな小さな歯だった。
とりあえずティシューに包んで「ぬけた歯」と書いたメモの上に置いておいた。

りんりんの歯がはじめて抜けたのは、昨年夏。6歳半のときだ。 (小1りんりんの8月末
「下の乳歯が抜けたら屋根に投げ、上の乳歯は縁の下に投げ入れよ」という言伝えがあるが、
彼は、屋根に投げ上げることはせずに、瓶の中に入れてしばらく眺めていたそうだ。
その後、何本永久歯に生えかわったのかきいていないが、最初のときほど感激はないようだ。

             乳歯入れ

乳歯が抜けた日から10日後、ゆうゆうは熱を出した。彼女の家で見慣れないものを発見。
「なあに、これ?」「この間の歯が入っているの」なるほど、市販の「乳歯入れ」だ。
ネットをみると、木製や陶器のものなどいろいろな「乳歯入れ」「milk tooth holder」がある。
ゆうゆうのはピンクだが、赤、オレンジ、黄、紫、青、緑、黄緑、空色と実にカラフル。

抜けた乳歯の行方は家によってさまざま。屋根に投げ上げたり、縁の下に放り投げたりせずに、
「記念に残しておきたい」と、こういった乳歯入れに保存する親が多いのかもしれない。
りんりんはどうしているだろう。彼にも教えてあげようかな。
身近な人びと

「風景印」 渋谷区 Ⅱ

2011年07月25日
代々木局 
 代々木局 明治神宮鳥居
       明治神宮鳥居  拝殿                   鳥居

    都庁から
                明治神宮の杜    東京都庁から

       花菖蒲
                    区の花  花菖蒲      
   花菖蒲
            

代々木二局代々木三局
  代々木二 代々木三
    新宿高層ビル  区花 花菖蒲     「日本航空発始之地記念碑」 代々木公園 

   副都心
             都庁                都庁から

「代々木二局」は新宿駅南口近くにある。新宿には40棟以上の超高層ビルが建っているが、
20年近く前につくられた風景印のような景色はすっかり変わってしまっている。

「日本航空発始之地記念碑」は代々木公園南門近くにある。明治43年、代々木練兵場だった
この地で2人の陸軍大尉が日本初飛行に成功した。(4分間で3kmと1分間で1km)


原宿駅前局 
  原宿駅  ケヤキ並木
      日本で最古の木造駅舎  原宿駅           ケヤキ並木
 
 
   原宿駅前局 神宮前六局
         もと原宿駅前局              新しい神宮前六局

昨年秋、「原宿駅前局」は神宮前駅の近くに移転し「神宮前六郵便局」となった。
原宿駅とケヤキ、花菖蒲がデザインされた風景印は、移転と同時になくなったそうだ。

実は、渋谷区のうち原宿駅前局だけが残っていた。やっと「原宿駅前局」という名だけを
頼りにJR原宿駅の周りを探したが見当たらず、神宮前の方らしいとわかって行ったが、
やはり見つからなかった。表参道からちょっと入ったところに昔からの路地が残っていて、
井戸端会議中?のオバサンに訊ねると、「あ~、移っちゃったからね」とついてきてくれた。
「ここが郵便局だったんだけどね~」「新しいのはあそこの角を右に曲がればいいよ」と
親切におしえてくれた。
ところが、新しい郵便局には「風景印はありません」。「原宿駅前局」が移転したときに
なくなったのだとか。どっと疲れが出た。
旅・散策・イベント

親になった「小皇帝」たち

2011年07月24日
1年ぶりになるだろうか。先週、Kさんと、群馬県沼田に住む呉さんと渋谷で会った。 
呉さんとは実に長いつお付き合いになる。              (呉さんのこと
彼は東京農大の大学院在学中、福州大学の同窓生だった林(ling)さんと、故郷アモイ
福建省)で結婚式を挙げた。K同学と式に参列したが、とても素敵な結婚式だった。
そして、4年前の今日はU君の誕生日。翌々日、S同学と孫りんりんと沼田の病院まで
駆け付けたことを昨日のことのように思い出す。

その呉さんが、2人の洪さんと日本人のSさんと貿易会社を起こす準備を始めたという。
2人の洪さんには2005年の「客家土楼の旅」でお世話になった。土楼への山道を
運転して下さった洪さん、早朝お邪魔したときに朝食を用意して下さった洪さんだ。
彼らとは2年後の呉さんの結婚式で再会したが、30代前半で、それぞれにエネルギッシュな
事業家だった。さすが華僑の血が流れていると、同行のKさんたちと感心したものだ。
   洪さんたち
中国で「一人っ子政策」が始まった1979年の2年前に生れた呉さんは末っ子。
日本在住の3人を含めて6人の姉がいる。奥さんの林さんは同い年、彼女にも兄がいる。

ところで、中国では「一人っ子政策」によって、ある程度の人口抑制に成功したが、
一方でさまざまな問題を引き起こしている。
彼らは、両親と祖父母の6人の大人から一身に愛情を受けて育つため甘やかされ、
小皇帝、女児の場合は小皇后とか小公主と呼ばれ、それ以前の世代とは異なる価値観を持つ。
甘やかされて自分で家事を行う経験も乏しいため、自分だけで生活しなければならなくなっても、
家事ができないケースがある。
(Wikipedia)

政策が始まった当時の一人っ子は「80后世代」、または単に「80后」「八零后」と呼ばれる。
(后は「後」の意味の簡体字)
彼らはすでに成人に達し、1組の夫婦が双方の両親4人を扶養し、一人っ子を養育するという
「421家庭」の時代になった。今、彼らは子育てと両親の介護の問題に直面しているという。

夫婦ともに一人っ子の彼らが、春節や中秋節などにどちらの実家で過ごすかは大問題だ。
休みの前半を夫の、後半を妻の実家で過ごすとか、夫婦別々にそれぞれの実家へ帰るとか、
また、双方の両親を呼び寄せたりと、ただでも忙しい彼らには大変なことらしい。
 
    土楼
            南靖土楼 井戸のある中庭     永定土楼 初渓村の土楼群(上)  

世界遺産にも登録されている福建省の客家土楼には、数10から100戸の人たちが
住んでいたが、近年、華僑になって海外へ出て行き、空家も目立つようになったという。
        
「四世同堂」(4世代同居)が理想の家族の姿だった時代は、はるか昔の話。
「80后世代」の両親世代はすでに独居老人の段階に入っているとも言われている。
ホームで老後を送るという生き方を受け入れる人たちも増えて来たというが、
自宅で老後を送ることを望む親も多く、「421家族」の老後問題、介護問題は深刻だ。

日本は、出生数が減り、一方で、平均寿命が延びて高齢者が増えているために、
平均寿命、高齢者数、高齢化のスピードでは、世界一の高齢化社会だ。
高齢化社会は、総人口に占める概ね65歳以上の老年人口が増大した社会のこと。
現在、中国では猛スピードで高齢化が進んでいて、20年後には、65歳以上の人口が
総人口に占める割合が日本を追越し、高齢化率は世界一になるだろうともいわれる。

70年代後半生れの呉さんたちの関心事は、愛息U君だ。日本での教育か、中国での教育か?
家では呉さん夫婦は中国語で会話する。保育園では日本語を話すU君は、両親の中国語を
聴きとれるが、日本語で話すのだとか。彼の頭の中には、中日辞書が入っているようだ。

   U君
          3歳のU君                     博物館で 
        
「生日快楽!」 U君、4歳のお誕生日おめでとう!
中国・中国の旅

グリーンカーテンその後

2011年07月23日
今日は24節気の1つ、大暑。1年中でもっとも暑さが厳しくなる頃。猛暑。

日最高気温が25度以上の日は「夏日」30度以上の日は「真夏日」35度以上は「猛暑日」。
夜間の最低気温が25度以上のことは「熱帯夜」という。  (気象庁ホームページより)
今年は梅雨入りも梅雨明けも早く、猛暑日も熱帯夜もまだまだつづきそうだ。

杉並区役所の緑のカーテンは、今年で4回目になるという。   (風景印 杉並区Ⅰ
4月半ばに設置されたカーテンになったキュウリを、6月半ばには、孫娘たちの通う保育園など、
近くの保育園児たちが収穫をしたという。

わが家の緑のカーテンだが、いずれ買いたそうと思っていたため、ゴーヤはたった3株。
4株だった朝顔は1株がだめになった。          (めざすはグリーンカーテン
植えてまもなく、植木屋さんに「こんな小さなプランターに3株も植えたんじゃだめだよ」と
言われてしまった。1株にバケツ大の鉢が必要なのだとか。水やりをせっせとやっているので、
何とか伸びて実もなっているが、まばらでカーテンとはいえない。日除けとしては失敗だ。

         ゴーヤ
         花  6.19     実   7.11         屋根に届いたが・・・            

先日のテレビで、緑のカーテンつくりの名人が話していたが、ゴーヤの葉が8枚くらいに
なって先端を摘むと、脇から芽が出て来て隙間埋めるように伸びていくとのことだった。
このことを早く知っていれば、3株でもせめてレースカーテンのようにはなっただろうに。
植物など

家にも顔が?! Ⅱ

2011年07月22日
昨年、孫の子守に向かう途中、目に入った1軒の家。その表情が面白く、それ以来、
大通りを避けて住宅街を歩くようになった。          (家にも顔が?!
今回は1つ穴(換気口)の家。目のようにも口のようにも見えるが、前回の2つ穴と比べると
表情は乏しい。

ヒシガタ
 目黒区 大田区
 大田区 大船

サンカク
 大田区 大田区
 大田区 目黒区

シカク&マル
  杉並区 世田谷区

  大田区 大田区 

大田区 大田区

  杉並区 杉並区
 大田区   大田区
旅・散策・イベント

リハーサルは疲れるもの?

2011年07月21日
先月の最終土曜日は、孫ゆうゆうのバレエの発表会だった。習い始めて2年が経つが、
発表会に出るのは初めてのこと。1週間前にはリハーサルがあった。 
月曜日、リハーサルで緊張のあまり疲れたらしく、「喉が痛い」と彼女は保育園を休んだ。
例によって、ごんさんと交替制をとった。熱はないので外で自転車に乗ったり、
オセロやトランプなどをして過ごしたが、彼女はまたまたオセロの腕をあげたそうだ。

バトンタッチ後、「発表会へきてください」と岩手の祖父母へ手紙を書くことにした。
可愛らしい便箋と封筒を出してきて、1文字1文字ていねいに書いていくゆうゆう
便箋の下半分が余ったので、部屋に架けてあったバレエの衣裳の絵を描くことにした。
「赤ずきん」の衣裳を見ながら、鉛筆で輪郭を描き、色鉛筆ではみ出さずに塗っていった。

      手紙かく

今のゆうゆうと同じ年の頃、りんりんは、「ゆっくり丁寧にね!」と度々言われても、
乱雑な字を書いた。間違えると消ゴムを使うのも面倒と、上書きしたりすることも多かった。
これは単純に女の子と男の子の違いだけではないようだ。

夕方、園から帰宅した妹のあいあいはご機嫌だった。「れなちゃん、今日は来たの?」と訊くと、
「いたの~!」と嬉しそうに答えた。いつも一緒に遊ぶれなちゃんが熱を出して休んでいた。
2月生れの彼女がお姉さんぶりを発揮できるのは3月生れのれなちゃんだけで、
いつもふたりで遊んでいるそうだ。

次の日、ゆうゆうは登園したが、夜に熱が出たという。翌朝、病院から戻った後、
ごんさんが、午後3時から私がお相手した。昼寝もしない、体温を測るのも嫌と、熱のせいか
ご機嫌はあまりよくない。ソファにゴロゴロとしながら、遊んだり、しゃべったりして過ごした。

病院でちいちゃんに会ったという。「ちいちゃんは何組?」「私と同じ」「じゃあ、くま組?」
「ちがう!きりん組!」何度きいてもなかなか覚えられない、彼女の保育園の組を確かめた。
「0歳児がひよこ、1歳がリスね」「そして、2歳はあいあいの組。うさぎかな」
「3歳が~しか組で・・」「4歳がくま組で、5歳がきりん組でしょ」
「そう!」何とか合格できた。

   運動会
     ひよこ   りす   うさぎ    運動会で    しか     くま      きりん 

それから、好きな組の名をつけてみようということになった。
「たんぽぽ組、すみれ組、チューリップ組・・・」「ゆり組、ばら組もいいかな」
「木の名前はどう?」「さくら、うめ、けやき、すぎ、ひのき・・・」
「果物もいいかな」「もも、りんご、いちご」「パイナップル組はおかしいかな?」

思えば、抱っこして寝かせた頃の子守とは違い、肩も腰も痛くならずにすむし、
さすがに5歳にもなると、意思をはっきり伝えられるので助かる。
熱が少々あっても、遊んだり、話相手をしながら、長い時間を過ごせるようになった。

話のついでに、息子が幼稚園のとき、「もも組でとも子先生だった」ことを話すと面白がった。
「パパは覚えているかな? 訊いてみようか」と、そのリハーサル?をすることになった。
私が息子の代わりをする。はい、スタート! 「ただいま」と帰って来たところから
やらなくてはダメだという。だが、肝心の彼女のセリフ「パパ、幼稚園のとき何組だった?」を
言うまでに随分と時間がかかった。なぜだかとても恥ずかしいらしい。

息子が帰宅すると、いよいよ本番だ。リハーサルのときよりもずっと照れてしまったゆうゆう
「とも子先生」「もも組」とも覚えていた息子。「??だれだったかな~忘れちゃった」と
いった答えを想像していた2人はすっかり拍子抜けしてしまった。
とも子先生が大好きだった息子たち。けんくん、ゆうすけくん、ひろしくん、けんすけくん・・・
30年余前の懐かしい顔が浮かんできた。
身近な人びと

食卓を囲む愉しみ

2011年07月20日
今年1月に閉じた黄老師中国語講座の「桂花会」と名付けた同窓会が5月にあった。
黄老師は勿論、千葉県御宿から2時間かけて駆けつけてくださったSさんをはじめ、
すでに退会された3人も加え、楽しい時間を過ごした。     (小さな同窓会
2次会は、地震や原発ら文学の話まで。Fさんに1冊の本のネット購入を頼まれた。
引越の際に紛失した『槿(あさがお)』(1983年)。『槿』は古井由吉よしきち)の代表作の1つで、
谷崎潤一郎賞受賞作品。彼女は古井氏の大ファンなのだ。

『槿』が届き、ランチの約束をした。荻窪の駅ビルの中に京都の老舗の店があった。
荻窪には度々足を運ぶ彼女だが、今年の冬、彼女はインフルエンザで入院したことが
キッカケで煙草をきっぱりやめるまで、こういった店には入れなかったという。
京料理など、日本料理は五感で楽しむ料理と言われるが、素材の味を活かした薄味料理で、
彩りも味も季節感があり、繊細で美しいこと!意外にも値段は手ごろだ。
彼女は煙草をやめたことで、料理を美味しく味わう喜びを知ったと感激していた。

         茶碗蒸しつき
                 膳の中の嵐山の風景?    
           
『食卓は学校である』(玉村豊男 著)にあった、フランス料理と日本料理の違いを思い出した。
『絵を描く日常』など、今までの読んだ玉村氏の本は2冊。どちらも絵に関するエッセイだ。
画家でありエッセイストでもある彼の約60冊の著書の半分以上が食べ物の本だという。

この『食卓は学校』は授業形式になっている。素敵な先生の授業を受けている気分だ。
時間割は、朝礼の挨拶ー私たちが学びたいこと、
第一時限 食の時間、 第二時限 食の作法、 第三時限 食の進化、 第四時限 食の伝播、
第五時限 食の忌諱、 第六時限 食の仲間、 放課後の雑談ーまずい店ほど楽しめる


第1時限「食の時間」 「フランスの食事が時系列で展開するのに対し、日本の食事は
平面的に同時展開する。家庭ではご飯とみそ汁と焼き魚と漬物を同時に出し、旅館の夕食では
数え切れないほどの皿が、ほぼ同時に、所狭しと並べられる
」というのだ。
だが、平面展開が基本の日本でも、一皿ずつ時系列で出す料理店は、江戸時代からすでに
登場していたという。

2時限の「食の作法」では、「機内食」の食べ方の違いが面白かった。
和食の作法は一応あるが、あまり気にする人はいない。フランス人は悲しいほど律儀だそうだ。
彼らは、まず、どれが前菜かを確認する。その次にメインディッシュに取りかかる。
肉料理と、つけ添えの野菜、ときどきパンを食べ、ワインを飲み、肉と野菜を食べ終わると、
サラダ。そしてデザート。コーヒーはデザートが終わってから注いでもらう。

      機内食 2004.9.28
                ちょっと変わった機内食

2004年、南京、常州など1週間の江蘇省の旅を終えて、東京へ向かう機内で出たのは、
大きな月餅。この日はちょうど中秋節だった。
写真をみると、ライスのほか、海苔巻きがある。フランス人だったら、どうしただろう。
ついでながら、この写真には「日本再換外務大臣」という見出しの中国の新聞が写っていた。
因みに、外務大臣は川口順子氏(2003.9.22~2004.9.27)から町村信孝氏へ(~2005.10)。
このころは、3ヶ月というケースもあるにはあるが、ほぼ1年で替っているようだ。

時系列の順に食べる習慣が身に染みついているフランス人と、ご飯の横に汁や漬物を
平面的に並べることからスタートして日本人とは、動かしようもないほど異なったDNAを
体内に蔵している、としかいいようがないという。

各国の料理がミックスして、新しい食べ物ができあがる話は、4時限の「食の伝播」に。
例えば、ピザ、ハンバーガー、最近ではスシなど。
5時限の「食の禁忌」、つまり、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教など、宗教によって
決められた禁忌の話は興味深い。宗教的な禁忌もない、何でもありの今の日本では、
○○断ちは、日常生活にメリハリをつけるひとつの仕掛けになるかもしれないという。
肉を断つのは出来る。ケーキ断ち、ラーメン断ち・・・大丈夫だ。コーヒー断ちは?
ひと月くらいなら出来そうだ。お米はちょっと辛いかもしれない。

玉村氏の「食の哲学」は、本当のご馳走は料理ではなく、そこに流れる時間を大切にすること。
食卓を囲む楽しみは、食べものを介しての、人との出会いにあるという。 
もう、おいしいものを求めても、これ以上ありません。本当においしいのは、食べものではなく、
あなたが見つけた「ともにパンを食べる人」といっしょに食卓を囲む、かけがえのない時間


今日は何にする? カレー? ハンバーグ? パスタ? 夕食を3つの異なる外国の
食文化から選ぶ民族は、いまだかつて地球上に存在したことがないそうだ。 
つれづれ

唐揚げブーム

2011年07月19日
鶏の唐揚げがブームだそうだ。唐揚げをこよなく愛する人は「カラアゲ二スト」といって、
「カラアゲ二スト認定試験」まであるという。因みに、カラアアゲニストの7割が男性とか。
大分県の中津市がカラアゲブームの発祥地といわれるが、東京の街にも鶏の唐揚げ専門店が
増えているようだ。人気店には行列ができ、デパートでイベントが開かれるほどとか。

いつだったか、阿佐ヶ谷(杉並区)の孫のところへ行ったとき、夜7時を過ぎていたと思うが、
駅のそばに長い行列が出来ていた。大半は勤め帰りと思われる人たち。鶏の唐揚げ専門店だ。
唐揚げは鶏肉専門店や精肉店で販売するものと思っていたので、専門店があるのには驚いた。

           からあげ専門店
                   カラアゲ専門店    品川区

最近はコンビニのレジ近くに温かい鶏の唐揚げが置いてある。スナック感覚で買っていく人も
いるのだろうが、唐揚げは何といっても、おかずだろう。おつまみにもなる。
今はめったにつくらないが、鶏の唐揚げは子どもたちの大好物だった。
食事やお弁当のおかずにもなったが、何と言っても、お正月、誕生会など、何かの集まりには
欠かせなかった。いつも鶏肉をキロ単位で買ってきては、いくつもいくつも揚げたものだ。
2度上げしてカラッと揚げた。天ぷらは上手くないが、唐揚げはお得意だった。

あるときから、醤油と生姜汁に漬け込んだ鶏肉に片栗粉をまぶして、竜田揚げにした。
「竜田揚げ」は醤油と味醂に漬け込むことが多いが、いずれにしても、醤油が加わることで、
揚げると紅葉のような色合いになる。
   在原業平の歌   ちはやぶる神代も聞かず龍田川からくれなゐに水くくるとは
紅葉の名所、龍田川(奈良県)に紅葉が流れる姿が連想されることから、この名がついたとか。

ところで、鶏の皮はコラーゲンたっぷりの立派な食材だ。カリカリに焼いてサラダに入れたり、
ゴボウと一緒に炒めたり、ポン酢と和えたり、甘辛く煮たりと、いろいろな調理法があるものだ。
この皮部分だが、美味しいと思う人もいれば、苦手な人もいる。
私や息子は以前から大好きな皮だが、ごんさんはダメだった。あくまでも味が嫌なのではなく、
皮のブツブツが苦手だったようで、皮が衣で隠れて見えなければ食べるようになった。
そのうちに、歳とともに寛大になるのか鈍くなるのか、今や、鶏皮が丸見えの、焼き鳥の
「カワ」が大好物というのだからわからないものだ。
つれづれ

ピンポンの木とアオギリ

2011年07月18日
今日は海の日。海に向かって叫びたい言葉の第1位は「ありがとう」だったとか。
これは水の事故ゼロを目指すB&G財団の調査によるもので、10年前の調査では、
「バカヤロー」だったというが、今年、「バカヤロー」は第2位。3位は「好きだ」。
10年前の調査では、第1位が「バカヤロー」で、「ありがとう」は第3位だったが、
今年は、ストレス発散ではなく、家族や海への感謝の気持ちへ変化したらしい。
「がんばれ」(4位)や「津波はいやだ」(5位)「負けないぞ」など、大震災の影響も。

6月のスケッチ会は朝から雨のために中止になり、午後、横浜みなとみらいギャラリーで
Kさんが出品されている日本画グループ展を拝見した。吹き抜けの明るい会場には、
背の高い鉢植えが数本置かれていた。見上げると、白い小さな房状の花が咲いていた。

「アオギリ属 ピンポンの木」と説明がある。アオギリの葉や幹とは似ていないし、
花色は白いが、どうみてもピンポンの球にはみえない。なぜこういった名がついたのだろう。
帰宅後、さっそく「ピンポンの木」と「アオギリ」を調べてみた。

    ピンポンの木 アオギリ科 ピンポンノキ属    
    学  名  Sterculia nobilis    
    英  名  pingpong tree
    原  産  中国南部
    中国名  蘋婆(ピンポー)

  ピンポンの木  花

蘋婆(ピンポー)の音が変化して、英名 pingpong tree 「ピンポンノキ」となった。
高さは6~12mになり、実は熟すと紅くなり、中には直径約2cmの数個の黒い果実がある。
この種子は中国南部や台湾では食用として売られているが、あまり甘くないとか。
中国南部が原産で、台湾からインドシナ、インドに植栽されている。


    アオギリ アオギリ アオギリ属 落葉高木
    学  名  Firmiana simplex      
    中国名  梧桐 梧
    和  名  青桐 梧桐 梧
    原産地  中国 台湾 インドシナ 沖縄 奄美大島 

     アオギリ    幹

街路樹に使われるほか、緑陰樹として公園などに植えられる。被爆樹木でもある。
近所には、コブシ、エンジュなどに混じって、アオギリの街路樹があり、
秋になると、落ちている実を拾っては持ち帰ることがある。

白くて軽い材が「桐」に似ていて、樹皮の緑色「青」がかなり太くなるまで残るところから。
葉は桐の葉に似ていない。
軽くて軟らかい材は、建具、家具、パルプに利用されるが、耐久性は劣るという。

古くには「木偏に親」でシンという呼び名もあった。シンは「棺桶」のことで、中国では
アオギリは最良の棺桶材とされていたそうだ。
また琴に似た楽器の材料にも使われ、キリという名が「梧」に加えられ「梧桐」となった。
花と実

同じ花序に雄雌花が混じって咲く。花弁にみえるのは5個の細長い萼片で開いて反りかえる。
果実は袋果で、成熟する前に5裂する。裂片は笹船のような形で、ふちに直径約1cmの
数個の種子がある。昔は種を炒って食べたり、第2次大戦中はコーヒー代わりにしたという。
植物など

池に浮かぶ灯籠

2011年07月17日
毎年7月16日に洗足池(大田区)で行われる「灯籠流し」にはじめて行った。
洗足池は、武蔵野台地の末端の湧水をせきとめた池で、 昔は千束郷の大池と呼ばれ、
灌漑用水としても利用されていた。江戸時代には、初代広重の浮世絵「名所江戸百景」に
描かれるなど、江戸近郊における景勝地として知られていたが、池上線開通(1928年)後、
公園として整備された。                   (風景印 大田区Ⅱ
            
    ポスター   灯籠
                     
今年はあの東日本大震災によって多くの人たちの命が奪われた。
そして、ひと月前の今日、絵の仲間みんなの目標でもあるKさんとの突然の別れがあった。
灯籠流しの数日前、図書館の帰りに寄った妙福寺で、供養灯籠を1基(¥1000)申込んで、
Kさんの供養をお願いした。

当日、孫のりんりんを連れて出かけた。
灯籠は追善供養後、舟の上でろうそくが灯された。7時半、あたりはすっかり暗くなり、
灯籠流しが始まった。池畔に集まった人は思ったより少ない。
闇に沈んだ洗足池に浮かぶ数多くの灯籠を眺めながら、Kさんを想っていた。

            西の空 19:00
                              西の空       
       灯籠流し 19:35

灯籠流し(とうろうながし)または精霊流し(しょうりょうながし)は、死者の魂を弔って灯籠や
供え物を海や川に流す行事。中国の「彩舟流し」が伝わったものだとも言われている。
一般的には、お盆の行事送り火の一種だが、「お盆」時期についての解釈が地方によって
異なることや、特別の追悼行事として行う場合もあり、全国一斉に行われるわけではない。
雛祭りの原型とされる流し雛の行事とも似ている。
(Wikipedia)

精霊(しょうろう・しょうりょう)とは、亡くなった人の魂を指す。
因みに、ショウリョウトンボ、ショウリョウバッタなどの名称は、お盆には精霊が虫に乗って
この世へ戻って来るという伝承からつけられたもの。お盆には、殺生を戒める土地が多い。

長崎の「精霊流し」は、さだまさしによる音楽・小説・映画・TVドラマなどでも有名だが、
他の地域と異なる派手な行事で、8月15日、仏画や「南無阿弥陀仏」などと書かれた帆をあげ、
大きいものは長さ10mにもなる、竹や木、ワラなどで作った舟を提灯や花で豪華に飾りたてる。
「ど-い、ど-い」の掛け声と大きな爆竹の音とともに大勢の男たちが船に故人の霊を乗せて
流し場と呼ばれる終着点まで運ぶという。(現在、長崎市では海に流すことを禁止)
大勢の見物客が集まり、お祭りと誤解されがちだが、あくまでも故人を追悼する仏教行事。   

ヴァイオリニスト花井悠希の『主人公 さだまさしクラシックス』を寝るときにきいているが、
収められている12曲は、さだまさしの曲の中でも好きな曲ばかり。「北の国から」「秋桜」
「道化師のソネット」「雨やどり」「防人の詩」「精霊流し」「フレディもしくは三教街」
「案山子」「無縁坂」「奇跡」「まほろば」「主人公」。

「精霊流し」は従兄弟の死に際して行われた長崎の精霊流しを題材にしてつくられた曲だという。
歌詞に「精霊流しが華やかに始まるのです」とあるように、豪華な精霊船が、爆竹の音の中を
曳きまわされていく、賑やかな情景が目に浮かぶ。
だが、この曲は、さだまさしの歌でもヴァイオリン演奏でも、どちらかというと、爆竹ではなく
線香花火のように、もの哀しく儚いイメージが強い。 「線香花火が見えますか 空の上から
旅・散策・イベント

夏の空

2011年07月16日
関東甲信地方、東海地方で梅雨入りしたと発表されたのは、5月27日のこと。
平年より12日早く、昨年より17日も早い梅雨入りだった。  (梅雨の空) 
関東甲信地方の梅雨入りの早さとしては、観測史上2番目に早い梅雨入りだとか。

そして、7月9日、長野県を含む関東甲信地域が梅雨明けしたとみられると発表された。
昨年に比べて8日、平年に比べて12日早い梅雨明けとなった。

6.21&23                     
                          6.21                        6.23
 6.28&30
                        6.28                         6.30
    7.1&2
                             7.1                      7.2
 7.5&7.7
                 7.5                               7.7

梅雨が明けた日
  7.9
                                                     7.9                
7.11&12
                    7.11                           7.12
旅・散策・イベント

空から見ていてね!

2011年07月15日
今日、きの日、しんでしまったカブト虫のよう虫を、うめました。
きの日より、大なきしました。天ごくで、たのしくすごしてね。と、ねがいごとをこめて。
あんなにたのしみだったのに、2ひきともしんでしまったので、ままと、きょう力して。
大きな大きなしゃべるでうめました。天ごくから見てくれているのが、十人にぞうかしました。
まえのかぶとたちを合わせて。天ごくへ、いつも、つたえられるのでよかったです。

  ☆かなしいね。さびしいね。きっと天ごくでたのしくすごしていることでしょう。

ひと月ほど前の小2の孫りんりんの日記。自分の気持ちを一生懸命に書いているせいか、
字も読みやすく力強い。先生がつけられた傍線は「いい表現」ということだろうか。
「きの日」というのは、すぐにわからなかった。昨日、つまり「きのう」のことらしい。
十人というのは?? 昨年のカブトムシや今年の幼虫だけでは10人?にならない。

      空

訊いてみると、曾祖父2人も10人のうちに入っているのだそうだ。
ごんさんの父は1年前に亡くなった。
私の父が亡くなって4年になる。当時3歳だった彼ははっきりとは覚えていないようだ。
どこに眠っていようとも、みんな彼を空から見守っていてくれるだろう。

          車止め
       ミヤマクワガタの墓標      クワガタとカブトムシの車止め

実は、りんりんのところにも小さいが庭があるのだが、昨年死んだクワガタは
わが庭の白山吹の根元に眠っている。 

私が子どもの頃、飼っていた生き物はほとんど庭に眠っている。
子どもたちの時代には、ウサギ、ウズラ、インコ、カメ、金魚、メダカ、カブトムシ・・・。
20年ほど前からは、犬もハムスターもペット専門のお寺に眠る。

ペットや生き物を飼うことで学ぶことも多く、子どもの心を育てることができるが、
親がどうペットと接するかということも大事な鍵になる。
一旦、飼い始めたら最後まで責任をもつことを教えるのも親の務めだろう。
今、りんりんには弟のような猫のショータンがいる。   (ショータンはぼくの弟?!
カブトの幼虫で大泣きをした彼は、いつか来る悲しい現実にどう立ち向かうのだろうか。
身近な人びと

真夏の北京では

2011年07月14日
7月に入って、Sさんから「北京たより」が来た。近況報告のほか、先月、話題になった
スイカ爆発事件のことが書かれていた。               (スイカが爆発?
野菜・果物の巨大化 こちら食べ物に不安を抱きだしたらきりがないのですが、
最近スイカに成長ホルモンを与えすぎ、畑で爆発した話をききました。
市場でライチの新品種「ライチ王」なるものを見かけます。一粒が日本のミカンくらいあります。
丸ナスはカボチャほどあるし、なんだか変!日本も品種改良してきたのですから、大きいものが
できても不思議ではないでしょうけど・・・。育てしている方たちはご心配のようです・・・


メールをいただいた日は美術展の初日。今回は久しぶりに風景。
8年前の1月2日、鐘楼から見た、雪化粧した四合院の屋根の画だ。(再び「北京の冬を描く

      「北京の冬」                     
 
真夏の北京に「北京の冬」の画を添付した。美術展から戻ると返信が来ていた。
「胡同の冬」いいですね!画面ではちょっと迫力に欠ける気はしますが・・・
でもきっとこういう景色、ますます少なくなっていることでしょう。
相変わらずあちこち掘り返していますから・・・

さて、最近の新聞ネタ  北京ー上海の高速鉄道が開通
5小時 到上海喝杯咖啡
 (上海まで5時間 コーヒーを飲む)
外灘の景色の見方、懐旧の老房子めぐり、水郷の街の歩き方(5時過ぎると免費)等々
初日のチケットは10分で売り切れだったそうです。見かけも、中の座席の感じも
日本の新幹線にそっくりなのに、そんなことはもちろん触れず、得意げです。
もう1つ得意げな話は 中国共産党成立90周年のこと。
(略)

外灘(バンド/上海の旧市街)は張さんに案内してもらったし、Sさんと懐旧の老房子
(家屋)や水郷もいくつか訪れたことがあるが、いずれも上海が拠点だった。
この最高時速350km以上を出すという「京沪高速铁路」あるいは「京沪高铁」は、
中国の2大都市の間、1318kmを約5時間で結ぶ! たしかに画期的なことだろう。 
2004年、上海在住だったSさんに見送られ、出来たてのリニアモーターカーに乗った。
あっという間に浦東空港に着いた。何しろ、世界最速の時速430kmだったのだから。

    1136no02.jpg
           ネムノキ               ニセアカシア(ハリエンジュ)

今年の北京の夏は例年になく湿度が高いそうです。日本・上海に比べればましですが。
街の街路樹が潤っていて、気持ちいいです。
我が家のそばはニセアカシアにネムノキ、それに銀杏くらいでしょうか?
ここ連日植物園に行きたいと思っていますが、何しろ遠くて・・・帰りの車が拾えないことを
考えると躊躇してしまいます。来週こそ、一念発起してこようかと思ってます。

近いうち、植物園だよりも届くかもしれない。北京の植物園も動物園も行ったことがないが、
その規模は相当なものだろう。

中国語を一緒に学んだお仲間Fさんが、お義母さまの怪我のため美術展に来られなかった。
折をみて、わが家で「北京の冬」の画を見て下さることになったのだが、そんな矢先、
北京のSさんのメールに「8月に東京に戻るので会いましょう」と書かれていたのだ。
「北京の冬」を前に、Sさんの生の「北京話」をFさんといっしょに楽しもうと思っている。
中国・中国の旅

夏の熱さ

2011年07月13日
今年6月に熱中症で病院に搬送された人は全国で6800人以上(昨年同月の約3倍)になり、
うち15人は搬送後に死亡したという。(総務省消防庁)
原発事故の影響などで節電の夏の今年、早めに熱中症対策を取ることが必要と、気象庁から
最高気温が35度以上の猛暑日と予想される場合に「高温注意情報」が発表されることになった。

熱中症に対する警戒の必要度を予報する「テルモ健康天気予報」は以前からある。
「厳重警戒」(炎天下の外出は避け、室内では室温上昇に注意)「警戒」(外出時は炎天下を
避け、積極的に水分補給)「注意」(積極的に水分補給)「ほぼ安全」(適宜水分補給)の
4ランクに分かれている。  

熱中症の症状は、熱失神、熱疲労、熱けいれん、熱射病と主に4種類。
体温調節だけでなく、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、めまいやだるさ、
ひどい場合、痙攣や意識障害なども起こすことがある。 (記録的な今年の熱暑!) 

原因は主に2つ。
外からの熱が主な原因による熱中症は、とくに高齢者や乳幼児に多く、心臓病や腎臓病、
糖尿病などの病気がある人の場合も頻度が多くなる。
夏に気温が異常に上がって、それが何日も続く「熱波」の時期によく起こる。
屋外の駐車場にとめた車内で乳幼児が起こしたり、ひとり暮しの高齢者が起こすケースなど。

体内で発生する熱が主な原因のケースは、夏のスポーツや、屋外での労働など、
高温環境での運動時や作業時に多く、大量の発汗をともない、臓器障害を起こすことも多い。
体調が悪いと、どちらの熱中症にも罹り易いといわれる。

対策としては、規則正しい食生活、食事以外でもこまめな水分補給が必要(1日に1㍑以上)。
ただ、一気に飲むと体内への吸収が悪くなるので、1回0.1~0.2㍑程度を何回も。
水分は、食塩(0.1~0.2%)と糖分を含んだものが有効だといわれる。

   塩飴
                 一に水分補給 二に塩分補給

フィットネスで、汗をかいた後、塩飴をなめていた人がいた。水分補給だけではダメで、
水分と塩分のバランスが大切のようだ。
日頃からあまり運動をしていない人は、運動している人に比べ、発汗による体温調整が
うまくできにくいため、汗に含まれる塩分量も多いそうだ。        (熱中症

「塩飴」は駅の売店などでもみかけるが、病院内のコンビニで「熱中飴」という、すごい
ネーミングの飴を見つけた。何でも40度を超えるサウナのような熱さの中で、職人が銅釜で
炊き上げて丹念に仕上げた飴で、建設会社の人と試食を繰り返して商品化したものだという。  
レモン塩味と梅塩味の2種類あったので、母に梅味を購入したが、最近は、塩キャラメルが
お気に入りだ。ほかにも、塩を使ったスイーツには塩のアイス、塩のチョコレートなどがある。

外出時は、頭や頸に直射日光を当てないように帽子や日傘を活用し、服装にも気をつける。
また、水分をとって動かないでいると、むくみやすい。
エレベーターを使わずに階段を使ったり、歩くことがむくみ対策になるそうだ。

今年になって、ワークアウトを週3回と増やしたせいか、暑さに対する適応力がついた。
以前は、冷房の室内から外へ出た途端、クラクラしたり、頭がガンガンしものだが、
今年は冷房がきつくないこともあるだろうが、今のところ大丈夫だ。
節電のためにエスカレーターが止まっていることが多く、階段を使うようになった。
そればかりではないだろうが、長い間つづいていた脚のむくみがとれた。
熱中症にならないように、水分と塩分の補給、週3度のワークアウトを心がけて、
脚を使って、この夏を乗り切らねば!「高温注意報」が出ない夏であってほしいのだが。
つれづれ

節電の夏

2011年07月12日
大震災から4ヶ月が経った。「節電」のルビが「エアコンオフ」となった和菓子店の
ポスターに驚いたが、今年は、昨年にも増して「節電」「省エネ」の夏だ。

7月1日から大口需要者に「電力使用制限令」が39年ぶりに発令された。
これは、東京電力、東北電力管内にある大規模工場など大口電力需要家に対して
昨年比15%の節電を義務付けるといいうもの。
東急電鉄は、「早起き応援キャンペーン サマータイム版」を始めた。(~10/30)
早朝利用者には利用回数によりさまざまな景品が贈られるとか。

テレビで「本日の電気予報」をやっていたり、ネットでも東京電力などの使用状況がわかる。
たとえば、7月のある日、午前8時の電力使用率は64.7%で、 電力使用量( 3,300万kW)、
ピーク時供給力( 5,100万kW)、予想最大電力使用量( 4,050万kW)が一目瞭然。

  使用量
               東京メトロ赤坂駅              

今年のボーナスの使い道は国内旅行が1位だが、2位はLED電球への買い替えだとか。
LED電球は、白熱電球の約7分の1と、交換するだけで消費電力を簡単に抑えることができ、
寿命が長い。2年前には5千円程度したが、現在は3千円以下になったこともあり、
買い替えを検討中の人やすでに買い替えた人も多いという。

        節電ポスター
           
普段は電球として使用し、停電時に取り外すと懐中電灯やランプにもなるというLED電球が
あるというので、1個くらいはこの電球にしたいと思っているが、やはり高価だ。
とりあえず、夏の停電に備えようと、フル充電で8時間使用できる、LEDライト2個付の
充電式扇風機を購入した。
扇子やうちわ、水を含ませて冷たくしたスカーフを首に巻くのなら電気は不要だ。

       ひんやりスカーフ

毎朝、ラジオは6時にセットし、ケータイの目覚ましを6時半に合せているが、
いつだったか、早く目が覚めてラジオをつけた。いつもは、再び寝入ってしまうのに、
この朝は、聞き慣れない「スマートグリッド」の話にすっかり目が覚めてしまった。

日本ではその必要性が疑問視されていた「スマートグリッド(次世代送電網)」が、
今回の東日本大震災で大きくクローズアップされつつあるという。
電力の流れを供給・需要側の両方から制御し最適化できる送電網が「スマートグリッド」で、
専用の機器やソフトウェアが送電網の一部に組み込まれている。
ひたすら節電するのでなく、細かく可視化することでスマートに部分的節電ができるという。

たとえば、スーパーで、それぞれの価格を認識せずに商品を籠に入れ、レジでカードで払い。
翌月に引落し。電力、電気料金もそれと同じようなものだそうだ。
「それぞれがいくらかかっているかわからずにジャブジャブ使って翌月に電気代が分かり、
しかも固定料金なので、何にいくらかかったかはわからない」というのだ。

夏は午後2~3時が電気の消費ピーク。だが、電気は同時に同量つくられ、貯められない。
そこで「スマートグリッド」を導入すると、「スマートメーター」で可視化され、
電気の使い方がなだらかになるという。
つまり、不安定な電力をIT技術で可視化して、需要に応じた料金プランを導入する。
たとえばパソコン。リアルタイムで電力単価がわかると、節電する気が起きるのだとか。

また、食洗器を最も安い時間帯にセットしたり、エアコンを自動的に2℃上げたりがなど、
電気のメーターと家電のやりとりで、とくにピーク時の供給量を落とせるそうだ。
だが、電気料金が安くなったとしても、夜中に掃除機や洗濯機を使うとか、料理をするのも
難しいだろう。逆に、いくら高い時間帯でも生活に必要な電力を省くわけにもいかない。
今年の夏、わが家で購入した充電式扇風機は、夜中に充電し、昼間に使うことが出来る。

「スマートメーター」は日本ではまだ導入実験段階らしいが、電力不足に悩む中国では、
今年からスマートメーターの導入を開始し、2020年までに全世帯へ導入する計画だという。
日本では、この夏は「節電」で何とか乗り切れたとしても、この先はどうなるのだろう。

部屋が暗ければ、人間が明るくなればいい」。コピーライターの岩崎俊一氏は
本来止まらなければいけないゴールを、はるかにオーバーランしていたのでは」と
『サルース』(東急沿線マガジン)7月号に書いている。
節電と言っても、何も未経験のことを始めるわけではない。
僕たちに行き過ぎた生活時間を、ちょっと巻き戻せばいいだけなのだ
」。
つれづれ

大震災から4ヶ月

2011年07月11日
東北六魂祭
東日本大震災から4ヶ月が経った。
震災当時、雪が降る日もあった東北地方も夏を迎え、
16、17日、東北六魂祭が仙台市内で開催される。

このお祭りは、震災復興に前向きに取り組む
仙台・宮城、そして東北の姿を全国にアピールする
「おいでよ!仙台・宮城、東北へ」キャンペーンの
一環として、「青森ねぶた」「秋田竿燈」「盛岡さんさ」
「山形花笠」「宮城仙台七夕まつり」「福島わらじ」の
東北を代表する6つの祭が仙台市内に集まるという。

東京では、「隅田川花火大会」が1ヶ月遅れの8月27日に行われることになったために
「浅草サンバカーニバルコンテスト」開催予定の日と重なったため翌年に延期となったとか。

東北のお祭りは、どれ1つ見たことがないので、仙台で6つの祭り全てを見ることができる
今年は一石二鳥ならぬ一石六鳥?だが、今年も無理だろう。
東京で、いつものように、孫娘たちと「阿佐ヶ谷七夕まつり」を楽しむくらいだろうか。

ラジオをきいていたら、東北地方への修学旅行が激減しているということだった。
東日本大震災や原発事故の影響で、各校とも予定していた東北行きを次々と変更。
福島県でもとくに人気のある会津地方は90%以上のキャンセルが出たという。
札幌の公立中学校は1校を除き96校すべてが行き先を北海道内に変更したというが、
「新幹線で福島を通る」という理由だけでのキャンセルもあったというから驚きだ。
   会津塗のお盆 *Click!=

  昔のことだが、娘も息子も修学旅行は
  東北地方だった。
  娘の大船渡名産のかもめの玉子」好きは
  このときから。
  息子の方は会津地方。現地で彫った
  会津塗のお盆が記念として残っている。
  手ごろな大きさで、今でも重宝している。
  きいたところでは、修学旅行は長い間
  会津地方だったこの学校も、
  今年の旅行先は関西に変更されたとか。
       会津塗のお盆  *Click! 

風評被害も放射性物質も防ぐことはできないが、ラジオで紹介していたのは、折りたたみ式の
ヘルメット「タタメット」。乗り物用ではなく防災用で、普通のヘルメットの倍の値段するが、
大震災直後から注文が殺到し、納品まで4カ月待ちという。数秒で折りたため、3cm厚さ、
A4サイズ。バッグに入れて持ち歩ける。役に立ちそうだが、使う機会が来ないことを願う。

ますます暑くなる夏、節電は当り前になった。地下鉄では昼間3時間ほど冷房を停止するという。
ただし、秋葉原、市が谷などは1時間半。エスカレーターや車内の冷房は例年通りだとか。
三越伊勢丹では、新宿、日本橋、銀座の3店舗で、8月に休業日を設けることになった。
銀座店では11年ぶりだという。

ところで、いろいろな節電や涼感グッズが登場しているが、電力を必要としないものも多い。
すだれ、遮光、遮熱カーテン、うちわ、扇子はもとより、水に濡らすとヒンヤリ冷たくなる
「冷感タオル」、服にスプレーするとひんやりする「クールビズスプレー」「ひんやり寝具」
「冷感敷きパッド」やなども売れているらしい。

       夏カレー
                温めずにそのままかけるだけ・・・!

せめて食べ物で涼しくと、凍らせばアイスになるメロンパン「冷やしてメロン」(ドンク)の
売行きはすごいらしい。
また、冷蔵庫で1、2時間冷やすと美味しいドーナツ(ミスタードーナツ)もある。
夏こそ暑いカレーをフウフウいって食べるのがおいしいと思うのだが、「夏カレー」という、
温めなくてもいいレトルトカレー(ハウス)も登場した。
冷たいものは身体によくないといわれるが、節電の夏には仕方ないのかもしれない。
つれづれ

街の小さなアーティスト Ⅱ

2011年07月10日
街で小さなアーティストの作品をよく見かけるようになった。(街の小さなアーティストⅠ
東急目黒線大岡山と洗足駅間で鉄道の上部を利用できるよう工事が進められているが、
工事現場を囲っているフェンスには、近くの大田区立清水窪小学校の平成22年度
在校全児童の絵画作品が展示されている。展示は年内いっぱいとか。

先月末の小雨の降る午後、大岡山駅に出たついでに東工大のタイサンボクを観たあと、
駅から目黒線沿いに洗足駅方面に坂を下ると、工事用の白いフェンスが見えて来た。
そこは1年生から6年生までそれぞれのテーマで描かれた力作揃いのギャラリーとなっていた。
都立大学駅ホームのように車内からは見えないし、商店街からもはずれている。
この道を通る人だけでなく、もっと多くの人たちに見てもらえるといいのだが。

   ギャラリー
       
                   1ねん たっぷり クリーム 
      1年
      1年
        1年
「ほんもののケーキのように、手の中でしごいて柔らかくしたクラフト紙のスポンジ生地に、
どろどろの紙粘土でつくった生クリームを・・・」 
      
               2ねん ダンシング おしゃれキャット
     2年
2年
       「てのひらサイズのまる三つ、画用紙の上でおどります・・・」

                   3ねん 星ねずみ
3年
   「ミッキーマウスのご先祖様は宇宙を旅していた、星ねずみだったかも・・・??」
           
                  4ねん 春のたまご
     4年
     4年
  「春の野原を歩いて見つけたたまごは、どんな模様?・・・で、何がうまれるの?」

               5ねん 今宵お城はぶとう会
    5年
       5年
          5年
「お城では夜な夜な舞踏会が開かれます・・・お城は頑丈な石造り、ガムテープを
土台からはっていき、まるで建築するようにつくりました・・・
お城で舞踏会が開かれる様子は、絵の具で思い思いにかいていきました」

                 6ねん 密林世界
    6年
    6年
       「アンリ・ルソーの密林シリーズの絵をモティーフにして・・・」

因みに、この工事は都市計画道路(大田区画街路第1号線)の整備、大岡山駅と環状七号線を
結ぶ道路と交通広場の設置に伴うもので、大岡山―洗足駅間の「蓋掛け工事」は昨年完了し、
現在は地上部を整備中だという。
旅・散策・イベント

街の小さなアーティスト Ⅰ

2011年07月09日
街を歩いていると、工事中の壁などに描かれた小学生たちの画が楽しめる。

都バスの車庫   渋谷区
殺風景な都バスの車庫の塀は、8校(臨川・長谷戸・広尾・猿楽・加計塚・常盤松小学校
広尾・鉢山中学校)などによる楽しい壁画が描かれていた。

        渋谷
               壁画に見入るりんりん
    渋谷
             
           
東急線都立大学駅下りホーム   目黒区
車内から見える画が以前から気になっていた。これはホームの壁を利用した壁画で、
テーマは「わたしたちのステキな未来都市」(とうきゅう KIDS PROGRAM)。
今年1月、東急線都立大学駅でウォールペインティングの体験プログラムが開催され、
15組30名の親子が参加した。

 アート
               アート
                 都立大学駅ホーム    目黒区


石神井公園駅   練馬区                          
今年4月、西武池袋線石神井公園駅付近の高架化が完成した。
練馬区が地元小中学生を対象に実施した、駅舎のデザインコンテストでは、中学2年女子の
作品が最優秀賞となり、彼女のアイディアも取り入れられたとか。 (ただいま、工事中

            石神井公園駅 2009.11
          石神井公園駅 「駅デザインアイデアコンテスト入賞作品一覧」


小学校 
       杉並区 2009.11
              天沼小学校  杉並区 (2010年完成) 

 品川区
            まちかどギャラリー  浜川小学校   品川区
 
    文京区
                 交通安全ポスター    文京区
旅・散策・イベント

「つなみ」を読んだ日に

2011年07月08日
最近の孫りんりんは土曜日になると(昼を過ぎてからのことも)「お泊まりしたい」と
いってくることが多い。
そんなときに彼と読もうと買ったつなみ 被災地のこども80人の作文集(「文芸春秋」
8月臨時増刊号
)を、車内で読み始めたが、すぐに涙があふれてきて本を閉じた。
『つなみ』は、東日本大震災による津波に直面した子供たちが避難所で書いてくれた作文集。
彼らが「地震の瞬間や、津波を目の当たりにした時に感じたこと、家族や親友を失った悲しみ、
避難所の暮らし、そして今、何を支えにしている
のか」が綴られている。(収益金は被災地へ)

80人以上の作文や絵が掲載されてるが、原稿用紙のままの作文が半分以上あり、
避難所で書かれたためか、中には、薄汚れた原稿用紙も。
ひと文字ひと文字に心をこめた保育園児や幼稚園児の文もいくつか載っている。
「ままのかおがみえたらないちゃいました」(保育所) 「かなしいきもち」(幼稚園)

「つなみってよくばりだな」(小1) 「つなみは黒くてくさかった」(小2)
「夢だったらいいなー」(小3) 「画用紙一枚で寝ました」「2時46分で止まった時計」
(小4) 「お母さんをかならず見つけます」(小5)「おにぎり一個十分かけて食べた」
(小6) 「大好きだった海が嫌いになった」(中2) 「一番キレイな星空」(高1)

  『つなみ』

「ぼくはがんばります」(小1) 「つよくてやさしい人になりたい」(小1)
「おとうさんにまけないせんしゅになりたい」(小2) 「笑顔を忘れず」(小5) 
「世界中の人に恩返しをしたい」(中2) 「頑張るぞ俺達家族!」(高1)

笑顔で前を向いて進むしかないと彼らは思っている。頑張りすぎていないだろうか。

だが、「おわりに 笑顔の先には明日がある」でジャーナリストの森健氏は書いている。
作文を打診した段階で、執筆を迷った子は少なからずいた。・・・作文を受取りにいったときに、
ある中学生の女の子から「あとで読んで」と渡された手紙には、「この度は声をかけて
いただいてありがとうございました。最初この作文を書くのはいやだったんです。
だけど私にしか伝えられない事があると思えてきて、書くことに決めました。
どうやったら伝わるかな、などと考えたのは初めてでした。書いていて泣いてしまった日も
ありました。でも、この作文を書いて心の区切りをつけようと考えました。もう、泣く自分に
おさらばです。笑顔の先には明日があると信じて生きていきます。さようなら」


りんりんが『つなみ』を読んだ日の日記には、
今日、つなみという本をよみました。ひさいちの人が、自分の気もちを知ってほしい、
と思って、かいた作文です。たとえば、4年だったりすると、「わたしは、3月11日
ひがし日本大しんさいに会いました。そのときわたしは、小学校にいました。」などあります。
でも、三年なのに、「このときに、DSをやったのがばかでした。しんさいのときにDSを
かったらおかあさんにおこられました。」で終わっている人も。でも、みんな、大へんな思いを
しているんだなと思いました。


サラッと書いているが、読んでいるときの顔は真剣そのもの。感じるものは多かっただろう。
担任の先生はこの本をご存じだろうか。授業で彼らの作文を紹介されないだろうか。
被災した人、子どもたちの気持ちは簡単にわかるはずもないが、あのような目に遭いながらも
懸命に生きてる人たちがいることを知ることは大切なことだから。

ニュースで流れる「津波」の衝撃的な画面を見たり、インタビューに応え(させられ)る
被災した人たちの言葉からは伝わってはこない何かを感じとれたらいいと思う。
『つなみ』はまだ読み終えていない。次に彼が泊るときにでも、また、一緒に読むつもりだ。
身近な人びと

七夕の切手

2011年07月07日
今日は24節気の1つ「小暑」。 暑さが本格的になり、蝉が鳴き始める頃。
梅雨明け間近。暑中見舞いを出し始める。

「牽牛と織女」の七夕伝説は、中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説と、
裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれている。

中国の切手「民間伝説シリーズ」の『董永与七仙女』。(『人民中国』綴込頁より
この物語は、玉帝の娘である七仙女と人間の男性の董永と恋に落ちる異類婚姻譚のひとつ。
切手には、安徽省の伝統劇の1つ、黄梅戯の『天仙配』の中の5つの場面が描かれている。

                 孝心感天
                      孝心感天 
                   (孝心 天を感動させる
下凡結縁織錦贖身満工還家
      下凡結縁            織錦贖身            満工還家         
    (下凡して 縁を結ぶ)     (錦を織って 身をあがなう)    (工を満たして 家に還る
                  天地同心
                        天地同心 
                     (天地 心を同じくす

漢王朝、漢蜀(今の湖北省孝感市)に董永という男がいた。幼くして母をなくし、
父子でなんとか生活をやりくりしていたが、ついにその父親まで死んでしまった。
葬式を出すお金もないので、自分の身を売り、そのお金で父の葬式を出そうとする。

その様子を天から見ていた玉皇大帝は、董永の孝行息子ぶりに感動し、娘の七仙女を
人間世界に派遣し、董永を助けることにする。 やがて、一緒に暮らすうち二人の間に
愛情が芽生え、結婚する。天界では、勝手に人間と結婚してはならないという掟があり、
玉皇大帝の命令で、七仙女は天界へと連れ戻されてしまう。

「七夕伝説」は、日本へは遣唐使などによってもたらされ、従来からあった棚機津女
たなばたつめ)の信仰とが混ざってできたとされている。
七夕は、江戸時代には、書道学問の上達を願う行事となっていった。
阿佐ヶ谷のように、現代の「七夕祭り」は神事との関わりも薄れ、商店街などへの集客を
目当てとしたものとなっているようだ。    (恒例の「阿佐ヶ谷の七夕まつり」に行く
昨年訪れた古民家の七夕飾りが印象に残っている。      (古民家の七夕飾り

7月7日、七夕の夜は、天の川を隔てて輝く牽牛星(彦星)と織女星(織姫)が1年に1度、
逢うことを許された夜。七夕に雨が降れば、かささぎの群がどこからともなく飛んできて、
翼を広げて橋となり、織女は牽牛のもとへ渡れるのだという。
今でも2人は、7月7日に逢えるのを楽しみに、天の川の両岸で瞬いているのだとか。
中国・中国の旅

「ほたるの夕べ」

2011年07月06日
ホタルの飛び交う季節。都内ではなかなか見ることが出来なくなったホタルだが、
公園やホテルなどで「ほたるの夕べ」や「ほたるの宵」といった催しが行われている。

先月末の5日間、渋谷ふれあい植物センターでは「ほたるの夕べ 2011」が開かれた。
開園以来(2005年)、飼育しているゲンジボタルとヘイケボタルの観賞会は今年で7回目。
初日、わが家に泊っていた孫りんりんと夕方出かけ、4時からというので、
近くの金王(こんのう)八幡宮に寄って「茅の輪」をくぐった。

       ふれあい植物センター
                 ふれあい植物センター

センターに着いたのは4時20分ごろだった。彼は年長のとき、ゆうくんたちと来たことが
あるらしいが、私はホタルを観るのは初めてだった。
中にはすでに順番を待つ人が大勢いたが、比較的待たずに3階のDVD上映室へ。
「ホタルの生態について」が上映されたが、前の方の席を占めた幼稚園児たちが賑やかで、
何度も係員に注意されていた。
   
    センター
  
ホタルはカブトムシやテントウムシなどと同じ甲虫で、卵から成虫になるまで約1年かかり、
成虫の期間は2週間。メスの方が大きく、あまり動かない。
お腹の2節が光るオスに比べると、メスは1節しか光らずに光り方も弱い。
日本には約20数種のホタルがいるが、とくにゲンジボタルとヘイケボタルが有名。
ゲンジボタルの方がヘイケボタルより大きい。餌はきれいな川に育つカワニナという貝。
展示されているケース内のホタルの成虫やカワニナなどは、想像以上に小さく感じられた。

DVDを鑑賞後、2階へ下りてホタルのいる暗闇に目を馴らすための暗闇に数分間入った。
そしていよいよ、自然に近い中で放たれたホタルのいる真っ暗闇へ。
早い時間にはヘイケボタル、7時を過ぎるとゲンジボタルが光り始めるというから、
中にいるホタルはヘイケボタル。200匹だっただろうか。
素早く飛び交うのがオスで、ほとんど動かないのがメスだ。
ホタルの放つ幻想的な光を追っていると、渋谷にいることをしばし忘れてしまった。
りんりんの手を引いて暗闇の外へ出ると、まだ、明るい。

りんりんにとっては2回目の、私にとってははじめての「ほたるの夕べ」だった。
途中、霧雨が降り出した。用意していた2本の折畳傘が役立った。
彼は折畳傘をさすのははじめてだったようで、開くのも畳むのも楽しそうだった。
途中、「傘かしげ」を実行しながら、渋谷駅へ急いだ。   (今でも通じる「江戸しぐさ」
動物など

このごろのカール 

2011年07月05日
親戚猫のラスカルが今までに産んだのは何匹なのか、そのうちの何匹が育ったのか、
実のところよくわからない。お向かいのさいとうさんを中心に集まる地域猫は多く、
何度試みても捕獲ができないメス2匹を除いてほとんどは手術済みだ。
メス猫の1匹がラスカルで、わが家にときどきやってくるカールは、ラスカルが1年前に
産んだオス猫で、最近は見かけないメス猫チャチャとともにすでに手術済みだ。

はじめのうちは門付近にいることが多かったが、1年先輩の親戚猫シロについて、
西側まで来て食べるようになった。                 (みんな親戚

 シロ&カール ココ&カール
          シロと   2011.4               ココと     2011.5  
  
        カール 2011.5
                    後方にガードするココ

                       花 
    カール 2011.6
               ガードマンなしに 

            アプローチで 

いつも食事を出してくれるごんさんの顔を見るとゴロンとなって撫でてもらうことも。
私とはあくまでも1mの距離を保つようにしているが、だいぶ慣れたようだ。
動物など

「畳」の記憶 

2011年07月04日
畳や床の上に直接腰を下ろして「坐る」という、何気なく行っている動作「床坐」は、
日本人が長い年月をかけて培ってきた身体文化だという。
『日本人の坐り方』(矢田部英正 著)の帯にヤンキー坐りの武士たちの写真が載っている!
正しい坐り方と思っていた「正坐」だが、そうではなかった。驚くことばかりだった。

        「日本人の坐り方」Click!
           「床坐類型図」     日本人の坐り方』 Click!

平安時代から江戸時代のはじめ頃まで、「正坐」は極めて珍しい坐り方だったそうだ。
中世の絵巻を見ると、日常生活の中で「立て膝」をしている女性が見られるが、
正坐をしている人は極めて少ない。
かしこまった場面でも、「立て膝」をしている女性が多く描かれている。

あの肖像画の千利休は「正坐」でなく、膝を広々と横に開き、胡坐に近い坐り方をしている。
意外だったのは、16世紀初期から江戸時代の初期まで、武家の茶道での正式な坐り方は
左の膝を立てて坐る「立て膝」だったこと。当時の茶の湯には3つの坐り方があったようだ。
茶の湯の『古伝書』によると、点前は基本的に「立て膝」で行われ、釜の蓋を閉めるときのみ
「正坐」、片づけのときには「胡坐」のような「安坐」という坐り方となる。
因みに、膝を開いて足を上下に組むのが「胡坐」、足を組まずに前後に揃えるのが「安坐」。
「立て膝」でのお点前なら足もしびれずにすんだことだろうが、現在の茶道では想像できない。
袴でもつけていないとお点前どころではないだろう。

幕末になると、「正坐」は町人女性の一般的な坐り方になってくる。男性は「正坐」「胡坐
「立て膝」などいろいろな坐り方をしている。「正坐」だけが作法だというような常識は、
どうやら明治時代から行われた「礼法教育」が深くかかわっていることが分かったそうだ。

いろいろ考え合わせると、「正坐」が優れた坐り方であることは認めざるを得ないという。
男女ともに誰にでもでき、場所をとらず、立ち坐りがスムースにでき、お腹や腰にも
負担がかからない。
だが、「坐る」とは、「正坐」だけが正しい坐り方とするような堅苦しいものではなく、
崩しの自由を許容し、豊かなバリエーションを備えた世界なのだとも。

旧宅は、台所と応接間以外は和室だった。建て直し後、両親の家(現在、母と我々夫婦)は、
母が茶道を教えていたこともあって、3部屋が和室だ。
以前、我々が住んだ家は、1階と2階に和室があり、娘と息子の部屋は洋室だった。
2人とも机があるのに、いつの間にか部屋の真ん中に座卓兼炬燵を置き、坐って勉強した。
娘の結婚がキッカケだっただろうか、我々は息子に和室を明け渡して洋室に移った。
彼は畳に布団を敷き(万年床??)、座卓兼炬燵で勉強し、社会人になってからも
結婚するまで、この和室で過ごした。ついでながら、喫煙所にもなっていた。

 座卓
   地震ごっこ  ゆうゆう姉妹 2011.3   りんりんの学習机兼テーブル 2011.4

現在、イクメン(育児をする男子)となった息子のマンションに畳の部屋はない。
座卓を囲んで食事をし、洋室に布団を敷いて寝るという、和の生活を送っている。
ついでながら、イクメンになったと同時に必要なくなった喫煙コーナーもない。
娘の家にも畳の部屋はない。居間のソファの前には彼女の祖父の形見の座卓が置かれ、
りんりんの学習机になったり、たまにテーブルの代りにもなる。

子どもの頃から畳のある生活を送ってきた彼らにとって、失ってみると畳、床坐への郷愁を
一層強く感じるものだろうか。もっとも、郷愁だけで「床坐」をしているわけではないのだが。

因みに、首都圏の集合住宅に住む主婦対象の調査(1994年)で「畳が好き」と答えたのは81%、
ネット調査(2009年)は「畳はほしい」が約80%と、いずれも8割を超えるという。
身近な人びと

プライバシーは?

2011年07月03日
「ストリートビュー」を含む「グーグルマップ」は、今回の東日本大震災で大活躍したそうだ。
被害を受けたエリアの鮮明な航空写真が公開されたことで、道路が壊れて立ち入れない
エリアや海岸線の状況などを知ることができ、震災直後、救助やボランティアに向かう
人たちの「指針」になったという。

「ストリートビュー」は、地図サービス「グーグルマップ」の拡張機能の一つで、
ある地点をクリックすると、その地点の風景を360度見られるという「写真地図」。
さらに、そのまま地図上を移動することも可能で、パソコンの中でドライブをしている
ような感覚になる。4年前にアメリカの5つの都市から始まった「ストリートビュー」だが、
今では7大陸すべてで見ることが出来、世界中をバーチャル散歩できるようになった。

日本では2008年8月から始まったという。その年の秋、息子たちが引越すというので、
転居先のマンション付近を「ストリートビュー」で歩いてみた。
建物の外装も綺麗だし、周囲には緑が多く手入れが行き届いた家が多い。大通りからも
最寄の駅からも近いことがわかり、実際に下見をしたつもりになったことを思い出した。
ついでに、駅からわが家への道を辿ってみようと試したが、道は近くのT字路で途切れて、
わが家の前の道路は写らずにがっかりした。

現在、日本全体では40%、東京全域、千葉、埼玉、神奈川の一部を除く地域を見られるが、
栃木、群馬は高速道路付近のみだとか。2年に1度の更新。何より無料だというのがいい。
        
  画面
              ストリートビューの画面        目黒区

「ストリートビュー」の中には日常生活のいろいろなものが写りこんでいる。
画像は、撮影車がその場所を通過した日に一般の道路から撮影されたもので、
だれもが運転中や歩行時に目にする風景と同じだというが、人の顔、車のナンバー、
表札などがはっきり見えたり、ズームアップすれば家の中が見えたりもする。
対策として、グーグルは、不適切だと思われるものを報告するよう呼びかけたり、
人間の顔に相当する部分だけを自動的に抽出して、ぼかしを入れたりしているそうだが。

最近、検索したら、わが家も写っていた。いつの間にか360度カメラ搭載の撮影車が
通ったということになる。右隣のお宅が外装工事中で、緑色のシートで覆われているから、
ちょうど2年前になるようだ。左隣のお宅は、表札の文字がしっかりと読み取れる。
人は映っていない。撮影車は早朝に回るという。前日晩くに出すゴミバケツが見当たらない
ところをみると、撮影日は木曜か金曜、あるいは日曜だったのだろう。

旅先の風景や初めての場所の様子を事前に調べられる半面、犯罪や空き巣の下見など
悪用されることもあるので、「ストリートビュー」の撮影や公開を禁止している国もある。
アメリカでは、プライバシーの侵害で訴えられたケースもあったそうだ。

  グーグル広告
            グーグル(プレイス)の大型広告     東急線渋谷駅  2010.8

日本では、ネット検索にグーグルを使う人よりヤフーを使う人の方が多いらしいが、
欧米やインドなどではグーグル利用率が高く、世界の検索シェアでは約85%を占めているとか。
つれづれ

カレーと中国人

2011年07月02日
今日は雑節の1つ、半夏生(はんげしょう)。半夏、烏柄杓(からすびしゃく)が生える頃。
この日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防ぎ、この日に採った
野菜は食べてはいけないとされた。                      (半夏生

今日は「うどんの日」でもある。ついでに、ひと月前は「カレー記念日(6/2)」で、
ひと月後は「カレーうどんの日(8/2)」。また、「カレーの日(1/22)」というのもある。

カレーと言えばインド。インド人にはアルツハイマーが少なく、その発症率はアメリカ人の
4分の1という報告がされている。
インド人は頭が良く、理数系の人材が世界各地で重宝されるのは、カレースパイスの
ターメリック(うこん)に含まれるクルクミンという物質を多く摂っているからだとか。

『なぜ、東大生はカレーが好きなのか 脳を鍛える最強の食事術』(吉田たかよし 著
という本も出ているほどで、クルクミンはとにかく脳にいいらしい。(毎日が何かの記念日?
クルクミンから、記憶力を高める化合物を、武蔵野大と米ソーク研究所が合成し、
まだ動物実験の段階だが、将来、認知症の治療などに役立つ可能性があるという。
また、クルクミンの抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗炎症作用なども知られている。

明治時代にイギリス経由で伝わったカレーライスは、日本では国民食ともいえるほどの
地位を得ているが、中国では「咖哩(カリー)」の普及は、今1つだという。
それでもホテルのレストランなどでカレーライスを出したり、日本食レストランや
日式拉面店(日本式ラーメンの店)でカレーを出す店は増えてはいるが。

群馬県沼田市に住む呉さん林さん夫妻の結婚式に参列するために、アモイ(福建省
を訪れたのは4年前のことだ。
コロンス島が一望できる、周さん経営のレストランには、カレーのランチセットがあった。
カレーライスに味噌汁、サラダ、コーヒーつきのランチセットなど、日本の定食屋のような
メニューは、周さんの東京農大に留学中の経験から生れたものだろう。
  「雅子」
           海景休闲餐厅 「雅子」     「生活很咖哩」Curry the Spice of Life!

カレー料理のほか、スパゲティなどもあった。因みに、カレーセットは22元から30元。
菌咖哩饭(きのこ)、炸猪排咖哩饭(ポーク)、牛肉咖哩饭(ビーフ)、扒鸡咖哩饭(チキン)、
咖哩蛋包饭(オムレツ)咖哩春卷(春巻)など。
美しいコロンス島を眺めながら、皆でワイワイ言いながら食べたせいもあるだろうか、
味噌汁の味はともかく、カレーはりっぱな日本式カレーで、美味しかったことを覚えている。

ラジオをきいていたら、昨年、ハウス食品がカレールーの販売を中国で開始したそうだ。
ルーの売り上げは年々増加しているが、北京や上海といった大都市でも日本式カレーを
食べた経験のある市民は25%程度という。ルー購入者の半数は再び購入しているというが、
中国人家庭の食卓に定着するには至っていないらしい。
 
彼らは「作り方」の説明などを読まないことが多いので、レシピなどを漫画にしたりして
工夫をしたとのことだ。
ある日本在住の上海人が、帰国したとき、母親に作ったところ、品が悪い、貧乏くさいとか
あまり評判はよくなかったそうだ。ちゃんとレシピ通りに作ったのだろうか?!
   
カレースパイスのターメリックは鬱金(うこん)、クローブは丁子(ちょうじ)のこと。
どちらも漢方の生薬だし、コリアンダーは香菜(シャンツァイ)、中国パセリだというのに。

暑い夏こそカレーで食欲増進、脳を活性化させよう!と、夏カレーのレシピも意外に多い。
ゴーヤ、トマト、茄子、枝豆などの夏野菜たっぷりのカレー、かぼちゃとチキンのカレー、
オクラやアスパラなどが入ったカレーも美味しそうだ。
意外にも夏はカレールーの販売量は1割アップするそうだ。市販のカレールーにもクルクミンは
含まれるが、脂肪分が含まれていないものがいいとのこと。朝カレーもいいという。
朝カレーは私には無理だが、カレー味の野菜スープなら胃にやさしいだろうと思う。

6月半ば、Sさんのメールには、「北京は連日34.5℃。すでに真夏です」とあった。
「北京 40℃」ということも度々きくので、これで驚いてはいけないのかもしれない。
いよいよ東京も本格的な夏到来だろうか。どうなることやら。
中国・中国の旅
 | HOME | Next »