FC2ブログ

「トリック・オア・トリート!」

2014年10月31日
池上線御嶽山駅前商店街で開催された(10/25 17~18:30)恒例の「おんたけ商店街
2014 HALLOWEEN」にりんりんたちと出かけた。暑くも寒くもなく秋らしい日だった。
母親が買ってきた彼らの衣装は紙製。りんりんは海賊、じゅんじゅんはお化けか? 
逃げ回るじゅんじゅんにやっとのことで着せて記念撮影?
  
       衣装
           伊達政宗のように右目に      コウモリのような羽と尻尾と

まず驚いたのは電車内にハロウィンの仮装をした子どもたちが何組も乗っていたこと。
御嶽山駅に到着。駅前の道路は多くの人で埋め尽くされていた。電車が着く度に
踏切内の人たちを整理する警備員たちも大忙し。池上本門寺の「お会式」並の混雑だ。

           ポスター
                ポスター            商店街のマップ 

子どもたちはともかく、お菓子はもらえない大人、犬までも仮装しているのにはびっくり!
子どもたちはカボチャのマークの店にいくとプレゼントがもらえる。「トリック・オア・トリート」
(「Trick or Treat」、いたずらかお菓子か」)と懸命に唱える子もいた。
商店街を練り歩く、というより行列の最後尾に並び、お菓子をもらうといった方がいいだろう。
仮装した子どもたちが家々を訪ね、お菓子を集めて回る習慣は、ヨーロッパのソウリング
(souling)と呼ばれるの習慣から発展したといわれる。

        商店街

本当にたくさんの人でごった返している。結局、りんりんは赤いベストの上にコートを
羽織ったまま、帽子を被るのがやっと。恥ずかしいらしい。
じゅんじゅんは何のためか何もわからないまま、手をつながれてひたすら人混みを歩く。

         並ぶ

         ゲット
              お菓子をゲット
                      
この催しは、御嶽山在住でアメリカ出身のジュリーさんが発案。「母国の伝統行事である
ハロウィンの楽しさを、日本の子どもたちにも味わってもらいたい」という思いから始まった。
5回目となる今年は、参加店舗がさらに増え、35店舗でお菓子が配られた。

昨年はカボチャのランタンづくりに挑戦した。 (ハロウィンを前にランタンが完成した!
今年つくられたカボチャたちは御嶽神社前で展示されていたが、あまりの人混みに圧倒され、
行列の短い3店の前に並んだだけで満足。それにしてもじゅんじゅんがよく歩いたこと。
旅・散策・イベント

街のカボチャたち

2014年10月30日
10月になると、ハロウィンのかざりが目につく。自販機も、家の門や玄関にもカボチャ・・・。
スーパーではオレンジ色の三角帽子を被ってレジを打っていた。
いつだったか蛍を見に行ったセンターには、弥彦の菊がたくさん並べられていたが、
温室の中はハロウィンのカボチャたちがいた。

        渋谷区
                    渋谷区ふれあい植物センター
      
             川崎
                       川崎のビル

        街
             花屋 不動産屋 ケーキ屋  美容院
      街で

       loft
                      文房具 雑貨

             自販機
                自販機にも〝HAPPY HALLOWEEN"
    
        門に玄関に
旅・散策・イベント

マナーポスター Ⅱ

2014年10月29日
見てほしい人には見てもらえないのが「マナーポスター」・・・? (マナーポスター Ⅰ
       危険
     危険 
       危険          

西武鉄道では、各駅構内、車内で人気キャラクター「ケロロ軍曹」とその仲間の西武鉄道
専属のケロン人「スママ」とともに正しいマナーを呼びかけている。
週1度、中国語学習の朋友会がある。成増駅(東武東上線・東京メトロ)を利用する。
副都心線に乗入れているのは西武線と東上線。西武線で小竹向原で乗換えることも多い。

ケロロ軍曹のマナーで「西武鉄道侵略大作戦」 〈車内編〉

          ケロロ
             「電車内 おれさま今日も 足じまん」
   
     ケロロ
            電車の乗降り         車内での大声での会話

       ケロロ
        優先席でのゆずり合い      駅構内での「ながら」歩き
  
     ケロロ
           座席の座り方            荷物の置き方
         
            ケロロ
                     ヘッドホンの音もれ
旅・散策・イベント

マナーポスター Ⅰ

2014年10月28日
営団地下鉄時代の1974年から駅構内に提出されてきた東京メトロのマナーポスター。
メトロ誕生の2004年4月から2014年9月までのマナーポスター展が銀座駅で開かれた。
残念ながら見る機会がなかったが、メトロを利用する度に目にするマナーポスターは
強烈に印象に残っている。

マナーポスターの多くはまじめ過ぎてあまり好きではないが、4~5年前の黄色に白と黒、
太い線のポスターはついつい見入ってしまう。

「〇○でやろう」シリーズは、2009年。
家で、庭で、外で、社で、部で、海で、渚で、山で、後で。

      渚
      荷物の取り扱いにご配慮を    白線の内側でお待ちください 

      社 部 
       周りのお客様にご配慮を    マナーモードに設定の上
                            通話はご遠慮下さい

     家で
   ドア付近ではお客様の乗降にご配慮を  ごみは車内には置かずに・・・
 
「またやろう」シリーズは2010年度。
     また
      周りのお客様に思いやりを    順番にご乗車ください
 
    また
       スムーズな乗り降りを    座席はゆずりあって
     
     また
     ヘッド本の音量にお気づかいを  手荷物の取扱いご配慮を 
        
「こんな人みた」 2011年度
     メトロ
     つめて座って もうひと席       車内のケータイ 
          ご協力を             まわりに配慮

「なぜ?」シリーズ 2012年度。黄色、白、青色のコントラストは目につく。
   なぜ
   なぜ列を無視して割り込むの? なぜ咳をまわりにとばしちゃうの?
     なぜ
      なぜ足を広げるの?    なぜ車内で濡れなきゃいけないの?  
      閉じれば座れるのに    なぜ? 

「なぜそんなに大声なの?楽しいのはわかるけど」「 なぜ気づいてくれないの?
必要な人がいるのに」「なぜ、そうまでして乗らなきゃいけないの?」 「なぜ後ろを、
気にしないの?前向きはいいことだけど」「なぜあえてこの場所でケータイ?」など。 

今年度のマナーポスターは、擬人化した動物たちの行動を見ている「ミテルちゃん」が
まわりの乗客の声を代弁するポスター。      
旅・散策・イベント

久々の散歩?

2014年10月27日
近所のⅠさんが室内で飼っている猫が逃走してときどきわが庭にやってくる。
彼らには人間のつくった塀や門とは関係なく、それぞれのテリトリーがある。
その庭の住人トラがじっと侵入者の動きを注視して警戒していようといまいと、
まったく気にも留めない様子で散歩を楽しむ。

           春
   夏
               あれ? もう1匹首輪をつけた猫が・・・!

よくみると、どちらもⅠさんのお宅の猫のようだ。

     2匹
                   遊んでいこうよ

       2匹
                         だめ!

       2307no4.jpg
          迎えに来たんだ・・・ 先に帰る!

       9月
         外に出られない日もある  2階のベランダで

室内飼いの猫のテリトリーは広くはない。それに比べると、わが庭の5匹の猫たちは
比較的広いらしく、 ときどき思わぬところで彼らを見かけることがある。
純粋のノラ猫には敵わないが、彼らのテリトリーは直径1kmくらいだろうか?
動物など

石神井城址へ

2014年10月26日
江戸幕府が成立するまで、武蔵国は関東の要所として、しばしば戦乱に巻き込まれた。
現在、都立石神井公園となっている石神井城もその1つで、石神井城は連郭式平山城。
土塁と空堀を廻らせた内郭が僅かに残る。発掘の結果、折れを伴った堀と土塁によって
城内が複数の郭に区画されていたことが判っている。   (久しぶりの石神井公園

石神井城は平安時代から室町時代まで石神井川流域に勢力を張った豊島氏の城。
豊島氏は現在の台東、文京、豊島、北、荒川、板橋、足立、練馬区を支配した。
1476年、長尾景春が主君の上杉家に対して「長尾景春の乱」を起こし、景春側についた
豊島泰経は上杉軍の太田道灌の攻撃を受け、石神井城は落城、廃城となった。

泰経は黄金の鞍をつけた白馬に乗って三宝寺池に入水したと伝えられていて、
池の北側の殿塚が彼の墓とされるが、実際には後に練馬城で(「北区の平塚城に
敗走した」説は否定されている)再挙したといわれる。
その後、再び道灌に攻撃され、戦わずして足立方面に逃亡、以後は行方不明となった。
「泰経は丸子城(川崎市)から小机城(横浜市)へと落ち延びた」説は否定されている。

        2333no1.jpg
       石神井城址史蹟碑(1937年建立)  城址前の石碑   

三宝寺池の南側に石神井城址がある。背後の小高い部分が中心内郭跡。
橋を渡ると、木立の中、古い石垣の前に城址の碑があった。

    城址
                         土塁    空堀    土塁
      立ち入り禁止

碑の右手の階段を上って内郭跡へ向かうが、フェンスで隔てられていて、説明板には
「当分の間、養生が必要」とあった。鬱蒼と木が生い茂り、外からは内郭はわからない。

園内にはいくつかの神社がある。水神社や厳島神社など水の神を祀る。
池に沿って西側の濠まで歩き始めたが誰とも会わない。急に不安になって引き返した。

南には豊島氏が城内に創建した氷川神社、三宝寺池の名の由来となった三宝寺、
豊島氏の菩提寺である道場寺などが周りにある。
城好きのりんりんを連れて来ようと思いながら駅に向かった。
ちなみに、「豊島園」が豊島区でなく、練馬区にあるのは豊島氏に由来。
旅・散策・イベント

久しぶりの石神井公園

2014年10月25日
成増(板橋区)の中国語の会終了後、駅までの途中で「石神井公園」行のバスが
目についた。久しぶりに石神井公園に行きたくなって、バスに飛び乗った。

昨年、上海に帰国された趙さんの住いが西武線石神井公園駅前(練馬区)にあった。
夏の夕方、ゆうゆうの家の帰り、阿佐ヶ谷からバスで石神井公園駅に向かう中、
ゲリラ豪雨に遭って、趙さんの家に行くのを断念、早々に帰宅したこともあった。
最後に彼女を訪ねたのはいつだったか、すでに駅と駅前の工事が行われていた。

都立石神井公園は、西武鉄道池袋線の石神井公園駅南口から徒歩7分ほど。
彼女のところには何度も通ったが、公園を訪れたのは2度ほどだ。
2004年、自然発生的に始まった月1回のスケッチ会、2010年には年に数回となり、
その後、思いついたときに鎌倉や横浜山手などに数人で出かける程度になった。
2006年の6月のスケッチ会では、練馬区在住のSさんの企画で石神井公園になった。
その2年後、趙さんの母上が来日され、桜の中、公園を趙さんと案内したのが2度目。

石神井公園には石神井川が流れ込み、石神井池と三宝寺池の2つの池がある。
井草通りで区切られた東側が三宝寺池を水源とする人工池の石神井池。
秋の午後、石神井池では散策する人、釣りする人、スケッチする人、ボートに乗る人・・・
それぞれの時間を楽しんでいた。

       石神井池
            釣りする人    石神井池    羽を休める水鳥
  
西側の三宝寺池は、古くから地下水が湧き出る池で、井の頭池、善福寺池とともに
「武蔵野三大湧水池」といわれる。

            沼沢植物群落

「沼沢植物群落」が国天然記念物に指定された当時、シャクジイタヌキモ、カキツバタ、
ミツガシワ、ヒツジグサなど水温が低く水の綺麗なところに生育する植物が繁茂していた。
その後、周辺地域の都市化に伴い湧水が減少。深井戸などから地下水を供給しているが、
十分な水量が確保されず水質は次第に悪化し、ハンノキ、ヨシ、キショウブが繁茂し、
池の植物相は変化している。都では、沼沢植物群落復元事業により、ヨシやハンノキなどの
伐採による植物相の復元や水質を浄化する取り組みをしている。

          三宝寺池
               城址方面
                      石神井城址を望む

         三宝寺池
                   三宝寺池   石神井城址への橋

橋のたもとには「石神井城址碑」がある。橋を渡ると石神井城址。ここにも碑がある。               
旅・散策・イベント

これが教科書?!

2014年10月24日
たまたま目にしたりんりんの「社会 5年下」と「算数 5年下」に驚いてしまった。
社会科は、2つの大きなテーマは、「くらしを支える情報」と「環境を守る人々」。
「情報の中に生きる」では、「大きな地震が起きたときのニュースが伝えられるまで」
「情報を生活に生かす」といった内容だ。まさに子どもたちは情報社会の中で生きているのだ。

「情報ネットワークを生かす」では、市立図書館、医療、防災、福祉などとインターネットの
つながりがわかりやすく説明されている。インターネット抜きに考えられない世の中になり、
それを使いこなすのは生活に欠かせないことになっている。
 
       社会
          福祉とインターネット      医療とインターネット         

「情報を上手につかいこなす」では「パソコンを使いこなす」「情報を生かすのはわたし」
「わたしたちの生活とインターネット」について詳しく書かれている。
「緊急地震速報 震源付近は間に合わず 気象庁、4秒後に発表」「10秒前に緊急速報 
仙台」「仙台は5秒前に受信  地下鉄 揺れの前に減速」
地震速報についての新聞記事を
比べて「どうして記事の書き方が違うか」「記事のもとになっている情報は何だろう」
といった問題を提起している。
話し合いをしたり、調べたり、自分の意見や考えを書く。レポート発表、意見をきいたり
思ったことを伝えることも大切で、「情報社会で生きていくために」では、インターネットの
よい点、悪い点を整理して振り返る「チェックシート」が載っている。大人にも使えそうだ。

             社会 *Click!
               私たちの社会とインターネット  *Click!

「ネットワークが止まると、身近でどんな不便なことが起きるか、予想して話しあってみよう」
「パソコンレポート」や「くらしと情報について」「ネットショッピングについて」なども。
「インターネットは、情報のやりとりを通して、人と人とのつながりをつくっているのです。
わたしたちは、インターネットを幸せなくらしのために使えるようにしなければなりません


      算数
        算数 教科書  よく見かける割合 1割引セール 果汁15%など

書棚に父の残した復刻版(昭和60年)明治43年の尋常小学校の教科書がある。
国語、国史、修身の教科書を開いてみるまでもなく、今は、紙質もさることながら、
カラフルで勉強が楽しくできそうな?工夫が各所にみられる。 (ハナ ハト マメ マス
今の教科書は、「ハナ ハト マメ マス」の時代、いや、私の小学時代とくらべても
隔世の感がある。    

          明治43年
              明治43年  尋常小学校 国語 

りんりんは小学3年生から週1時間パソコンの授業があり、各自パソコンを駆使して
ポスターをつくったり、調べたいことを検索したりしているそうだ。
数年後には、紙の教科書はなくなるかもしれない。電子黒板(ICT)や各自のタブレット型
パソコンなどの電子教科書での授業風景が当たり前になるだろう。 
身近な人びと

霜降

2014年10月23日
今日は24節気の1つ「霜降」。露が冷気によって霜となって降り始めるころ。
『暦便覧』には「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」とある。
楓や蔦が紅葉し始めるころ。この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶ。

七十二候は 
初候 霜始降:霜が降り始める(日本) 豺乃祭獣:山犬が獣を食べる(中国)
次候 霎時施:小雨がしとしと降る(日本) 草木黄落(中国)
末候 楓蔦黄(日本) 蟄虫咸俯:虫がみな穴に潜って動かなくなる(中国)


        蔦紅葉
                       蔦紅葉    

10月7日朝、北海道各地でこの秋一番の冷え込みとなり、旭川市では全国で初めて
初霜を観測。平年よりも1日早く、昨年より10日遅いという。

初霜とは、その年の秋から冬にかけて最初に降りる霜、或いは、その霜が降りた日のこと。
都市化によるヒートアイランド現象と地球温暖化の影響で、近年は遅くなる傾向にある。
日本国内主要地点における初霜および終霜の平年値 (1981— 2010年 気象庁
旭川の初霜は10月8日、終霜は何と5月15日、220日!
東京では12月20日が初霜。終霜は2月20日で63日、もっとも短い。
大阪は12月5日から3月17日で103日。福岡は12月12日から3月10日で89日。

東京における変化を見ると、30年代までは11月中心で12月の初霜観測例は皆無で、
10月下旬にも見られたが、70年代後半から12月が中心となり、1月にずれ込む年も。
1988—1989年冬を最後に11月には観測されず、1994-1995年冬は2月6日と、
異常な遅さだった。

         霜柱
            ゆうゆうと見つけた霜柱   2012.12..27

2年前の12月末、ゆうゆうと公園の日陰で見つけた霜柱。彼女は初めて見たらしい。
都会では霜柱を見ることは少なくなった。これは1つには地球温暖化の影響のほか、
ヒートアイランド現象、道路が舗装されたことも大きいようだ。(霜柱を踏んだ日
つれづれ

移動スーパーがあったなら

2014年10月22日
ここ数年の食品スーパー苦戦の理由は、オーバーストアと大手小売グループのエリア拡大
戦略と言われる。イオンの「まいばすけっと」などの食品スーパーの小型店出店も増加、
コンビニも生鮮食品や総菜の品揃えを強化するなどに取組んでいる。

地方や郊外で見かける移動販売車。今年7月、創業95年の食品スーパー「丸正」が新宿で
始めた移動スーパー「とくし丸」はなかなか好評で、3年後には10台に増やす予定だとか。
最初は地道な需要調査で2万軒を訪問して店から半径2kmの範囲でルートを作り、軽トラで
「御用聞き」をする。これまでの移動スーパーは1ヶ所に長く停車するため、都心ではなかなか
むずかしい。この「とくし丸」は1ヶ所には数分。利用客は1時間に6~7人。1日平均50人。

                   とくし丸

「とくし丸」は、生鮮食料品から日用品まで、冷蔵庫付の軽トラに積まれた300品目を
自宅前で買うことができるというもの。店頭や電話での申込み以外、会員制でないので
この軽トラを見かけたら買うことができるという。

何年も前になるが、りんりんの家の近くの環八沿いにあった「田園調布丸正」が
「丸正マルシェ」になったと思ったら、まもなく閉店した。さすがにお隣のユニクロは
広い駐車場もあるため、土日はとくにそれなりに客もあるようだが、「丸正」の方は、
何度か入ったが、活気がなかったように思う。近くの池上線の雪が谷大塚駅前には
東急ストアとオオゼキ、御嶽山駅前にジャスコとオオゼキなどのスーパーがあり、
いつも大勢の買い物客で賑わっている。

東急ストアにも「ネットスーパー」があり、配達地域も限られるが、(¥5000以上は無料、
カード払いは¥1000以上)。だが、ネットにあまり縁のない高齢者が多い地域、
当時、丸正に「とくし丸」という御用聞きがあったら、どんなにか重宝されたことだろう。

ちなみに、この「丸正」が「デイサービスステーション」になった。母が介護認定を受けた年、
最初に見学したのがこのステーションだった。何回か通ったが、母には合わずに止めたが、
ここを通る度にそのころを思い出す。
つれづれ

台風一過の空

2014年10月21日
10月になって2度も大型の台風の直撃を受けたことになる。
7日 台風18号は過ぎ去り、昼には青空が広がった。

          13:00
         13:00     
          13:00
        13:00
                                     13:00

14日 台風19号は夜中のうちに通り過ぎた。風が強かった。 
   
        強風
      12:0012:00
       15:3013:00
       16:5016:50
        16:5016:50

台風一過のぽかぽか陽気から一転、全国的にこの秋一番の冷え込みとなった。
青空が広がった翌日は雨。その翌日は澄みきった空には秋の雲が浮かんでいた。

16日
      11:3011:30
      13:0013:00
旅・散策・イベント

ゴミを減らすために

2014年10月20日
10月も今日で終わり。10月は3R推進月間。
成増駅で手に取った「板橋区報」には、ごみを減らすために「かたつむりのおやくそく」を
合言葉に「板橋かたつむり運動」を推進していると書かれていた。
板橋区では、環境省が推進する「Reduce」(減量)、「Reuse」(再使用)、「Recycle」
(再利用)の「3R」を発展させ、「たづけじょうず」「いせつにつかう」「かいきる」
だにしない」「さいくる」の頭文字を取った合言葉「かたつむりのおやくそく」を発案。
11年度からはキャラクター「かたつむりん」を採用、「板橋かたつむり運動」が始まり、
区清掃事務所職員が歌を作り、振り付けした踊りも好評という。

大田区の多摩川清掃工場では「環境フェア」が行われる。工場見学のほか、小型家電
リサイクル回収、廃材で作る工作教室、スケルトン車の展示、「清掃事業の歴史」パネル
展示、ごみ減量・リサイクルポスター表彰式もある。    (ゴミ出しルール

       ポスター

「3R」とは、「リデュー」(Reduce)、「リユース」(Reuse) 、「リサイクル」(Recycle)。
   (リユース&リサイクル もったいないの感覚 せめてリユースを!

廃棄物減量のキャッチフレーズとされる「3R」だが、これに「リフューズ」(購入拒否)が
加わると「4R」になる。
リフューズ(Refuse) まず、不急不要なものは買わない。断ることから始める。 
リデュース(Reduce) ゴミが出にくいものを購入する。ゴミとして捨てる量を減らす。
リユース (Reuse)  再利用出来るものを購入する。使い捨ての物は買わない。
リサイクル(Recycle) 購入したものの再資源化に協力。リサイクル可能なものを購入する。
因みに、欧米は、「リフューズ」ではなく、「リペア Repair」(修理)だという。
  
缶入りの煎餅などはプラスチックのトレイに小分けにされた袋入りのものも多い。
湿気ることもなく、賞味期限は延びるし、贈答用には便利だろうが、これはエコだろうか?
空き缶は「リユース」、或いは「リサイクル」に!というメッセージとともに資源ゴミとして
集められたスチール缶のリサイクル率は88%に達しているとあった。
だが、「リサイクル」を行えば、すべてが環境に優しいというわけではなく、ペットボトルや
スチール缶のリサイクルには、新品を作る以上のエネルギーを使い、CO2を発生させる。
つまり、大量生産をし大量に消費し、大量にリサイクルする、環境にとっては負の繰り返し。

JR五反田駅近く、目黒川にかかる橋の畔で熱心にゴミを拾っている母娘に目が留まった。
ビニール袋には2人が集めた空缶などでいっぱいになっていた。道路の向かい側には
清掃活動を終えた人たちが集まっていた。
 
第2土曜日には、商店主や町会、学校、地元企業関係者ら総勢約130名が集まり、
朝8時半から地域ぐるみの「クリーン五反田」清掃活動が行われているという。
商店街の呼びかけで10年前にスタートした活動は、今では地元企業関係者も多数
参加するようになり、ゴミ撤去のみならず花壇植栽などの美観向上へと広がりつつある。

     クリーン作戦

         クリーン作戦
           小さな子どもから大人まで

こうした地域の活動に参加した子どもたちは、歩きたばこ、ポイ捨て、放置自転車など、
街を汚すような大人にはならないような気がする。
つれづれ

「ゴミ出し」のルール

2014年10月19日
ゴミの分別を徹底させるために、分別ルールが守られていない家庭ゴミの袋を調べ、
違反者を特定する「開封調査」を実施する自治体が増えているということを知った。
横浜市、千葉市、札幌市で行われているが、京都市は来年度にも導入する方針とか。
2008年度から調査を始めた横浜市では、分別を5種類から10種類に増やした後、
可燃ゴミの年間排出量は減少したが、分別されないゴミが十数%含まれていたという。
減量の効果が出ているとはいうが、プライバシー問題の懸念もあるようだ。

東京23区では2008年から順次、家庭から出される一般廃棄物としてのプラスチック
(廃プラスチック)を「可燃ごみ」として扱うことになった。横浜市とは逆に、これまで
不燃ゴミとして主に埋め立て処理してきたのを改め、焼却処理することになった。
その理由として、1. 最終処分場の残余容量に限界が見えてきた
2. 廃プラスチックをリサイクルしようという意識 3. ゴミの焼却技術・能力の向上

資源の再利用とは、廃プラスチックをもう一度、プラスチック製品に再生して利用する、
あるいは、熱や圧力を加えて元の石油などに戻してから再生利用する方法のほか、
「サーマルリサイクル」という試みがある。これは、廃プラスチックを焼却する際の
排熱を発電に利用することで、新たなエネルギー源を確保しようという発想だという。

           清掃工場
                 多摩川清掃工場
   
大田区は2007年から「サーマルリサイクル」を実施。マテリアルリサイクルできず、
不燃ゴミだったプラスチック、ゴム、皮革製品を可燃ゴミとし、全て焼却処分することで
収集回数が可燃ゴミ週2回、不燃ゴミは月2回、資源(8品目)が週1回に変更された。
区立矢口区民センターでは、多摩川清掃工場の廃熱を温水プールに利用している。
多摩川清掃工場は3代目だとか。プールの方は、小学生だった息子が利用していた
当時から変わっていないとすると、ずいぶんと長い間頑張っていることになる。

『ゴミダス東京』という無料アプリを見つけた。ゴミ出しの曜日を教えてくれるというもの。
GPS機能でエリアを設定し、前日か当日かまたはその両方でアラーム設定すれば、
ゴミ出しの日を教えてくれるという。先のゴミの日も一覧で確認できるというので
試しに入れてはみた。

      ゴミダス
                ゴミダスのアプリ

ゴミダ星から地球に来たばかりのゴミの出し方を知らないゴミダスンと彼が地球で住む
アパートの大家が案内してくれるのだが・・・。
住み慣れた町、可燃ゴミは水・土曜で資源ゴミは火曜。不燃ゴミは月曜(月2回)。                
ゴミ出しの日は頭に入っている。ゴミ出しの曜日がわからなくなったらこのアプリが
役に立つだろうか?いや、 そのときはアプリの使い方どころかタブレットを使えるか
どうか怪しくなっているかもしれない。いずれにしてもアンインストールするつもりだ。

減装(へらそう)商品の取組みが広がってきたようだ。スーパーなどでも陳列棚に
「ゴミの少なさ」を☆印で表示したり、商品に直接印刷するメーカーも出てきたようだ。
減装商品を見分けるポイントは、外箱がない、詰替え用品がある、外装フィルムなどを
巻いていない、袋に形崩れしないためのトレーが入っていない、個別包装していない、
野菜や果物はばら売りといったことだそうだ。まずはゴミを減らす努力が大切だろう。
つれづれ

はじめての「観覧車」

2014年10月18日
10月9日、半年の間休止していた蒲田の都内唯一の屋上観覧車が再びまわり出した。
屋上観覧車は一時閉店するまでの46年間にわたって「蒲田のランドマーク」だった。
観覧車を残してほしいという声も多く、観覧車は公募約3000通から「幸せの観覧車」、
東急プラザ屋上は「かまたえん」と決まった。
   
遊園地といえば、子どもの頃、二子玉川遊園地(世田谷区)、多摩川園(大田区)があったが、
現在はどちらもすでにない。二子玉川遊園地は大正11年開園、昭和27年に閉鎖。
跡地は二子玉川タイムスパークになり、当時の面影は皆無だ。
多摩川園も昭和54年に閉園した。今は駅名を残すだけとなった。(消える屋上遊園地

蒲田東急プラザのリニューアル後、7階のレストランはイベントスペースに変わり、
5階はユニクロ、若い女性に人気のアパレルブランドなど約4割のテナントが初出店。
屋上遊園地は半年ぶりに活気を取り戻した。
リニューアルオープン後はじめての土曜日、りんりん、じゅんじゅんを預かった。
観覧車に乗ってみようと蒲田へ出かけた。1階のパン屋さんなどには長蛇の列。
覚悟をして屋上へ上がると、昼前だったこともあってさほど混雑していなかった。

        観覧車
                                緊張したじゅんじゅんの顔

いつの間にか高所恐怖症になったため下で待っていた。ごんさんが2人と乗った。
乗り降りに余裕をと、1台置きに乗った。窓から緊張した顔のじゅんじゅんが見えた。
じゅんじゅん「はじめての観覧車」はあっという間に1周した。

観覧車から りんりん写す
       観覧車から               
      行列
                      行列が出来た
          2344no2.jpg
          東急多摩川線(~多摩川)と池上線(~五反田)に分かれる
身近な人びと

「胃カメラ」 今年も

2014年10月17日
9月半ば、夏バテ、ストレス? 今回は服薬しても半月以上改善されなかった。 
「胃カメラ」の検査を受けた。正式には「上部消化管内視鏡」。食道、胃、十二指腸の
上部消化管を観察できる。

かかりつけのクリニックでは、胃、大腸の内視鏡検査ができる。総合病院で数ヶ月待ち
ということもなく、いつもの先生にお願いできるのは助かる。
このクリニックの診察開始は9時。その前が「胃カメラ検査」の時間になっている。
午前の診察が終わり、午後の診察が始まるまでが「大腸の内視鏡検査」の時間。

4回の胃カメラ検査のうち、近所のクリニックで検査した「経鼻内視鏡」をのぞくと、
すべて「経口内視鏡」。
8時15分にクリニックへ。あれ、白衣姿の先生がモップで掃除中。早過ぎたかな・・・?
5分後、診察室へ。血圧を測ったり、簡単な診察後、検査室へ移動。椅子に腰かけ、
胃の中の気泡を消す決して美味しくはない液体を飲む。

         胃カメラ

バリウムを飲むことを考えればどうということないが、その後の麻酔は苦手だ。
オチョコ1杯ほどのゼリー状の麻酔を咽喉の奥に留めておかなくてはならず、やっと
「はい」といわれて呑むが、不味いこと!さらに検査台でスプレー式の麻酔を2度ほど。

左半身を下に横になり、少量の鎮静剤を注射。指には血圧、心拍数などのモニター。
少しぼんやりした状態で楽に検査が受けられるというが、前回に比べると効きが悪く、
マウスピースをくわえてからカメラが入るとき、食道を通過するときは痛かった。
看護師さんは背中をさすって声をかけて下さっていたが・・・。

前回は検査終了後しばらく休んでいた記憶があるが、今回は鎮静剤はあまり効かず、
すぐに立ち上がり、看護師さんに付き添われうがいをしに行った。1時間は水も飲めない。
9時、最初に診察室に呼ばれた。胃は出口部分に炎症が残っていた。ポリープもあるが、
食道、十二指腸はきれいというのでとりあえずほっとした。

内科を出て、予約していた眼底検査を受けに眼科へ直行。こちらは問題なし。
ここまでわずか1時間半だったが、長く長く感じられた。
2週間後、組織の生検結果が出るまで服薬をつづけることになった。

岡田正彦教授(新潟大医学部)によれば、胃がん検診(バリウム)は胃がんを減らすどころか、
むしろ増やしている可能性があるという。肺がん検診ではレントゲン写真1枚撮るだけだが、
胃がん検診では、検査中、放射線を浴びるために、被爆量は肺がん検診の100倍以上。
胃がんの死亡者数が減少した本当の理由は、日本人の塩分摂取量が減ったことが
大きく関係しているという。                          (胃カメラ検査)   

2週間後に生検結果が出た。もともと胃弱の上、胃炎が慢性化したといったところか。
以前、別のクリニックで言われた「胃にヒダがなく胃壁が薄い」と同じようなものかと納得。
だが、胃がんの原因の8割を占めるというピロリ菌はなく、数個のポリープは心配なし。
区の大腸がん検診も異常なく、今回は大腸の内視鏡検査を受けることはやめた。
しばらく服薬をつづけることになり、漢方薬はそのまま、胃の薬は3種類に減った。

       薬

検査だけでなく、高齢者中心に身体に負担が少ない治療の需要が高まっている。
内視鏡手術は開腹手術に比べ身体や精神に与えるダメージが少ない医療として
広まってきている。オリンパスの外科手術用の3次元(3D)内視鏡、外科手術用
3Dビデオスコープは、世界で初めて先端に湾曲機能を搭載しているとか。
一般の注射針に比べ極々細い0.18mmの痛くない注射針や湿布薬のような
骨粗鬆症治療のシートまであるという。
いくら身体に負担が少ないとはいえ、できればお世話になりたくはないものだ。 
つれづれ

「学びの森」で

2014年10月16日
秋! 何か新しいことにチャレンジしたくなる。「食欲の秋」だが、胃腸の具合は今一つ。
つい数週間前までは食欲なし。食べたいものもないし、食べられるものも少なく、
コーヒーはともかく、日本茶も飲めなかったことを思うと、今の状態でも満足。

「学びの秋」。「中国語学習」はひと月の夏休みの後、9月は胃カメラ検査で休んだが、
10月からは心機一転、往復2時間半かけて2時間弱の授業に通うことが楽しくなった。

テレビは相変わらず見ない。ラジオは、パソコン中はNHK第2をつけ放しのことが多い。
「基礎英語」など英語はじめ、ロシア語、韓国語、中国語、スペイン語、ドイツ語などの
語学講座はBGMになる。CMがないのがいい。
りんりんは「基礎英語1」が気に入ったらしく、時間が合うときは聴くようになった。

ラジオ語学講座の1日の始まりは午前6時の「基礎英語1」から。
りんりんは、週数時間の英語の授業がどうも好きではないらしいが、このテキストを
買ってからは、楽しみなのか比較的ぱっと起きて聴くようになった。
夕方6時45分と夜9時からも再放送がある。中学1年生対象らしいが、小4くらいから
つづけている子どもたちも多いらしい。りんりん頑張れ!

      テキスト

登場人物が「蓮夫」「桜」」の兄妹、「朝顔」「ぼたん」」「梅夫」などという名も面白いのか。
テキストはイラスト付き、書きこんだりできるのも嬉しいらしい。
わが中学生時代にこんなに楽しい語学講座があったら・・・とつくづく思う。

NHKラジオ第2の学びの森には、「語学の森」 「文化の森」 「高校の森」「世界の森」
「福祉の森」 「おななしの森」 「音の森」 「名曲の森」がある。

9月初め、たまたま「高校の森―現代文」で芥川龍之介の『鼻』を聞いた。それ以来、
この番組のファンになった。9月後半から夏目漱石『こころ』(全10回)が始まった。
ホームページに「理解度チェック」というのがあった。『鼻』では、「内供が鼻を苦に病んだ
一番の理由は何か」といった質問の答えは3択。結果、3問宙問正解だった。

              理解度チェック *Click!
                   現代文 理解度チェック *Click!

10月末までの『こころ』は、上「先生と私」、中「両親と私」、下「先生と遺書」の3部。
「朝日新聞」(1914年)に連載されたときの題は『心 先生の遺書』だったとか。
書棚の奥にあった『こころ』を探し出した。かなり黄ばんでいる。発行1989年。310円。
ということは娘か息子が高校生時代に読んだ本かもしれない。
10月末の10回までに、読み終えるつもりで、出かけるときに持ち歩いている。

ほかに「高校の森―国語総合」では、芥川龍之介『羅生門』などの小説のほか、
エッセイ、李白、杜甫、孟浩然などの「唐詩」といったものまで取り上げられる。
こういったラジオ番組で、過ぎ去った中高時代を少しでも取り戻せたらいいのだが、
「学びの秋」はあっという間に過ぎ去る。問題は「三日坊主」を克服すること。
りんりんの「基礎英語」に負けずに、私も「レベルアップ中国語」を買って聴くことにした。
彼の「英語」も私の「中国語」もいつまでつづくやら。
つれづれ

『おれ、ねこ』に登場する日・・・?

2014年10月15日
最近、うちでEテレの「0655」の中の「あたし ねこ」「おれ ねこ」にうちの猫を出そうという
計画が始まりました。写真を送って、スライドショーにしている歌です。6時55分(平日の朝)
Eテレでやっているため、この番組の名になりました。さっそく、その中の「落ち着く寝床」という
セリフの写真をつくりました。ねどこに猫が寝ている写真です。早く出したいな~。ちなみに、
犬バージョンもあります。まず、テレビをみて、お手本をみることですよ、先生!

  よく知っていますよ。さいきんはみていませんが、0655は以前毎日みていました。
  先生は「わがはいは犬」バージョンが好きです。


        2324no1.jpg

日記とはいえ、先生に「まず、テレビをみて、お手本をみることですよ」とは・・・!
0655は、朝、リズムをつくる5分間。「2355」もあるらしい。
この番組の人気コーナーは、視聴者から投稿された猫・犬の写真をオリジナルの曲に
合わせて紹介する「猫のうた・犬のうた」。 『おれ、ねこ』『あたし、ねこ』『わが輩は、犬』
『わたし、犬、いぬ』とバックの曲は犬・猫、オス・メスかの違いで4種類存在する。
この番組の人気コーナーであり、日本全国はもちろん、海外からの写真が登場したことも。

じゅんじゅんよりりんりんの方が夢中で、応募しようと張り切っている。彼の家で録画した
数本をみたが、「おれ ネコ おれ ネコ これオレのうち これオレのうち これいつものゴハン 
これスペシャルゴハン・・・」
といった『おれ、ねこ』の歌が耳について離れなくなった。
このご時世、動画でなく、写真というのがかえって新鮮でいいのかもしれない。

「おれ、ねこ」 ショータンバージョン
        寝床
                   ・・・それ落ち着く寝床♪・・・

        玩具
                  ・・・それ大好きおもちゃ♪・・・??

            飼い主
      ・・・これうちのやつ こいつ ごはんくれる こいつ遊んでくれる♪♪・・・

どうやら、「おれ、カメ」というバージョンもあるらしい。
わが家のウーパーのスイミング?キャッチの瞬間が撮れたら応募してみようか。
「おれ、ウーパールーパー」というのができないだろうか?できるわけないか。
もっともわが家のウーパー、オレなのかワタシなのか不明。
動物など

空高く

2014年10月14日
秋は様々な形の雲が空を彩るようになる。秋の雲は、夏と比べて水蒸気量が少なく
上昇気流が弱くなるため、入道雲のような夏の雲の出番が少なくなり、「秋らしい雲」が
浮かぶようになる。

鳥の羽根のような雲。「巻雲」は空の最も高いところに現れる秋の雲の代表。
日本付近だと、上空5~13km付近。
西から北、そして南へとつづく「巻雲」。電線に邪魔されずに空を仰ぎたかった・・・。
        巻雲
   巻雲
     巻雲
                               9/26   10:00

環八の跨線橋から眺める。東海道新幹線、東海道線などが通り過ぎた。
富士山こそ見えなかったが、雲の中から秩父の碧い山々が顔を出していた。

           西 西側
           東 東側
                                   11:45

空一面に細かい雲片が広がる「うろこ雲」は「巻積雲」の1つ。
「巻雲」との違いは、雲が塊状になっている。白いうろこは氷の粒で出来ている。

       うろこ雲

「ひつじ雲」は「うろこ雲」よりも少し低いところ(上空2~7km)に浮かぶ「高積雲」。
うろこよりもやや大きくて厚みがある雲片。うろこが親指くらいなら、ひつじは握り拳大。
また、少し高度が低くなるので、ひつじには氷の粒だけでなく、水粒も含まれている。

       彩雲

秋になると、珍しい雲がみられることがある。例えば「彩雲」。これは巻積雲や高積雲が
太陽の近くに浮かんだ時、太陽光が細かい雲粒の間を回り込んだりするうちに
ピンクや緑、青などの色が現れたもの。昔から瑞雲や慶雲などと呼ばれてきた。
上空の風が強い晴れた空にひつじ雲やレンズ型など端が薄い雲が浮かんでいるときに
みられる。台風など激しい風雨から天気が回復するときに見られることも多いらしい。
旅・散策・イベント

野球を愛した子規

2014年10月13日
今日は「体育の日」。国民の祝日。スポーツに親しみ,健康な心身を培う日。
当初はオリンピック東京大会の開会式の日にちなみ10月10日に定められたが、
2000年より10月第2月曜日になった。

            子規球場

今日、上野恩賜公園内にある「正岡子規記念球場」でも野球の試合が行われるだろう。
この球場は、プロ野球や大学野球などのリーグ戦や公式戦を行われる球場ではなく、
草野球などが行なえる東京都が管理するレクリエーション施設。内野は土、外野は天然芝。
今まで、何度か球場前を通ったことがある。少年野球の試合が行われているのをみたのは
たった一度だけで、グランド前の碑が寂しげに見える。

正岡子規は、明治初期に日本に野球が紹介されて間もない頃の愛好者で、この球場がある
上野公園内で野球を楽しんでいた。1889年、喀血するまでつづけていたという。
9月19日は正岡子規の忌日。絶筆の「絲瓜咲て痰のつまりし仏かな」など3句にヘチマが
詠み込まれていることから「糸瓜忌」と呼ばれる。

随筆『筆まかせ』の中に、明治23年3月、上野公園博物館横の空き地で試合を行ったことが
書かれており、その時子規は捕手を守っていたことが分かる内容が書かれている。
自身の幼名である「升(のぼる)」にちなんで、「野球(のぼーる)」という雅号を用いた。
また、数々の野球用語「バッター」「ランナー」「フォアボール」「ストレート」「フライボール」など、
外来語を「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」と訳したといわれる。
(ベースボールを野球(やきゅう)と訳したのはこれより後、中馬庚)

その後、野球を題材とした俳句や短歌・小説・随筆を発表して野球の普及に貢献した。
「九つの人九つの場をしめてベースボールの始まらんとす」「まり投げて見たき広場や春の草 」
などと野球に関係のある句や歌を詠むなどしており、文学を通じて野球の普及に貢献した。
これらのことが評価され子規は2002年、野球殿堂入りを果たした。

          碑
              春風や まりを投げたき 草の原   子規          

このような功績を称え、上野恩賜公園開園130周年を記念し、上野恩賜公園野球場で
句碑の除幕式と「正岡子規記念球場」の愛称が披露された。(2006年)
句碑には「春風や まりを投げたき 草の原」の句が刻まれている。
つれづれ

「白組、バンバンザーイ!」

2014年10月12日
今年のりんりんの運動会は時折晴れ間がのぞく薄曇りの土曜日に行われた。
翌日は大型台風の接近の影響で、未明から雨になったことを思うと天気に恵まれて
ラッキーだった。りんりんにとって「白組」が勝ったのが、何よりも嬉しかったとみえる。

残念ながら、応援に行かれなかったため、帰宅後、騎馬戦のこと、白組勝利のこと、
話をきかされたが、どうもわからない。S君がどうしたって? 白組の大将は K君だけ?
当たり前じゃないか!ところで、徒競走は・・・? どうやら言いたくない結果だったようだ。
1頁にもならないことが多い彼のこの日の日記は3頁。絵入りで段落なしにびっしりと。                        

 僕が楽しかった競技は、騎馬戦です―――
 「ワー!」攻め込んできた騎馬に驚いたかと
 思ったときに僕の上のS君が石を落すか
 のように倒しました。2騎目も余裕で倒し、
 自信を持ったところで攻めこんだ騎馬を
 倒した僕たちにとっての3騎目。
 S君が道づれされそうになったとき、
 (自分の番だ。)そう思った僕は、S君の足を
 ひっぱりにひっぱって、なんとか助かり、
 困っていた大将の所へ。
 ・・・大将のK君をみて、目が点になりました。
 今倒した騎と今攻めている2騎に、合わせて
 3騎に攻められて、ハチマキを斜めに、
 体を I 君にしがみつかせていました。

  僕(分かりやすいように頭はない)

「もっと倒して、S!」思わず叫んで、倒そうとしたときピストルが鳴った。
K君は・・いない! いや、いる。騎馬の上で笑っている。勝ったのです。
僕は母との約束通りS君を落しませんでした。総当たり戦でも、S君を落さずに、
その上、勝ったのです。今年の決戦は、僕らの勝利だったのです―――
このような思い出になった騎馬戦が終わり、連勝が決まると、喜びの声が
とまりませんでした。勝って、勝って、今年の運動会を終えられたのです。
白組、バンバンザーイ!


昨年、未就学児のかけっこで1等賞だった2歳のじゅんじゅん、今年も参加。
出足が遅かったものの、走り出したらものすごく速かったとか。
りんりんの騎馬戦もだが、このかけっこもみてみたかった。
身近な人びと

先人の教え

2014年10月11日
東日本大震災から3年7ヶ月。今年4月、全線で運行を再開した三陸鉄道。
被災地の復興シンボルとして、被災地の「今」を直接「見て・聞いて・感じて」ほしいと
「震災学習列車」を運行している。(3年目の春が来て 復興の日はまだまだ
     
          三陸鉄道
               三陸鉄道 全線開通  (河北新報より)

その三陸鉄道北リアス線の岩手県田野畑を訪ねた月尾嘉男氏(東京大学名誉教授)の
話は興味深かった。(TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ」)
津波銀座ともいわれる三陸海岸は復興事業真っ只中。だが、土木による復興だけでなく、
「大津波語り部&ガイド」という活動が行われ、心の復興も少しずつ進んでいたとのこと。

田野畑村の海岸から約360mの地点には、明治三陸地震の津波(1896)で運ばれた
2つの「津波石」があるという。田老地区の河口から約470mの地点には、3.11の
大津波で幅約6m、奥行及び高さ各約4mの巨石が運ばれた津波石もあるという。

東日本大震災の津波により大きな被害を受けた田野畑村。「もうこんな辛い思いを
しないために あの大津波を語り継ぐ!」と住民が語り部となった。
「あの日、生まれ育った集落や港が大きな津波にのみこまれていった。涙があふれた。
絆や支援に支えられた避難所、そして仮設住宅での生活は今も続いている。
真に伝えなければならないことは、多くの犠牲や損害、そして悲しみを被りながら得た
ほんものの体験と教訓
」。大地震が発生した時何をしていて何を考えたか。
被災後の大変な状況の中で感じたことや復興に向けての取組みの苦労話を語る。

近づく南海トラフ地震。そのときどうしたらいいかと、関西の人も多く訪ねているとか。
「震災語り部」は、陸前高田、釜石、田老、石巻などでも行われている。異常な体験を
心に秘めたままでいるのは辛い。被害に遭った人たちは外部の人に伝えることで
気持ちの区切り、整理ができる。話すことで心が軽くなるという。 

さらに、自然の威力に比べると人間は非常に弱い存在だということを自覚し、
そのことを生き残った人たちが後世に伝えていくことが大切だという。
そのいい例として、月尾氏は岩手県宮古市の太平洋に面した姉吉漁港を挙げた。
姉吉の海岸から急坂を800m程上がり、海抜約60mところに自然石の碑がある。
明治三陸地震(1896)と昭和三陸地震(1933)による津波被害を伝える碑文には、
高き住居は児孫の和楽 想へ惨禍の大津浪 此処より下に家を建てるな・・・」と
刻まれている。

            記念碑
                 大津波記念碑 (Wikipedia) 

明治三陸地震による津波で60人以上、昭和三陸地震による津波で100人以上の
死者を出し、壊滅的な被害を受けた姉吉地区では、昭和三陸地震の後、住民らが
この石碑を建立し、集落もこの碑よりも高い位置に形成したという。
3.11の津波は、海側から見て石碑の約50m手前にまで迫ったが、それより奥にあった
集落までには至らず、建物被害はなかった。また、地震発生時に海岸近くにいた住民も、
すぐに自宅に戻った結果、津波から難を逃れた。

この地区を含めて、三陸海岸には津波被害を伝える石碑が約200基見られるが、
特にこの石碑が注目される理由は碑文に記された「此処より下に家を建てるな」という
警告、およびそれを遵守してきた地元の防災文化だという。
果たして1兆円も使って自然を壊しながら高い防潮堤をつくっていくことがいいのか。
先人の教えに学ぶことが重要ではないかと月尾氏のことばが印象に残った。
旅・散策・イベント

外国人に人気の銭湯

2014年10月10日
今日は「銭湯の日」。銭湯が生れたのは江戸時代初期。蒸し風呂ではなく湯を張った風呂。
人々は、手拭い、浴衣、軽石などの湯道具を四角い布で包んで、銭湯へ通うようになり、
この「風呂で敷く布」のようなものを「風呂敷」と呼ぶようになった。(Wikipedia)

45年前には2700軒近くあった都内の銭湯は約710軒に減った。
自家風呂率が9割を超え、日本人の利用が減少する中、外国人観光客から「銭湯」が
人気を集めている。旅行代理店が外国人の団体ツアーに組み込むほどで、昔ながらの
「裸のつきあい」や日常生活に触れられるところが喜ばれているという。

     おとめ湯
               昨年閉じた中庭のある「おとめ湯」  文京区   
            
浅草にある銭湯には、アジア、欧米を問わず、1日に20~30人の外国人が訪れる。
特に世界文化遺産に登録された富士山の背景画がある昔ながらの銭湯が好評だという。
地方の温泉に宿泊するのに比べ、料金も450円というのも人気の秘密のようだ。

訪日外国人の消費動向調査(観光庁2013.7~9)では「次回、訪日時にやりたいこと」は
「温泉入浴」が45.6%で第1位だった。2位の「日本食を食べること」の42.9%、
3位の「自然・景勝地観光」の36.7%、4位の「ショッピング」の36.3%を抜いた。
また、「期待以上だった活動」として「温泉入浴」をあげた訪日外国人も57%で、
「自然・景勝地観光」に次ぐ第5位にランクインした。
期待以上と答えた米国人は76.5%、韓国人が59.8%、中国人の55.9%。

         明神湯
            宮造りの東京型銭湯「明神湯」   大田区

大田区と大田浴場連合会は共同で、米、中、韓などの外国人らを招き、銭湯施設に
入りに来た設定で、シミュレーションを実施した。すると、「脱衣場に土足で上がる」
「下着のまま湯船に入る」「体を洗う場所で自らの衣服を洗濯する」など、文化の違いが
もたらすマナーの問題が浮かび上がった。
そこで、外国人向けに、銭湯の入り方を説明できるイラスト付きのマニュアルを作成。

都公衆浴場業生活衛生同業組合も、同様のパンフレットやポスターを作成した。
パンフは英語、中国語、韓国語と日本語で入浴マナー、歴史的背景についての説明。
銭湯で外国人客に配布。ポスターには①靴を脱ぎ、げた箱に入れる ②入浴料を払う 
③空いているロッカーを探し服を全部脱ぐなどの入浴手順が記載されている。

大田区は、銭湯や商店街など、日本人の普通の生活を国際空港の近くで体験できる街
として外国人にPRしている。観光庁の訪日外国人旅行者受入環境整備事業の戦略拠点に
大田区の蒲田が選ばれたことがきっかけになった。
「江戸時代から続く日本文化としての「銭湯」を外国人の方にも楽しんでもらおうと、
外国人のための銭湯の入り方という動画を作成した。

「大田区の銭湯数は都内最多の52店」と書いたのは2年前。1年前には49店になっていた。
1年間で3店舗が廃業したということになる。  (銭湯が消えて行く)(「銭湯の日」)
そして今年、大田区浴場連合会のサイトには「大田区内には46店舗」(2014.9)とある。
大田区の銭湯では、「こども入浴デー」「銭湯スタンプラリー」などさまざまなイベントを企画。
その中で目についたのは、「銭湯後継者のための婚活」の一環としての「浴コン」。
年々、消えて行く銭湯。数年後には外国人向けの観光施設になっているのだろうか。
旅・散策・イベント

コンパクトな裁縫箱

2014年10月09日
今日は「道具の日」、そして「トラックの日」でもあるそうだ。

りんりんは5年生。4月から家庭科が始まった。1学期は調理実習で週に2時間ほど。
三角巾とエプロンを用意して期待大だった。ピザを作ったり、ごはんと味噌汁、フルーツ
ポンチなどを作ったとか。今の子どもたちは電子レンジの扱いは慣れているだろうが、
ガスコンロの扱いは大丈夫だろうか。実習中の彼らを覗いてみたかった。

        ソーイングケース
             
2学期はいよいよ裁縫。今どきのソーイングケースというらしいが、実にお洒落でコンパクト。
4月、カタログから好きなデザインのケースを選ぶときに、だいぶ迷っていたが、結局、
黒地に赤いロゴにした。待針1本ずつに名前を書かなくてはならず大変だった。
最初の授業の日、「タマドメがむずかしかった~!」 と帰って来た。針に糸を通すのは
糸通しを使うらしい。近いうち、小物をつくることになるらしいが、どうなることやら。

祖母の形見の裁縫箱は母に受け継がれ、今、私のところにあるが、中にはめったに
使わない糸、針などいろいろ詰め込んである。着物リメイクの熱も少し冷めてしまった今、
この裁縫箱を開けることはほとんどなくなった。(卒寿のお祝い 着物リメイクブーム

       ソーイングセット
             祖母の裁縫箱         娘のソーイングセット

普段使っているのは、娘が小学校の家庭科で使ったプラスチック製のソーイングセット。
当時流行ったサンリオの「リトルツインスターズ」のデザインだ。ゴムバンドでもしないと、
蓋が開いて中身が飛び出してしまう。嵩張る箱をランドセルに入れていったのだ・・・。
平成の裁縫箱も待針、針と糸、ハサミなど、昭和のものと中身はほとんど変わらないが、
箱の方はずいぶんと進化したものだ。

ちなみに、家庭科が誕生したのは昭和22年。小学校5・6年の男女とも履修することに。
平成20年に改訂された新学習指導要領では、5学年で60単位、6学年で55単位時間
(週あたり2単位時間)が充てられている。
身近な人びと

すだく虫

2014年10月08日
今日は24節気の1つ「寒露」。秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになる。
『暦便覧』では、「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」とある。
露が冷気によって凍りそうになる頃。五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極める。

庭には萩の花が咲き始め、近くの空地に葛の花。気づくと、秋はすでにやってきている。
9月の半ばまで聞こえていた蝉の声。10月にもなると、秋の虫たちの合唱にかわった。
台風18号襲来の朝も虫の声がしていた。

今日、勉強をしていたら、コオロギを祖母が捕まえてきてくれました。バッタも、僕が
捕まえました。バッタは色が変わったし、コオロギはすばしっこく動いていました。
でも、いくらかわいくたって、よく考えたらコオロギは仲間とくらす虫。それに、よくみたら
バッタは片足とれている。(もともと) かわいそうなので、夜かえしたら、バッタが、僕の手に
乗って、追い払ってもしがみつきます。涙をこらえた瞬間、コオロギの歌が。ありがとう。

  感動的!虫にだって心は通じるものなんだ!

          草叢
       
ケースが1つしかなかったため、捕まえたコオロギとバッタをいっしょに入れた。
おそらくエンマコオロギとショウリョウバッタだろう。バッタの色が幾分茶色がかって
きたように感じた。コオロギの色に合せたのだろうか?
喧嘩したりしないかと心配したが、夜、庭に放すまでとくに問題は起きなかった。
翌日、調べてみると、バッタもコオロギも同じ仲間だということがわかった。

バッタ目(直翅目)にはバッタ、イナゴ、キリギリス、コオロギ、ケラ、カマドウマなどの
仲間が属しており、28科2万種が知られている。日本には445種が分布している。
この仲間の最大の特徴はよく発達した後脚で、飛び跳ねて身を守ることができること。

バッタの仲間は、触角は短く、体は縦に平たい、頭は大きい。
キリギリスの仲間は、触角は長く、体は縦に平たい。目は小さい。
コオロギの仲間は、触角は長く、体は平たい。
バッタやイナゴの仲間は草食性だが、コオロギやキリギリス、カマドウマの仲間は
肉食性と草食性、生物の死骸を食べる雑食など種類によりさまざま。

かつてはカマキリ、コオロギやバッタ、キリギリス、ゴキブリ、ナナフシなどは
体や翅のつくりに似た部分があり、分類学上同じグループに属するとされていた。
現在はキリギリスは「バッタ目」、ゴキブリは「ゴキブリ目」に分類されることが多いが、
時には、ゴキブリとカマキリの仲間を合わせて「網翅目」とされることもあるという。

秋草の中で集く虫。文部省唱歌『秋の虫』にはたくさんの虫が鳴いている。
ちんちろちんちろ ちんちろりんは松虫。 りんりんりんりん りいんりんは鈴虫。
コオロギは きりきりきりきり、クツワムシは がちゃがちゃがちゃがちゃ、そして
ウマオイは ちょんちょんちょんちょん すいっちょん。  

         其中に金鈴をふる虫一つ    高浜虚子
動物など

タブレットで『こころ』を読んだ

2014年10月07日
スマホを止めてガラケーとタブレットに換えてからまもなく1年。久しぶりにドコモショップに
入った。タブレットの使い方をマスターするまで度々通った店だ。
今回は「Kindle」のアプリを入れて本をタブレットで読みたい。そして、以前試みたが
タブレットにはうまく入らなかった『くらしのこよみ』を入れておきたいということもあった。

『くらしのこよみ』は、日本の四季をさらに細かく区切る「七十二候」によって、いっそう
季節の移り変わりを感じることができるスマホやiPad向けの暦アプリ。
七十二候をベースに合わせた写真や絵、旬の食べ物や行事、俳句、読みものなどが
巻物仕立てになっていて、無料版のほか、情報量によって有料版もあるらしい。
七十二候にあわせて5日毎に更新し、更新日を過ぎるとその前の候は見られない。
今日は秋分の末候にあたるので、「水始涸」(田畑の水を干し始める)。
明日は二十四節気の「寒露」。七十二候の初候は、「鴻雁来」(雁が飛来し始める)。

         くらしのこよみ
           巻物仕立ての「くらしのこよみ」  秋分 末候  「水始涸」          

20分ほど待って順番が来た。応対してくれたのは「Amazon Kindle」でいつも読んでいる
という男性。『くらしのこよみ』をチェックしてもらったところ、インストールが未完了だったか、
タブレットにも対応できるようになったのか、きちんと入ったので嬉しくなった。

次は電子書籍。電子書籍を読むデバイスとしては、PCのほか、スマホ、タブレット、
専用端末などがあるが、「読む」ことに主眼を置くなら、iPadやAndroidタブレットなど、
9~10インチのものが最適だそうだ。マイタブレットは10インチ。
縦向きでB5サイズ相当、横向きは単行本の見開きも原寸に近いサイズで表示でき、
しかもカラー液晶、違和感は少ない。
                   
まず、Kindleを入れた。購入はAmazonでワンクリック。これほど簡単だとは!
「無料のものを買ってみますか?」といわれ、『氷点 上』を選んだ。
背景の色やフォント、行間、文字間などを変えたり、読みかけの頁に栞を挟むことも
できるというのも楽しい。何よりタブレットを立てた状態で読めるのが嬉しい。
以前は断然紙の本がいいと思っていたのだが、ある程度離して置けるので姿勢も
悪くはならない。ますます億劫になっていく予感もするが。

その晩、タブレットを購入したばかりのUさんとの電話で、話題は電子書籍になった。
『氷点』を読み始めたことを話すと、「あの本は友だちがすごくシンドイといったので、
読まないことにした」とのこと。どのみち読みつづければ下巻を有料で買うことになる。
それなら、ほかの本にしようとKindleで探してみることにした。

実は、9月から10月のラジオの高校講座では『こころ』が取り上げられ、朗読に合せて
家にあった黄ばんだ文庫本で読み始めたのだが、途中で止まっていた。
早速、Kindleで『こころ』を無料で購入。いつもは出先でしか読まないのだが、図書館から
借りた本もそっちのけで読んだので、講座の進み方よりずっと早く読み終えてしまった。

    タブレット
               「銀河鉄道の夜」  栞をつけて
    
次に『宮沢賢治』 (274作品)と『芥川龍之介大全』 (351篇)、『漱石大全』(83篇)、
『太宰治大全』(248篇)、どれも200円。早速、『宮沢賢治』と『芥川龍之介』を購入した。
高校時代、読んだような読まなかったような本が多い。そういった本をタブレットで
ゆっくりと読んでいこうと思っている。秋の楽しみが増えた。
つれづれ

浅草寺の大提灯

2014年10月06日
浅草寺の本殿や雷門、宝蔵門、二天門に下がっているのが真っ赤な大提灯。
東京メトロ銀座線「浅草駅」雷門口を出ると、「雷門」の大提灯が目に入る。
門をくぐり仲見世を行く。突き当ると宝蔵門があり、日本橋小舟町が奉納した
小舟町」の大提灯が下がる。
今日、11年ぶりに新調された宝蔵門の大提灯の奉納式が行われるという。

        宝蔵門 2011.3

雷門 風神雷神門。1865年に火災により焼失したが、松下幸之助により再建(1960年)
と同時に大提灯の奉納が行われて以来、10年に一度、大提灯の修復が行われる。
江戸時代の浮世絵「新版浮絵浅草雷門之図」では、新橋の信徒奉納の「志ん橋」と
書かれた大提灯が吊り下げられていた。(現在は浅草寺本堂に)

雷門」の大提灯は、江戸開府400年を記念して新調され、従来の物より一回り大きく
直径3.3m、高さ3.9m、重さ700kgとなった。
昨年11月、5回目の大提灯の張り替え新調が完成した。    (強靭な和紙
奉納まで、大提灯の代わりに提灯の写真が印刷されたシートが取り付けられていた。    
        雷門 2011.3

宝蔵門 当初は仁王像を納めていたことから仁王門といわれていたが、浅草寺の
宝物収蔵庫のために宝蔵門と呼ばれるようになった。戦災で消失、1964年に再建。
浅草寺本堂側には、大きなわらじがかけられている。上層部分には国宝の法華経と
重要文化財の「元板大蔵経」「元版一切経」や寺宝が収蔵されている。

        宝蔵門 2011.3

小舟町」と書かれた宝蔵門の大提灯は、日本橋小舟町の魚河岸商人の信徒らが
提灯を奉納した(1659)のがきっかけで約340年の間受け継がれている。
「雷門」と同様、江戸開府四百年にあたる平成15年10月に新調し奉納された。
       
浅草寺本堂 戦災で焼失、1958年再建された。浅草の観音様として親しまれている。
正面の大提灯は新橋組合の有志が奉納したもので、「志ん橋」と大きく書かれている。
江戸時代、「志ん橋」と描かれている提灯は、広重の江戸名所百景「浅草金龍山」に
描かれている通り雷門に下がっていた。
大提灯は、昨年12月、10年ぶりに新調された。直径3.5m、高さ4.5m、600kg。     
       本堂 2011.8

二天門 浅草神社の鳥居横、浅草寺の東側に建つ。国の重要文化財。
江戸時代は、当時この地にあった東照宮の随身門であったが、明治維新後
二天門と呼ばれるようになった。災害にも戦災にもあわず建設当時のまま残る。
4年前、解体され大修理を終え、東京浅草組合が寄贈した「二天門」と書かれた
大提灯が下がっているはずだが、訪れたときは架けられていなかった。

           二天門 2010.8

「雷門」「志ん橋」「小舟町」「二天門」の大提灯の底には、龍の彫物が彫刻されている。
旅・散策・イベント

明月

2014年10月05日
明日は「十三夜」。十五夜から約1か月後の十三夜は、十五夜に次いで美しい月
といわれ、昔から大切にされていた。                  (秋の訪れ)  
どちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれている。
この十三夜の月見は日本独特の風習で、 一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で
「無双」と賞した事が始まりとも 醍醐天皇の時代に開かれた観月の宴が風習化したとも。
十五夜はすっきりしない夜空であることが多いが、十三夜の夜は晴れることが多く、
「十三夜に曇り無し」といわれるが、大型台風は夜までに通り過ぎているだろうか。

8日、月が地球の影にすっぽりと入り込む「皆既月食」が起こる。
全過程を、日本全国で見やすい時間帯に眺めることができる絶好の機会だそうだ。
地球の影の中を動いていく月は、形や色が刻一刻と変化していき、完全に影の中に入った
皆既食のときには、月は見えなくなってしまうわけではなく、赤銅色の丸い姿が見える。
部分食が始まる頃(18:14)は、東の空の低いところに、皆既食の間(19:24~20:25)は
東南東の空に、部分食が終わる頃(21:35)は南東の空の高いところに見えるという。

国立天文台で公開している月球儀のペーパークラフトにチャレンジした。

         クラフト

月周回衛星「かぐや」に搭載したレーザ高度計(LALT)によって取得された観測精度5mの
観測データを元に制作されたもの。抽斗に入っていた少し厚めの淡いブルーの紙に3種類を
プリントしてみた。「上級」に近づくほど球型に近づくが、型紙からハサミで切り取る作業が
細かくなり、糊付けするところも増えるため「上級」はパス。ハサミで切ったのちの糊付けは
りんりんとの共同作業。
風鈴型の月球儀」を糸でつなぐとき、針に木綿糸をスムーズに通せた。もちろん、老眼鏡を
かけてのことだが。これには驚いてしまった。4月に白内障の手術を受けたからだろうか。

         月球儀
               初級             中級

「中級」は最後の糊付けに苦労した。切り方が雑だったのか、簡単と思った「風鈴型」が
意外に難しかった。糸で上下それぞれをつなげるのだが、糊付け部分がほとんどなく、
隙間が空いてしまった。これらの月を飾ってお月見をしてみようか。

空を見ていると、以前、ラジオできいた「宇宙エレベーター」の話を思い出すことがある。
宇宙エレベーターは、人が地上と宇宙との間を往復したり、物資を輸送したり機関で、
地上から天へと伸びる塔のようなものだという。
技術上の課題、特に宇宙から地上へ吊り下ろせる強度を持つケーブル素材がないため、
夢物語にとどまっていたが、この条件に応えられる素材「カーボンナノチューブ」が日本で
発見された。理論的には十分実現可能なもので、手の届く域に到達しつつあるのだとか。

実現すれば、ロケットに依存していた宇宙開発は大きく飛躍し、訓練を受けた宇宙飛行士
でなくとも、高齢者や体が不自由な人も宇宙を訪れる機会が得られるというのだが。
エレベーターが出来、簡単に宇宙に行かれる時代になっても行きたいとは思わない。

蘇軾の『水調歌頭』を習ったことがあった。         (中秋節に想うこと
人には悲しみと歓び、出会いと別れがあり、月には晴れと曇り、満ち欠けがある。
あなたはどこにいてもきっと同じ月を見ている・・・。           
しっかり覚えたはずだが、冒頭の「明月幾時有 ・・・」しか思い出せない。 
つれづれ

この貝 どこから・・・?

2014年10月04日
わが家で孵ったメダカとUさんにいただいた黒メダカの稚魚は室内で飼っている。
だいぶ大きくなってメダカらしくなってきたが、いつの間にか5匹になっていた。
ホテイアオイを何度取り換えてもすぐにダメになるので、今は金魚藻を入れている。
 
      水槽
       稚メダカ 5匹?   金魚 3匹   ウーパー 1匹

メダカの水槽に糸トンボのヤゴを発見したこともあったが、今度はタニシのような
巻貝がどんどん増えていく。
庭の甕の中にはアサザホテイアオイ、石臼には、結局一度も花を咲かせなかった睡蓮
ホテイアオイが入っている。この中の巻貝は室内の水槽のと比べるとはるかに大きい。

金魚藻についてきた卵が孵ったのかと思い、調べてみると、「メダカを飼うとどうして
タニシが発生するの?」「水槽をキレイにしてもすぐタニシが発生します」
といった質問が
多くみつかった。よくあることらしいのだ。

メダカを飼っている水槽にタニシを入れると、水槽内の藻や、メダカが食べ残した餌を
食べてくれるので、水槽内を清潔に保つことが出来る。こういったことはよく言われるが、
実際のところ、その効果のほどは実際のところ分からないようだ。

その後、濾過フィルターを取り換えるとき、あまりに貝が増えていることに驚いた。
稚メダカは5匹に減ったのは、このせいかもしれない。
あらためてネット検索していて見つけたのはタニシに似ているモノアラガイの存在。

モノアラガイという巻貝は田んぼや池、用水路など淡水にいるのは珍しくないという。
この貝は、タニシと同じように凄まじいスピードで苔を食べて「水槽の掃除役」となるが、
繁殖力がとても強く次々に卵が孵るため、水槽がこの巻貝だらけになってしまうという。
モノアラガイとそっくりで巻く向きが逆さになっているサカマキガイという貝も存在する
ことがわかった。画像をみると稚メダカの水槽で増えた貝はタニシではない。

タニシは全ての種が卵胎生で、成長した仔貝を産むが、モノアラガイサカマキガイ
卵を産むという点が大きく異なることがわかった。
りんりんが水槽の壁に貼り着いている透明の卵を発見した。やはりタニシではなかった。
タニシ同様、右巻きのモノアラガイか、左巻きのサカマキガイのどちらかにちがいない。

            サカマキガイ
                   サカマキガイ  

サカマキガイ  ヨーロッパ・イタリア原産で、明治から戦後にかけて水槽の清掃用として
日本に移入され、逸出し帰化した種。 現在では日本各地に分布しています。北米産とも。
成貝で殻高約10mm、殻径約6mm程の巻貝で、殻は左巻きで質が薄く半透明となっている。
螺層は小さく円錐形で、殻頂は尖っており、体層が大きく、蓋はなし。

まず、小さいプラスチックケースにこのサカマキガイと卵がついている可能性がある
金魚藻を移した。そこで、大き目の貝を取り出してりんりんと観察した。左巻き。
ということは外来種のサカマキガイモノアラガイに比べ増えるらしい。困ったものだ。

             サカマキガイ

貝を誘引してとる「スネールホイホイ」という商品や、ガラス面にへばりついた貝をとる
「貝転キャッチャー」なる商品があるらしい。近いうち、ペットショップで探してみよう。
動物など

城に武将に『三国志』!

2014年10月03日
りんりんがわが家に泊まることが度々ある。何が何でも観たいのは『独眼竜 政宗』
(26年前の再放送)、『軍師 官兵衛』の大河ドラマ。夏休みは『花子とアン』も観ていた。
そして『家族に乾杯!』など、なぜかNHKばかり。
私はほとんどテレビは見ないし、ごんさんもNHKを見ることは少ないのだが。

愛読書というよりバイブル同然の『戦国武将 群雄ビジュアル百科』はすでにボロボロ。
『日本の城』も近いうち貫禄が出てくるだろう。        (りんりんのマイブーム

          愛読書
                       愛読書
         戦国武将
            真田幸村   『戦国武将 群雄ビジュアル百科』

『落語寄席 私家版「三国志英雄伝」』(さだまさし)を聞きながら就寝しているりんりん
「三国志」に夢中になるのも無理はないが、先週、『三国志 群雄ビジュアル百科』が
どうしても欲しい!と言われ、買うはめになった。2千円近くもした。すでに持っている
『三国志』とさほど違わないようにみえるのだが。(『三国志』を読みたいけれど

         三国志      
        政宗?  
  彼の武将好きはクラスメイトに浸透しているせいか、                        
  お土産に伊達政宗や真田幸村のキーホルダーなどを
  いただくことが多い。
  それが、この夏は、なんと「政宗のアイマスク」を
  いただいた。「対象年齢 12歳以上」とある。
  裏面には「伊達家より家紋使用許可済み」とあった。
  「ねえねえ、写真撮って。自分では見られないから」 
  みると「結構いいじゃん」。

   独眼竜?
                                                  
彼の好きな武将ベスト3は、真田幸村、そして直江兼続、加藤清正だそうだ。
先日、わが家に来る途中、坂上の石垣をつくづくと眺め「清正の三日月石垣だ」
と興奮していた。
熊本城の石垣は天下一流と名を馳せた、独特の弧を描く「扇の勾配」で、地面付近は
勾配がゆるく、上にいくにしたがって勾配がきつくなる独特なもので、「武者返し」とか
「清正流三日月石組」などと呼ばれているという。
名古屋城の内堀沿いからみえるのは、大天守と天守台石垣。これも清正により築かれた。

    名古屋城
                           名古屋城

近所の家の石垣は清正流の石垣なのだろうか。それはともかく、書きとめておいた
戦国武将は、「城づくり」は、真田昌幸、加藤清正、藤堂高虎とあった。「最強」の武将は、
本多忠勝、島津義弘、真田幸村。「智将」は竹中半兵衛、黒田官兵衛、山本勘介。
身近な人びと

「アッチ~」と「アウチャ」と・・・??

2014年10月02日
この数ヶ月でじゅんじゅんが習得?したのは夏には5までしか言えなかった数字。
「イチ、二、サン、シイ、ゴオ・・・」と1から10まで覚えた。
数字のような2文字は発音できる。日々進歩し三語文も飛び出すが、誰もが聞き取れる
レベルではない。 (じゅんじゅんのマイブーム

         1.2.3

プラレールは、「機関車トーマス」でなく、もっともお気に入りは新幹線。
先週、玩具売場で購入したのは、プラレールの「やまびこ」。
乾電池で動き連結する「こまち」と「はやぶさ」に「やまびこ」が仲間入りした。

         やまびこ
                 手放さない「やまびこ」

この日、買ったスニーカーは「はやぶさ」。靴下は「トーマス」のデザイン。
マジックテープ式の靴なら自分で履ける。保育園での特訓の成果らしい。
手伝おうとするものなら、自分でやると怒って手で払いのける。
じゅんじゅんの足の成長は早い。新しく下ろした靴がすぐに履けなくなるらしい。
現在の靴はりんりんが年長のころのサイズと同じだとは!

     靴

絵本より、かつてのりんりんの『新幹線パーフェクトガイド』といった本が愛読書。
そのおかげで新幹線の名前を覚え、言えるようになった。
とはいえ、聞き取れるのは、りんりんと母親、園のA先生ぐらい。
「ア~ッチ」(こまち)「アウチャ」(はやぶさ)、「アッ~テ」(はやて)「ア~ピコ」(やまびこ)
「アオ~ミ」(のぞみ)「オ~キ」(とき)、「アッケー」(100系)など。
どうやらH、K、N、T、Y・・・単語の始まりの子音が発音できないようだ。

       こまち はやぶさ
        りんりん愛用の『新幹線』  こまち&はやぶさ

    プラレール
        こまちとはやぶさの連結  兄を頼らず線路をつなぐ  
     プラレール
                     兄は勉強中??
身近な人びと
 | HOME | Next »