FC2ブログ

ゴミの分別 Ⅱ

2015年05月31日
周囲の景気に溶け込ませるようにカモフラージュしたものも。 ゴミの分別 Ⅰ

六義園 文京区 
       六義園
        一般ゴミ(可燃・不燃)  カン ビン ペットボトル
     
池上梅園 大田区  中には金網ケース
       池上梅園
          もえるゴミ   カン ビン ペットボトル

清澄庭園 江東区
        清澄庭園
           もえるゴミ   びん カン
  
錦糸町 ビル
   錦糸町
           ビン カン ペットボトル  (一般ゴミ) 
      
原宿表参道 
           表参道
      カン ビン Caps&Bottles その他 Others

花巻駅
         花巻駅
           ビン カン  もえるゴミ

陸前小野駅前 仮設住宅  ソックモンキー「おのくん」のデザイン
  おのくん
 
渋谷区ふれあい植物センター
      植物園
旅・散策・イベント

ゴミの分別 Ⅰ

2015年05月30日
毎年5月30日は「ごみゼロの日」。美化活動とともに、ごみの減量化と再資源化を
促す啓発活動を実施するための記念日。
豊橋市で530(ゴミゼロ)運動が開始され、5月30日と11月の市民の日を中心として
全市一斉の清掃活動が行われるようになった。やがてこの運動は全国に広がり、
厚生省がこの日を初日とするごみ減量化推進週間を制定した。(1993)  

街のいたるところにさまざまな形のゴミ箱が見られる。最近は数種類の分別が
行われている。                (ゴミ箱と消火器 護美の日

5つの箱が並ぶイトーヨーカ堂。それぞれに「おかえりなさい」「資源の再利用に
役立てます。回収箱」と書かれている。

      ヨーカ堂
       ペットボトル 缶 発泡スチロールトレイ 牛乳パック ガラス瓶

東工大構内  大田区
      東工大
         もえるゴミ もえないゴミ びん・かん ペットボトル

名古屋城
          名古屋城
            カン ペットボトル ビン もえるゴミ もえないゴミ        

上野動物園(台東区)には何種類ものゴミ箱があった。

       上野動物園      
       上野動物園       
        上野動物園
         もえないゴミ もえるゴミ  ビン カン  ペットボトル

            上野動物園
             もえるゴミ    ビン カン   もえないゴミ

東京国立博物館 台東区
       トウハク
       カン ビン ペットボトル  もえるゴミ  もえないゴミ
  
東大本郷 構内 文京区
            東大
             すいがら   カン ビン  燃えるゴミ
    
杉並区役所
         杉並区役所
              もえるゴミ  もえないゴミ  あき缶
     
石神井公園  練馬区
         2559no3.jpg
            燃えるゴミ  カン ビン  燃やせないゴミ

コンビニ  大田区
          サンクス
          カン ビン  ペットボトル キャップ  もえるゴミ  
旅・散策・イベント

次は『獅子の時代』

2015年05月29日
5月初め、ついに『三国志 Three Kingdoms』のビデオ48巻をすべて見終った。
次は『項羽と劉邦』でも借りようと思ってツタヤに入ったが、NHK大河ドラマの
コーナーの前で立ち止った。そういえば大河ドラマはあまり見ていない。
『真田幸村』『龍馬がゆく』・・・?そんな中、目にとまったのが35年も前の
『獅子の時代』 (1980年)。見た覚えはない。子育てに忙しかったのだろうか。

連休にりんりんと鶴ヶ城に行くまでは、会津といえば会津戦争、白虎隊くらいしか
思い浮かばなかった。だが、城まで会津のまちを歩き、天守閣を前に
砲弾の痕が痛々しいかつての鶴ヶ城の写真をみてから会津についても
幕末から明治にかけても、あまりにも知らないことばかりだと気がついた。

   会津戦争
         小田山からの砲撃を受けた鶴ヶ城 (明治5年頃撮影)
    (南側) 走長屋・鉄門 鶴ヶ城天守閣  (東側) 鶴ヶ城天守閣
                                
『獅子の時代』は、山田太一が、幕末、明治維新を会津藩側から描いたドラマ。
借りることにした。1巻(1~4話)の舞台は万博(1867年)の開かれているパリ。
幕府と薩摩藩が(薩摩琉球国として)パリ万国博に出展するところから始まった。
ここでも幕府と薩摩との戦いがあった。

舞台が日本に移った2巻目からりんりんも見始めた。彼の得意な幕末から明治だ。
いつの間にかすっかりハマって、薩摩や会津の方言を真似したり、主題歌の一部
「・・・OUR HISTORY AGAIN」を口ずさんでいる。

作者山田太一は、「勝った側、負けた側、光と影、陰と陽の両面から書くために
特定の人物や事件をテーマにせず、2人の主人公は架空の人物とした
」という。
パリ万博、会津戦争、箱館五稜郭、北海道開拓、自由民権運動など、明治前期が
多面的、総合的に書かれているドラマだ。

主人公2人はパリで出会う。会津藩下級武士の平沼銑次(せんじ)は菅原文太、
薩摩藩武士苅谷嘉顕(よしあき)には加藤剛。はじめてパリで出会った2人は
終生のライバルであると同時に奇妙な友情で結ばれている。

     獅子の時代
                                     
銑次はパリから帰国したときには、すでに明治の世、故郷会津は落ちていた。
箱館戦争に参戦、極寒の地斗南(となみ)の生活、そして東京へ。
彼の信条は、何があっても(武士を捨てても拷問を受けても)生き延びることだ。
「負けたことは何も言わない。戦の前より惨めな人間が増えたことがやりきれない。
戦が無駄になったという世になってほしくない・・・」
銑次が敗残兵として大久保利通に言ったことばが印象に残っている。

後半はまだ見ていないが、その後の銑次は、政府による不平士族の弾圧、
秩父動乱、自由民権運動・・・、絶えず何かに対して戦いを挑んでいる。

     明治
          官僚となった刈谷  明治4年頃   商人となった銑次

もう1人の主人公、薩摩藩士の苅谷は銑次とはいつも対極にいる。
官僚となった刈谷は、身分制度のない平等で平和な社会を夢みて明治憲法の
草稿に携わる。西南戦争で敵となった父を目の前で斬殺されたり・・・

銑次の妹(のちに刈谷の妻)が大竹しのぶ。今は亡き加藤嘉、大滝秀治、
千秋実、沢村貞子、鶴田浩二、児玉清、細川俊之、丹波哲郎・・・。
大原麗子、藤真利子、佐野浅夫、村井国夫、神山繁、村野武範、岡本信人、
永島敏行、市村正親、目黒裕樹・・・。いや~みんな若い!今もテレビに舞台に
大活躍の人たちがほとんどだ。

51話ある。まだ前半をみただけだが、ますます面白くなってきた。
廃藩置県、太陽暦、蒸気機車・・・めまぐるしく変わっていく明治の世。
大久保利通、江藤新平、伊藤博文、板垣退助、山縣有朋・・・日本史の授業で
さっと通り過ぎた幕末、明治が少し近づいてきたように感じる。

ツタヤでこの『獅子の時代』と出逢ったことで楽しみまた1つが増えた。
徴兵令、西南戦争、秩父事件・・・後半もまだまだいろいろなありそうだ。
明日は第8巻から10巻を借りてこようと思っている
つれづれ

かかりつけ薬局

2015年05月28日
来春からスタートするという「かかりつけ薬局」制度をラジオ(TBS「森本毅郎
スタンバイ」)でとりあげていた。患者が服用する薬を1つの薬局が一元的に
管理するというもの。仮に複数の薬局で薬を受けとっていても、かかりつけの
薬局で情報を管理するという。

75歳以上の半数近くが1ヶ月間に複数の医療機関に通っており、薬の重複や
飲み残しも多い。副作用による健康被害や医療費の無駄遣いが指摘されており、
これらを防ぐことで、年間数千億円の医療費削減を見込むというもの。

さらに、薬剤師が患者の過程を個別訪問して、薬の飲み残しなどをチェックしたり、
問題があれば病院に報告して処方変更などを提案することも考えられている。
果たして忙しい薬剤師にとってこういったことができるのだろうか。

      薬局

1年前、「電子お薬手帳」を使うため日本調剤薬局を利用することにした。
日本調剤グループなど全国487 店舗でこれらのアプリが使えるという。
わが家から歩いて10分程度のところにあるので、どこの病院の処方でも
この薬局で受けとっている。           (電子版おくすり手帳

厚労省では、2015年度末までに、全国の薬局の30%以上で電子版の
お薬手帳が使えるようにする方針だという。電子版でも冊子でも お薬手帳を
提示することで、薬の重複をある程度防げるのではないだろうか。

電子版お薬手帳(日本調剤薬局)はパソコンとタブレットにいれてあるが、
今年から「お薬手帳+プラス」として、健康記録、処方箋送信、お薬アラーム、
カレンダーなどが追加された。これらは利用していないが。
嬉しいことに、今までのように領収書のバーコードを読み取る面倒もなくなり、
翌日には薬名、画像、服用方法、副作用など、さまざまな情報が自動的に
記載されるようになり、ますます便利になった。

       電子版
                「おくすり手帳+プラス」

「医薬分業」により、医師は必要最小限の薬を処方し、薬剤師は処方箋を
チェックしながら薬を出す。病院内に薬局を置けないようにしたため、
各地の薬局は5万5千店で、コンビニの数と肩を並べるほどだとか。
その7割が病院のそばに乱立する「門前薬局」だという。

院内処方のメリットは利便性と経済性。反面待ち時間が長い、ジェネリックの
種類が少ない、安全性のチェックの点で劣るなどの難点がある。
調剤基本料を高めに設定するなどして院外薬局の方が儲かるようにした結果、
院内処方よりも院外処方の方が調剤報酬が高くなり、患者の負担は増える。
たとえば、花粉症の内服薬(14日分)は、院内処方は計1500円(患者負担
3割で450円)、院外処方では調剤基本料に薬剤服用歴管理指導料などが
上積みされ、計3250円(3割で970円)。
同じ薬なのに、院内と院外で2倍超の価格差が生じることになるとは。

現在、かかっている内科、耳鼻科、眼科、整形外科とも院外処方。
おくすり手帳にできるだけお世話にならないようにしたいとつくづく思う。
つれづれ

「歌織物」

2015年05月27日
今日は「百人一首の日」。藤原定家によって百人一首が完成した日。(1235年)
百人一首は、鎌倉時代初期の歌人、藤原定家が京都の小倉山荘(別荘)にて
選んだものと考えられている。               (百人一首の日
百人一首は現在のような「歌かるた」として誕生したのではなく、色紙に歌1首を
書き、襖に貼って楽しんだ歌だったという。

          あられ

以前いただいた「百人一首 かるたあそび あられ」に添えられていた栞には
百人一首研究家林直道氏の著書より抜粋編集された「百人一首は歌織物 
秘められた水無瀬絵図」は、興味深い内容だった。     (おいしく学ぶ)    

百人一首は不思議な歌集であると言われてきた。何万何千という歌の中から
選んだというわりにはあまりに平凡な歌が多く採用されているとか。
上古以来歌仙一首、随思出書出之。名挙之人、秀逸之詠、皆漏之。用捨在心。
自他不可有傍難歟
」と定家は記しているという。つまり、自分が思いつくまま
勝手に選んだのだから、選んだ歌の良し悪しをとやかく言うな、ということらしい。
「用捨在心」の心とは、名歌を集めた歌集でなく、ある特殊な意図のもとに
歌を取捨選択した。つまり、「歌織物」にするのに都合のよい歌ということだ。

    歌織物

百人一首のそれぞれの歌に含まれる言葉を比較し、縦十首、横十首の正方形の
桝目の中に隣り合う歌どうしが上下左右ともに「合わせ言葉」によってぴったりと
結びつき、織物のように並ぶという。
林氏は、これを「歌織物」と名づけ、定家は全知を駆使してこの条件に合う
百首を集めたのだという。

しかも、この「歌織物」の右七列分は、自然の景色を読みこんだものと考えられ、
その中の合わせ言葉や歌詞を絵に置き換えていくと、後鳥羽上皇を中心とする
新古今歌壇の舞台となった水無瀬の里の風景と重なるという。
承久の変が挫折し、後鳥羽院が隠岐に流されて水無瀬離宮は荒廃していった。
合せ言葉というのは、山、川、紅葉、雲、花、桜、菊、鳥、鹿、瀬、滝、松など。

この「歌織物」こそ、定家の大恩人後鳥羽院への心をこめた密かな贈り物、
そして賛歌に他ならないそうだ。 
林直道の百人一首の秘密というサイトにも詳しく説明されている。

百人一首に関する著書も多い林直道氏(大阪市立大学名誉教授)だが、『資本論』
『経済学入門』などの著書も多いマルクス経済学者だというのは意外だった。
つれづれ

シナミザクラ

2015年05月26日
  シナミザクラ  バラ科 サクラ属
            学 名  Prunus pseudo-cerasus Lindl         
            和 名  支那実桜          
            別 名  カラミザクラ(唐実桜) 暖地桜桃 桜桃(中国)
            原 産  中国 湖北省 湖南省
   シナミザクラ
         2015.3.19           2015.4.30  

花期は早く、3月上旬から。開花時期には葉が生えていないことも多い。
ひと房に2、3輪の花を咲かせ、実もこ2つがひと房になっていることが多い。
花は5枚一重で直径は2cm程度と小輪。雄蕊が40本くらいあり、長い。

    実
            2009.4.23       2012.4.23  雨

実が熟すのは5月。大きさは1.5cm程度で、食用になるが、若干酸味が強い。
中国では、歴史的には桜は多くの場合、桜桃(シナミザクラ)を指した。

樹木としては小高木程度で大きさは10m以内。木の表面は灰色じみた褐色。
枝は横に伸び若干下向きになっている。葉は深く鋸歯のようになっている。

日本の原種との交配によって多くの園芸種が生まれている。
サクランボはどれも食用になるが、ヤマザクラ・ソメイヨシノなどの実は苦い。
現在、食用種としてはセイヨウミザクラが使われることが多く、佐藤錦なども
セイヨウミザクラを改良したもの。明治以降の詩文に登場するサクランボは、
おそらく、ほとんど全ての場合セイヨウミザクラ

      シナミザクラ
        2011.3.29              2010.4.4  
                ソメイヨシノ満開 2012.4.6

旧六郷用水沿いの歩道にシナミザクラが街路樹として植えられている。
3月ごろ淡いピンクの花が咲き、5月になるとサクランボが実る。
この桜が何というのか、実は食べられるのか、ずっと気になっていた。

先日、赤塚植物園にドクニンジンの可能性を否定できずにいた植物(オルレア
またはオルラヤだった)を持参して調べていただいたついでに、この桜について
質問をしたところ、「シナミザクラでしょう。でも街路樹には向かないのになあ。
ボトボト落ちて汚くなるから・・・」という答えが返ってきた。

      虫痩
           2015.4.30     虫痩     5.15

そして「葉の一部が盛り上がっていることありませんか?」と訊かれた。
そう、たしかに桜の葉に気味悪い膨らみがあった。
これは、アブラムシの虫痩(ちゅうや)といって、シナミザクラによくあることらしい。
セイヨウミザクラにはないらしいが、なぜだろう。アブラムシの好みだろうか。

先週、赤く熟したころだろうと通ってみると、サクランボはきれいさっぱりない。
鳥か、人間か、それとも風や雨で落ちてしまったのか・・・?
来年3月、花が咲くまで少しさびしい通りになった。
植物など

アユの遡上

2015年05月25日
多摩川は近年、水質が改善して遡上数が急増しているが、あきる野市、青梅市の
上流域に達するまでに取水堰は6ヶ所以上ある。各堰には、アユが遡上できるように
傾斜をつけた「魚道」が整備されているが、上流まで辿り着かず、遡上できなくなる
アユが続出しているという。

先週、都は、多摩川中流の取水堰から上流に行かれないアユの稚魚を捕獲して、
あきる野市までトラックで運び、上流域に放流したというニュースをきいた。
事業の狙いは、多摩川全域にアユを分散させることで餌の取り合いを防ぎ、
大きく育ったアユを増やすことにあるという。
かつて将軍家にも献上された東京湾育ちの天然の「江戸前アユ」を復活させて
観光の振興や特産品の開発につなげようというもの。

2年前の夏休み、りんりんの自由研究につきあって、調布取水堰の上に建つ
水道局の事務所でいろいろな話を伺ったことを思い出した。(身近な多摩川) 
調布取水堰(大田区田園調布本町)は河口から13km、もっとも下流の取水堰。
明治初め頃、この付近は調布村と呼ばれていた。昔は飲料水を取水していたが、

高度経済成長期にはこの付近は、生活排水などで泡が立つほど汚れていた。
1970年、飲料水の取水を停止した。現在は工業用水のみの利用。
取水堰として使われるだけでなく、ここは防潮堰としての機能をもっている。

       2013.82013.8                 
     右岸から  上流をみる  堤長94mで閘門、水門2門 
       魚道は左岸に第1、中央に第2の階段式2道    

遡上するアユを見てみたいと思っていながら昨年は行かれなかった。
先週、自転車で図書館に行った帰り、多摩川土手に出てみた。
ふとアユのことを思い出し、取水堰までサイクリングロードを走った。
取水堰近くは自転車走行禁止、硬いネットが張られている。
さすがにアユはみえなかった。

    2015.52015.5
        右岸から 下流をみる   魚道は開かれて
  作業中

中央で数人が魚道にたまった枝やごみを片づけたり、なにやら作業をしていた。
アユ遡上のピークは終わったが、これからも遡上するアユのためにだろう。
 
   作業終了
             作業を終えた水道局の人たち

今年も3月半ばからガス橋上流約500mの地点に定置網が設置され、
アユの遡上調査が始まった。東京都島しょ農林水産総合センター
サイトには、入網したアユの数が毎日記されている。曇の日は少ないが、
5月には1万尾を超える日もある。(5/1 5/7 5/8 5/11 5/15)
調布取水堰を越え、中流、上流へと上っていくのは何尾くらいいるだろうか。
ちなみに、昨年(3/17~5/31)定置網に入網したアユは累計で292,075尾。
定置網への入網率(5.4%)用いて算出した推定遡上数は、約541万尾とか。
動物など

工事は進んで

2015年05月24日
環八と旧六郷用水に挟まれた9000㎡の自然林が、昨年末、マンション
開発のため伐採された。江戸時代からほぼ手つかずの「奇跡の森」を
残そうと住民が立ち上がり、区も買収をめざしたが実らなかった。

室町時代からの旧家天明家は、江戸時代は周辺の名主を務めた。
江戸初期に敷地に接してつくられた六郷用水路が完成してから、
ほとんど人の手が入っていなかった。戦後まもなく一帯は空襲を受けた
が、この林は焼け残った。                 (消えた森

昨年末に始まった基礎工事の準備で、樹木のほとんどは伐採され、
かつての林の面影は皆無となった。
ここを通るだけでほっとする、大好きな林だった。今もたまに通るが、
周辺の家々にはためく幟をみるにつけ虚しくなる。 

    反対

  2.232.23
         3.53.5
        3.83.8

残されたのは2本のケヤキだけ?    
2階建の事務所もできて本格的な工事が始まった・・・
     4.144.14
                        Click!

   5.145.14
                ケヤキも街路樹も緑に
旅・散策・イベント

ベンチでひと休み

2015年05月23日
木々の緑が色濃くなってきた。公園のベンチでひと休みしたくなる。

       潮風公園
               都立潮風公園  品川区

        船の科学館
                   船の科学館   
   
    ツタヤ  
       新国立美術館  港区        蔦屋  渋谷区  

      豪徳寺
        豪徳寺  世田谷区       神宮内苑  渋谷区

        奥沢神社 
                 奥沢神社   世田谷区

  白山神社 銀杏
           芽が出た銀杏    白山神社  大田区

     名古屋城
        石神井城跡 練馬区         名古屋城内
旅・散策・イベント

まずはひと休み

2015年05月22日
ベンチ (bench) とは、古代より伝統的には、背もたれのない腰掛けの一種だが、
現代は横に長い椅子の形状をした腰掛けをも指す。
西洋では背もたれのあるものをチェア(chair)、ないものをスツール(stool)と
区別しているが、いわゆる「腰掛け」はスツールにあたる。

今まで多くのベンチ、椅子をみてきたが、卓を囲む椅子はさほど多くない。
九品仏川緑道のベンチ ひと休みしませんかここらで一服ひと休み?
憩いを誘うベンチたち 二役こなす公園のベンチ坐り心地はいかが?
ベンチアートin丸の内 ベンチいろいろ

夢の島熱帯植物園   江東区
     夢の島
       夢の島 2014.7.31             
        夢の島 2015.1.23               

東京大学本郷農学部構内   文京区                        
         東大
         東大

大手町川端緑道   千代田区  2014年4月開通
神田と大手町を分ける日本橋川に沿って大手町側に完成した散歩道。
         大手町
 
緑橋   板橋区  
武蔵野台地の湧水を水源とし、板橋区など東京北部を流れて隅田川へ
注ぐ石神井川。板橋区内を流れる区間のうち、加賀公園から東武東上線と
交差する付近までの旧川筋は「石神井川緑道」散策路が整備されている。 
                            
        緑橋
                   
深沢区民センター  世田谷区
            深沢
   
大倉山梅園   横浜市                
        大倉山                   
旅・散策・イベント

メダカの卵 発見

2015年05月21日
今日は24節気の1つ「小満」。秋に蒔いた麦などの穂がつくころで、
ほっと一安心すると言う意味。農耕が生活の糧だった時代には収穫の有無は
人の生死にかかわる問題だったため、作物が育つと「今のところは順調だ」と
満足したことから「小満」と言う名前がついた。

今年、Uさんから石斛(せっこく)満開の写真が送られてきた。わが庭でも3年前に
Uさんから株分けしていただいた石斛がまさに花開いていた。 (石斛 花盛り
彼女のお宅は横浜市。わが家は大田区。多摩川を隔てているせいか、
わが家は雷雨、彼女の家ではカラッとしている、ということもたまにあったが、
気象条件はさほど変わらないだろうし、もとは彼女の庭の石斛と同じ株。
ほぼ同時に花開くのはさほど不思議ではないかもしれない。

だが、メダカの卵を発見した日がUさんと同じだったのは驚いた。
2階のベランダで冬越ししたメダカの甕は玄関前に移した。ここのメダカは
8匹、実に大きい。サカマキガイが棲み、アサザのお陰で水はきれい。
睡蓮鉢を沈めた石臼に10匹のメダカを買って入れた。    (メダカの引越し
昨年室内で孵った稚メダカ2匹を鉢に移したが、水が濁っていったので、
思い切って石臼の方に移してみた。

     メダカの卵
                石臼で  藻についていたメダカの卵

先週、メダカたちは新入りと仲良くやっているかどうか、石臼を覗きこんだとき、
自然発生した藻に小さな透明な卵を発見。すぐに鉢に石臼の水を入れ、
藻を手でそっとすくって入れた。猫の飲料水にならないように金網で蓋をした。

この日の昼、Uさんから「メダカのたまごが布袋草についていました。綺麗な
透明な粒でもっと早く別の器に、移せばよかったです。少し食べられたかも… 」
と。

          めだか

そして、その日の夕方には「驚いたことに朝、バケツに移した卵が孵化して
いるのです。10匹はいます。お宅のメダカも孵っているかも。ルンルン」 

うちはまだ孵った様子はない。移すときに失敗してしまったのだろうか。
動物など

オルレア

2015年05月20日
      オルレア  セリ科 オルレア属 
      学  名  Orlaya grandiflora 
      原産地  ヨーロッパ
      別 名  オルラヤ オルレイヤ オルレア・グランディフローラ  
   
            オルラヤ

本来は多年草・宿根草だが、夏の暑さに耐えられず、夏には枯れるため、
一年草として流通。しかし高確率でこぼれダネから繁殖、群生する。
日本での栽培の歴史は浅いが、最近、急に庭のアクセントとして栽培され、
切り花としての出荷も見られるとか。  
       
    オルレア

石垣と道路とのわずかな隙間に生えた草がドクニンジンではなく、オルレア
という園芸種であることがわかり、安心してった。         (気になる白い花
植物など

気になる白い花

2015年05月19日
たまに通る石垣と道路の間のわずかな土に、ニンジンそっくりな葉とレース状の
白い小さな花の草が生えていた。思わず抜いて、月1回の絵の会に用意した。

   4.224.22                     
                   蕾が多い   
               
図鑑やネットで調べてみたところ、ドクニンジンにもっとも似ていた。
ドクニンジンは、セリ科の有毒植物のひとつ。多年草で薬草として使われる。
ヨーロッパ原産と、北アフリカ原産のの2種がある。「毒パセリ」とも呼ばれる。
中国、北アメリカに帰化し、日本でも全国的に拡大しつつあるという。

茎は1~2m以上、7月から9月にかけて開花。さらに植物全体が臭気を放つ。
ソクラテスの処刑に毒薬として用いられたというほどの有毒な植物だという。
道端に自然に生えるだろうか? シャクとかフェンネルにも似ているが、微妙に違う。

       5.6 5.6
                                 
はっきりしないまま数週間が経った。同じ場所に同じ植物が2株生えていた。
何という名だろうか、再びネット検索してみたが、確定できない。

そこで植物園に問合せてみようと思い立ったのはさらに10日後だった。
以前訪れたことのある板橋区立赤塚植物園の緑の相談室に電話してみると
緑化教育指導員の方が丁寧に応対してくださった。

      5.155.15

丘陵地帯にある植物園には武蔵野の木々、万葉の植物・・・静かな印象がある。
森林浴と車内での読書を兼ねて例の植物を持参することにした。
先ずは行きがけに1株を抜き、湿らせた紙入りのビニール袋に大切に仕舞った。
都営三田線志村三丁目駅で下車。成増北口行きのバスに乗り、赤塚八丁目で
下りて5分ほど歩くと植物園だ。

まずは管理棟に立ち寄る。植物図鑑類が壁面全体に並ぶ図書室に通された。
2人の指導員の方と数冊の図鑑のセリ科の頁を開き、持参した植物を観ながら、
ドクニンジンではなさそうだ、フェンネルでもないし・・・。10分ほど経過した。

      図鑑と

「これでないかと思いますが・・・」とプリントアウトした紙を見せてもらうと、
オルラヤ.ホワイトレース(オルレア)」と。日本での栽培の歴史は浅いが、
最近、急に庭のアクセントとして栽培され、切り花としての出荷も見られるとか。
こぼれダネでよく殖えるということで、道端に生えていることも納得。

ずっと気になっていた旧六郷用水沿いの歩道に植えられた実がなる
桜の木についてもいろいろ教えていただいたりと、思わぬ収穫があった。
武蔵野台地のはずれに住んでいること、数年前の大晦日にタヌキ、夏には
都内にいないといわれていたアナグマが庭にやってきた話までしたり・・・。

バラを撮影しているグル―プもあったが、いたって静かな武蔵野の木々に
囲まれた園内では、しばし都会の喧騒を忘れていた。
近ければ度々訪れたいところだが、往復3時間以上(約¥1600)かかる。
車内でついに吉川英治の『三国志』(電子書籍)を読了。いい一日だった。
植物など

特技は狩り

2015年05月18日
今年5月に7歳になったトラアミ。彼女たちのどちらが姉なのか、
トラが威張っていることだけはたしか。トラは兄のケシと仲がよい。
アミの生活圏は異なるようで、お腹が空いたときにしかやってこない。

猫にとっては当たり前のことかもしれないが、トラの特技は狩り。
ここ数年のトラの狩りの実績を辿ってみると・・・   

2012年4月&6月
     エサ台             
                  鳥がやってくるか気になる・・・    

      へび
                         ヘビと戯れる     
2013年5月 
      オナガ         
       トラ             オナガ             アミ
                             
庭で聞き馴れない唸り声のような音が聞こえた。トラがオナガを捕まえたのだ。
アミは近寄れない。トラはオナガを放さない。不思議な空気が流れていた。
           
2015年4月 
門まで出たとき、「トラがまた鳥を捕まえた」とのごんさんの知らせに
庭に行ってみると、たしかに! 椋鳥が横たわっていた。傷はないようだ。
トラは鳥のそばから2mほど離れ、じっとこちらを伺っている。きつい目つき。

    椋鳥
        ムクドリ

まもなくケシがやってきて、鳥のすぐそばに近づいた。においを嗅いだようだったが、
「なあんだ~」といった様子ですぐに離れた。
ごんさんは近くにあったカゴを動かない鳥にかぶせ、レンガを重石にした。
その後、トラはトカゲを捕まえてきたとか。捕まったトカゲは尾を切り、マットの中に
もぐりこんでしまい、結局、トラはトカゲに逃げられてしまったらしい。
           
     椋鳥

しばらくして微かな羽音がきこえたとか。猫たちはカゴに近づいていたという。
帰って来たりんりんに、トラが捕まえたムクドリの話をしたところ、弱っているか
死んでいるかもしれない、ためらいながら彼がカゴを持ち上げた瞬間、
鳥はパタパタッと飛び立ち塀を越えていった。
そばで注視していたトラケシトラは必死に追ったが、もちろん間に合わず。

おそらく気を失っていたムクドリは、5時間ほどの時間、カゴの中ですっかり回復。
カゴが除かれるや否や飛び立ったということになる。
こんなはずではなかった・・・。トラはどんなにか悔しかったことだろう。

ほか、ハトやスズメを捕まえたこともある。トカゲを捕まえるのなどは朝飯前。
ハンターのトラが活躍するのは4月、5月がもっとも多いようだ。
動物など

ハンカチの樹

2015年05月17日
    ハンカチノキ    ミズキ科 ハンカチ属
                学 名  Davidia involucrata
                別 名  ダビディア
                英 名  Dove tree (鳩の木)
                和 名  ハンカチノキ 幽霊の木
                原 産  中国四川省・雲南省

           ハンカチの木

花を包む苞の様子がハンカチが垂れ下がるように見えるので、この名がついた。
5月から6月頃、白い大きな苞のある花を咲かせる。この白い苞の形から
「ハトノキ」とか「ユウレイノキ」とも呼ばれる。
「ダビディア」は中国でハンカチの木を見つけた19世紀のフランスの生物学者
ダビッド神父の名にちなむ。

白いハンカチのように見える苞葉は2枚あり、その下側に花(花序)がある。
このハンカチは必ず太陽と花の間にあって、日傘の役割をしているという。
この白い「日傘」には生物に有害な紫外線を吸収する働きがあるフラボノイド
と呼ばれる成分が多量に含まれ、太陽光の中から選択的に紫外線をカット、
可視光だけを通過させることが、筑波実験植物園の研究者らによって
明らかになったという。             

       ハンカチの木

5月はじめにりんりんと会津を訪れた。城下町をボランティアガイドのMさんと
鶴ヶ城までの約3km歩いた。
「野口英世青春通り」の歩道沿いにハンカチの木が植えられていた。
「今がちょうど見ごろですよ」とMさん。白いハンカチが風に揺れていた。
振り返ると、大勢の人がハンカチを振っているようにも見えた。不思議な花だ。
   
       青春通り
               野口英世青春通り     会津若松市

3m以上の高さにならないと花を咲かせないために、花をつけるまでに
10年から15年かかるのだそうだ。
大船フラワーセンターや新宿御苑、小石川植物園などのハンカチの木は
大木なのだろう。今年は見に行く機会を逸した。
植物など

『三國志逍遥』

2015年05月16日
2ヶ月余ツタヤ通いをつづけて、中国のテレビドラマ『三国志 Three Kingdoms』
DVD48巻(95集)すべて見終った。戦闘シーンはほとんど印象に残っていないが、
沈みゆく船上の献帝最期の場面が1ヶ月経った今も脳裏に焼き付いて離れない。
『三国志演義』や『三国志』では、禅譲後は山陽公として10余年、皇后とともに
生きた献帝。禅譲後の献帝が気になり始めた。      端午の節句に想う

そんなとき図書館の中国の歴史関係の棚から『三國志逍遥』(410頁)をみつけた。
著者は中村愿(文)と安野光雅(画)。陳寿の著した『魏書』『蜀書』『呉書』の原書に
立ち戻り、曹操・劉備・諸葛亮の真の姿を映しだす本とある。(久しぶりの図書館
借りてきたものの、手元に置いておこうとAmazonで購入した。(¥1900→¥1500)

  三顧の礼
      「劉備入蜀」        「草廬三顧」   「蜀漢滅亡」 
      漢中の風景        諸葛亮の廬   漢中の山景

安野氏の画は「三国志」にまつわる地域を4年がかりでスケッチしたもの。
それらをもとに描いた93点ののうち80数点に、中村愿の文が添えられている。
原画は、手漉きの和紙(後漢時代にそれまでの紙に改良を加えた「蔡倫紙」の
再現紙)や中国製の未晒しの絹本に、黄河や長江の砂土を使って中国の筆、
墨、絵の具を駆使して描かれている。

本の中の風景は小さなものだが、スケッチでもない、日本画、墨絵でもなく、
水彩画でもスケッチでもない、その独特の画風に魅了された。
以前、原画展も開かれたらしい。観たかった・・・。

「第1章 中国史書の魅力」で、「晋の陳寿が編纂した『魏書』『蜀書』『呉書』に
親しみ、ときにそんな感慨を味わっていた20世紀末、ふっと後漢の献帝の
存在が私のこころを捉えた。以来、その人について読み、考えてきた
」と中村氏。

氏によると、献帝は中国四千年の政治史上、理想的な「禅譲」(皇帝の位を
有徳者に譲る)をなしとげた、ほとんど最初にして最期の人物であった」。
献帝についての記録は少なく、『後漢書』『三国志』と、それらに付された注釈に
ほぼ尽くされている程度という。

     劉備東征 *Click!
      「劉備東征」 湖北省宜昌あたりの長江風景 *Click! 

2004年秋のある晴れた日、わたしは黄河北岸からほど遠くない黄土大地に
立った。麦刈りはとっくに終わり、冬の到来を待つばかりの荒涼とひろがる
田野には夕霧がおりはじめていた。
前方に、こんもりした墳墓が横たわっている。黄色い楊樹(ポプラ)並木の参道が、
左右に粛然と居並ぶ重臣たちを思わせた。河南省修武県方庄鎮古漢庄。
後漢末から魏にかけて河内郡山陽国が置かれた土地である。


曹操が没した年、長男の魏王曹丕に漢の帝位を禅譲してのち、献帝(劉協)は
山陽公として天子に近い待遇のまま、54歳で他界するまでここで余生を過ごした。
禅陵には曹操の次女で、献帝の第二皇后となった曹節も合葬されている。

墳墓をぐるりと囲むように、ささやかな花壇がしつられてある。裏手にまわると、
手入れもなく立ち枯れた秋草のふかい影に、ぼんやりといくつかの赤い色が
うかんでいた。香りの消えた、しっとりとひそやかに咲く玫瑰花。赤は漢の色である。


日本にも「三国志」ファンは多い。中国の各省に渡って無数に点在している
三国志の遺跡や歴史を辿る旅の企画は実に多い。それらの地を訪れるのも
悪くはないが、観光地化されていることだろう。中国のどこに行きたいだろうか?
考えてみた。河内郡山陽国にある献帝の陵墓? 中村氏のように秋に・・・。

多くの画の中には残念ながら献帝の陵墓付近の画はなかった。
『三國志逍遥』は、曹操を礼讃し、諸葛亮の「出師の表」や北伐などに疑問を
呈しているところが面白い。そういえば、TV『三国志 Three KIngdoms』でも
悪役の曹操がなかなか魅力的に描かれていたせいか、すべて見終ったときは、
劉備よりも曹操が好きになっていた。
中国・中国の旅

めだかの引越し

2015年05月15日
4月末、2階のベランダで冬越ししたメダカたち8匹。玄関前に引越した。        
アサザの葉も数日みないうちに数を増している。
鉢には、昨年、水槽の中で孵ったメダカを移した。(3匹のつもりが、2匹だった)

       めだか
           甕には冬を越した8匹          鉢には2匹

      メダカ
                 石臼には新入り10匹

昨年沈めた睡蓮鉢が入った石臼は猫たちの水飲み場だった。
睡蓮にも芽が出てきた。メダカ10匹を買ってきた。早めのボウフラ対策。
動物など

石斛 花盛り

2015年05月14日
5月、梅の古木に載った?石斛せっこく)が蕾をたくさんつけているのを発見。
この石斛をUさんからいただいたのは3年前だった。
石斛は日本、朝鮮半島、中国などに分布するランで、俗に「デンドロビウム」と
呼ばれている洋ランの一種。デンドロビウム属のうちでも東北地方まで生育する。
日本の中部以南に分布する。岩の上や大木に着生する着生植物。

       石斛
       2012         2014(24)     2013(1)

その石斛、うまく根づいて、翌春、赤紫色の花が1つ咲いた。嬉しかった。
昨年5月、開いた花は24。早速Uさんに報告すると、
「まぁ!セッコクはすごいですね!よく育っていてうれしいです。うちのは私に
似て、今年は控えめです。お花は一年置きに好く咲くそうなので、来年はお宅も
しとやかに咲くかもしれませんヨ。ウフフ」と返事がきた。(石斛の花が咲いた
     
ところが、今年、しとやかにどころか、多くの花が咲いた。数えてみたら、
昨年を大きく上回り、なんと59もあった。
何の手入れもしないというのに。よほど梅の古木との相性がいいのだろう。

         石斛                     
   2550no3.jpg
                                 2015.5.10
     石斛
             Uさんのお宅の石斛       2015.5.10
                   
洋ランは低温に弱いが、石斛は冬の寒さや夏の暑さにも比較的強いので
庭木に付けることができる。木の陰になって直射日光が遮られるだけでなく、
地表から高さがあるので夏の地面からの照り返しも防げ、風通しも良くなり、
木々からの蒸散作用で適度な湿度も保たれるという。
植物など

たかがスマホ されど・・・

2015年05月13日
りんりんがスマホに換えた。学校はケータイ、スマホは禁止されているので、
親や我々との連絡、友だちと遊んだり、外出したりの連絡がほとんど。
現在、スマホを使っているクラスメイト、男子は少ないらしいが、女子は多く、
5年生のとき、ラインによるトラブルやいじめなどが起き、そこからそれぞれの
母親を巻き込むといった深刻な問題にまで発展したとか。

都の調査(小4~高校1500人)では、スマホの保有率は、およそ、小学生12%、
中学生49%、高校生83%で、依存状況は、およそ小学生30%、中学生66%、
高校生80%となっていて、スマホの依存度が低い小学生の時期から家庭内の
ルールづくりが必要だという。


新学期早々、りんりんが学校から持ち帰った「~子供のスマートフォン等の安全
利用のために~」(警視庁)というネットルールキャンペーンには、「友人間における
ルールをつくらせましょう!」「2つの回線それぞれにフィルタリングを!」などといった
いくつかの注意書きがあった。

彼がスマホに換えた際、使い方ルールについて念を押されていた。
アドレスを伝えるのも、ラインの相手も、必ずその親の了解を得た上で
仲のよい数人に限ること。アプリも親の管理、自分で入れられない設定、
21時から翌6時までネットをつかえない設定にしたことなどなど。
少々、不満顔だったが、それでも嬉しいらしい。

スマホ初使用は会津行きの新幹線の中。NHKラジオの「らじるらじる」を
いれたので、しばらくは「基礎英語」をきいていたが、すぐに飽きてしまい、
気づくとアプリの整理と言いながら指をせっせと動かしている。

      2544no2.jpg 7:20
       「基礎英語」まではよかったが・・・  新幹線で

磐越西線は比較的混んでいた。空席を見つけるや否や坐り、まず、スマホ。
姿勢を注意してもきかず。せっかくの車窓の風景も目に入らない。困ったものだ。
話しかけても上の空。勉強にもこれほどの集中力があれば・・・?!

   磐梯山9:14
       磐越西線の車窓から 磐梯山                             
    磐越西線 9:15

スマホやパソコン画面から出るブルーライトを夜間浴びると体内時計が狂い、
睡眠の質も悪化することは以前から言われているが、文科省の生活習慣に関する
全国調査(公立校小5~高3 約2万3千人回答2014.11)によると、
午前0時前に就寝する中学生の場合、メールやネットを見ていない場合は85%、
1~2時間利用する場合は78%、3~4時間では64%、4時間以上は47%と、
利用時間にほぼ比例して就寝が遅くなっているという


最近タブレットを持ち歩くことが多くなった。スマホを使っていたときは電池の減りが
ひどかったが、(もっとも今のスマホはそれほどではないらしいが)タブレットは
そんな心配はない。電車内ではラジオの電波が入らないことが多いが、ネットだと
クリアに聞こえるのが助かる。

ゲームもテレビもみないが、なにより調べたいことをすぐ検索でき、大きな文字で
読みたい本を読めるのがいい。カメラ、メール機能以外にも有効活用ができている。
腰への負担は少しくらい我慢しなくてはと持ち歩く。すでにりっぱな依存症だ。
身近な人びと

「じぶんで じぶんで!」

2015年05月12日
今日はじゅんじゅんの満3歳の誕生日。
食事中もよくしゃべること! 彼を会話の中に入れないとご機嫌が悪い。

「しんかんせん のったよ」 「いつのったの?」は無理だが、「だれと?」には
「ママと乗った」といった答えが返ってくる。
ついこの間まで思うように伝えられずイライラする様子もみられたが、
最近は疑問文、否定文…長く、バラエティに富んできた。 (園のおかげ
「かがやき」「こいのぼり」・・・まだまだきちんと発音できないことばもある。

「いや!」の代わりに「ダメ!」という。最近はその「ダメ!」を連発する。
食べる、靴を履く、ドアを開ける、メダカやウーパーのエサをやる・・・。
上着を着るのを手伝ったりすると怒り、脱いで、初めから自分でやりなおす。
とにかく「自分で!」やらないと気が済まない。

         りんりん
             3歳のりんりん  「トーマス」づけの毎日

よく歩く。歩くというより小走りで1駅、2駅などなんのその。手をつなぎたがらない。
ボール投げ、ジャンプ・・・3歳のりんりんに「ことば」は敵わないが、運動は負けない。
持久力もある。
     
       5月

もっぱらのお気に入りは「くみくみスロープ」。わが家で留守番のときも持参する。
キャップも大好き。部屋の中でかぶったままのことも。

         しょうぶ湯

       こいのぼり
                こいのぼり 大好き

「あお あか きいろ」。「みどりもあるね~」・・・「みどり」も言えるようになった。 
金色、銀色の区別もできるが、発音は今一つ。
身近な人びと

廃校になったら・・・

2015年05月11日
東日本大震災から4年と2ヶ月。
被災地では復興が遅れている中、子を持つ親の転出が止まらないため、
他の地方より早く「限界集落」、「限界自治体」になるのは確実といわれる。
岩手・宮城・福島の3県では、被災と少子化で学校統廃合が進み、
今年、14%以上の196校が廃校となったという。全国平均は4.2%。

少子化、過疎化、都市化、さらに市町村合併などにより、毎年500校前後の
公立学校が次々に廃校になっているという。この20年間で7600校とか。
学校規模を小さくする世界の流れに反して、日本では経費の効率化のため、
学校規模を維持、もしくは大きくしようというねらいもあるとも。

廃校後、活用中は62.9%、未利用は26.7%、取り壊しは10.3%。
地域住民や卒業生によるNPO法人、民間企業、自治体などが運営に乗り出し、
公民館、資料館、美術館などとして活用されることが多いようだ。
北海道美唄市には安田侃氏の彫刻を展示する野外美術館がある。
「京都国際マンガミュージアム」は、日本初の総合的マンガミュージアム。
福岡県朝倉市の「山里の美術館」では、現代アート約200点を展示。
新潟県十日町市の「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」は、木の実や
和紙を使ったオブジェが展示された校舎は丸ごと絵本のような空間だとか。
     
       絵本と木の実の美術館 
              「絵本と木の実の美術館」  HPより

体験交流系の施設の1つ、高知県四万十市の「四万十楽舎」では、
カヌー体験、シュノーケリング、サイクリングなどを楽しめる。
和歌山県田辺市の地産地消の農家レストラン「秋津野ガルテン」には
年間6万人が訪れるとか。
新潟県上越市の「月影の郷」は、田植えや川遊び、わら細工などの体験が
でき、教室の名残を残した客室に泊まることもできるという。
栃木県塩谷町の「星ふる学校くまの木」では、天体教室や植物観察会など。

都内でも廃校がある。新宿区四谷第四小学校は「東京おもちゃ美術館」に
生まれ変わった。おもちゃに触って遊べる体験型のミュージアム。
世田谷区の池尻中学校は「IID世田谷ものづくり学校」となり、ものづくりに
携わる企業約40社が入居するシェアオフィス。イベントも開催される。

地域情報紙に近隣小中学校の27年度の新入生数などが載っていた。
近くの中学校の卒業生は161人、新入生は155人。在校生は498人。
T小学校の卒業生は76人、新入生74人、在校生429人。

      校庭

わが出身小学校の卒業生は54人、新入生47人。在校生308人。
40人以上の4~5クラスだったわが小学時代とは隔世の感がある。
この小学校の前を通ることがあるが、体育の授業か、決して広くない校庭に
集う児童たちの少なさに驚くことが多い。統廃合になる可能性も・・・?
ちなみに小中学校の標準学級数は1学校あたり12~18と決められている。
旅・散策・イベント

城跡の大ケヤキ

2015年05月10日
好天に恵まれた3日、りんりんと会津若松城(鶴ヶ城)を訪れた。
会津若松駅で「まちなか歴史散策」に参加し鶴ヶ城までの約3kmを歩いた。
朝は磐越西線の車窓から、午後は会津若松市高瀬で、夕方は再び車窓から
それぞれの磐梯山を楽しんだ。

     磐梯山
                 磐越西線の車窓から   9:10

鶴ヶ城見学後、帰りの列車まで1時間半あるので磐梯山をみてみたいと、
街歩きに参加する前に観光案内所に立ち寄った。おススメは神指(こうざし)城跡。
ただし、観光地でないためタクシーで行くしかないといわれた。

          大ケヤキ
              神指城跡   高瀬の大木 
  
鶴ヶ城からタクシーで神指城跡に直行。水田が広がる向こうに土塁があった。
ケヤキの巨樹に出逢ったときの感動はことばで表わすことができない。
今までみたことのないような巨大なケヤキがもえぎ色の葉を繁らせている。
台風(1949)で大枝が折れたが、何と根元の周囲12.55m、樹高は24.64m。

   大けやき
5分くらいだろうか、木の階段を上り、ケヤキの周囲につくられた木道を廻った。
近くに寄れず、比較するものもなく、あの迫力を伝える術がない・・・。
      大けやき
              国天然記念物   高瀬の大木
 
      磐梯山
                 高瀬から   15:30   

神指城は、上杉景勝が徳川家康の会津征伐に備えて家老・直江兼続に命じ、
盆地中央の阿賀川畔の神指ヶ原に築こうとした城(1600)。
本丸と二の丸からなる「回」字形の輪郭式平城で、本丸は5万6千m²、二の丸を
含む全域では50万㎡あり、鶴ヶ城(会津若松城)の約2倍の規模であったという。

石垣、土塁、堀、門などを完成させたが、天守着工前に家康の会津征伐により
工事は中断。上杉家は米沢に移封となって、神指城は未完成のまま破却された。
藩主・加藤明成が石垣を全て若松城へ運び去った。(1639)

城の鬼門に位置する「高瀬のケヤキ」と北極星を基点に縄張りしたと伝えられる。
築城計画当時、すでに大木だったケヤキの樹齢は推定約5百年。

   磐梯山
              磐越西線車窓から   17:40

夕方、車窓から磐梯山をみながら、高瀬の大ケヤキを思っていた。
秋、ケヤキが黄葉するころ、再び城跡を訪れることができたらいいのだが。
旅・散策・イベント

鶴ヶ城

2015年05月09日
今年秋、天守閣の再建から50周年を迎える会津若松城(鶴ヶ城)。
先月には天守閣郷土博物館がリニューアルオープンした。

蘆名氏の築いた東黒川館を前身とする城郭に蒲生氏郷(がもううじさと)が
7層の天守を築き、鶴ヶ城と命名した。加藤明成の時代、天守は5層に改められた。
戊辰戦争では1ヶ月の籠城戦に耐え、難攻不落の名城を如何なく発揮したが、
新政府の命令で天守閣は取り壊された。

       鶴ヶ城
        「鶴ヶ城  天守閣再建五十周年」 会津若松駅

50年前、天守閣は再建された。その後、干飯櫓と南走り長屋も復元され、さらに
2011年、幕末当時の赤瓦に葺き替えられた。赤瓦は鉄分を含んだ釉薬のため
冬場に瓦に浸み込んだ水分が凍って瓦自体が割れるのを防ぐという。
現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守閣となっている。

       鶴ヶ城
           例年より1週間早く桜は散ったとか・・・

信長は安土城を築き、楽市楽座を設け、城下町の整備など、自由で豊かな
桃山時代を興したが、その女婿でもある蒲生氏郷も会津に大きな足跡を残した。
氏郷は会津に入ると鶴ヶ城の整備に着手し、氏郷の郷里近江の国から多くの
技術者を呼び寄せ、現在も残されている野面積み(のづらづみ)の天守台を築き、
七層の天守閣を建てたと伝えられている。
現在、天守閣を支えているのは氏郷が築いた自然石の野面積みの石垣だが、
東日本大震災でもビクともしなかったという。

    武者走り
              上り     「武者走り」    下り

V字型の石垣は、大手門の渡り櫓などへ簡単に昇降ができるように造られていて、
鶴ヶ城の石垣の特色の1つ。
「武者走り」前で、ガイドのMさんはりんりんに訊いた。「刀はどちら側にさすかな?」
大切な刀は石垣に触れないように考えられていて、向かって左の石段が上り、
右の自然石で造られた石段は下るときに使われたという。

蒲生氏郷は、洗練された南蛮文化の他、漆器や酒造りを奨励し、「楽市」をさらに
発展させた「十楽」という制度を城下に敷き、経済・文化振興を図った。
近江国から木地師と塗師を招き、会津の地場産業として会津漆器の基礎を作り、
酒造や金工など、上方の優れた技術を会津へ移入するなど産業の振興を図った。

       天守閣
                            手を振るりんりん

こういった「十楽」の制度を再現した「會津十楽」が4月から6月の土日祝日に
本丸で開かれている。りんりんが天守閣に上っている間、ここで楽しんだ。
蛮寺をイメージしたブースが並び、 時代衣装を身にまとったスタッフが当時の
食文化を再現した「食楽」、匠の技を展示・販売する「匠楽」、絵付け体験
といった「興楽」などのコーナーが出現した。

     富くじ
                                「富くじ」

1日に3回ご開帳という「富くじ」に挑戦。1回300円也。箱に開けられた穴に
長い錐を入れて木札を突き刺すが、なかなかうまくいかない。木札の裏には
何も書かれていない。ハズレらしい。楽市でしか使えない紙幣?50円分を
もらったが、結局、使うことなく記念に持ち帰ってきてしまった。
旅・散策・イベント

会津のまちを歩く Ⅱ

2015年05月08日
会津若松駅で申し込んだ「駅からまちなか歴史散策」。10人ほどの参加者と
真夏日の城下町を鶴ヶ城まで歩いた。      (会津のまちを歩く Ⅰ
途中、戊辰戦争で戦死した西軍兵士が眠る「西軍墓地」、秀吉が奥州支配の
拠点とした「興徳寺」を訪れた。

明治9年、猪苗代町に生まれた野口英世は、その才能を見込まれ、青春時代、
会津若松市内に書生として住み込み、独学で3ヶ国語をマスターしたという。
野口英世青春通りに面した青春広場の奥に「野口英世の像」が立っている。

      野口英世通り
        野口英世碑       野口英世青春通り

現在は喫茶店と資料館になっている「旧会陽医院」は、野口英世が青年期に
左手のやけどの手術を受けた病院。

        會津壹番館   
              會津壹番館(旧会陽医院)

         福西本店
                    福西本店

福西本店は、大正時代に建てられた町屋建築の遺構として貴重なことから
会津若松市歴史的景観指定建造物に指定にされた。(1997)               
 
     旧黒河内胃腸科
                      旧黒河内胃腸科

    五郎兵衛飴
                       五郎兵衛飴本舗

五郎兵衛本舗は、800余年の歴史がある。源義経が頼朝から逃れて、奥州へ
落ちのびる際に立ち寄り、この飴を所望した。武蔵坊弁慶の証文(写し)も残る。

約400年前には、旧会津藩の御用商人として飴を供し、「御判板」という城内
通行証が今も残されている。当時、飴は大変高級で、庶民は「ハレ」の日にしか
口にすることができなかったという。

鶴ヶ城からの帰り、この店に立ち寄って、6個入りの飴をお土産に買った。
琥珀のような透き通る輝き、食感はゼリーとグミの中間のような柔らかさ。
材料はもち米と麦芽と寒天のみ。昔から変わらぬ製法で作られているとか。
旅・散策・イベント

会津のまちを歩く Ⅰ

2015年05月07日
昨年のりんりんとの旅を想い出す。青葉城、米沢城のほか、甚大な津波被害を
蒙った「おのくん」の故郷、陸前小野、東松島へ。 (おのくんの里親に

りんりんの今年の連休は、3日と5日とも日帰り旅。
3日は会津若松城へののんびり旅、一方、5日は母親と岡崎城、浜松城、掛川城、
駿府城の4城を廻る忙しい1日だった。小田原城も・・・と欲張って計画したが、
留守番のじゅんじゅんを考えて、小田原城は延期した。

   郡山駅
         鯉のぼり 会津唐人凧 かかし       郡山駅構内

4月に開幕した「ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)」真っ最中の
郡山駅に8時半着。構内には大きな「会津唐人凧」が飾られていた。
戊辰戦争で会津軍が西軍の総攻撃に遭った際、落城寸前の鶴ケ城に立て
籠もった藩士や家族が士気高揚のため城内の庭で揚げたことで知られる。

            会津若松駅
       蒲生氏郷の「燕尾形兜」のポスター・・・ 会津若松駅ホーム

      会津若松駅
            「お城ボくん」       「あかべこ」  会津若松駅

9時半、磐越西線会津若松駅に到着。蒲生氏郷、鶴ヶ城の城下町。事前に
調べておいた「駅からまちなか歴史散策ガイド」に参加した。(4/1~6/30)
10時半、受付開始。参加者は10人ほど。最年少はりんりん
会津中興の祖、蒲生氏郷(がもううじさと)の築いた城下町や産業に触れながら、
地元のボランティアガイド(無料)が地元ならではの歴史・エピソードを披露。
11時にスタート。白虎隊たちの悲運の歴史を辿りながら、真夏のような太陽が
照りつける城下町を鶴ヶ城までの約3kmを歩いた。

    ガイド
          空間放射線量を測定するモニタリングポスト  若松駅前

駅前に放射線モニタリングポストがあった。「放射能を心配される方がいますが、
こうしてあちこちで測っていているから心配は要りません・・・」とガイドのMさん。
会津若松市内には152ヶ所も設置されているという。

西軍墓地 東明寺内 
戊辰戦争で会津に攻め入った新政府諸藩は、長州、薩摩をはじめ36藩、3万人。
西軍のうち会津若松付近で戦死した将兵の墓群で、戦死した薩摩、長州、大垣など
当時西軍だった人々が静かに眠る。門には6藩の家紋がデザインされている。
ちなみに左から、美濃大垣(戸田家) 薩摩国(島津家) 備前岡山(池田家) 
長門国(毛利家) 肥前佐賀[鍋島家) 土佐国(山内家)。

    東明寺
                 長州藩の墓前で 高杉晋作も好きなりんりん

新政府軍(西軍)の戦死者の名は刻まれているが、長い間、放っておかれた会津の
藩士たちは、「戦死墓」の文字以外は許されなかったそうだ。
                 
興徳寺
          興徳寺
                       興徳寺

興徳寺は、蘆名氏を滅ぼした伊達政宗が会津支配の仮館をおいた寺で、
豊臣秀吉が奥州仕置の御座所とし、ここから「太閤検地令」が発せられた。
秀吉が会津へきたとき三泊したほどの大寺院だったが、戊辰戦争で全焼。 
現在の建物は鶴ヶ城の廃材で再建された。

「空風火水地」の五文字を刻した五輪塔は、蒲生氏郷没後に子の秀行により
建立されたもので、病のため京都で没した氏郷の遺髪がおさめられている。
五輪塔の脇に「限りあれば吹かねど花は散るものを心短き春の山風
という、氏郷の辞世の歌碑がある。

          興徳寺
            氏郷の辞世の句           五輪塔
     
氏郷は戦国の英雄・織田信長の寵臣で、信長の娘・冬姫と結婚。
文武両道に優れた人材だったが、わずか40歳でこの世を去った。
茶道「利休七哲」の1人、「レオン」という洗礼名を持つキリシタン武将でもある。        
旅・散策・イベント

夏間近・・・

2015年05月06日
今日は24節気の1つ「立夏」。「夏の立つがゆへなり」と暦便覧に記されている。
気象や季節の上では、まだ夏には達しないが、すでに夏の気配が感じられる。
蛙が鳴き始め、ミミズが地上に這い出て、草木の緑が茂り、筍が生える季節。

      雀のお宿2010.5
          すずめのお宿公園    目黒区

そろそろ熱中症、蚊など、虫に悩まされる暑い熱い季節が近づいてくる。
4月末に日本気象協会が共同企画・開発した「おしゃべり熱中症計」が登場した。
気象協会が推進するプロジェクト「熱中症ゼロへ」の「熱中症予防PR大使」として
活躍するマスコットキャラクター「熱中くん」をモチーフとした熱中症計。
音声で通知するため、これまでの「熱中症計」とは異なるという。
夏は熱中症計、冬は風邪ひき指数計として、利用者がいる環境の危険ランクや
気温・湿度などを音声とLEDライトで知らせるというもの。

熱中症はなんとか防げそうだが、蚊に刺されないようにするのはなかなか大変だ。
4月、都立代々木公園(渋谷区)では、ボウフラの有無を持ち帰って調べるため、
側溝の水を容器に詰め、成虫になるのを抑制する薬剤を側溝内に散布したり、
低木が並ぶ場所では虫取り網を使って蚊が飛んでいないかを確認したという。

都は例年6〜10月、都内の公園や霊園など16施設で、CO2を出すドライアイスを
使って蚊の採集器を取り付け、ウイルスを保有する蚊の有無を調べてきたが、
昨年、代々木公園でデング熱の感染者が相次いだ。
デング熱は蚊を介して感染するもので、蚊に刺されて3~7日程度で高熱、頭痛、
目の痛み、関節痛などを発症し感染しても重症化することは稀だという。
今年は、上野恩賜公園など新たに9施設を調査対象に加え、蚊が本格的に飛び交う
前の4月から、蚊の発生状況、ウイルス保有状況の調査を始めることになったという。

爽やかな5月の訪れ、だが、そろそろ虫対策を考えなくてはならないようだ。
歩いていると、家々の玄関ドアにぶら下がる虫除けを見かけるようになった。
わが家でも数年前から下げた夏もあるが、どうやら効き目はあまりないようだ。
消費者庁析によると、風通しがよい場所では成分が空気中に残りにくかった
ということがわかったという。

          2533no1.jpg
                りんりん4歳   アミ3ヶ月

室内に蚊を入れないためには、蚊取線香の煙に頼るしかないようだ。
その前に蚊の発生を抑えるためにボウフラ対策。睡蓮鉢を沈めた石臼と
アサザを植えた甕にメダカを放した。
旅・散策・イベント

端午の節句に想う

2015年05月05日
今日5月5日は「端午の節句」。中国春秋戦国時代の楚の政治家に屈原(くつげん
という詩人がいた。陰謀によって失脚し、国を追われ、国の行く末に失望した
屈源が湖南省北東部を流れる汨羅(べきら)江に身を投げたのが5月5日。

屈原を慕う人々は、川に沈んだ屈源が魚に食べられないよう小船の上から
太鼓を叩いて魚を脅したり、供物を川に投げ入れ弔いをしたが、屈原のもとに
届く前に捧げた供物も悪い龍に盗まれてしまうため、龍が苦手な楝樹の葉で
もち米を包み、邪気を払う五色の糸で縛ってから川へ流すようにしたところ、
無事に屈原のもとへ届くようになったとか。
      
         鯉のぼり
                  工事現場に鯉のぼり

これが粽(ちまき)の始まり。屈原の命日に粽を作って災いを除ける風習ができ、
「端午の節句」となって粽とともに日本に伝来した。また、粽に結んだ五色の糸は、
子供が無事に育つようにとの魔よけの意味を込め、鯉のぼりの吹流しの色に
反映されているという。

屈原の話で思い浮かんだのは、ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の76集。
魏の文帝(曹丕)により禅譲を余儀なくされた献帝が山陽公に封じられ、
封地に赴く船中で皇后に語ることばだ。

「ご先祖の山河を賊の手に渡してしまった。私は漢の大地に眠らず、
川に深く沈み、魚の餌となるべきなのだ・・・」
 賊とは魏の曹丕のこと。
曹丕は献帝を山陽公に封じ、一生富貴の身分を保証すると約束したが、
献帝は船の底に穴を開け皇后ともに川底に沈む道を選んだ。

「皇后よ、来世があるなら、決して皇帝の家には嫁ぐでないぞ」
「陛下も来世があるなら、二度と皇帝の家には生まれないで下さい」

やがて画面は暗くなり、蜀漢の場面に変わり、その後、献帝は登場しない。
献帝は、吉川英治の『三国志』にも、いくつかの『三国志』に関する本にも、
山陽公に封じられたのち、夫人と共に暮らし、14年後に没したとあるが・・・。

      献帝
       後漢のラストエンペラー 献帝     沈みゆく船

現代的解釈だと言われるこのドラマでは、献帝の場面を重視しているという。
それについて献帝役の罗晋は、「最大の見どころは、史実を尊重しながらも、
人間性を最大限表わすようにしていること
」と言っている。
ちなみに、屈原の活躍した楚が滅びたのはBC2世紀。後漢の滅亡は2世紀。
旅・散策・イベント

「森に行きたくなりました」

2015年05月04日
今日は「みどりの日」。国土面積の約7割近くが森林だという日本。フィンランド、
スウェーデンに次いで世界第3位。先進国の中では有数の森林大国だとか。
だが、その半分が自然林、4割がスギなどの人工林、残りが無立木地や竹林。

そして有数の木材輸入国の日本、木材の約7割を輸入に頼っている。
拡大造林政策は見直されることなく続けられて膨大な人工林が残った。
そして、間伐や伐採などにかける費用を捻出もできず、林業は衰退して・・・。

『うみ やま あひだ 伊勢神宮の森から響くメッセージ』が二子玉川ライズSの
「109シネマズ 二子玉川」オープニング上映作品として公開された(~4/30)。
監督は写真家の宮澤正明氏。2月、宮澤氏のラジオのトークに感動されたUさんに
誘っていただいた。あの大好きな?宮脇昭氏も登場する。 (照葉樹の森
4月のオープンまでが長く感じられた。

4月24日、Uさんと一般公開初日に行くことにし、2日前にネットで席を予約した。
11時の初回は宮澤監督と阿川佐和子のトークショーのせいか発売日に即完売。
2回目の14時を予約。エグゼクティブ席のすぐ後ろの席を確保した。満席だった。

千年に及ぶ森と人との関係を伊勢神宮の式年遷宮を通し描き出すドキュメンタリー。
伊勢神宮は訪れたことがないが、明治神宮の森に足を踏み入れた途端、
厳かな空気に包まれて心の底から穏やかになる。森には不思議な力がある。

            うみやまあひだ
           「うみ やま あひだ」 *Click!*

豊かな自然に畏敬の気持ちを抱きながら、森から海へ、また森へとめぐる自然の
恵みを感謝と共にいただき、古来、自然と折り合いをつけて生きてきた日本人。
その心と暮らしの原型を伊勢神宮に見出した写真家 宮澤正明は、ここに私達の
未来への一つの答えがあると直感し、4K カメラを手に伊勢の森から各地の森へ、
点と点を結ぶ旅
」を続けたそうだ。

美しい映像、音楽とともに、今まで日本人が自然とどう向き合ってきたのかを知る旅。
伊勢、木曽、気仙沼、白神山地と舞台を移しながら、伊勢神宮神職、宮大工棟梁、
法隆寺住職、建築家、牡蠣養殖業、脳科学者など12 人が語る知恵の言葉の数々・・・。

海の環境が悪くなり牡蠣が取れなくなった。不思議に思って川の上流まで登ると
森が荒廃していた。これではいけないと、20年以上漁師による植林活動を始めた。
「森は海の恋人運動」を主宰する牡蠣養殖業の畠山重篤氏のことばは心に響いた。
森と海の関係は相思相愛だったという。鎮守の森があるなら鎮守の海もある。
成長した森の養分が川を経て海に流れ出ると魚場が蘇る。そこが鎮守の海だという。

森と海は繋がっている。海と山、その間に人間が生きている。だが、そのつながりを
断ち切るような防潮堤の建設工事が津波に襲われた東北沿岸の各地で始まっている。
巨大な要塞のようなコンクリート塊で、海水浴場だったこの砂浜も消えてしまう・・・と、
その砂浜で「森里海連環学」を提唱する京大名誉教授の田中克氏は語った。
ちなみに、防潮堤は、仮に高さが10mの場合、底幅は43m以上となるという。

        二子玉川ライズ
             109シネマズがある二子玉川ライズ

一般公開の初日、Uさんと二子玉川駅で待ち合せた。早めに着いたことで、
「ストランドビースト」(プラスティックチューブで作られた「砂浜の生物」)という
超巨大なアートが、うちわの風で動き出すデモンストレーションも楽しめた。

なんといっても感激したのは、上映後のサプライズ。映画は終わったのに、
エンディングロールに流れた(AUN J クラシック・オーケストラ)尺八の音がまだきこえる。
本編で尺八を演奏していた石橋秀基氏の素晴らしい生演奏だった。さらなる驚きは、
やはり本編に登場した「木曽木遣り衆」が、約320年前より式年遷宮のために
木を寝かす(木を伐る)時に掛け合いする生の「木遣り歌」を披露してくれたこと。

      木遣り衆
              
このサプライズは初日だけという。なんとラッキーな1日だっただろう。
終了後、ロビーでUさんは監督に「森に行きたくなりました」とことばをかけた。
木遣り衆の方と少し話ができた。朝、木曽町を発ったそうだ。
木曽に行きたくなった。森に行きたくなった。
旅・散策・イベント

けやきの緑

2015年05月03日
明日は「みどりの日」。かえで、けやき、柿の若葉、新緑がまぶしい。
ハナミズキは満開、梅は可愛らしい実をつけている。
窓から見える数本のけやきも日毎に緑が濃くなってきた。

2月
           2.232.23

3月
           3.223.22
        3.233.23
                  反対側から見上げる   
4月
         4.114.11
                     梅は実に
         4.154.15

         4.224.22
       4.244.22
                   反対側から見上げる

         4.304.30

5月
         5.25.2           
植物など

新茶を味わう

2015年05月02日
今日「八十八夜」は雑節の1つ。立春からかぞえて八十八日目にあたる日。
雑節とは二十四節気以外に、季節の変化の目安とする特定の日の総称。

八十八夜は日本独自の雑節。「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などと
いわれるように遅霜が発生する時期。
この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きするとも。

4月5日頃の清明節になると、上海の街のお茶屋さんに「新茶上市」(新茶入荷)の
旗が揚がるそうだ。Sさんは、その旗をみると、上海にも春が来たと思ったそうだ。
長い間、彼女は「清明節=新茶」と思っていたが、ここ数年、新茶がどんどん早く
出回るようになったという。理由は、早生品種の改良、流通がよくなり、南の方から
お茶が届くようになったことなどが挙げられるそうだ。

中国全土で新茶の茶摘みがもっとも早いのは、四川省だという。
Sさんが紹介して下さった中国ニュースによると、宜賓市では、なんと2月12日に
「第8回 中国宜賓市早生茶まつり」の開園式があり、そのあと、茶摘み、製茶、
茶芸交流展示などが行われ、いち早く春茶シーズンに突入したようだ。

最高級の中国緑茶は、年1回しか摘まない。緑茶の新茶は、四川省のほか、
広西壮族自治区、雲南省、そして4月下旬から5月上旬の山東省へ北上する。
福建省や広東省の烏龍茶などの青茶は、5月中旬から6月中旬がピークとなり、
4ヶ月にわたる新茶の収穫の旅は終わる。

       新茶
                   「蒙頂甘露」の新茶  

4月の桂花会、Sさんは四川省の蒙頂甘露(緑茶)と蒙頂黄芽(黄茶)の新茶を
用意された。中国で最初にお茶が栽培された蒙山の頂上に植えられている。
蒙頂甘露は、漢代からの歴史的銘茶、唐から清代までの長期にわたる献上茶。
春分の頃、芽が出たところを摘んだお茶。甘く上品で、口の中に春が広がった。

     3種
            緑茶        黄茶        黒茶

これら2種の新茶のほか、湖南省の安化黒茶も淹れていただいた。
Sさんが長沙滞在期間に親しくなった製茶会社のお嬢さんが来日した。
彼女のお土産、梅山蛮は、雲南のプーアル茶(黒茶)とはまた違った味わい。
実は湖南省の黒茶は全生産量の5分の2を占めるという。
いつもながら贅沢なひとときを提供して下さる彼女に感謝。
中国・中国の旅
 | HOME | Next »