FC2ブログ

フードドライブ

2015年07月31日
8月1日、2日には、JRA馬事公苑で開催される「せたがやふるさと区民まつり」で
フードドライブが実施されるという。フードドライブとは、家庭で余っている食品等を
持ち寄り、広く地域の福祉団体や施設等に寄附するボランティア活動。


世田谷区では、未使用・未開封のまま廃棄されている食品・食材等のいわゆる
「食品ロス」が年間約6,200トン(清掃車約4,100台分)あると推計している。
区では、こうした「もったいない」現状を踏まえ、食品ロスの削減や食品等の
有効利用を目的として、「フードドライブ」を実施するという。

今年5月には、世田谷公園で開催された「せたがや環境フェスタ2015」で実施。
当日は、延100人以上の人たちが、21kgの缶詰やインスタント・レトルト食品、
調味料等を提供したという。
       食料品
            提供された食品  2015.5  (世田谷区ホームページより
                
それらの食品などは、NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン により食品を
必要としている施設や団体等へ責任をもって届けられる。
文京区では昨年10月、教育の森公園の「文京エコ・リサイクルフェア」で。

週2度(目標)通うフィットネスクラブでも、10年ほど前から毎年1月から2月、
このフードドライブを行っている。賞味期限内(~5月)の缶詰やレトルト食品、
乾麺、調味料、お米など常温で保存できる食品に限る。
私もわずかながら参加したが、全国の店舗に集まった食料品も参加者も
年々増えているようだ。

         食料品

まだ食べられる物であっても、様々な理由によって、多くの食べ物が捨てられている。
たとえば、缶詰のへこみ、段ボール箱の破損などの包装状況の問題、規格外品などの
表示ミスの問題。また、商品が売れ残ったり、特売や催事の終了により在庫を抱えたり、
賞味期限が迫ってきた、野菜の収穫が予想外に多かった、規格外品が大量に出たなど。
ほかに、「3分の1ルール」の問題もある。

「3分の1ルール」とは、食品流通業界の商慣習で、食品の製造日から賞味期限までを
3分割し、「納入期限は、製造日から3分の1の時点まで」「販売期限は、賞味期限の
3分の2の時点まで」を限度とするもの。
小売店頭への納品期限は、米国では2分の1残し、英国では4分の1残しが慣例で、
日本の3分の2残しは国際的に見ても厳格過ぎるという声は強いらしい。
賞味期限の3分の2残っている商品が消費者に届く前に、店頭に並ぶ前に返品されて、
多くが廃棄されてしまうという。なんともったいないことだろう。
旅・散策・イベント

じゅんじゅんの好き嫌い

2015年07月30日
今日は「梅干しの日」。梅干し食べれば難(7)が去る(30)。この古来の
言い伝えを語呂にあわせて、和歌山県みなべ町の東農園が制定した。
              
最近はわが家で食事をすることも減ったじゅんじゅん。あれほど梅干しが
大好きだったのに、最近は食卓にあっても以前ほどほしがらなくなった。
好きなものが増えていっているということだろうか。 (梅干と・・・

<お風呂は嫌い 水遊びは大好き>
水遊びを切り上げるには、「お散歩いこう」「お買いもの行こう」が有効。

        水撒き
   水撒き

<母親、兄のスマホは・・・おもちゃ? カメラ、ゲーム、計算機・・・> 
     スマホ
              みごとな指の動き 
 
<ビデオ 今は『ノンタン』シリーズ>
『となりのトトロ』『おさるのジョージ』は飽きた。難し過ぎたかもしれない。
今は、ノンタンだ。画面に合わせて歌ったり踊ったり、部屋中を走り廻る。

     ノンタン

兄の勉強中などノンタンに相手をしてもらうが、肝心の兄の方が一緒に歌ったり
踊ったりするとか、どうなっているのか、困ったものだ。

じゅんじゅんの遊びを切り上げるには、「ノンタンを借りにツタヤに行こう」も
有効らしい。スマホやビデオに相手をしてもらう、良くも悪くも「今の子」か。
身近な人びと

今年も科学電話相談が始まった

2015年07月29日
今年も夏一番の楽しみ夏休み子ども科学電話相談(7/21~)が始まった。
外出するときには、バッグにラジオを入れて出ることもある。

全国の小・中学生から電話やメールで寄せられた、動・植物、天文・宇宙、科学、
心と体などに関する疑問に専門家が解説しながら回答するラジオ番組。
どんな質問が飛び出すか、子どもの素朴な疑問に懸命に回答する専門家との
真剣勝負が面白い。生放送の醍醐味だ。 (恐竜博士になりたいです・・・

「何で昆虫がいるの?」「うさぎの耳はなぜ長いの?」「ゾウの鼻はなぜ長いの?」
「トウモロコシにはなぜヒゲがあるの?」「花と種子とどちらが先ですか?」
「動物にはどうしてシッポがあるの? 邪魔だと思うけど・・・」「カワセミはどうして
派手なの?」
といった低学年の子どもたちの質問は楽しい。
なるほど!と思うと同時に、知らないことの多さに慌ててしまうことも度々。

小1の男子だったか、「植物はなぜ二酸化炭素を吸うのですか?」の質問に、
葉から二酸化炭素を取り込み、根から吸った水とで、でんぷんと酸素ができる。
水に光が当たると酸素を発生させるのを光合成というんだが、「光合成という
ことばを覚えよう。コウゴウセイ、はい、言ってごらん」と、植物の田中先生。

ところで、光合成のしくみは解明できていないそうで、「人が光合成を真似できる
ようになると、世界の食糧不足がなくなるんだが・・・。人は進歩しているようだが、
葉っぱ一枚にも及ばないんだよ」
と小1には難しいが、実に興味深い。

この先生、ほかに小3女子の「花と種子とどっちが先ですか?」といった質問に、
植物の説明をされたとき、「胞子、ホウシと言って覚えて下さい」と。
植物は大きくコケ植物、シダ植物、裸子植物、被子植物に分けられる。
    苔 シダ
               苔類               シダ類

種子植物は裸子植物と被子植物だから?そう、種子がなくても育つ植物がある
ということは「花が種子より先だということです」といことだった。
裸子植物は種子を作るようになった最初の植物。イチョウ類、ソテツ類、マツ類。
学校で習ったような・・・?すっかり忘れていた。
     イチョウ 桜
           イチョウ 裸子植物       サクラ 被子植物

7月に、脳科学者の篠原菊紀先生が「心と体」担当された。園児の質問は
「どうして笑っちゃいけないと思うと、笑ってしまうの?」 うーん、むずかしい。
篠原先生ファンのUさんと私は、先生の声はラジオでお馴染みだったが、
園児相手のせいか、最初のうちはあの名調子がみられなかった。

「笑っちゃいけない、見ちゃいけない、触っちゃいけない・・・といわれると、
そのことに対する注意が働いて、気持ちがそちらに向いてしまう。それと
同時に笑うしくみ、見るしくみが、脳の中で活動し始めてしまって、それだけ
笑いやすくなったり、・・・しやすくなる。でも、笑っちゃいけないと思ったら、
笑うのを我慢する力も育てて下さい」ということだったが、できるかな?
つれづれ

国鳥はロビンに

2015年07月28日
世界の多くの国では、その国のシンボルとして国花や国鳥が決められている。
世界で最初に公認されたのはアメリカ合衆国のハクトウワシ(Bald Eagle)(1782年)。
公認されているのは、インドのクジャクやニュージーランドのキウイ、ニューギニアの
極楽鳥(フウチョウ)など。
だが、フランスのやイタリアのなど、慣例上、国鳥扱いされている鳥は珍しくない。
日本の国鳥はキジとされるが、これも慣例上で、日本鳥学会がヤマドリ、ウグイス、
ハト
などの候補の中から選定したことによる。(1947年)

イギリスでは、ロビンヨーロッパコマドリ)が1位に選ばれるなど人気があるが、
公示されていない。そこで、昨年秋からエリザベス女王の即位60周年を記念して、
「イギリスの国鳥を選ぼう」キャンペーンが行われた。
ちなみに、エリザベス女王は英国の君主として史上最高齢の89歳。今年9月には、
63年を超える在位期間も歴代最長となる見通し。

まず、60種の鳥の中から10の候補が選出された。Barn Owl(メンフクロウ)、
Blackbird(クロウタドリ)、Blue Tit(アオガラ)、Hen Harrier(ハイイロチュウヒ)、
Kingfisher(カワセミ)、Mute Swan(コブハクチョウ)、Puffin(ツメノドリ)、
Red Kite(アカトビ)、Robin(ヨーロッパコマドリ)、Wren(ミソサザイ)。

さらに、この中からイギリスの国鳥にふさわしい鳥を5月の国会の総選挙の日まで
オンライン投票で選んだ。開票結果は、ロビンが全体の34%の得票を獲得。
2位のメンフクロウほかの候補に大差をつけて選出され、政府による手続きを経て
正式な国鳥に指定する旨が告示される見通しとなったとか。

          ロビン(Wikipediaより)
                ロビン(ヨーロッパコマドリ) 
 
ロビンは、スズメ目ヒタキ科。ヨーロッパ全域のほかシベリア西部、カフカ―ス、
アルジェリア、大西洋上のアゾレス諸島、マデイラ諸島まで広く分布。
ヨーロッパの文学作品などに「コマドリ」「駒鳥」として登場する。

手元にあったポケット図鑑『野鳥』(監修 堀田明)には、コマドリは載っていたが、
ロビンヨーロッパコマドリも出ていなかった。
日本ではヨーロッパコマドリは留鳥としても渡り鳥としても分布していないようだ。

コマドリは、九州より北の高山に渡来。森林の灌木が生い茂った渓谷地に生息。
夏鳥として5月から9月に渡来し、繁殖する。
さえずりが馬のようにヒンカラカラと鳴くところから、その名がある。
昔から、ウグイス、オオルリと並んで「日本三鳴鳥」と呼ばれている。

     コマドリ
                     コマドリ 

それにしても、イギリスの人気投票で残った10種の鳥で、みたことがあるのは、
カワセミだけ。コブハクチョウは白鳥の、メンフクロウはフクロウの仲間だろうが、
あとの鳥たちはその姿を想像することもできない。
動物など

くだもの売場の野菜

2015年07月27日
夏の空、井戸端にはバケツの中のスイカを見つめる男の子がいる。
大好きなコピーライター岩崎俊一氏のコピーに谷内六郎氏の絵、
『昭和のたからもの』展で購入したカレンダーは、もう、8枚目だ。
岩崎氏は昨年暮、展覧会直前に亡くなられた。

     カレンダー
      8月 「スイカ1個を食べきれる家族がいた幸福」
         
今日は「スイカ」の日。夏の果菜(果物)の「横綱」であることと、縞模様が
綱のようであることから、「夏(7)の綱(27)」の語呂合わせとされている。

園芸関係の学会や報告では、1年生及び多年生の草本(そうほん)になる実は
野菜、樹木になる実は果物と決められている。
つまり、スイカ、メロンはウリ科の1年生果菜、苺はバラ科の多年生果菜。
     
スイカなどは青果市場やスーパーなどでは、デザートとして食べる消費者の
側にたって、果物売場に並んでいる。      (スイカは野菜です!
スイカの果肉の成分は約95%が水分で、このうち4~6%が糖分。

         果物   
                   青果店

現在のスイカは緑の地に黒い縞模様が一般的だが、このような品種が
広まったのは昭和初期以降で、それまでは黒、無地皮だったという。
 
 スイカ
            ダイナマイト(5千円~8千円)   スーパー

「スイカ割り」は意外にも遊びではなくスポーツだとか。(日本すいか割り協会)
何と「スイカと競技者の間の距離は9m15cm」「審判員はその年のスイカ
10個以上食べた人でなければならない」などの公式ルールが存在するとか!

スイカメロンも野菜とするタキイ種苗の野菜と家庭菜園に関する調査
(2014)によると、好きな野菜のトップは6年連続でトマト(17.5%)。
はじゃが芋(12.2%)。それ以外は混戦模様。玉ねぎ、スイカ、メロン
5~6%といったところ。
全国の20歳以上の男女(農業関連従事者を除く)600名 ネットによる調査。

      ブロッコリー
         好きな野菜 1位のトマト    ブロッコリー(10位以内になし)

最も嫌いな野菜は、前年同様、セロリ(12.8%)、次がゴーヤ(9.3%)で
そのほかは大差なく、モロヘイヤ(3.7%)トマト、春菊(3.5%)。

私はゴーヤセロリも好きだ。とくに嫌いな野菜はないが、より果物に近い
スイカメロンだけは苦手だ。生まれつきのへそ曲がりかもしれない。

この調査は好きな野菜嫌いな野菜のほか、機能性野菜の認知度や関心、
家庭菜園などについての質問もあり、なかなか面白い。
毎年8月31日、「野菜の日」前後に発表されるようだ。
植物など

街でみかけた「区の木・花」 Ⅱ

2015年07月26日
ツツジが「区の花」という区は、サツキも入れると、23区中11区もある。
区の木では、ケヤキやサクラが多い。(街でみかけた区の木・花Ⅰ

板橋区    区の木  ケヤキ   区の花  ニリンソウ

     ケヤキ
                 
世田谷区   区の木  ケヤキ     区の花  鷺草

        2617no4.jpg     

品川区   区の木 シイ  カエデ    区の花 さつき

         2617no6.jpg
                
文京区  区の木 イチョウ    区の花 つつじ 

         つつじと銀杏
    つつじ
            
墨田区  区の木 サクラ    区の花 つつじ
  
        つつじ
                
練馬区    区の木  コブシ   区の花  つつじ

      2617no8.jpg

中央区    区の木  ヤナギ   区の花  つつじ  

新宿区    区の木  ケヤキ   区の花  つつじ

荒川区    区の木  サクラ    区の花  つつじ

北区      区の木  サクラ    区の花  つつじ
 
豊島区    区の木  サクラ    区の花  つつじ

中野区    区の木  シイ     区の花  つつじ

江戸川区   区の木  クスノキ   区の花  つつじ
旅・散策・イベント

街でみかけた「区の木・花」 Ⅰ

2015年07月25日
23区ではそれぞれ「区の木・花」が定められているが、それらがデザイン
された車止めや歩道の絵タイルを見かける。  
街で見かけた区の木・花 Ⅱ)(都内23区の花」Ⅰ)(都内23区の木や花) 

東京都
   2622no05.jpg

港区  区の木 ハナミズキ   区の花 アジサイ  バラ   
    ハナミズキ
           あじさい あじさい

ハナミズキは東京市からワシントン市に贈った桜のお返しとして、大正4年に渡来。
国際交流の橋渡しをした木。
日本にも古くから自生するノイバラがあるが、現在栽培されているものの多くは
外国から渡来した。明治20年には芝公園に「バラ園」が作られた記録がある。
   
渋谷区  区の木 ケヤキ  区の花 花ショウブ
     ケヤキ
      はなしょうぶ

ケヤキは代々木公園や表参道のケヤキ並木が有名。
花ショウブは、明治神宮内苑の菖蒲田がよく知られている。

大田区  区の木 クスノキ  区の花  梅
      梅
      クスノキ

千代田区  区の木  松         区の花   サクラ

台東区    区の木  サクラ      区の花   アサガオ

江東区    区の木  クロマツ    区の花   さざんか

目黒区    区の木  シイ       区の花   ハギ

杉並区    区の木  杉  曙杉  区の花   さざんか

足立区    区の木  サクラ     区の花  チューリップ

葛飾区    区の木  しだれ柳   区の花  花ショウブ

ちなみに、「市町村の花や木」はほとんどの自治体で定められているが、
「市町村の鳥」を指定している自治体は意外と少なく、政令指定都市で「市の鳥」を
指定しているのは20市中12市で、東京都の特別区で「区の鳥」を定めているのは
23区中6区のみ。
千代田区(ハクチョウ)、品川区(ユリカモメ)目黒区(シジュウカラ)、
大田区(ウグイス)、世田谷区(オナガ)、板橋区(ハクセキレイ)。

   鳥
       大田区 ウグイス        板橋区 ハクセキレイ
旅・散策・イベント

洗足池

2015年07月24日
わが家でパソコン前に坐る、本を開く・・・昼食後はすぐに眠くなる。
夏の暑い日には図書館で過ごすに限る。閲覧室で熱心に机に向かう人たちに
刺激されて眠気もどこかへいってしまう。
いつも同じ図書館だと飽きるので、その日の気分で選ぶことになる。多摩川図書館、
下丸子図書館(工事中)、大田図書館、久が原図書館、池上図書館は自転車で、
洗足池図書館、蒲田図書館には電車で行くことが多い。

先週は午後になって洗足池図書館へ。『幕臣たちの明治維新』『維新の後始末』の
新書を持参したが、1冊を読み終えたのは夕方だった。外はまだまだ暑かった。
洗足池の辺にある「袈裟架けの松」まで行ってみることにした。

日蓮上人が身延山から常陸国に湯治に向かう途中、日蓮に帰依していた池上氏の
館(池上本門寺)を訪れる前、千足池の畔で休息し、傍らの松に袈裟をかけ
池の水で足を洗ったと伝えられる(1282年)。この「袈裟掛けの松」は現在3代目。

     妙福寺
              妙福寺              袈裟架けの松

また日蓮上人が足を洗ったと伝えられる千足池は「洗足池」とも称される
ようになったと言われる。
妙福寺の竹垣に貼られた「灯籠流し」のお知らせが目に入った。
4年前、6月に亡くなったKさんの供養をお願いしたことを思い出した。      

       灯籠

灯籠流しの当日、りんりんを連れて出かけた。7時半、舟の上で火が灯された。
闇に沈んだ池に浮かぶ灯籠を眺めながらKさんを想った。(池に浮かぶ灯籠

        灯籠流し

今年は、1年近く闘病の末、中国語の黄老師が逝かれた。
6月、Sさんの父上が、7月にはUさんの母上が亡くなった。お2人とも
90を越えてそれぞれ「終の棲家」と呼ばれる特養ホームで看取られて・・・。
旅・散策・イベント

梅雨空そして・・・

2015年07月23日
今日は24節気の1つ「大暑」。快晴が続き、気温が上がり続けるころ。
『暦便覧』には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されている。

今年の関東甲信地方の梅雨入りは6月8日。昨年より3日遅く、平年並み。
平年の梅雨明けは7月21日ごろとなっている。

6月5日 梅雨入り前・・・
      6.513:00

6月8日 梅雨入りが発表される                              

6月12日
     6.1217:00 
     6.1218:30

6月22日
     6.225:00

6月23日
     6.237:00
  
7月5日 一日中雨 
     7.510:00          
               鎌倉 長谷寺より    
  
7月8日 雨  庭で蝉が鳴く

7月10日 久しぶりに晴れて真夏日
     7.105:20
      7.105:20

7月11日 スケッチ日和・・・??!
       7.1111:00
           東京港野鳥公園いそしぎ橋から

いそしぎ橋からは大田市場が見えた。東京の卸売市場といえば築地が
挙げられるが、大田市は青果市場の取扱量でも面積でも日本一。
花の市場があるのも大きな特徴。

東京都心で31度3分など全国の観測点の4割を超える400ヶ所余で
30度以上の真夏日となった。さすがに暑かった。
16日からは台風と梅雨前線の影響で雨の日がつづいた。

7月19日  梅雨明けが発表される
       7.195:30
旅・散策・イベント

下駄の日

2015年07月22日
今日は「下駄の日」。1990年の全国大会で日田木製履物連合会が提案し、
1991(平成3)年に全国木製はきもの業組合連合会が制定した。
昔は、男物の下駄は7寸7分、女物の下駄は7寸2分と決まっていたので、
7月の7は下駄の寸法から、また22日は下駄の歯型が漢数字の「二」と
よく似ていることに因む。

下駄の足跡には独特の痕跡が残る。
      雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと     田捨女

江戸時代の女六歌仙の1人、田(でん)捨女が6歳のときに詠んだ句。
丹波国柏原藩(現在の兵庫県丹波市)の庄屋で代官も務めた田季繁の娘。
周囲にその才を認められ、後に北村季吟に師事。
夫の死去後、髪を下ろし妙融と号した。その後、京都で俳諧・仏道などの
修行を重ねた後、播磨国の天徳山龍門寺の傍らに「不徹庵」という庵を構え、
貞閑と改名。その地で後進の指導に当たった。龍門寺には捨女の墓がある。

「下駄」の呼び名の成立は戦国時代と推測され、下は地面を意味し、
駄は履物を意味する。それ以前は「アシダ」と呼称された。

花火大会の夕方、街で見かける若者たちの浴衣姿だが、履物はおそらく
中国製の塗装された下駄がほとんどだろう。
最近の下駄は一部の二枚歯の下駄を除き、裏に硬質スポンジが貼られ、
カランコロンという音をさせて桐下駄を履く人はめったに見かけなくなった。

     履物屋
             はきもの屋の店先

りんりんの夏祭りの写真をみると、浴衣や甚平姿の子どもたちはクロックス、
ビーチサンダル、靴などを履いている。下駄を履いている子はいない。

    夏祭り2009.7
               りんりん5歳

何年も前、上野公園内の不忍池前に建つ「下町風俗資料館」に立ち寄った。
ここには古き良き江戸の風情をとどめる大正時代の東京・下町の街並みが
再現され、台東区を中心とした下町地域にゆかりの資料、生活道具や玩具、
さらに年中行事に関連するものなど、さまざまな資料が展示されている。
大正時代、浴衣の子も簡単服?の子もみんな下駄を履いている。

    路地
     路地で遊ぶ子どもたち (下町風俗資料館図録より)  

下駄や草履は、その日の天候や行き先に合せて選ぶ。爪皮をつけた足駄は
大雨の日、日和下駄は小雨や天気の悪くなりそうな日に。駒下駄はもっともよく
用いられた普段履き用の下駄で、草履はよそゆきだった。

      資料館
       花緒    爪皮付足駄(高下駄) 日和下駄    図録
                 駒下駄   草履

下駄や草履になくてはならないものが花緒。切れたときにすげ替えるほか、
季節や着物に合せるなど、そのときどきの材質や形・柄の流行によって
すげ替えて楽しんでいたという。

下駄が一般的な履物でなくなった今も、わが家では「下駄箱」と呼んでいる
「靴入れ」の上段には、もう履くこともない母の草履や下駄が残っている。  
旅・散策・イベント

懲りないタイプ?

2015年07月21日
終業式後数日は友だちと遊んだりんりんが宿題を抱えてやってきた。
算数の計算問題のようだ。分数は嫌だ~と言いながらやり始めたと思ったら
すぐに中断。ケースの中のペンを弄んだり、椅子をガタンガタンやったり、
外を眺めたりと、どうも集中できない。結果、夕方まで予定通りに終わらず。

       詰め込む?
                ケースの中身は・・・
        ケース
          以前のケース        取り換えたケース

彼の筆記用具はいわゆるペンシルケースには入りきれないため、いつだったか
私の小物入れと取り換えた。久しぶりに見ると、ボールペン、シャーペン、カラーペン、
修正テープ、今流行のマスキングテープ、単語カードなどでパンパンになり、
2つのポケットには、消しゴムやシャーペンの替芯がいくつも入っていた。
ペンシルケースとはいえ、鉛筆は皆無。驚いた。

ところで、宿題のほかに母親の指示は「失くした財布とパスモを探す」こと。
また、財布を失くしたの? いつ~? 結局、駅への問合せ、紛失届、再発行など
私がやることになった。
彼の話では、2日前、東急池上線蒲田駅で乗るときはパスモで改札を通った。
下車駅の改札を出るとき、パスモがないことに気づいたという。その旨駅員に
話して出してもらった。帰宅後、バッグ内を探しても入っていなかったとか。

パスモには数百円、財布には千円入っていた。東急線のお客様センターへ
電話するがつながらない。仕方なくわが家から近い駅で訊ねることにした。
スマホを落さなかったのは幸いだが、東急線全駅どこにも届けられていない。
子どもは1枚しか持てず、失くすと結構面倒なのだ。だが、パスモがないと困る。
再発行は手続きの翌日、デポジット500円+手数料510円なり。

        財布
               でてくるだろうか・・・?

帰宅後、わが家に近い警察署にも電話してみた。パスモに記名があるので、
早く近くの交番に行き、紛失届を出すようにと言われた。国道沿いに移って
遠くなった交番まで雨の中を再び出かけて手続きした。

1年前の6月末、りんりんと奥沢神社に出かけた。  (厄を落して財布も落して
「茅の輪」をくぐったまではいいが、電車の座席に置き忘れた財布を、翌日、
武蔵小杉駅まで取りにいったことを思い出す。

今年は学校の関係もあって茅の輪くぐりができなかった。昨年と同じ財布だが、
出てこないような気がする。
数日後、似たような黒のPumaの財布を自分の貯金から支出するはめに。
パスモの残金+デポジット500円、再発行約千円、財布代3千円、とんだ損失だ。
だが、懲りていない。彼には、黒とか白でなく、鮮やかな色、例えば黄緑色とか
オレンジ色とか、目立つ色の方がいいのだが・・・。
身近な人びと

海は広いな 大きいな

2015年07月20日
今日は「海の日」。7月の第3月曜日が祝日となった。(1996年)
「海洋国家として広く国民に海への理解と関心を求める日」。

うみはひろいな おおきいな つきがのぼるし ひがしずむ
うみはおおなみ あおいなみ ゆれてどこまで つづくやら
うみにおふねを うかばして いってみたいな よそのくに


   御宿5:25
         御宿5:30
              朝の御宿の海岸         2013.5
        
朝5時過ぎ、まだ床を離れずにいた。NHKラジオで流れてきたのは『うみ』。
海を前にしたとき、思い出す文部省唱歌だ。(作詞 林柳波  作曲井上武士)
「うみにおふねをうかばして・・・」でひっかかった。「うかばせて」と習ったような?

すっかり目がさめた。早速パソコンを起動し、まず開いたサイトには「うかばして」。
「うかばせて」もある。調べていくうちに納得できるサイトにぶつかった。
池田小百合 なっとく童謡・唱歌によると、『ウタノホン 上』(文部省)発行の
国民学校初等科第一学年用(1941年)に掲載され、曲名は『ウミ』となっていた。

戦時下の日本では、戦勝を願う昇る太陽は日本の象徴。「日ガ シズム」の
歌詞があるにもかかわらず軍指導部の検定を通っている。 作詞者の林柳波は
苦心の末に、「ウミニオフネヲ ウカバシテ」という優しい表現を入れたことが、
当時の検定を通る重要なポイントだったという。
現代の人が「オフネヲ ウカバシテ」では笹舟のようで、「ウミニ」というのと
結びつかず、この2行は変だと思われるのはもっともだろう
とも。

「ウカバシテ」は、「うかばせて」が正しいのではないかとの意見があり、論議の末、
新指導要領実施(1980年)を機に、この年の検定教科書(東京書籍、教育出版、
教育芸術社、音楽之友社
)は「うかばせて」に改訂されたという。作者名は記されていない。


ずっと「浮かばせて」だと思ってたが、 NHKの番組内で「浮かばして」と歌われ、
画面下の歌詞もそういう表記で驚いた、といった質問が「教えてGoo!」にあった。
それに対する答えの1つに、こういった答えをみつけた。
上代の助動詞「す」 は 「尊敬」を示し、活用は 「さ・し・す・す・せ・せ」。 「浮かばして」
→ 「お浮かばせになって」。つまり、戦時下の作詞者は、 「あるヤンゴトなき方」 の
手により浮かべられた船・・・ということを 暗に含めたのでは?
といったもの。

NHKが改訂以前の『ウミ』の時代の歌詞の方を選んだのは、作詞者の想いが
より正確に伝えられるといった意図があるのかもしれない。
小学校などでは音楽の時間に、今でも歌われているのだろうか?
飛び交う白いカモメ、沖合に出ていく船の行方を目で追いながらおだやかな海を
眺めていると思わず口ずさむのは、『うみ』(改訂後)の歌だ。

先月、ジャカランダを見に熱海に行った。(ジャカランダの花 久しぶりの海
海岸まで下りずに高台からぼんやりと海を眺めた。初島行のフェリーが熱海港を
出航するのを見ていたら、子どもの頃、初島まで行ったことを想い出した。

       熱海
                  熱海港       2015.6

だが、情けないことに「初島に行った」ということ以外、何も覚えていない。
今は熱海港から初島まで30分もかからないが、そのころは新幹線もなかったし、
高速フェリーなどなかったから、ちょっとした旅に感じたことだろう。
父といわゆるお出かけをしたことはないから、母と妹とだろうか。
そんなことを考えていると、あっという間に時間が経ち、熱海駅行きのバスが来た。
つれづれ

鹿児島からロンドンへ

2015年07月19日
幕末に薩摩藩の若者たちが西洋の文化や技術を学ぼうとイギリスに留学して、
紡績の機械を持ち帰るなど、西洋の技術や文化を伝え日本の近代化に貢献。
150年後の今年、鹿児島県内の中学生から社会人まで、当時と同人数の
19人がイギリスに派遣されることになったという。(~29日)

彼らは今日19日、イギリスへ出発する。当時の留学生が学んだロンドン大学で
授業を受けるほか、留学生の1人で博物館を日本に広めた町田久成の足跡を
辿るため大英博物館の見学などを行う予定だとか。

このニュースをきいたとき、真っ先に思い浮かんだのは『獅子の時代』だ。
ロンドン留学中の薩摩藩士たちがパリ万博会場で幕府側の人たちと出会う
ところからドラマは始まった。日本が初参加の第2回パリ万博(1867年)には、
幕府、薩摩藩、佐賀藩が出展した。幕府からは将軍徳川慶喜の弟徳川昭武が、
薩摩藩からは11人が派遣された。薩摩藩は「日本薩摩太守政府」の名で、
琉球産物、薩摩焼、漆器、扇、絹織物など100種以上の産物を出品した。

そもそも、薩摩藩は、薩英戦争に強い衝撃を受け、西欧の文化を取り入れ、
藩の近代化を図るため、19名(うち2名は他藩出身者)の留学生を長州五傑と
ほぼ同時期にロンドンに派遣した。当時、幕府により日本人の海外渡航は禁止、
つまり国禁とされていたため、彼らはいわゆる密航留学生だった。
彼らはヨーロッパ各地から留学の成果や海外情報を書き送り、藩の進むべき
方向に示唆を与え、帰国後は各分野の日本の近代化に貢献した。

   留学生
    
薩摩藩の留学生にも長州五傑と同じく「父」なる称号を得た藩士がいる。
随行者の五代友厚は「大阪財界の父」。初代大阪商工会議所会頭に就任し、
商都大阪の経済発展に寄与した。密航時は30歳。

寺島宗則は「日本電気通信の父」。外務大臣として活躍した。密航時は33歳。
村橋久成は「ビールの父」。戊辰戦争で砲隊長として活躍後、北海道開拓使
となり、サッポロビールの生みの親として語り継がれている。密航時は23歳。

町田久成は、「日本の博物館の父」。維新改革の流れの中で、多くの美術品の
破壊や海外流出を惜しみ、博物館事業の重要性を認識し、博物館創設事業に
携わり、東京帝室博物館(後の東京国立博物館)の初代館長。 密航時は27歳。

東京国立博物館の創立は明治5年(1872年)。文部省が湯島聖堂において
最初の博覧会を開催したとき、わが国最古の博物館として産声をあげた。
間もなく内山下町に移転、明治15年に上野公園内に移り、現在に至る。

   チケット

トーハクは、本館、表慶館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館の5つの展示館と
資料館その他の施設からなる。春秋にだけ公開される庭園も素晴らしい。
年間パスポートを使う前、常設展のチケットで写生に通った時期があった。
チケットにしては厚めの紙に5館が描かれたデザインが気に入っている。

  展示
                    青銅器の展示
       
耐震改修工事で休館中だった東洋館がリニュアルオープンしたのは、
2013年1月。このときの感激は今でも忘れられない。新しくお洒落になった
展示ケースの中で、何度も写生したお馴染みの青銅器たちが違って見えた。
この展示方法は、翌年の本画の大きなヒントになり、長年あたためていた
青銅器をモチーフに描くことができて嬉しかった。

薩摩藩の留学生には、ほかにも、中国大使や初代文部大臣を務め、
教育制度の改革を行った森有礼ありのり)、明治政府の駐仏公使となる
鮫島尚信、当時13歳と最年少の長沢鼎もいる。長沢はアメリカに渡り、
広大なぶどう園の経営とワイン製造に尽くし、ワインの帝王と称された。
旅・散策・イベント

夏の野鳥公園

2015年07月18日
わが庭で蝉が鳴き始めるのはいつも梅雨明け前後、17日ごろが多いのだが、
今年はどうしたのか8日と早く、雨の中でアブラゼミが鳴きつづけていた。
10日は久しぶりに晴れて暑い日だった。夕方、アブラゼミの声がきこえた。

翌11日、東京は31℃以上、真夏日になった。スケッチブックを持って
Kさん、Uさん、Yさんとオバサン4人、都立東京港野鳥公園に集合した。
野鳥とそれこそ蝉の合唱の中、いそしぎ橋を渡って観察小屋に向かって歩く。
とにかく暑い。以前来たのは2009年の真冬。まったく趣が違う。

   冬2009.1
 
東京港野鳥公園は、東京湾の埋立地に甦った自然を活かしてつくられた。
大田市場(東京都中央卸売市場)に隣接し、24.9haの広さがある。
かつては遠浅の海だったが、60年代後半から埋め立てが始まり、埋め立て後、
地面に雨水がたまって池や原っぱができ、いつしか野鳥が集まるようになった。
こうしてバードウォッチングの名所となり、東京港野鳥公園が開園した(1989年)。

    観察小屋
              観察小屋          カワウ

運河の海水が混じる潮入りの池が眼下に見渡せる観察小屋には数人ほど。
ガイドさんの方が多い。望遠鏡を覗いていた日本語が達者な外国人男性に、
Uさんは描きたいと思っていたセイタカシギの写真をみせてもらって大喜び。

私はといえば、杭に停まるカワウやコサギとダイサギはわかっても、急降下して
魚をとるコアジサシ、干潟をチョコチョコ移動するコチドリは「ほら、あそこ!」と
指し示してもらって見つけるまで数秒かかる鈍さ。視力1.2はあるのだが。

      カワウ
   カワウ
                         コチドリ

早めのランチをと、ネイチャーセンターの2階にあるテーブルでお弁当を広げた。
Uさんが予め問い合わせたところ、当初のスケッチ予定の日は小学生の団体が
2組あるとかで、翌日に延期することにした。これは実に賢明で、お陰で葦原と
鳥たちを前に、のんびりと過ごすランチタイムは最高に贅沢な時間となった。
  
   ガタガタウォーク
                  ガタガタウォーク

ランチ後、Kさんは観察小屋へ戻ってスケッチ。Uさん、Yさんはそのまま2階で、
私は地下の「ガタガタウォーク」へ行き、小さなカニなどが動き回る干潟の上から
葦原と水紋、そして杭のカワウをスケッチ。2階へ移って色鉛筆で着彩。
Uさんが描いているとき、「今日はこんなにたくさんみられるとは思わなかった」と
いう声がきこえてきたそうだ。

この夏、鎌倉の海まで行かずとも、ネイチャーセンターの2階から鳥や水紋を
眺めて過ごすのも悪くはないかもしれない。多摩川の畔もいいが、何しろ人が多い。
9月、野鳥公園は開園後26年経ち、老朽化対策などで、ネイチャーセンターは
改修工事のため閉館されるという。(~2016.10末)

この日は7200歩弱。雨の江ノ電での散策の日の半分にも満たなかった。
茅の輪をくぐり、半年分の厄を落し?後半はいいスタートが切れた気がする。
旅・散策・イベント

江戸から東京へ

2015年07月17日
今日は「東京の日」。1868年(慶応4年)のこの日、明治天皇の詔勅により、
江戸が東京に改称された事に因む。
東京府は、現東京都の前身。(1868~1943年) 東京市は、旧東京府東部に
存在していた市で、ほぼ現在の東京23区に当る。(1889~1943年)

徳川幕府が解体して、明治元年に文明開化とともに民主主義の時代が
来たかのように思っていたが、幕末・維新のころの年表をみるまでもなく、
まだ全国各地で戦いはつづいている。

 碑
        会見の地の碑  薩摩藩屋敷(現 三菱自動車本社)

1868年(慶応4年/明治元年) 
  1月 鳥羽・伏見の戦いがおき、戊辰戦争がはじまる。
  3月 西郷隆盛と勝海舟が江戸城開城について会談する。
      五箇条の誓文が発表される。
  4月 徳川慶喜が江戸城を明け渡し、水戸へ退去する。
      会津など東北各地で戦いが始まる。
  7月 江戸が東京(東京府)と改められる。
  9月 元号が明治となる。
1869年(明治2年) 
  3月 明治天皇が東京に到着。東京に都が置かれる。
  5月 榎本武揚らが函館戦争で降伏し、戊辰戦争が終わる。

1871年(明治4年) 
  7月 廃藩置県。東京府は京都、大阪とともに3府の1つ。
ちなみに、明治5年12月2日(1872年12月31日)まで太陰暦を採用していた。

1878年(明治11年) 15区6郡が置かれた。現在の23区の範囲に当る。
麹町、神田、日本橋、京橋、芝、麻布など府税の多い15の地域を区とし、
四宿と呼ばれた品川、内藤新宿、板橋、千住の宿場町と、荏原郡、南豊島郡、
南足立郡などの農村地帯を郡(6郡のちに5郡)とした。
    
      東京府庁
        東京府庁(東京市役所との合同庁舎)  Wikipediaより

    東京市 Click!
       35区時代の東京市   昭和7年ころ  *Click!   
   
1889年(明治22年) 市制町村制の施行により、15区は東京市となり、
区はその下部組織として存続。周辺6郡には合併によって85の町村が成立。
1932年(昭和7年) 5郡を20区に編成して東京市35区が誕生した。

1943年(昭和18年) 第二次世界大戦中、東京府東京市を廃し、
東京府の範囲に東京都が設置された。

1947年(昭和22年) 35区が東京22区に再編され、旧練馬町ほか4村が
板橋区から分離して練馬区となったことで、23区となり、現在に至っている。
荏原郡(品川、荏原、目黒、大森、蒲田、世田谷の区)は品川区、目黒区、
大田区、世田谷区に。ちなみに森区と蒲区が合併して大田区となった。
旅・散策・イベント

「兵馬俑」再び

2015年07月16日
7月の桂花会でお茶をいただきながら話したのは「七か八」のつくもの。
七夕のころだったことから、Sさんは「牛郎与织女」(牽牛と織女)の話をされ、
Mさんは南宋の謝恵連の「七月七日夜詠牛女」という五言古詩を紹介された。

私は「麻布七不思議」、「柳の井戸」と「逆さ銀杏」を紹介した。 (七不思議
「七八を含むことば」と(現存する遺跡の中から)「世界七不思議」を選んだのは
いかにも世界を旅されるOさんらしい。

1 ピラミッドとスフィンクス(エジプト) 2 万里長城 3 秦始皇帝陵(中国)  
4 ストーンヘンジ(イギリス) 5 ナスカ地上絵(ペルー) 
6 イースター島モアイ像(チリ) 7 マチュピチュ空中都市(ペルー)  

私は残念ながら万里の長城のほんの一部しか行ったことがない。
中国旅行ができたあの10年間の間に始皇帝陵も訪れておきたかった。

トーハク(東京国立博物館)で始皇帝陵の兵馬俑などを観た記憶が蘇った。
実際に中国で見たいと、数年後に北京と西安、そして始皇帝陵などを訪れる
ツアーに申込んだものの、寸前にキャンセルした苦い思い出がある。
本棚に『中国国宝展』の分厚い目録があった。2000年秋(~年末)の、
何と15年も前の展覧会だったことになる。

     中国国宝展
          『中国国宝展』   馬 前3世紀  兵馬俑坑1号坑出土 

世界的に有名な兵馬俑坑は、始皇帝陵から東に1.5kmのところで発見され、
多くの将軍や兵士、戦車や戦馬の俑や、始皇帝の銅車馬が出土した。
始皇帝は、紀元前246年、わずか13歳で即位し、すぐに自分の陵の造営を始め、
そして死ぬまでの38年間、陵の建設は続けられたという。

     目録
     武将俑 兵馬俑坑2号坑出土   兵馬俑坑1号坑

15年前の展示でみた兵馬俑は、いわば始皇帝のお膝元にある3つの陪葬坑。
始皇帝陵の中には地下宮殿が造られ、死後も、生前と同じように暮らそうと
考えていたと思われ、陵本体のすぐ近くに納められたものは、日常生活で身近な
存在だった人や動物などであったのだろう。

今年10月27日からトーハクで『始皇帝と大兵馬俑』(~ 2016年2月21日)が
開催されることになった。
今から約2200年前に「最初の皇帝」を名乗り、中国大陸に統一王朝を打ち立てた
秦の始皇帝。その陵墓のほど近くに埋められた「兵馬俑」は、20世紀の考古学に
おける最大の発見の1つといわれる。

 
   ポスター
            『始皇帝と大兵馬俑』展 *Click!

1. 「将軍俑」「騎兵俑」に加え、「馬丁俑」や「雑技俑」まで10体が勢揃い。
会場では数千もの兵馬俑が整然と並んで出土した発掘現場が再現される。
2. 始皇帝陵を中心とする「陵園」の東側に位置する兵馬俑坑は、
始皇帝の魂を永遠.にするための広大な施設であることが分かった。
3. 辺境の一小国に過ぎなかった秦。この国が巨大帝国になるまでのサクセス
ストーリーを代表的な作品で分かりやすく紹介する。


兵馬俑坑出土の武将俑には冑を被ったものはないという。秦軍が質朴で勇猛で
あったことを示すという説と、兵馬俑は始皇帝の宮廷を警護する近衛兵であり、
戦地に赴く実戦部隊とは装備が異なっていたとする説がある。
15年ぶりに上野であの「武将俑」たちに逢えるのだ。あと3ヶ月。待ち遠しい!
中国・中国の旅

七不思議

2015年07月15日
桂花会で中国茶を愉しむ集まりも2年が過ぎた。ちょうど1年前からお茶を
いただきながら何かテーマを決めて話すことをSさんが提案された。
最初は漢詩で、翌月は美女がテーマ。「中国四大美女」を選んだ人も多い中、
Fさんはカトリーヌドヌーブだったのが印象に残っている。(沈魚落雁

今年7月は「七か八」。まず、頭に浮かんだのは「乱七八糟」(luàn qī bā zāo)。
「散らかす」「散らかる」「めちゃくちゃである」「混乱しているさま」の意味で、
书桌上乱七八糟と机の上が散らかっているといったように日常頻繁に使う。
この「七と八」を選ぼうかと思っていた矢先、麻布の善福寺の逆さイチョウや
柳の井戸が「麻布七不思議」とわかり、迷わずにこの「七不思議」に決めた。

       参道から2009.11
        参道から 「逆さ銀杏」 背後のマンションは元赤坂ヒルズ

「柳の井戸」 善福寺参道にある井戸。弘法大師が柳の下で錫杖を地面に
立てたところ、清水が湧き出したと伝えられる。     (寺社の湧水

       柳の井戸2015.6
                    柳の井戸

「逆さ銀杏」 親鸞上人が善福寺を去るとき、杖を地へ挿し、「念仏の弘法、
凡夫の往生もまたかくの如きか」
との言葉を残した。やがて杖からは根が生え、
芽吹き、大きな銀杏になったという。      (都内最大級のイチョウ
弘法大師と親鸞聖人の杖から生まれた言い伝えのようだ。

        逆さ銀杏2009.8
              善福寺境内の逆さ銀杏

「七不思議」とは、江戸時代中期、江戸に住む知識人たちが、当時の感覚で
不思議と思われた天然現象を7つ選び出し定着させたと江戸学辞典にある。
これら「七」の項目である七不思議は、江戸のものだけでも麻布、本所、千住、
霊岸島、番町、根岸、馬喰町、小石川伝通院、品川東海寺、府中六所などが
残されている。その共通点は、
ⅰ池、沼、堀、井戸、橋などの水辺に関連する現象 
ⅱ異形の樹木、草などの植物に関連する現象 
ⅲ怪音、怪光に関連する現象


「麻布の七不思議」は、「柳の井戸」「逆さ銀杏」のほか、「狸穴の古洞」「ガマ池」
「一本松」「脚気石」「広尾の送り囃子」。

「ガマ池」 江戸時代、大きな池がある旗本の屋敷の近くで火事が起こった。
屋敷の池の主であるガマが口から水を吹きかけて類焼を防ぎ、屋敷を守った
という言い伝えがある。

「広尾の送り囃子」 その昔、夜中にそのあたりを通ると、どこからともなく
お囃子の音が!はてこんな夜更けに?と耳を澄ますと音はすぐ近くでする。
身構えると今度はどんどん遠ざかっていったとか。
広尾から南麻布周辺はその昔、「広尾の原」と呼ばれ、ススキが生い茂る
原っぱに狸の住処もあったため、狸のいたずらだったのではないかとも。

「狸穴の古洞」 狸穴(まみあな)坂に狸が棲む大きな穴があったため、
銅を掘り出した「まぶ穴」など諸説ある。現在の狸穴公園付近。

「一本松」 平将門を打倒した源経基がこの地に宿をとった。去るときに
松に冠装束をかけていったことから「冠の松」と呼ばれるようになったとも。
何代も受け継がれて、現在の松は大黒坂、暗闇坂、狸坂の交わる所にある。

「長坂の脚気石」 石に塩をかけて拝むと足の病が治るといわれた。

麻布地区総合支所の壁面には、これらの「麻布七不思議」を題材にした
レリーフがあるという。いつか立ち寄ってみたい。
旅・散策・イベント

ケヤキの巨樹

2015年07月14日
数年前、都内の「巨樹めぐり」に凝っていた時期があった。
そのころ、『巨樹探訪』(平沢純宏 著)と出版社会長のK氏からいただいた
『巨樹の風景』(加瀬雄二 著)を何度も開いては、巨樹がある都内の公園、
寺社などはほぼ訪れた。都内には巨樹はさすがに少ない。
港区の善福寺のイチョウや旧細川邸のシイ、練馬区白山神社のケヤキ・・・。
台風で枝をもぎ取られたり、落雷や空襲による火災などで黒焦げに
なったりと、痛々しい樹も少なくない。

全国の200余のケヤキの巨樹を幹囲順に並べたサイトを見つけた。
それによると、鹿児島県、熊本県、大阪府、滋賀県などにもあるが、
秋田県から始まって、青森県、山形県、福島県、山梨県、新潟県・・・、
甲信越、東北地方に多いようだ。

今年5月にりんりんと鶴ヶ城を訪れた。立ち寄った神指(こうざし)城跡の
「高瀬の大ケヤキ」が最近気になって仕方がない。(城跡のケヤキ
この大ケヤキは、根元の周囲12.6m、幹囲11.7m、樹高は24.6mで、
全国のケヤキの中で幹囲は11番目になっている。(国指定天然記念物)

  高瀬の大木
   幹囲11.7m 根元周り12.55m 樹高24.64m 樹齢500年 
   高瀬の大木
            南会津郡  高瀬の大ケヤキ    2015.5.3

神指城は、上杉景勝が徳川家康の会津征伐に備えて家老・直江兼続に命じ、
盆地中央の阿賀川畔の神指ヶ原に築こうとした城(1600)。
城の鬼門に位置するケヤキと北極星を基点に縄張りしたと伝えられる。
築城計画当時、すでに大木だったケヤキの樹齢は推定約500年。

ちなみに、神指城は、全域では50万㎡あり、鶴ヶ城(会津若松城)の
約2倍の規模であったというが、天守着工前に家康の会津征伐により
工事は中断。上杉家は米沢に移封となって、神指城は未完成のまま
破却され、藩主の加藤明成が石垣を全て若松城へ運び去った。(1639)

沼田市(群馬県)の「須賀神社の大ケヤキ」も印象深い。
5年前の元旦、現在は中国厦門(アモイ)に帰国された呉さん一家を訪ねた。
富岡製糸場、須賀神社、蓮根(大クワ)など車で周ってもらったことを
ときどき想い出すことがある。 (今年の元旦の旅 沼田の巨樹に逢う

   須賀神社の大ケヤキ
     目通周囲8m 根元廻り19..m 樹高25m 樹齢400年 
   須賀神社の大ケヤキ
         沼田市  須賀神社の大ケヤキ  2010.1.1
           
須賀神社は江戸時代までは牛頭天王宮と呼ばれ、慶長年間に真田信幸が
この地に遷宮したと伝わる。(県指定天然記念物)
ケヤキの巨樹のサイトでは、目通り幹囲は106番目となっている。
植物など

思い出深いイーゼル

2015年07月13日
わが家で月1回のクロッキー・デッサン会をやめてからだいぶ経つ。
メモをみると、2011年6月、Kさんが亡くなった2日後が最後の会のようだ。
遠い人は片道1時間かけ、多いときで8名が集まった。メンバーは女性の方が
多かった。モデルは直接交渉して、できるだけカジュアルな着衣をお願いした。

そもそもわが家でデッサンをやりたいとおっしゃったのはKさんだった。
7月、8月の暑い時期はともかく、Kさんが亡くなった年の秋には自然消滅した。
6セットほどあったイーゼルと画板。Kさんが亡くなってイーゼル2つは希望者に
差上げたが、あとは、たまに私が本画制作時に引っ張り出して使うときに
Kさんがデッサンされていた姿を想い出すことがある。

世田谷区に住む大学時代の友人Oさんは、ご夫婦2人になったので一軒家を
売りに出し、大田区内にマンションを買われた。リフォームが終わるころには、
彼女は大田区民になる。
そんなこともあり、最近になった六郷用水や多摩川べりを一緒に歩いたり、
私が集めた資料に興味を示したりと、会って話す機会が増えた。

彼女は長い間、油絵、水彩画など習っていたし、日本画を習ったこともあるが、
ひと月ほどでやめたそうだ。岩絵の具、和紙など材料を買い揃えたので、
いずれ、落ち着いたら再開したいとか・・・。
先日、彼女がわが家にみえたとき、イーゼルを使ってもらう話がまとまった。

    イーゼル
     ごんさん手作りのイーゼル入れとイーゼル    三脚

数日後、メールが来た。ほかにもイーゼルを欲しい人がいる。取りにみえる
日にちと時間を決めた。前日の「4~5人で伺う」というメールに慌てたが、
当日、みえたのは、Oさんのほかに2人。彼女たちは何年も前に世田谷の
多摩美大で水彩画講座を受講した仲間だとか。1人は水彩画を受講中。
1人は日本画をやりたいのだとか。

戸棚の中に仕舞いこんだ額も多い。出してみると、未使用のもの、マット付の
ものも含めてインチ額だけでも10以上あった。水彩額は今後使うこともない。
ほとんどもらっていただいて、水彩額の棚はスッキリと片付いた。

さらに、デッサン画、琳派、洋画家、中国の画家のものも含めて、展覧会や
日本画家の個展で購入した図録の多いこと。以前、整理してだいぶ減らした
はずなのだが、棚に入りきらないほどある。
それにしてもずいぶんと買い込んだものだ。これらの本が役に立ったのか、
単なる無駄遣いだったかはわからないが。複雑な気持ちになる。

     図録
                なんとかしないと・・・・

初対面の2人とも小一時間、絵談義ですっかり意気投合した。結局、イーゼル(3)、
画板(6)、そしてごんさん手作りのイーゼルをしまう箱?、三脚(3)、額縁(10以上)、
図録などを2台の車のトランクに収めた途端、雨が降り出した。

せっかくの機会なので、絵関係のものから少しずつ処分していくことにした。
2年前、母の茶道具を整理処分して以来だ。       (断捨離 再び
中途半端な仕上りの本画には愛着がないが、たとえ拙いデッサンやスケッチでも
想い出がある画を処分するのはなかなかむずかしい。困ったものだ。
絵画・博物館

『日本外史』を前に

2015年07月12日
ラジオをつけていたら、頼山陽の話が耳に入ってきた。(NHK第二『漢詩にみる
日本人の心』) 頼山陽といえば、『日本外史』。亡父が旧宅の書院の天袋に
大切にしまっていた『日本外史』は、そのまま書棚の奥に移したままだった。

虫干しがてら和室に広げてみた。表紙はかなり傷んでいるが、中は思ったより
きれいだが、どうしたものだろうか。りんりんがいかに歴史好きとはいえ、このまま
とっておいても・・・・?古書店で求める人の手に渡るほうがいいかもしれない。

この『日本外史』は、『校正標註 日本外史 頼氏蔵板 四刻』(明治16年再版)。
父方の祖父母ともその父親(曾祖父)は旧鍋島藩士だったとか。ちょうど父方の
祖父母が生れた頃に発行されたものだ。その曾祖父のものか、祖父のものか、
それとも、父が古書店で手に入れたものか、ききそびれた。

    日本外史

『日本外史』は、江戸時代後期に頼山陽が著した国史の史書。漢文体。
源平2氏から徳川氏まで、武家の興亡を中心に家系ごとに分割された(列伝体)
武家盛衰史。なお、「徳川氏」は、同時代の10代将軍家治の治世まで扱うが、
後半部は人事の記述が主となっている。

頼山陽と交流があった元老中首座の松平定信に献上されたのは文政10年
(1827年)、2年後に大坂の秋田屋など3書店共同で全22巻が刊行された。
明治以後、口語体での邦訳本も刊行されているが、歴史考証は不正確で、
史書というよりは歴史物語といわれる。(Wikipedia)
幕末の尊皇攘夷運動に与えた影響は甚大であったという。

        日本外史
      「平氏系譜略」(左)      「本能寺之變報」 
・・・秀吉大驚而未宣言明日率數十騎巡視堤防是日城陥城将自殺而毛利氏・・・


松岡正剛の『千夜千冊』の319夜『日本外史』(岩波文庫上中下)を読んで、
『日本外史』を読むといった思いつきは一挙に崩れた。
松岡氏が難しいという『日本外史』を読むのには相当な覚悟が要る。
最後の「参考」を参考にして、挑戦してみるしかないのかもしれないが。

『日本外史』は22巻ある。これをどう読むかは、ぼくの高校時代から40年たって
いるもののまだ難しい。今出まわっている岩波文庫の『日本外史』は改訳版で
読みやすい。頼山陽の名調子を"聞く"にはこれを読むとよい。ともかく通史を
読みたいなら「日本の名著」28に入っている「頼山陽」の現代語訳が早いのだが、
これは抄訳だ(中央公論社)。研究書もおびただしいが、一般向けはほとんどない。・・・


ついでながら、『大日本史』は日本の歴史書。御三家のひとつである水戸藩主
徳川光圀により開始され、光圀死後も水戸藩の事業として二百数十年継続し、
完成は明治時代。携わった学者たちは水戸学派と呼ばれた。
神武天皇から後小松天皇まで(厳密には南北朝統一まで)の百代の帝王の
治世を扱う。170巻、志・表154巻、全397巻226冊(目録5巻)。
全体的に水戸学=大義名分論とする尊皇論で貫かれており、幕末の思想に
大きな影響を与えた。

清朝の文人たちは、『日本外史』の漢文を「中国人よりすごい」と激賞したという。
中国語(繁体字)で書かれたテキストデータ『大日本史』の存在にも驚いた。
光圀は中国の『史書』に感銘を受けて、史書の編纂にとりかかったというが、
この繁体字で書かれた史書は現代の文人たちが読むのだろうか。
身近な人びと

仮設住宅くらし

2015年07月11日
東日本大震災から4年4ヶ月。災害公営住宅などに転居する人が増えている
一方で仮設住まいを続ける避難者の高齢化が顕著となっている。

        仮設
         宮城県 陸前小野駅前仮設住宅  2015.5 

6月下旬、福島大の学生2人ずつが3ヶ月交代で、福島市浪江町の仮設住宅の
空部屋に暮し始めた。これは、復興庁の「心の復興」事業に採択された福島大
災害ボランティアセンターの「いるだけ支援(仮設住宅拠点化生活支援事業)」。

福島大学の災害ボランティアセンターには学生約280人が所属し、3.11以後、
仮設住宅訪問を重ね、避難者を支えてきた。浪江町の北幹線第一仮設住宅では、
196戸のうち24戸が空室となっており(2015.1)10代の住民はいないという。

ラジオのインタビューに答えていたのは、3年の高橋さん。彼は1年のときから
芋煮会、足湯など、ボランティア活動に参加してきた。
9月まで仮設に暮らして、定期的な見回り活動や買い物への付き添い、
食事を共にするなど、また、声掛けを通じて避難者の引きこもりや孤独死の
防止を目指すという。

通学には自転車で50分かかるという。洗濯物をとりこんでもらったり、おかずを
差し入れてもらうことも。
1人暮らしの高齢者も多く、「若い人の声きくと元気が出る」などと喜ばれている。
実際に生活してみると、住民の苦労や仮設暮らしの問題点を実感できるという。
       
今年5月末、津波被害のひどかった仙石(せんせき)線が高城町—陸前小野間で
運行を再開し、全線が復旧したというニュースをきいて嬉しかった。
津波で線路が流失した野蒜(のびる)、東名(とうな)の両駅を含む約3.5kmは
約500m内陸側に線路が移設され、高台に新たな駅舎が建設された。
    
       仮設
              陸前小野駅前仮設住宅   Sさん親子 

2年が限度といわれる仮設住宅。台風の襲来、冬の厳しい寒さや夏の暑さ、
不自由な生活を強いられている人たち・・・。
1年前の5月、りんりんと訪れた陸前小野駅近くの仮設住宅を想い出した。
おのくん人形に会いに奥にある集会室へ向かうとき、りんりんの帽子が
強風で飛ばされた。伺うと、いつも風は強いそうだ。(おのくんの里親に

    おのくん               
家を流されたといったTさんはまだ仮設暮しをされているのだろうか。
わが家の4人の「おのくん」を見る度に、仮設住宅と「おのくんハウス」
(集会室)で黙々と「おのくん」をつくられていた人たちを想い出す。
旅・散策・イベント

江の電に乗って Ⅱ

2015年07月10日
雨の日曜日、Kさんと江ノ電で長谷寺、極楽寺を訪れたあと、再び江ノ電で
江ノ島駅まで。ここで下りる人も多かったが、ほとんどは江の島へ向かうようだ。
龍口寺は知らなかった。Kさんがこの寺に行きたいと思ったのは、はるか昔、
絵の先輩に連れてきてもらったことがあったからとのことだった。

龍口寺は、藤沢市片瀬の龍口刑場跡に建つ日蓮宗の本山。
鎌倉幕府の反感を買った日蓮聖人が捕えられ連行された。処刑直前、江ノ島の
方から光の玉が飛んできて斬首役人の目をくらませたとか、処刑に使われた刀に
光がかかり三つに折れたとも伝えられる。結局、処刑は中止になった。
龍の口刑場で処刑を免れた者は歴史上、日蓮聖人以外誰もいないとされる。

この事件(1271)を日蓮宗では龍ノ口法難と呼ぶ。その後日蓮の弟子、日法が
「龍ノ口法難霊蹟」として敷皮堂という堂を建立し、自作の祖師像(日蓮像)と
首敷皮を置いたのが龍口寺の始まりと伝わる。
境内には連行された折に日蓮聖人が幽閉されたとされる土牢が残る。
中には宝暦8年の日蓮像が安置されている。

  龍口寺
            龍口寺 山門          御霊窟
 
街中にあるお寺にも拘らず、雨のせいもあるのか出会った人はわずか1人。
ランチは「生しらす丼」の文字につられて入った駅近くの店で、Kさんが注文
したのは「釜揚げシラスといくら」、私は「釜揚げシラスと生シラス」の二色丼。

    江ノ島駅
      江ノ島駅
                      江ノ電 江ノ島駅
 
江の島は龍の伝説に彩られ、江ノ電江ノ島駅売店前にも龍のオブジェが立つ。
2つのステンレス製車止めに留まる8羽のスズメは手づくりの衣装をまとっていた。
今やすっかり有名にな った「江ノ電の着せ替えスズメ」。 ワールドカップ時には
日の丸を持ったサムライブルーの衣装で登場したとか。制作者は駅の売店に
勤務していた石川さんだとか。詳しくはに「えのぽ」に載っている。              

       江ノ島遠望
                    江ノ島を望む   七里ヶ浜より

江ノ島へは遠足で来たような記憶がある。何度か訪れた鎌倉藤沢だが、
その度に新しい発見と出会いがあった。

        江ノ電               
ランチ後、湘南モノレールで終点の大船駅まで。駅から展覧会場まで歩いた。
約束の2時には十分間に合った。大船までのこの日の歩数計の数字は14,276歩。
旅・散策・イベント

江ノ電に乗って Ⅰ 

2015年07月09日
7月に入り、太陽が顔出さない日がつづいた。7月はじめの日曜日も雨だった。
展覧会に行く前に江ノ電沿線でスケッチしたいというKさんと出かけた。
前日にスケッチは諦めていたが、長谷寺、由比ヶ浜、極楽寺、龍口寺・・・
彼女の行きたいところをピックアップし、「生しらす丼」のランチも予定に入れて
ミニ行程表をつくった。                 (江ノ電に乗って Ⅱ

鎌倉駅へは9時半着。江ノ電は意外にも混んでいた。まずは長谷駅下車。
長谷寺へとつづく傘の列。6年前に訪れたときは曇。偶然にも同じ日だった。

     長谷寺

      2597no2.jpg
                桔梗、蓮、凌霄花・・・

展望台からの眺めも6年前と変わらない。家々の向こうの海はグレー。
「利休ねずみの雨が降る」(北原白秋 詞)の歌をふと想った。
そういえば、「利休ねずみ」色はグレー系ではなぜか好きで、制作には
この色の岩絵の具をもっとも多く使っているように思う。

     桔梗

長谷寺のほかに海臧寺、光則寺、浄光明寺、本覚寺、妙本寺・・・、
6年前、何度かひとりで凌霄花の咲いているお寺を巡りスケッチをし、
翌年、凌霄花の本画に挑戦したことを想い出した。由比ヶ浜は断念した。

長谷寺から極楽寺切通し経由極楽寺へ歩く予定だったが、駅に戻り、
極楽寺駅で下車。ここで下車する人も多かった。

    極楽寺駅      
           2015.7     
    極楽寺駅
             2009.7         奥にあったポスト  1989

この駅で下りたのは3回目。「スケッチ・写真撮影禁止」という極楽寺の
記憶はほとんどなかったが、2枚の写真のお陰で、駅の方の印象は鮮明だ。
絵を始めてまもなくの写真には故人となられた I さんとKさんの顔もある。 

今年初めて気づいた「極楽洞」のプレート。極楽洞は、江ノ電の極楽寺駅と
長谷駅との間にある全長200mの「極楽寺トンネル」の煉瓦造りの坑門。
アーチの頂部に2ヶ所の要石を供えたデザインは、全国的にも珍しいもので、
今なお建設当時の原形を留めている。

   極楽洞
        桜橋から  極楽寺側

極楽寺トンネルの工事は、明治39年に着工、翌40年に竣工した。
ちなみに、「極楽寺トンネル」は、長谷側では「千歳開道」という名を持つ。
これは、桂内閣の大蔵大臣が「極楽洞」を、元内閣総理大臣の松方正義が
「千歳開道」を揮毫したからなのだか。
江ノ電は、「2014年度選奨土木遺産」に選ばれている。
旅・散策・イベント

笹で包んで

2015年07月08日
ご実家が新潟のご近所のHさんから「笹だんご饅頭」をいただいた。
今までに笹団子や柿の種をいただいたことがあるが、お饅頭ははじめてだ。
孫でも来たら・・・と思っているうちに笹団子は硬くなってしまう。その点、
お饅頭はいいが、あの独特の笹の葉の香りがしないのはさびしい。

   笹団子

昔から端午の節句や旅立ちの際に無病息災を祈って食べられた笹巻きは、
防腐と包装を兼ねて食品を幅広の笹の葉で包んだもので、包み方も中身も
団子、もち米飯、鮨、麩()饅頭、道明寺などさまざま。

笹巻きは、粽(ちまき)とも呼ばれることもある。粽はもともと笹ではなく「ちがや」の
葉を使っていたことから「ちまき」と呼ばれるようになった。
地方によって種類や形、製法が異なり、円錐形や三角形をしている。

一方、粽は中国から平安時代頃に伝わったが、日本では笹ではなくチガヤの
葉を使っていたことから「ちまき」と呼ばれるようになった。

日本の笹巻きや粽は、もち米やうるち米の粒を残さないものが多いが、
中華ちまきは通常米粒が残り、餡や豚肉や椎茸、筍などを肉などの具が
入っている場合が多い。

はるか昔、子どもたちの誕生会などにこの中華粽をつくったことを想い出す。
どこで調達したか忘れたが、竹の葉、経木を常備していたので、もち米が
あればいつでもつくることができた。豚肉、椎茸、人参などをごま油で軽く炒め、
味付けしてもち米といっしょに蒸すまではさほど手間はかからない。
その後、経木で包むのは楽しい作業だった。多めに作って冷凍したこともあった。

絵の会に入り、スケッチに持参して評判になり、それからの数年は、皆のために
多めにつくっていくようになった。皆それぞれにお弁当を持参し、車座になりワイワイ
言いながらのランチだったが、次第に目的地も遠くなり、お昼も数人で蕎麦屋など
店に入るようになっていった。

     スケッチ旅行
        秩父 樋口駅            見沼田んぼ
 
久しぶりにアルバムを開いてみた。20年以上も前のこのころは、ずいぶん大勢で
出かけものだ。懐かしい人がいる。名前を想い出せない人もちらほら・・・。    
札所のそばで1枚スケッチすると決めて、秩父には何度もスケッチに行ったが、
このところずっとご無沙汰している。涼しくなったら行ってみようか。
旅・散策・イベント

笹でも竹でも

2015年07月07日
今日は24節気の1つ「小暑」。暑さが本格的になってくる。
梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもある。
日中とも初候は「温風至」、末候は「鷹乃学習」(鷹の幼鳥が飛ぶことを
覚える)だが、次候は、日本が「蓮始開」(蓮の花が咲き始めるころ)、
中国では「蟋蟀居壁」(コオロギが壁で鳴く)と異なる。

毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを
笹の葉に吊るし、星にお祈りをする習慣が今も残る。 (七夕の空

     大船駅  
                      大船駅構内 (神奈川県)    2015

その起源には数多く説があるが、もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」
「おり姫と彦星の伝説」と奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」
という行事があわさったものと言われている。
    
     古民家 
       古民家の七夕かざり すずめのお宿(目黒区)    2010

『七夕さま』の歌には「笹の葉さらさら・・・」とあるが、七夕飾りに使う場合は、
でもでも適度な大きさの枝張りのよいものを選んで使えばいいようだ。
だが、は似ているが違う。
「成長後の茎の違い」 は成長後、皮が棹から脱落するためツルツルになる。
は1年程度は皮が棹に付着している。
の寿命は120年と言われている。の寿命は40年から60年。

         竹
                  すずめのお宿

「葉脈の違い」 は格子状の葉脈。は並行。
「枝の違い」の枝の本数は2本、は5~6本。
1ヶ所から多くの枝が出ているなら、ということになる。

         笹
                  コクマザサ   赤塚植物園

ちなみに、は英語でbambooで、は日本に古くからある特有の植物で、
sasaという日本語名がそのまま使われている。
〇〇ダケ、〇〇チク、〇〇ザサと、名前だけでの区別は出来ない。
ヤダケ・メダケは名前がタケでもの皮がいつまでも残っているので
カンチクも同様にの仲間。
オカメザサは名前がササでもの皮が成長するにつれて落ちるので

わが庭に猫たちが時折、ムシャムシャと食べるのようながある。
皮が剥がれ落ちるのでれっきとした竹だ。(わが庭のパンダたち?) 
植物など

寺社の湧き水

2015年07月06日
東京の湧き水は意外に多いが、名湧水となると、23区内には少なく、
わずか18ヶ所しかない。
先日、F先生の墓参の折に都選定「東京の名湧水57選」の1つである
「柳の井戸」に立ち寄った。         (都内最大級のイチョウ

柳の井戸 港区   
善福寺参道にある「柳の井戸」は、境内の「逆さいちょう」と共に
麻布七不思議の一つにも数えられているという。両寺の銀杏と井戸             

井戸脇に「うなり柳」とも呼ばれる柳があるため、「 柳の井戸」と呼ばれるが、
正式には「楊柳水」といい、「楊柳水銘」と書かれた石碑がある。
「江戸名所図会」によると、弘法大師が常陸の鹿島明神に願って得た阿伽井
(あかい)であるということで「鹿島清水」ともいわれる。

            井戸2009.4
       
     2015.6
                                   2015.6                                                                  
港区教育委員会の説明板(昭和49年 平成26年建替)には、
自然に地下から湧き出る清水である。 東京の市街地ではこのような泉が
比較的少ないためか古くから有名で、弘法大師が鹿島の神に祈願をこめ、
手に持っていた錫杖を地面に突きたてたところ、たちまち噴出したものとか、
ある聖人が柳の枝を用いて堀った ものとか、信仰的な伝説が語りつがれて
きた。とくに現在の我々としては、関東大 震災や空襲による大火災の際に
この良質な水がどれほど一般区民の困苦を救ったかを心にとどめ、
保存と利用にいっそうの関心をはらうべきものと思われる
」とある。
                              
大井の井 品川区
6年ぶりに善福寺の兄弟イチョウで有名な大井の光福寺に行ってみた。
本堂裏の墓地内にある「大井の井」は、横穴式の古い形をした井戸で、
品川区指定史跡。親鸞上人の門下の1人、了海上人が誕生した折、
産湯に使われたという言い伝えがある。
説明板(平成8年3月)によると、「今でも水が湧き出している」とあるが、
平成27年の今、湧水があるようなないような、よくわからなかった。

     大井の井
                                      2009.8
                      
大井の水神 品川区
光福寺の近くにある「大井の水神」は、飲料水や農業用水の供給を願って
祀られたのが始まりといわれる。(1685年)水神は歯痛が治ると伝えられた。

    大井の水神
                                       2015.6

「柳の水」と呼ばれ、雨乞いの祈願は明治のころまでつづいたという。
昭和末、清水は涸れたが、改修が行われ、井戸、石組、滝口から地下水が
流れている。(現在はポンプアップしているとか)

ちなみに、湧水のもとは浅い地下水だそうだ。
「大井の井」「大井水神」は「東京の名湧水57選」には入っていない。
旅・散策・イベント

兄弟イチョウ

2015年07月05日
大井山光福寺の本堂の手前に、品川区では最も古いイチョウの巨樹がある。
このイチョウは、親鸞門下の関東六老僧の1人、了海上人が善福寺のイチョウの
一枝を貰い受けて植えたものと伝えられている。(都内最大級の銀杏

    2015.6
             光福寺のイチョウ       2015.6

光福寺の創建は奈良時代末。当初は天台宗の薬王院神宮寺と称したという。
鎌倉時代に了海上人が、浄土真宗として光福寺と改めた。
明治時代までは東京湾に出漁する漁民の航行の目印になっていたという。
   
   2015.6
           幹周6.4m  樹高40m     2015.6
             樹齢 推定800年 

このイチョウは麻布善福寺の「さかさイチョウ」と兄弟といわれており、
幹や枝からは、多くの気根(乳根)が垂れ下がり、この樹皮を煎じて飲むと
乳が出るようになるという言い伝えがあるのも「さかさ銀杏」と同じ。

光福寺のイチョウの幹周は都内9番目、品川区指定天然記念物。
善福寺のは都内最大(10.4m)。国指定天然記念物。どちらも雄株。
ちなみに、巨樹となっているもののほとんどは雄株。ぎんなんに養分を
消費されてしまう雌株はなかなか巨樹にはなりにくいのだとか。

      2009.8 2009.8

この寺をはじめて訪れたのは都内の巨樹めぐりに夢中だった6年前の夏。
ゴツゴツした幹の周囲には、今も昔も不思議なパワーがみなぎっていた。
境内に大井町の地名の由来となったと伝えられる「大井の井」がある。
横穴式の古い型をした井戸であり、了海上人誕生の折、境内に忽然と
湧き出した泉の水を産湯として使い、大井と命名したという。  

実は今年、光福寺を訪れて、ある疑問がわいた。それは兄弟イチョウ
といわれる善福寺と光福寺のイチョウの樹齢。
善福寺を訪れた親鸞が自ら植えたとも地に挿した杖が芽吹いたもの
ともいわれる「さかさイチョウ」の樹齢は、手元にある2冊の本『巨樹探訪』
『巨樹の風景』、ネット検索ではどれも750年以上、都内最古とある。

一方、光福寺のイチョウだが、こちらは(『巨樹の風景』に載っていない)
どれも樹齢約800年。イチョウの前の説明板によれば、善福寺の
「さかさイチョウ」と兄弟といわれると書かれている。
そもそも光福寺のイチョウは、了海上人が善福寺のイチョウの一枝を
貰い受けて植えたものと伝えられ、こちらが弟では・・・?
とはいえ、800年でも750年でも同じことかもしれない。
いずれにしても、兄も弟も気が遠くなるほど昔から生きつづけている。
植物など

都内最大級の銀杏

2015年07月04日
日本画デッサンのF先生が急逝されて11年、Kさんも4年前に逝かれた。
先日、先生の眠る麻布の善福寺の寺中寺である金蔵寺を4人で訪れた。
寺の前には都内57湧水(23区には18のみ)の1つ「柳の井戸」がある。

墓参後、麻布山善福寺(港区)へ。善福寺は都内では浅草寺に次ぐ古刹。
弘法大師がこの地に高野山を模して開山した(824年)と伝えられる。
鎌倉時代、越後国に流されていた親鸞上人が許されて京へ上る途中に
この寺を訪れた。迎えた了海上人は真言宗から浄土真宗に改宗、
その後、各時代の天皇や幕府などの保護を受けて発展を遂げた。

  逆さイチョウ
       幹周10.4m 樹高20m          2015.6 
       樹齢 推定750年    国の天然記念物指定(1926) 

境内にある都内で最大級のイチョウ「逆さイチョウ」を初めて目にした3人は
驚きの声を上げた。
空襲によって本堂は全焼した。この樹も類焼して幹の大部分を焼損したが、
後に根元付近から蘇生した。戦災の前は現在の3倍位あったそうだ。
6年前に訪れたことがあるが、勢いよく生い茂る樹にあらためて感動した。

    2009
         2009.8                 2009.11

乳の出が悪い母親が、この樹の皮で治療すると乳の出が良くなると、皮を剥ぐ
者が後をたたなかったので、周囲に垣根を作って禁止したとか。(『江戸砂子』)

また、親鸞上人が寺を去る際に持っていた杖を地上に刺し、「念仏の求法、
凡夫の往生もかくの如ききか」と言うと杖が根付いたという故事から
「逆さイチョウ」や「御杖イチョウ」とも呼ばれる。「逆さイチョウ」の由来は、
乳根(気根)が下の方に伸びているように見えることからきているとも。

この寺に安政の仮条約調印以後、明治初年まで初代アメリカ公使館がおかれ、
ハリスらが居住したことで知られる。その頃、壤夷を唱える人々の襲撃を受け、
書院、庫裡などを焼失。僧たちの機転によって身をもって公使館員を守り、
日米の友好の絆を深めたという。 福沢諭吉らが出入りしていた。

   本堂前のイチョウ
              本堂前のイチョウ (雌木)    2015.6

本堂手前、イチョウの巨樹の脇に「最初のアメリカ公使館跡碑」の石碑がある。
根元にごく小さな白緑色のギンナンが落ちていた。こちらは雌木だ。
見上げると、ぎっしりとギンナンがなっている枝があった。不思議なことに、
ひと回りしても多くの枝のうちのほんの数枝にだけしかなっていなかった。
「逆さイチョウに近いところだけかしら?」とFさん。たしかに・・・。

お寺に伺うと、このイチョウは台風で枝が折れたため、小さく剪定したところ、
それまでご近所にお裾分けしていたほど多かったギンナンが激減したとか。
樹が小さくなったり、多くの実をつけた翌年など、体力の消耗を防ぐために、
実を減らさなくてはならないのだろう。

「光福寺のイチョウ」(品川区指定天然記念物 都内9番目)とは兄弟の木
と伝えられる。親鸞の門下となった了海が善福寺のイチョウの一枝を貰い受け、
この地に挿したものが成長したためという。   (光福寺のイチョウ
植物など

ショートメールで

2015年07月03日
携帯電話のメールには、大きく分けると、EメールとSMSメールがある。
Eメールは、@docomo.co.jpや@ezweb.ne.jpなどのアドレスを用いたメール。
SMSメール(AuではCメールという)は、携帯電話の番号を使用して、
メールのように約70文字前後の短いメッセージのやりとりができるサービス。
申し込み不要、異なる会社の携帯電話とも送受信が可能。(受信は無料)

千葉市は、公立の保育所に子どもが通う子育て世代の希望者に対し、
発熱や急病などの緊急連絡で電話が繋がらない場合、SMSを使って
メッセージを残す実証実験を6月から始めたというニュースをきいた。
対象となるのは、59ヶ所のうち、8ヶ所(900世帯)の公立保育所。
実験は7月までで、8月に利用者へのアンケートを行い、来年度からの
本格導入を検討するという。

このほか、最新の各保育所の空き情報や、従来は通知していなかった
審査に落ちた世帯への連絡にもSMSで迅速な情報提供を行うとか。
さらに、費用に見合う効果が確認された場合には、他の分野にも対象を
広げていくことを検討しているという。市によると、自治体がSMSを使用して
住民に情報提供を行うのは、全国でも珍しい取り組みだという。

何年前になるだろうか、大学のクラスメイトOさんから送られてきたメールが
このSMSだった。メールアドレスも知っているはずなのに・・・?
訊ねてみると、3円と安いのよ。という答えが返ってきた。その後、彼女との
やりとりは、このSMSになっている。

       メール
       メール3種  パソコン    タブレット   ケータイSMS

ちなみに、ドコモのSMSは、送信文字数に応じて1回あたり3~30円。
(3円/1~70文字・・・15円/269~335文字・・・30円/604~670文字)

つい最近も彼女からのメールは「先日はありがとうございました。
明日、借りたものを返しがてら会えますか?」だった。たまたまその日は
予定があったので、1週間後に会うことになったが、こういった内容なら
SMSで十分だ。受信は無料。

スマホをやめてガラケーとタブレットにしてから1年半。現在はこのSMSを
頻繁に使うようになった。タブレットはEメール、ガラケーは電話専用にした。
タブレットを持たないで出たときに限って、「5分遅れます」などといったメールが
入っていたりする。待合せに遅れるとか、明日は休みますなど、急ぐときには、
SMS送信してもらえるようになったが、タブレットを持ち歩くことが多くなった。
つれづれ

水辺の半夏生

2015年07月02日
今日は七十二候の末候「半夏生(はんげしょう)」。日本中国とも半夏が咲くころ。
半夏はんげ)は、烏柄杓からすびしゃく)という毒草のことで、山地の道端や畑地に
自生するサトイモ科の植物でウラシマソウに似る。
シュウ酸カルシウムを含んでおり食用は不可だが、根茎の部分は生薬となる。 
    半夏生
         似ても似つかない半夏生と半夏(烏柄杓)
    
「半夏生」の頃に咲くのは半夏だけでなく、半夏生はんげしょう)という、その名も
ズバリの植物がある。半夏生は、半夏とは全く異なるドクダミ科の植物。

花とほぼ同時期に葉の表面だけが白くなるという白化現象を起こすことから
片白草かたしろくさ)、また、おしろいを塗ったように白くなることから半化粧とも。
葉が白くなるのは、虫を誘うためで、 花期が終わると葉は緑色になる。

  半夏生2009.6
                                                                
日本では、生育に適した土地が減少していることから自生株は減少傾向にあり、
地域によっては絶滅が懸念されているらしい。  (半夏生半夏生のころ

今年6月半ば、多摩川台公園の水生公園で半夏生に出会った。水辺にあのように
群生した半夏生を見たのは初めて。数年前に訪れたときには、河骨(こおほね)や
ホテイ草などがあったように記憶しているが、今年の水辺は半夏生と白い睡蓮
大部分を占めていて驚いた。調べると、「水辺や湿地、観賞用に育てられる」とある。
 
   水辺6.12          
          半夏生と睡蓮    多摩川台公園 水生植物園     
      
花期は6月から7月とある。この水辺で半夏生の白い葉をみながらの納涼というのも
いいかもしれない。花が終わるころには葉は緑一色になってしまう。
なるべく長く咲いていてほしい。
植物など
 | HOME | Next »