FC2ブログ

梅雨明けて

2016年07月31日
7月28日、関東甲信地方の梅雨明けが発表された。昨年より18日、平年より
7日遅い梅雨明けとなった。1951年の統計開始以来7番目に遅い。
梅雨の期間は平年より10日長く、昨年より16日長くなったが、梅雨時期の
降水量は少なく、東京では平年の80%という。(7.28現在)

暦の上ではまもなく立秋だが、暑さはまだまだこれからだ。

      2016
        2016

梅雨明けした日 2009~2015年
2009年  7月14日

2010年  7月17日
    2010

2011年  7月 9日

2012年  7月18日
      2012

2013年  7月7日
        2013

2014年  7月21日

2015年  7月10日
       2015     
旅・散策・イベント

意外な「食べ合わせ」

2016年07月30日
今日は「梅干の日」。「梅干を食べると難が去る」と言われてきたことから
「なん(7)がさ(3)る(0)」の語呂合せ。和歌山県みなべ町の東農園が制定。

「土用丑の日」でもある。夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる
時期に当たるため、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用丑の日」と重視、
柿の葉などの薬草を入れた風呂に入ったりお灸をすえたりすると夏バテや
病気回復などに効き目があるとされていた。

土用丑の日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えが
あったが、この日に鰻を食べる風習は平賀源内のアイディアから始まった。
夏は鰻が売れないと困っていた知り合いの鰻屋のために「土用丑の日
うなぎの日」という貼り紙をすることを思いついたといわれている。

「鰻と梅干」は食べ合わせが悪いとされ、鰻の脂っこさと梅干の強い酸味が
刺激し合い、消化不良を起こすとされた。実際には、酸味が脂の消化を助け、
味覚の面も含めて相性の良い食材だとか。

  鰻と梅干
                 実は相性のいい食材
                        
「食べ合わせの悪い組み合わせ」を「合食禁(がっしょくきん)」ともいう。
食に関する伝承の1つ。一緒に食べるとき食材の取り合せが悪いとされる
言い伝えであり、一般に消化に害を来たすとされている。

「スイカと鰻」「スイカと天ぷら」の食べ合わせだが、油の多い鰻や天ぷらと、
水分の多いスイカを一緒に食べると、胃液が薄まり、消化不良を起こす
ことがある。胃腸の弱い人は避けたほうが無難だという。

「人参と大根」の組み合せ。人参にはアスコルビナーゼという酵素が含まれ、
大根に多く含まれるビタミンCを破壊するが、この酵素は熱と酸に弱いため
加熱するか「紅白なます」のように酢やレモン汁でビタミンCの破壊を防げる。

    なます
            酢やレモン汁などでビタミンCで補って・・・

「人参と大根」については知っていたが、「トマトと胡瓜」も同じで、やはり、
胡瓜に含まれるアスコルビナーゼが、トマトのビタミンCを酸化させる。
マヨネーズや酢ドレッシングをかけることで酵素の働きを抑制できる。

意外にも「大根おろしにしらす」もよくないと。これはしらすに含まれる必須
アミノ酸リジンの吸収を、大根が持つ抗体によって阻害してしまうという。
リジンは体内で作ることができず、食物から摂取する必要があるアミノ酸で、
免疫力アップや抗ストレス効果がある。酢を加えれば栄養的に問題ない。

お馴染みの「ほうれん草とベーコン」「ほうれん草とゆで卵」もよくないようだ。
「ワカメとネギ」も意外。ネギに含まれるリンがワカメに含まれるカルシウムの
吸収を阻害してしまう。ほかに「焼け魚に漬物」「鮭とイクラ」「ビールにスイカ」
「ビールにフライドポテト」など枚挙にいとまがない。
つれづれ

運がいいとか 悪いとか・・・

2016年07月29日
3年前の6月から始まった桂花会中国茶の会の「中国茶ことはじめ」から先月の
「中国茶芸」までの33回でいただいた茶の種類や画像を載せた冊子をつくった。
  
  冊子
                   「桂花茶会 3周年」

4年目の7月は「夏に飲むお茶―緑茶」3種と呉さんにいただいた「大红袍」
(福建省武夷山岩茶の最高級烏龍茶)。
中国六大茶類のうち緑茶は夏に飲むのに適したお茶。涼性で体熱を鎮める。
また、カテキンが豊富で抗菌作用がある。
ちなみに、白茶も涼茶、烏龍茶と花茶は温性、紅茶と黒茶は熱性。

 緑茶
 大红袍     湖北毛尖        黄山毛峰        太湖 雪眉

今回は「もっとも運がよかったこと、あるいは悪かったこと」「好きなこと」。
M氏はお孫さん一家と高尾山に上ったのがもっとも幸福な一日」だそうだ。
長い間、登山はしていないが、氣功や太極拳をつづけているせいか、
筋肉痛にもならなかったとか。

鍵を落としたりカメラをなくしたりと、あまりに多い半年分の厄落としのために
私は「茅の輪」くぐりをしたこと、長嶋名誉監督と記念写真を撮った話。
りんりんが尊敬するM氏、好きなことは多いが、やはり「城郭めぐり」と。

SさんとFさんは「運の悪い」日のこと。Sさんはフルート教室に行くために家を
出て駅に向かう途中、ゲリラ豪雨に遭った。雨傘は持っていたがずぶ濡れ。
電車を降りると雨は止んでいたが、靴の中はビショビショ。仕方なく雨靴を
買って教室へ行くことになったとか。

Fさんもツイていない日の話。ご主人と昼食の約束をした店に入るとまもなく
「急用ができて・・・」との電話。1人でとる昼食はおいしくなかったとか。
デパートをブラブラして靴を買った。帰宅後、その靴がないことに気づいた。
スーパーで買い物をしたとき・・・!結局、その靴は見つからなかったそうだ。
O氏の「もっとも運の悪い日」は、真冬に駐車していた車の窓を壊すことに
なったというはるか昔、若いころの話だった。

Sさんは「運の悪い日が将来の幸運な日に変わることを願って」・・・
7月初め、ご主人と神奈川県の大山(1,152m)に上ったときの話だった。
2時間かけて山頂へ。昼食をとって下山を始めるとまもなくご主人の膝が
突然痛み出し、まったく動けなくなった。困り果てていたとき、通りかかった
1人の外国人が声をかけてくれた。ご主人はその人に支えられて5分歩き、
5分休み、また5分歩き・・・と、 何とか下山することができたそうだ。
2つのリュックを前後に背負って下山した彼女も1週間、動けなかったとか。
ご主人の膝痛は骨には異常なくが弱っているせいだとか。

ロープウェイ駅まで送ってくれたその人は3年前に来日、厚木で仕事をして
いるインド人で、今回は、富士登山のための練習だったそうだ。
Sさんはインドのダージリン地方に行き、ダージリン紅茶を味わうこと、インドの
最高峰のカンチェンジュンガ( 8,586m)を見る夢を語ったそうだ。

      カンチェンジュンガ
         ダージリンから望むカンチェンジュンガ

秋に彼の家の近くのインド料理店で共に食事することになったそうだ。
カンチェンジュンガをダージリンから眺めるという、その望みが叶えば、
「我倒霉的一天变成幸运的一天」(最も運悪い日は幸運な1日になる)と。
素敵な交流が始まったSさんの頭の中はお茶でいっぱいのようだ。
中国・中国の旅

多様化するタクシー サービス

2016年07月28日
最近、タクシーに乗る機会はなくなった。もともと都内で乗ることはめったにない。
ということは、旅をしていないからだろうか。

    品川駅前
              タクシー乗り場      品川駅前

この夏、都内と武蔵野、三鷹市を日本交通の「伊右衛門おもてなしタクシー」が
走っているらしい。
車両は緑茶のグリーン、車夫の格好をした運転手が番傘を持って客を出迎え、
冷えた緑茶「伊右衛門」を無料でサービス。さらに車内は風鈴や暖簾、うちわ、
スリッパで涼しさを演出。 夏季限定(7/5~8/4)で、3400台の中わずか3台
(うち英語対応可能1台)、出逢う機会はなさそうだ。
 
    おもてなし
       「伊右衛門おもてなしタクシー」   日本交通サイトより

ゆりかごから墓場まで・・・?日本交通はさまざまなタクシーを運行している。
「サポートタクシー」は目的地までの送迎だけでなく百貨店での買物に付き添い、
「孫にプレゼントを」という客の品物選びを手伝ったり、墓参りでは掃除をまでも。

「キッズタクシー」は学校・塾・自宅間をドアtoドアで送迎。顔なじみの乗務員は
子育て経験者、保育士、普通救命講習、救急救命法MFA、小児MFAプログラム
資格者で構成されているのだとか。子どもが1人で飛行機に搭乗する場合、 
運転手が搭乗口まで見送る。車外でも要望に対応。

「陣痛タクシー」とはその名の通り主に陣痛の時に優先して配車してくれる
タクシーのサービス。出産予定日や出産する病院をタクシー会社に事前に
登録しておく。都内にいる妊婦の約5人に1人が登録しているのだとか。

いろいろなサービスがあるものだ。おそらく「サポートタクシー」を利用する
ことはないと思うが、介護タクシーのお世話になる日が来るかもしれない。
「介護タクシー」は介護資格者の運転手がベットから病院まで、病院から
ベットまでのサポーする。さらに車いすや寝台のまま乗車することも可能。
ちなみに「福祉タクシー」は介護が必要な人たちが対象ではなく、身体に
傷害のある人の車両移動をサービス。

その日本交通は都内の初乗運賃\730(~2km)から¥410(~1,059km)に、
(237mごとに¥80ずつ(加算運賃の変更申請を国土交通省に提出した。
高齢者や訪日外国人らが短い距離でも乗りやすくして利用を増やす狙いとか。
ちょっとそこまで・・・? 乗る機会が増えるだろうか。
旅・散策・イベント

夏の「なまはげ」

2016年07月27日
梅雨の晴れ間の土曜日の午後、「全国鵜の木まつり」が行われた東急線
鵜の木駅前の商店街は大勢の人たちで賑わった。  (鵜の木まつり
駅前通りから少し入った道はアトラクション広場となり、「なまはげ巡行」後に
なまはげとの撮影会が始まった。

男鹿市からやってきた「なまはげ」は3人。時折、「ヲウ~!」「ウオ~!」と
奇声を発する。一瞬ギクッとする。次から次へ、わが子を「なまはげ」に託し、
「こっち向いて」とスマホをかざす若い親、そして恐怖で泣き喚く子どもたち。

    泣く子
                    泣く子     
                            笑う子
     笑う子

しばらく見物していると、抱き上げられても泣かない子、それどころか笑顔で
「ピース!」とポーズをとる子がいたのには驚いた。10人に1人くらいだろうか。
じゅんじゅんだったら、おそらく近づくことさえしないだろう。兄のりんりんは、
小さいころ、ヨーカ堂だったか、現れた「なまはげ」と握手したことがあった。
そういえば、「なまはげ」はヨーカ堂と銀座の交通会館前で見ただけだと思う。

「なまはげ」は、大晦日に秋田県男鹿市と三種町、潟上市の一部の各家々で
行われる伝統的な民俗行事。本来は小正月の行事。
「男鹿のナマハゲ」として、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

「なまはげ」は怠惰や不和などの悪事を諌め、災いを祓いにやってくる使者。
出刃包丁や御幣を付けた杖を持ち、鬼の面、ケラミノ、ハバキをまとった村人が
「なまはげ」に扮して家々を訪れ、「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と
奇声を発しながら練り歩き、家に入って怠け者、子供や初嫁を探して暴れる。

      なまはげ
                 男鹿のナマハゲより

家人は正装をして丁重にこれを出迎え、主人が今年1年の家族のしでかした
日常の悪事を釈明するなどした後に酒などを振舞って送り返すとされている。

ケラミノは、藁製の蓑状にした衣装。面とともに神に扮する象徴的な衣装。
ケンデ、ケデともいう。ハバキは、藁で編んだ脛あて。  
旅・散策・イベント

「鵜の木まつり」

2016年07月26日
平成元年に始まったという「全国鵜の木まつり」に初めて立ち寄った。
全国の「鵜の木」という地名の12市町村から特産品を一同に集め、各地に
伝わる芸能や食文化を紹介する「全国鵜の木まつり」を開催したのが最初で、
今では東急線鵜の木駅前の7つの商店会の恒例の大イベントになっている。
この商店街は昨年「東京商店街グランプリ優秀賞」を受賞した。

    うのきまつり
    商店街
                あの道も この道も・・・

全国うのきマップによると「うのき」は14ヶ所。秋田県男鹿市、秋田市寺内と
五城目町、岩手県奥州市水沢区と前沢区、北上市卯ノ木、新潟県上越市、
埼玉県狭山市、山梨県富士河口湖町、福岡県朝倉市、大刀洗町、宮崎県
日南市北郷町、鹿児島県西佐多町と大田区の鵜の木。

7月23日の午後、鵜の木の街は全国の「うのき」からやってきくる特産品の
交換、販売や縁日、中学の吹奏楽演奏 高校のチアリーディングや多摩川
鵜の木太鼓などのイベントで賑わった。このほか、秋田の「なまはげ」も登場、
撮影会も子どもの泣き声の中賑やかに行われた。 (夏のなまはげ

毎年恒例のおまつりだが、実はこれほど大勢の人が集まるとは知らなかった。
梅雨の晴れ間の比較的涼しい日だった。たまに通る道はラムネや綿菓子、
金魚すくい、ヨーヨーつりなどの縁日広場と化し、道幅いっぱいにつくられた
「鵜の池」で魚のつかみ取りに興じる子どもたち、順番待ちの長い列も驚きだ。

     つかみ取り
               
秋田のあきたこまち、男鹿市のメロンやカボチャなど、奥州市からはピーマン、
枝豆などの新鮮野菜、宮崎のマンゴージュース、福岡の蜂蜜レモン、狭山市の
冷茶などのほか、南三陸町仮設住宅の皆さんの手作り品も販売されていた。

      屋台
     新潟の「もちつき大会」    南三陸町(中)    奥州市物産市

狭山市の冷茶を飲み、岩手の枝豆、味噌のほか、ジャガイモを買って帰った。
この夏初めて味わった枝豆は、だだちゃ豆と山形の夏の旅を思い出させた。
旅・散策・イベント

低年齢化する「スマホ依存」

2016年07月25日
「ポケモンGO」が配信されて間もないが、すでに「歩きスマホ」による事故、
偽のアプリ流出などさまざまな問題も続出している。
配信の日、「鵜の木まつり」でポケモンがいたのだろう、相前後して道端に
立ち止まりスマホを操作する2人を見た。歩きながら探すカップルも見かけた。

     ポケモンGO

こんな住宅地にも?わが家の近くで年配の男性がスマホをかざしていた。
一歩外に出ると、道も公園も駅もスマホ画面に釘付けの回遊する人々で
あふれている・・・そんな光景は恐ろしい。
                
「手元にないと不安になる」「宿題などしなくてはいけないことがあっても使う」
「忘れたら家に取りに帰る」「寝るときも近くにないと落ち着かない」

昨年7月、都内の小学5、6年、中学2、3年、高校2、3年の計3,116人に
警視庁が実施した携帯電話についての調査結果には驚く。

そして「食事をしながらいじる」「友達と遊んでいてもいじる」「予定の時間が
来てもいじるのを止められない」「ない生活は考えられない」「使っていると
何となくほっとする」「気がつくと何時間も使っている」
の計10項目の中、
該当4項目以上を「高依存」、1~3項目を「やや依存」に分けたところ、
「高依存」は、高校生33%、中学生26.5%、小学生は2.7%だったという。

  幼児から
     3歳のじゅんじゅん      幼児も小学生も・・・

ちなみに携帯保有率は高校生約98%で、うちスマホは約90%を占める。
小学生ではスマホは約17%、従来型が約50%だが、中学生になると、
約70%がスマホ(従来型約18%)。 

以前から言われるスマホ依存。(スマホ「依存症ネット依存度チェック
スマホやネット利用者の低年齢化が進んでいる。1日当たり1時間以上の
通話やメール、ネットを行っている割合は、小学生で16.9%、中学生で
47.2%に上るという。(15年度全国学力・学習状況調査)
  
江戸川区内の小中学校では「江戸っ子、家庭ルールづくり」が始まった。
各家庭の事情に合わせて保護者にネットの利用制限の設定をしてもらい、
午後9時には預ける、家の人からの電話には必ず出るなど、自分でスマホや
ネットのルールを決めるというもの。

    車内

りんりんの学校でもネットやラインなどについての講座を設けたり、許可なしの
スマホの持参を禁止しているが、ルールを守るのはなかなか難しいようだ。
こうした背景があるからか、中学1年の彼の夏休みの課題の1つ、意見文の
テーマは「中学生に携帯電話は必要か」だという。

・・・今の時代、みんなが持っているものだから、中学生ともなると、そろそろ
スマホの方も考えていいのではないか。親は四六時中「スマホ」をいじって
いるのに、子どもに「ダメ」というのもどうか・・・
 こんな下書きが残っていた。
確かに車内もレストランも、スマホ高依存の人たちであふれている。
携帯電話1つとっても子どもたちにどれほど影響を与えるのか心配になる。
身近な人びと

始まった「元気シニア プロジェクト」

2016年07月24日
超高齢社会の中で、高齢者のフレイル(虚弱な状態)及び要介護化を予防し、
健康余命を延伸する社会システムの開発が求められているという。
「健康寿命延伸」に向けて、東京都健康長寿医療センター研究所と共同で、
全国初の大都市モデル「大田区元気シニア・プロジェクト」が始まった。

このプロジェクトは「体力・栄養・社会参加」の3本の柱を重点に、高齢者が
自身の状態に気づき、対処する力を身に付けることが目的という。
そのために ①約1万5千人を対象に地域診断の基礎データを収集する。
②介護予防に関わるボランティア中心の会議を開催、基礎データをもとに
地域ごとの課題を抽出する。
ほか、③シニア健康教室の実施 ④「健康手帳」の改定などが行われる。

①の調査は、大田区在住の65歳以上で、介護保険の要支援・要介護を
受けていない人の中から無作為で選ばれた15,500人が対象となった。
ちなみに、2013年度の大田区の65歳以上の高齢者は、152,500 人、
高齢化率は21.77%で、要支援・要介護認定者数は、毎年度増加して、
28,523人、認定率は18.1%となっている。

6月半ば、A4の調査用紙が入った大きな封書が送られてきた。抽選など
まず当たるためしがないが、なぜかこの対象者の中に入ったようだ。
    
      調査用紙
                   調査用紙

調査用紙には健康状態、生活習慣について、仕事について、心身の状態に
ついて、行政やサービスについてなど、全部で12頁53問もある。
答えの多くは○×式だが、考えてしまう問いもいくつかあった。

問29 世間一般の人または近隣の人に対する考えについては4択。「そう思う」
「どちらかといえばそう思う」「どちらかといえばそう思わない」「そう思わない」。
1)一般的に人は信頼できる 2)多くの場合人は他人の役に立とうとする
3)近隣の人は信頼できる 4)多くの場合近隣の人は他人の役に立とうとする 
5)普段の生活で、自分と背景(性別、世代、暮らしぶりなど)が似ている人との
付き合いが多い 6)普段の生活で、自分と背景が異なる人との付き合いが多い
7)近隣の人や地域のために何か貢献したい


       近隣と

食生活については、ごはん、つけもの、みそ汁、めん類、魚介類、肉類、卵、
牛乳、乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、その他の野菜、海藻、いも類、果物、
油脂類との17項目に「毎食」「1日2回」「1日1回」「日によって食べない」の
4択で答えるのだが、なかなか面倒。

しばらく放っておいたが、脳トレだと思って頑張って、先週の締め切り前に投函した。
問30. 1)1日中家の外には出ず、家の中で過ごすことが多いですか
2)家の中あるいは家の外で、趣味・楽しみ・好きでやっていることがありますか
3)親しくお話しができる近所の人がいますか 
4)近所の人以外で親しく行き来するような友達、別居家族また親戚はいますか

この質問にはスムーズに答えられた。

人との関わりが少なく閉じこもっていると、老化が進む要因や認知症のリスクも
高くなる。また、低栄養状態は余命や健康余命(自立した生活ができる期間)に
対するリスク要因となることはよく耳にする。この2点はおそらく大丈夫だろう。
つれづれ

街でみかけた猫のオブジェ

2016年07月23日
屋根の上に   谷中銀座商店街   台東区
   越後屋
   初音屋

塀の上に   「夏目漱石旧居跡」(猫の家)   文京区
夏目漱石が『我輩は猫である』『坊ちゃん』『草枕』を執筆した家。

    漱石旧居

児童遊園に  「花子と太郎」     品川区大井町
かつて大井町に住んだ詩人・萩原朔太郎の詩集『青猫』にちなんで、彫刻家
中村辰治さんが作成したブロンズ像。

       花子と太郎

門柱に   「招き猫」  自性院   新宿区西落合
猫地蔵堂への門柱に招き猫がいる。文明九年(1477)の江古田ヶ原の戦で、
太田道灌が敗れて道に迷っていると、黒猫が現われて手招きをし、「自性院」に
案内してくれたので道灌は命拾いをし、後の戦いで勝利することができたとか。

   道灌
        招き猫                 「玉ちゃん」

ビルの広場に  「玉ちゃん」  作者は流 政之氏。
新宿住友ビルの広場の玉を持って斜め前を見上げている黒い猫の像は、
大田道灌の命を救った自性院の猫のこと。「江戸の恩ねこ」とされている。 
 
銀座「三愛」前  「コイコリン」    中央区   
この猫をなでると恋がかなうとの都市伝説がある。作者は流 政之氏。
 
    コイコリン
           オスの「ごろべえ」        メスの「のんき」

囲まれて  「吉野理里之像」    渋谷区恵比寿 
「CATビル」前には、一風変わった、ガウン姿の女性がネコと戯れる銅像。
縁の下に産み落とされていた白黒のタマや、その嫁、子、孫まで6匹の猫に
囲まれているのは、愛猫家だった生け花の古流2代目家元、吉野理里さんが
ビル建築の際に思い立ち、自身も一緒に銅像に。

     ねこと    
旅・散策・イベント

夏の「おせち」に「恵方巻」

2016年07月22日
今日は24節気の1つ「大暑」。1年の中で暑さが最も厳しくなるころ。
大暑の前半は「梅雨明け10日」と呼ばれ、夏型の安定した天候の日が
多くなる。暦便覧には「暑気いたりつまりたるゆえんなれば也」とある。

     てんぷら

あまり知られていないが、大暑は「てんぷらの日」。土用丑の日、8月29日の
「焼肉の日」と並んで「夏バテ防止三大食べ物記念日」とされているという。
また、大暑をはじめとした夏の暑さに打ち勝つためには、うなぎ、梅干し、うどん
といった「う」のつく食べ物を摂るとよいとも言われている。

立春の前日を含めて年に4回ある節分。今年の夏の節分は8月6日という。
ローソンは春、夏、秋の3回の節分に合わせて恵方巻を販売している。
恵方については、1年を通して変わらないため2月と同じ南南東とか。

      恵方巻
                 夏の恵方巻     2013.7

恵方巻の名付け親のセブンイレブンの夏の恵方巻は、あなご、きゅうり、
おぼろ、酢れんこん、しいたけ煮、厚焼き玉子などの定番のものや
サーモンとか牛肉入りのものなど種類は多い。予約は7月28日まで、
8月4~6日が受取り日。3年前のセブンイレブンの写真をみつけた。

イオンは今年はじめて、8月のお盆休みに帰省した家族や友人たちと食べる
「NATSU NO OSECHI(夏おせち)」(¥5800~15800)を今年から販売する。
どちらかというと、洋風おせちだろうか。正月に欠かせない「おせち料理」だが、
真夏のおせちは日持ちもしないし、閉まっている店も少ないとは思うが。

わが家におせち料理は不要。帰省はしないし、帰省してくる人もいない。
きゅうり、あなごは今が旬。今年の夏は恵方巻は予約してみようか。
旅・散策・イベント

囲碁で集中力、思考力アップ?

2016年07月21日
日本の囲碁人口は400万人に上るといわれ、囲碁への関心が高まっている。
スポーツアジア大会で「碁盤スポーツ」として「頭脳スポーツ」の1種目に
登録されたり、囲碁講座を設ける大学も増えているという。

東大が授業で初めて囲碁を導入して以降、早大や慶大、東京学芸大、京大、
大阪大など、囲碁授業を採用する大学が増え、全国で23校になったという。
囲碁を通じて「考える力」を養い、集中力を磨く効果があると学生の人気が高い。
現在、導入を検討している大学もあり、今後さらに増えそうだとか。

東大では2005年から囲碁を全く知らない学生対象にプロ棋士3人による
授業が始まった。授業はルールから始めて、実際に囲碁が打てるまで。
計13回の授業を受けた学生は他の授業と同じように単位がもらえるとか。

中央区は、区立小学校5~6校の高学年の児童を中心に、総合学習の時間に
囲碁を授業に本格的に取り入れるている。 最大10間程度の授業を実施。
囲碁のルールや歴史の解説をプロ棋士に受けた上で対局するというもの。

品川区立浅間台小学校の1、2年生53人は市民科授業「囲碁教室」に出席。
伝統文化にふれ親しみをもち、礼儀作法や集中力を養うことが目的。
会場の体育館には1年生20人、2年生33人とその保護者が集まったという。
囲碁を通じ、思考力や集中力が鍛えられ、相手を敬う心、礼儀作法も身につく。
また、相手の意図を読むことによるコミュニケーション力が育まれるという。

          碁盤

東北大加齢医学研究所の(脳科学)川島隆太教授の調査は興味深い。
週1回1時間の囲碁教室に3ヶ月通った子どもたちに思考力や短期記憶力の
テストで大幅な得点増がみられたり、感情や行動などをコントロールする
自己抑制力が伸びた可能性が示された。川島教授によると、「思考力や
自己抑制力は、脳の同じ領域の機能。囲碁はそこを鍛えている」
という。

今は亡きTおじ(母の従弟)と父が碁を打っていた光景を懐かしく想い出す。
おじは往診を兼ねて月に一度ほどわが家に来訪するホームドクターだった。
今となってはどちらが強かったのかわからないが、勝負がつかないうちに
夜になり、飲み始めることになったような気もする。

碁を打つ人はいない。碁盤は花台になり、碁石はじゅんじゅんが遊ぶ程度。
義父は将棋。孫である息子(ゆうゆうたちの父)が将棋を教わったように、
ごんさんも6歳のりんりんに手ほどきをした。対局?もあったが、義父の形見の
将棋盤はここ数年は出番がない。         (りんりんの将棋修行

  将棋   
    義父と5歳の息子 1980.1     6歳のりんりん 2010.3

「囲碁将棋」と一括りにすることがあるが、将棋は局所的な「深い読み」が
勝負を分けるゲーム。一方、囲碁は全体の「バランス感覚」が勝負を分ける。
常に盤全体のバランスに気を配って打つ必要があるとか。
どうもこのごろのりんりんをみていると、もっぱらの関心はゲーム。
囲碁のよって短期記憶力はともかく、感情や行動などをコントロールする
自己抑制力が伸びるなら、囲碁講座に通うといいのにと思うのだが・・・。
つれづれ

はじめての海

2016年07月20日
7月18日の「海の日」、じゅんじゅんは海をはじめて見た。
前日、ビーチボールと浮輪、海水パンツを購入。園のビニールプールにさえ
入るのを嫌がっていた彼、8月にスイミングの講習を申し込んでいるので、
少しでも水に慣れてほしいということもある。

    プール

大好きな「スーパービュー踊り子」に乗って伊豆熱川へ。3時過ぎ、8枚の画像が 
ラインで送られてきた。ホテルのプールでは、兄がそばについているのだろうか、
まったく水を怖がる様子はみられない。浮輪で水に浮く楽しさを覚えたようだ。
海岸で波と戯れる兄弟、歓声が聞こえてきそうだ。

海岸
               4歳のじゅんじゅん  

母親のコメントは1つ。「ここまで来てまで コロッケカレーとってくるので
無理やり蟹を食べさせたが」・・・。
 
   夕食
        海鮮丼?            コロッケカレー   蟹

蒸し暑いことを除けば、2日間、ゲリラ雷雨もなく、天気は上々。
翌日夕方、わが家に寄らずに帰宅。じゅんじゅんは海やプールの水の怖さは
クリアでき、スイミング講習は意外にすんなりといくかもしれない。

海で戯れるじゅんじゅんをみたとき、りんりんがHちゃんと熱海の海で遊ぶ光景が
目に浮かんだ。このとき彼は3歳半、Hちゃんは4月に3歳になったばかり。

  9年前
              3歳のりんりん      2006.7

「スーパービュー踊り子」の前の2人はベビーカーに乗っていた。このころは
公園仲間のHちゃんやS君など大勢の友だちと遊んでいる写真がほとんどだ。
3人は幼稚園は違ったが、同級のS君は今、となりのクラス。
旅・散策・イベント

ニュースタイルのスーパー

2016年07月19日
かつての「日本型総合スーパー」の象徴とも言うべき「ダイエー碑文谷店」
(目黒区)が5月5日に41年間の歴史に幕を下ろした。
閉店後は半年ほどの改修期間を経て、新たに生まれ変わる予定で、本館は
12月にも「イオンスタイル碑文谷」としてリニューアルオープンの予定。

「イオンスタイル」といえば、りんりんの家に近い御嶽山(東急池上線)のイオンも
昨年12月、イオンスタイル 御嶽山としてリニューアルオープンした。
1階と2階は「食」中心。ゆったり過ごせるイートインスペースやイオン初の
「バル」もある。「バル(Bar)」とは食堂とバーが一緒になったような飲食店。

1階は生鮮食材が中心で、入口付近には、量り売りの本格的な惣菜が並ぶ
デリカテッセンや焼き立てを買えるピザコーナー、天然酵母使用のパンなど。

 1階

2階フロアの半分近くの面積を占めるリカーショップには、さまざまなワイン、
輸入ビールや日本酒、焼酎など、あらゆるお酒が揃う。リカーショップと
提携した「バル」がフロアのど真ん中にあり、朝から晩まで10種類以上の
中から選んだグラスワイン(1杯\300~)を楽しめるという。
生ハムやナッツ、ドライフルーツ、チーズなどの軽食も用意されていたり、
夕方には「ハム食べ放題」(¥580/1h)でグラスワインが半額になるとか。

 2階
 2階
   
バーカウンターの周囲は、テーブル席のイートインスペースとなっているので、
1階、2階で購入した商品を持ち込め、淹れたてコーヒー(¥100)も飲める。
天然酵母パンとドリンクをセットにしたモーニングメニューやカレーセットなどの
ランチメニューなども魅力。さらに羨ましいのは、バルの周りに並ぶ料理本、
コーヒー、海、星空、夜景から仏像の本など、代官山のツタヤ書店のようだ。

読書しながら、コーヒーにクッキー、ワインと生ハムやチーズとか・・・いいだろうな。
この街にはサンマルクカフェやドトール、イタリアントマトなどがすぐ近くにあるが、
落ち着いた雰囲気ならなんといってもこの店の2階だ。

  コーヒー
             淹れたてモカを飲みながら・・・

りんりんの家からの帰りは夜が多い。ワインはともかくコーヒーくらい飲んでいきたい
ところだが。もう少し近ければ・・・。
旅・散策・イベント

除菌に 抗菌に・・・

2016年07月18日
今日は「海の日」。「祝日法改正」(「ハッピーマンデー制度」 2003年)により
7月20日だった「海の日」は7月の第3月曜日となった。そして、今年から
8月11日が「山の日」が国民の祝日に加わった。

除菌とか殺菌の意識が高まっているこのごろ、図書館でも本の貸し出しの際に
数十秒の紫外線照射や送風で除菌、消毒できる「除菌ボックス」や「消毒機」を
導入する図書館が増えているとか。
大田区立図書館で「書籍消毒・除菌器」が設置されているのは、入新井、馬込、
洗足池、多摩川、蒲田駅前の5館。

   図書館

導入に至った経緯は「図書館の本で感染したということがあるから」といった
理由ではないらしい。だれが読んだかわからない本を不潔だと、絵本などを
借りに来る母親の心配する声が多かったようで、一般の本も対象だとか。

本の保存には高温多湿の日本では、虫の害、湿気には気をつけるべきだが、
多くの図書館の書庫は地下にある。それは紫外線による本の劣化を防ぐため
日の当たらない場所につくり、空調を完備している。とすると、消毒・除菌器に
入れて風を当て、紫外線を当てるなど本は喜ぶはずないのだが。
 
図書館の絵本以外にも、いわゆるバイ菌が気になるものは限りなくある。
公園の遊具、プレイコーナー、ドアノブ、トイレ、スーパーなどの貸出しカート、
レストランのベビーチェア・・・。これらに触れずに生活するのは不可能だ。

いずれは保育園や幼稚園、学校に通うようになり、友だちとも遊ぶようになる。
バイ菌を極力避けた生活などつづけられるのだろうか。
子どもの健康のためには気をつかうのはいいが、図書館の本を除菌するの
まではさすがにやり過ぎのような気がするのだが。

      エスカレーター

「抗菌」文房具も多い。よく見るのはエスカレーターの手すりの「除菌」の文字。
除菌スプレーも、数年前ノロウィルスが大流行したときあたりから病院のほか、
図書館などの施設、銀行、郵便局、スーパーや店舗にも置かれるようになった。

「除菌」は、物体や液体といった対象物や、限られた空間に含まれる微生物の
数を減らし、清浄度を高めること。
「消毒」は、物体や生体に付着または含まれている病原性微生物を死滅または
除去させ、害のない程度まで減らしたり、感染力を失わせるなどして毒性を
無力化させること。
ちなみに、「抗菌」は菌の繁殖を防止すること。「滅菌」はすべての菌(微生物や
ウイルスなど)を死滅させ除去することで、日本薬局方では微生物の生存する
確率が100万分の1以下になること。菌に対してはもっとも厳しい対応。
つれづれ

江戸時代の旅

2016年07月17日
今日は「東京の日」。1868(慶応4)年のこの日、明治天皇の詔勅により、
「江戸」が「東京府」に改称されたことに因む。   (江戸から東京に

江戸を中心に東海道、中山道、奥州街道、甲州街道、日光街道の五街道が
定められ、全国に一里塚の制度が設けられたのは、慶長9年。
日本橋を基点として1里(約4km弱)ごとに、道を挟んで5間(約9m)四方、
高さ1丈(約3m)の塚が2基ずつ築かれた。

多くの一里塚が消滅した中、現存する一里塚は全国的にも稀で、都内では
国指定史跡の北区西ヶ原(日光街道)と板橋区志村(中山道)の2ヶ所のみ。

  志村2013.10
               国指定史跡  「志村一里塚」
  
庶民の旅の大半は、参詣に名を借りた諸国見物の旅と考えられ、目的地は
伊勢、琴平、善光寺、日光、西国三十三ヶ所、四国八十八ヶ所とさまざま。
文政13年(1830)には、当時の全人口の6分の1にあたる500万人が伊勢を
めざしたというから驚きだ。これらの旅の多くは地区や集落で「講」を組織して、
旅費を出しあって交替でグループをつくり、10日以上かけて出かけたという。

花見、月見、紅葉狩り、雪見など、江戸近郊の行楽も盛んに行われた。
街道の追分や重要な分岐点などに、その行き先や里程を示した木製角柱の
道しるべが、やがて自然石や切石の道しるべが建てられるようになった。
今日、目にする道しるべの多くは、交通の激しい道路脇の祠中、雑居ビルの
階段下や寺社の境内や公園などに移されたもの。

家康は幕府を開く前、慶長6年(1601)の定書きを出して宿場制を確立させた。
日本橋から京都三条大橋まで53次、126里6町1間、大津から分岐して
大阪まで4次が足され、538.5 km。1里は3.9 km、1丁(町)は109m。
幕府は諸街道に厳重な警戒網をしいていたが、後期になると、信仰の旅に
ついては大幅に緩和され、ますます盛んになっていった。

『東海道中膝栗毛』(十返舎一九)の弥次さん喜多さんは、四日市まで12日
かかった。そのあと東海道を離れ伊勢参りをし、奈良を回って京に出ている。
東海道への誘いによると、(国土交通省関東地方整備局)
江戸日本橋から京都三条大橋までの距離は約492km。一般的に、徒歩で
13日から15日前後かかった。15日とすると、1日平均約33kmも歩く計算。

  旧東海道
         品川宿場跡    旧東海道   履物屋        

品川宿は日本橋から京へ向かう東海道最初の宿場。江戸に入るときはここで
休憩を取ったり、履物など身支度を調えるなどしてから江戸入りした旅人も多く、
履き物を商う店が多かったという。
往時と同じ道幅という旧東海道には古い建物も残り、多くの史跡が点在する。

江戸後期、宿代が100~300文位で、昼食代、草鞋代、駕篭代なども入れて
一日平均400文。江戸から京までは約15日、1両ほど必要だったと推定される。
ちなみに、中流庶民、大工の日当が400文から500文、月収は2両ほど。
 
家康が幕府を開いた頃の江戸の人口は、およそ15万人だったが、最盛期には
110~130万人だったとも。100万都市江戸では、武士50万人の居住地は
69%、50万人の庶民が16%、あとは神社となっていたといわれる。
ちなみに、1800年代のロンドンは人口約86万人、パリは約54万人。

また、江戸時代の日本は、庶民の就学率、識字率はともに世界一。
江戸の成人男性の識字率は幕末には70%を超え、同時期のロンドン (20%)、
パリ(10%未満)を遥かに凌いだという。
旅・散策・イベント

「治大夫橋」と「次大夫堀」

2016年07月16日
世田谷区内には「大山道」が通り抜けている。江戸赤坂御門を起点とし、
二子玉川で多摩川を経て、神奈川県伊勢原市から大山への参詣道だった。
世田谷区の二子玉川には、丸子川の「治大夫橋」を通る「大山道」と行善寺の
東側を通る「大山道」がある。

治大夫橋じだいゆうばし)  
「大山道」の丸子川に架かる橋の1つ。6年前に架け替え工事が完成。
橋を飾っているのは地元の公募により採用された二子玉川の歴史や自然を
テーマにした絵タイル。

   治大夫橋
   治大夫橋
     治大夫橋
              片側に10種類の絵タイルが並ぶ

「治大夫橋」は「次大夫堀」(「六郷用水」)の開削に功績のあった徳川家康の
家臣小泉次太夫(初代は次大夫、2代目は次太夫)にちなむ。創架年代は未詳。

次大夫掘じだゆうぼり) 
多摩川を水源とし、左岸の多摩郡和泉村(狛江市)から世田谷領を通って
六郷領(大田区)に至る、幅2~3間、延長23kmの灌漑用水路。
徳川家康の命により用水奉行の小泉次大夫が、対岸の「二ヶ領用水」の
建設と同時に、慶長2年に工事着手。14年の歳月をかけてすべて人力に
頼った大工事の末に、「二ヶ領用水」と併せて完成した。「六郷用水」。

     次大夫堀
                      次大夫堀

世田谷の喜多見、岡本、等々力、野毛地区を通り、その流域沿い10ヶ村余の
水田を潤した用水を「次大夫堀」とも「女掘」とも呼んだ。
「次大夫掘」は、昭和30年頃から次々に暗渠化されたが、当時「次大夫堀」と
呼ばれていた一部区間(仙川水神橋~亀甲山)が「丸子川」と名を変えて
わずかに昔の面影を残す。

そのほか、「次大夫堀」の流路の一部は世田谷区で緑道などとして残され、
大田区では湧水を利用して六郷用水が再現されている。(小川に沿った緑道
旅・散策・イベント

日本の漢方薬

2016年07月15日
近代以前、薬品はすべて鉱物、動物、植物という天然の物質を原料とした
生薬だったが、現在、世界で使用されている薬品の8割近くは石油など
化学物質を原料として安価に生産される化学薬品だという。

東洋医学と漢方などの医療行為は1967年に4種類の漢方薬が健康保険の
対象になり、その後、次第に拡充され、生薬から抽出したエキス剤が148種類、
生薬が約200種類、健康保険対象になった。

90年代から医療財源の逼迫のため漢方薬を保険対象から外すという結果に
なったため反対運動が起こった。3週間で93万人以上の反対の署名が集まり
何とか継続になったが、今後、医療財政の逼迫が拡大していくと、再び議論に
ならないとも限らないとか。

パーツで考えるのではなくシステムで全体を活性化、調整するのが漢方医学。
漢方治療のように、患者の生理的状態や疾患の状態などを考慮して個々に
治療法を設定する個別医療、オーダーメイド医療がいわれるようになった。
日本漢方の大きな特徴は、複数の生薬のブレンドの妙だという。
風邪ひとつとっても、寒がる人、暑がる人では処方される漢方薬は違う。

世界で「代替医療」が見直される傾向にあり、日本でも2002年に金沢大学に
代替医療学講座が誕生、北陸大学や大阪大学にも講座ができ、厚労省も
様々な系統の医術を統合して治療する「統合医療」の検討会を開催している。

漢方医療のいいところを取り入れた日本型の「統合医療」も増えてきて、
最近は一般の医療施設でも漢方(保険適応)を処方するところが多くなり、
何と9割の医療機関で漢方薬が日常的に使われているという。

漢方薬とのお付き合いは長い。自宅で煎じたこともあったが、漢方内科で
処方されるのはツムラの漢方薬なので助かる。相変わらずオブラートが
ないと飲めないが。 (自然の草木がもつ甘味身近になった漢方薬) 

   漢方薬
             現在は「100 大健中湯」のみ服用

日本の漢方薬の市場規模は、処方箋なしで買えるものを含め約千八百億円。
十兆円に上る医薬品全体からみるとわずかだが、この5年で15%も増加した。
漢方薬の原料に使われる「生薬」の8割は中国で生産されるという。

中国や韓国は自国の伝統医療を国際標準にするため、世界保健機関(WHO)や
国際標準化機構(ISO)に働きかけているが、日本は出遅れている。
日本の漢方の製剤技術は世界で抜きん出ており、中国の観光客が日本製の
漢方薬を爆買いしているのだというから驚く。

医療現場で漢方薬のニーズが高まる一方、中国では原料の価格が高騰。
危機感を抱く製薬会社は、「薬の都」を目指す富山県など国産に着目している。
休耕地を利用して生薬栽培する国内の農家も増えたが、課題も多いという。
つれづれ

内覧会に行ってみた

2016年07月14日
この春、世田谷区から大田区へ越して来られたOさん。(この街は・・・
彼女の最寄駅東急線鵜の木駅は、わが家からゆっくり歩いても8分ほど。
この駅で下りてわが家まで歩くことも多く、彼女と待合せるのはこの駅が多い。

彼女に紹介した筋トレには今月に入会。病院も耳鼻科、歯科とオススメしたが、
内科は彼女のところから少し遠い。そんな彼女にクリニックの「内覧会に行って
みない?」と誘われた。マンションのポストにチラシが入っていたそうだ。

土日の2日間、10時から15時まで。それにしても、マンションの内覧会
というのはよく聞くが、医院の内覧会ははじめてだ。少々興味がある。
土曜日、駅で待ち合せた。ごんさんの実家の近くだったので、土地勘はある。
だが、おそらく通ったことのない道、目印がとくにない住宅地、「内覧会」
という看板と背広の男性2人が目にはいらなければ、辿りつくには時間が
かかったかもしれない。

    クリニック

入口でおしぼりと緑茶のパックを配られ、中に入ってみると、数組の来訪者
それぞれにスタッフがついて1階の診察室からエレベーターで2階へ。
レントゲンや心電図のほか、超音波、血圧脈派検査装置や骨密度測定、
体組成計など最新の医療機器機械があり、血圧や動脈硬化、心臓、糖尿病の
病気など、院内で迅速に検査結果がわかるとか。インフルエンザの感染が
15分程度でわかる分析できる装置も。

エレベーター移動時、Oさんはスタッフの1人に院長先生の歳などを尋ねたり、
かなり積極的。一通り案内してもらった後、院長先生に挨拶。たしかにお若い。
名前や住所など書かされることもなく、ティッシュ(箱)をいただいて内覧は終了。

何とも不思議な体験だった。しばらく歩き、ガス橋近くのカフェでひと休み。
彼女の感想は、39歳だったか、院長先生の若さが気になるらしい。
医療機器の多さに圧倒された私は、患者の方を見ずに電子カルテに向かい、
検査数値や画像だけで診断するのだろうか? そんな印象を持った。

帰宅後、このクリニックのサイトを覗くと、そんな心配は払拭された。
1回あたり30秒程度の聴診を大切にしていると書かれていた。単純な風邪や
血圧の薬の処方のみの場合でも、聴診を含めた身体診察をしっかり行うことで、
重大な病気の早期発見したり、不必要な検査を減らすことができるという。
漢方薬の処方、生活習慣の見直しにも力を入れているようだ。

       漢方
  
内科のかかりつけ医は漢方内科(一般、消化器内科)に決めて4年余りが経つ。
内視鏡と胃カメラも揃い、聴診、触診と丁寧な診察にも満足しているが、
評判がよいのか、感冒の流行期などに行くとかなり待たされるようになった。
内覧したクリニックは循環器、一般内科。近いこともあるが、朝7時半から、
土曜は夕方まで、日曜も診察というのが助かる。お世話になりそうな予感。
旅・散策・イベント

「お坊さん便」

2016年07月13日
3年前、お坊さん便という、法事などでお経を上げる僧侶を定額で派遣する
葬儀関連会社「みれんび」のサービスが始まった。そして、昨年12月からは
そのアマゾンジャパンが取扱いを始めた。

     お坊さん便 *Click!
                「お坊さん便」 *Click!
    
ワンクリックで僧侶が派遣されるという。「お坊さん便法事法要手配チケット」の
基本料3万5千円は、僧侶を自宅など1ヶ所に派遣する「移動なし」と「戒名なし」。
「移動あり」は1万円プラス、「戒名授与」は2万円がプラス。寺と繋がりがないと、
どこに頼めばいいのか、布施やお車代にいくら払うかなど困ることが多いようだ。

仏教の主な宗派などでつくる全日本仏教会は「宗教行為の商品化」などと
反発して販売中止を求めているものの、半年経った今もアマゾン側に応じる
気配はなく、「派遣僧侶」を利用する人も増えているという。

全国的な傾向として、僧侶は飽和状態にあり、7万以上の寺院が文化庁の
統計上登録されているという。過疎化が進む地方を中心に檀家が減少し、
寺を維持できない僧侶は増えているため、少しでも収入を得よう思った
僧侶は、ネットからの紹介を受けざるを得ないのだとも。「お坊さん便」に
需要があるのは、日本人の信仰心が薄れたわけではない」という専門家も。

仏教会には「高額なお布施を求められた」「金額が不明朗」などのメールが
届くなど、強い逆風に戸惑う仏教界だが、「お坊さん便」を契機に、宗派横断
組織が設立されたり、内部改革の動きも出ているとか。

 来迎寺2013.3
           山門                    庚申塔 

早稲田にある来迎寺は、1669年の創建。本瓦葺き、四脚門形式の山門、
広い境内には樹木が茂り、緑が多く落ち着いて墓参ができる。
境内には延宝4年(1676)に造立された板碑型の庚申塔がある。

       ゆくりなく墓地購ふ話秋深し  
   
       沈丁や筑紫より墓移すべく 

母の句で想い出した。両親が墓地の購入を決断したのは1889年。
その後、唐津の虹の松原に眠っていた祖父母たちは東京へ移った。
今は、9年前に逝った父も眠る。墓地が都内にあるのは有難い。
つれづれ

梅雨明け間近を知らせる花

2016年07月12日
関東の梅雨入りは6月5日だったが、梅雨明けは? 昨年は7月19日だったが、
今年はどうだろうか。梅雨入りにあわせて開花し始め、頭頂部まで開花すると
梅雨が明けも近いといわれる花がある。

その1つ、タチアオイは、梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けには頭頂部まで
開花して花期が終わることから「梅雨葵」ともいう。

    タチアオイ
        タチアオイ  アオイ科 ビロードアオイ属   6.7
              
「葵」とはふつう 「立葵」を指す。ハート型の葉は、放射状の葉脈が目立つ。
「あおい」は、葉がどんどん 太陽の方に向かう 「あうひ」(仰日)の意。
中国唐代以前は「蜀葵しょくき)」、日本では平安時代は「唐葵」といわれ、
江戸時代には「立葵」といわれるようになった。      (タチアオイ
     
わが庭で七夕のころによく見かけたネジバナも頭頂部まで咲くと梅雨明けと
いわれている。モジズリ(文字摺)、ネジレバナ、ネジリバナの別名もある。                 

         ネジバナ6.19    
           ネジバナ   ラン科 ネジバナ属  

20数年前の改築の際、たくさんの樹や池があった和風の庭は芝生になった。
そのうち芝生のあちこちにつんつんとネジバナが顔を出すようになった。                 
芝生の中で目立たず、うっかり踏みつけてしまったこともあったが、ここ数年、
残念ながら見かけなくなった。少し寂しい。          (ネジバナ
植物など

被災地に花を

2016年07月11日
東日本大震災から5年目の3月、多くの特集番組や特集記事など組まれて、
震災の記憶を取り戻す機会となったが、4月には熊本大地震が起きて、
あの東日本大震災の被災地のことを-はともすれば忘れがちだ。

東京農業大の学生らでつくる農大復耕支援隊が、大震災の被災地で
地道なボランティア活動をつづけているという記事を読んだ。
大震災発生後5ヶ月後に発足したこの支援隊は、農大生のほかOBも加わり、
津波による甚大な被害を受けた岩手県釜石市や大槻町などでボランティア
活動に取り組んでいる。

今年の大型連休中の支援活動は総勢40人で被災地へ。ががれきの山だった
土地に住民とともに、マリーゴールドや食用花を植えたり、病虫害の防ぎ方を
現地の農家にアドバイスしたりと、農大ならではの農業を通じた支援だ。


5月半ばから「震災を風化させない」「東北の元気と感謝を全国に届けたい」と
東北6県の花々が空を飛んでいる。
16年度の東北支援に向けたANAの新しい取り組みとして、福島など東北の
花をちりばめた機体(「東北FLOWER JET」)が就航した。

       フラワージェット *Click!
                「東北フラワー ジェット」 *Click!    

ヒマワリやノコンギク、オトメユリなど福島の10種の花、青森のバラ、岩手の
ヤブツバキ、宮城のキンギョソウ、秋田のストック、山形のアルストロメリアなど、
全17種類の花は、2020年までの5年間、国内全域の空に咲く。

初便は伊丹発福島行き。福島空港では消防車の放水アーチで歓迎を受けた。
操縦した機長と副操縦士は福島出身だとか。
機体の花は、大震災直後から撮影を続ける郡山市の野口勝宏氏の作品。
野口氏は「ニコンフォトコンテスト2014-2015」の写真部門で、日本人初の
グランプリを受賞した写真家。

残念ながら伊丹空港となると、まず乗る機会はないだろう。羽田空港から
福島へ飛んでくれるといいのだが。
旅・散策・イベント

多摩川台公園のスイレン

2016年07月10日
今日7月10日の誕生花は「スイレン」。花言葉は「心の純潔、純情・信頼」。
エジプトでは、ナイル川の傍にたくさん咲いていることから「ナイルの花嫁」
と呼ばれ、国花になっている。ほかに、インド、タイ、バングラデシュの国花。
日本には「ヒツジグサ(未草)」の1種類のみ自生する。

昨年6月、絵の集まり後、数人で立ち寄った大田区立多摩川台公園の
「水生植物園」を今年は度々訪れた。4月にOさん、5月と6月にUさんと。

    2016.4
                桜散るころ              2016.4.13  

公園の「あじさい園」の紫陽花は、Uさんと6月半ばに訪れたときには見ごろを
少し過ぎたかなといったところで、思いがけず十分に楽しむことができた。
この日は多摩川の見える「多摩川ダイバー」でのランチとおしゃべりが目的で、
紫陽花も睡蓮にも期待していなかったが、雨上がりの花は一段と綺麗だった。

そして、7月初め、スケッチをしたいというⅠさんの希望で、川越(埼玉県)の
Fさんには遠いとは思ったが、Yさんも誘って4人で訪れた。
遅咲きの紫陽花はまだ美しく、写真やスケッチをする人たちにも出会った。

「あじさい園」の北西に隣接する「野草園」「水生植物園」は「調布浄水場」跡。
植物園はかつての沈殿池、野草園はかつての濾過池だったところ。
多摩川の水を汲み上げて周辺地域の飲み水を供給していた頃が偲ばれる。

この池の西側のこんもりとした森は多摩川流域では最大級の前方後円墳
「亀甲山古墳」。4世紀後半頃の築造と推定され、長さは107m余りもあり、
後円部の一部が浄水場の建設で欠けてしまったものの、ほぼ原形をとどめる。

   2016.6
            トンボ                    2016.5
 
午後、未の刻ごろに白い花を咲かせることからその名が付いたと言われる。
「睡蓮」は「ヒツジグサ」の漢名だが、一般にスイレン属の水生植物の総称。
ハスは、葉や花が水面から立ち上がるが、睡蓮は、葉も花も水面に浮かぶ。

      スイレン
        2016.5             2016.6

Yさんと夢の島熱帯植物園を訪れたのは2年前の8月。広い園内の池には
さまざまな熱帯睡蓮が咲いていた。熱帯睡蓮」は花が水面から立ち上がる。

    2014.7.31
             都立夢の島熱帯植物園    2014.7.31
   2014.7.31
植物など

変わる駅構内

2016年07月09日
東京駅の日本橋口へ向かう途中、手ぶら観光手荷物預かり処という文字が
目に入った。佐川急便の宅配カウンター「TOKYO SERVICE CENTER」だ。
手荷物の一時預かりおよびホテル・空港などへの手荷物即日配送など、
観光などで東京駅を利用する際の利便性向上を目的に2年前に設置された。
外観と内装は京都で好評の「祇園佐川急便 」をモデルにしているとのこと。

  預り処2015.11.
                      東京駅構内 

外国人による訪日旅行は個人によるものが多いという。そしてその多くは
自分で大きな荷物を持って日本国内を移動してるという。
周辺の道案内や観光案内、多言語(英・中・韓)にも対応していることや
営業時間が7時から23時までというのは利用者にとって有難いことだろう。

ちなみにヤマト運輸では、昨年、15店舗が受付窓口での英語対応、手荷物の
預かりなど認定条件を満たしたため、国土交通省観光庁から「手ぶら観光」の
サービス拠点として認定を受けた。手荷物の預かりや宿泊先などへの配送を
はじめ、英語や中国語などによる近隣観光スポットなどの案内を行っている。
たとえば、観光後、山梨のホテルに着くと、朝10時に預けた荷物はすでに
届いているのだとか。

東京メトロの溜池山王駅構内で見かけたのは、コンセントも備わったパソコンを
広げられる机が4つ並んだ「エキナカワークスペース」。12月までの試験導入で、
地下鉄を乗り継ぐ合間に利用できるという便利さ。利用は無料。
ホームにも3人分のスペースがあるという。

  溜池山王2016.5
            「ワークスペース」    溜池山王駅構内

平日の昼間、パソコンを広げて仕事をしている人はいなかったが、朝夕の
利用者は多いのかもしれない。
街のファストフードでコーヒー飲みながらがいいように思うが、ビジネスマンは
とにかく忙しいのだろう。表参道駅(15人分、コンセントなし)、銀座駅(6人分、
コンセントあり)にも導入されたという。3駅とも無線LAN使用可。

りんかい線の大崎駅をのぞく全駅の構内にある「ITすぽっと」ができたのは
10年以上も前のこと。携帯電話充電器、無線LANは無料、インターネット端末
(\100/10分)は全駅で利用でき、大井町、東京テレポート、国際展示場駅では
デジカメプリント機まで設置されている。
何度か大井町駅を通ったが、一度も利用している人を見かけたことはない。

       大井町2014.7
              「ITすぽっと」   大井町駅構内
旅・散策・イベント

明治期の狛犬 品川区

2016年07月08日
明治期の狛犬には子育て中が多く見られて、「頑張って」と話しかけたくなる。

戸越八幡神社 (戸越2)  

   戸越八幡
           子連れ狛犬        明治6年(1873)

品川神社 (北品川3) 郷社      
品川神社には江戸、明治、大正、平成生れの6対の狛犬がいる。
本殿前には明治生れの子連れ狛犬。   (品川神社の狛犬
  
   品川神社
                   明治17年(1884) 

荏原神社 (北品川2)
たてがみの流れの柔らかさ、絶妙な子どもの位置バランス、そして牡丹の彫りの見事さ。
江戸ぼたんの最高傑作!と狛犬愛好家をうならせた美しい狛犬。
    
   荏原神社
                   明治29年(1896)

利田神社 (東品川1)    
本殿前には子連れの狛犬。吽像の背中で遊ぶ子どもなど、品川神社の狛犬と
よく似ている。
        利田神社
                  明治38年(1905)
旅・散策・イベント

ダムといえば

2016年07月07日
今日は24節気の1つ「小暑」。そして「七夕」。暑さが本格的になる頃。
梅雨明けが近く、集中豪雨に見舞われることもあるというが、今年は・・・?

6月半ば、首都圏の水がめとなっている利根川水系上流のダム貯水量が
減少(上流ダム8ヶ所の貯水率は38%)したため、流域の6都県で10%の
取水制限が始まった。
6月末には栃木県や群馬県に生活用水などを提供している渡良瀬川上流の
ダムの貯水率が45%にまで下がっていることから流域の11の市と町で
20%の取水制限が行われることになった。
この流域で6月中に20%の取水制限が行われるのは29年ぶりだという。

ダムといえば、20年以上も前に訪れた「奥裾花ダム」(長野市)が印象深い。
このダムは「裾花ダム」に続いて信濃川水系犀川の支流裾花川に建設された
多目的ダム。「奥裾花峡谷」をせき止めて建設され、下流の長野市の安全度を
高めると同時に「裾花ダム」より上流に位置する戸隠村や鬼無里(きなさ)村の
治水を図るというもの。

       奥裾花峡谷*Click!
                奥裾花峡谷 *Click!        1990.10
                                 
戸隠や奥裾花などを訪れたスケッチ旅行はメンバーも12人と多く、かなり多くの
スケッチをした記憶があった。2泊3日だったが、案の定、戸隠で5枚、鬼無里で
2枚(F6)と鬼無里と奥裾花峡谷で3枚(サムホール)のスケッチがあった。

       奥裾花峡谷
                      奥裾花峡谷

車でダムまで行ったことは覚えているが、当時はデジカメもない時代だった。
ダムの写真もスケッチした場所の写真も残っていないが、F6の画は1時間ほど、
サムは20分ほどで描いた雑な画だが、鬼無里の風景やあのころの仲間を
懐かしく想い出させてくれた。

     鬼無里
            戸隠で              鬼無里村文殊堂脇より

「歴女」に「理系女」につづき、新たに「地理女(ちりじょ)」が加わったという。
「山ガール」「森ガール」に「釣りガール」・・・、最近「ダムガール」も増えている。
ダムガールにはなれないが、湯西川ダックツアーを知って参加したくなった。
湯西川ダムの施設見学と湯西川ダム湖を水陸両用バスでクルージングする
90分のツアー。(大人3千円 小学生以下2千円)
実のところ、施設見学より水陸両用バスに乗りたいといったところなのだが。
旅・散策・イベント

元気になった「トトロの樹」

2016年07月06日
JR西荻駅(杉並区)前の商店街を抜けるとまもなく大きなケヤキが見えてくる。
公園に立つ樹齢200年の「トトロの樹」だ。幹囲4.85m、樹高19..5m、
枝は20m四方に広がる。その樹形が映画『となりのトトロ』に登場する樹に
似ていることから名づけられたとか。

2008年にマンション建設計画が持ち上り、このケヤキ伐採の話が出たとき、
地域人々8千人以上が反対の署名を区に提出した。土地は区が購入して
2010年春、「坂の上のけやき公園」が誕生した。

その年、当時1歳のあいあいが肺炎で入院した。病院に行く前、このケヤキに
逢いに行った。公園中央に立つ「トトロの樹」の周囲を自転車で廻る子ども、
元気な子どもたちの歓声を想い出す。     (坂の上のけやき公園
    
     2010.4
            開園間もない「坂の上のけやき公園」 2010.4

公園の入口に立てられた石版には、「みんなの想い」が記されている。
「この見事なけやきは地域の多くの方々の協力により残され、けやきが主役の
公園を地域の住民が中心となって育んでおります。・・・平成二十二年四月」

保存運動の署名簿、この話題が掲載された新聞の切り抜きなど、住民の
思いが詰まったタイムカプセルが、花壇の下に埋められたという。
   
伐採の危機を乗り越えたケヤキは、再び「立ち枯れ」の危機に見舞われた。
根元の地面が踏み固められたことなどが原因だった。昨年夏、土壌改良剤が
敷地に注入された。「トトロの樹」は次第に元気を取り戻していった。

昨年12月、この樹の物語(朗読劇)がケヤキのみえるカフェで披露された
ことを知って「トトロの樹」を想い出した。ケヤキを写生したいと近所を
探し歩いているというKさんをお誘いした。(再会したトトロの樹
まだ色づいた葉が残る樹をスケッチしたが、太いゴムベルトで巻かれた樹が
痛々しかった。この日カフェ「アトリエ カノン」は定休日。

翌週、リベンジするべく西荻在住のFさんと、Sさんを誘って公園へ。
ランチは念願のカフェでケヤキをみながら。(トトロの樹を眺めながら

    2015.12
                 2015.12..22       
        
店長の山中さんによると、樹に亀裂が入ったのは2012年。それから
ベルトが巻かれたのだろうが、14年の秋、枯れ始め、翌年春には葉の
出が遅く左右不均等の異常な状態に。プロによる樹勢回復が行われた
おかげで、昨年秋には繁り具合も追いつき、葉に勢いが出てきたという。

    アトリエカノン
            「トトロの樹」がみえるカフェ   2015.12.22

その山中さんが仲間と出版社を立ち上げて、保護活動をまとめた絵本
『坂の上のケヤキ~キセ木の物語~』を発行されたことを新聞で知った。
近いうちに「トトロの樹」に逢いに行き、カフェで購入することにした。
もっと近ければ、毎日でも立ち寄りたい公園、そしてカフェだ。
植物など

漢字のはじまり

2016年07月05日
中国では石器時代から金属器時代へと移行したと考えられる商(殷)代
(BC17~BC11)に青銅器は高度の発達を遂げた。(殷時代の青銅器
この王朝を滅ぼした周の武王は「商」と呼んだ。出土した甲骨(こうこつ)文には、
都は「商」となっている。また、『詩経』や『尚書』では「商」と呼んでいる。

一方、最後の都が「殷」にあったことや、武王の死後、「殷」と呼ばれた。
ちなみに「殷」の字は蔑称だという。その後も春秋戦国の各国に継承され、
秦、各王朝に継承されてきた。日本人に馴染み深い『史記』には「殷」とある。
日本では「殷」と呼ぶことが多いが、『中国国宝展』(トーハク 2000年)では
「商」と表示されていた。

「殷墟」(小屯村)では商王朝後期の考古学的資料が大量に出土した。
「殷墟」で発見された「甲骨文」により考古学的研究は本格的に始まった。
「甲骨文」は、「骨占い」と結びついた文字記録。亀甲や牛や鹿骨に刻まれた。
「亀甲獣骨文字」「甲骨文字」ともいう。
3000字近い甲骨文が発見されているが、解読されているのは800字ほど。

     甲骨文
    殷墟出土の亀甲の「ト甲(ぼっこう)」 中国社会科学院 蔵
    (狩りに出かけ、豚や鹿を得ることができるかどうかを卜っている) 

紀元前1300年頃に確立した甲骨文は、現在確認できる最古の漢字。
紀元前後には現在の漢字のかたちを整えた。
青銅器の表面に鋳込まれた、あるいは刻まれた文字のことを「金文(きんぶん)」
という。年代的には甲骨文字の後にあたる。この場合の「金」は青銅の意味。

「鼎」「爵」「斝()」「尊」「盉()」「豆」「壺」といった漢字は青銅器の形そのもの。

「爵」 シャク さかずき
「爵」の甲骨文は、脚、口の上に立つ突起状のものまでよく表現されている。
   爵
       「饕餮紋爵」          甲骨文         金文
    BC13-11 (トーハク) 

「斝」 カ  さかずき 
温酒器。三足を有し、器形は爵と似た部分もあるが、爵より大型で、爵と
異なり、「流」(注ぎ口)や「尾」をもたない。
     斝
          斝         甲骨文           金文
  
「尊」  ソン  さかだる たっとぶ とうとぶ とうとい
盛酒器。上方に向かってラッパ状に開いた広い頸部を有するものを尊と呼ぶ。
「尊」の甲骨文は、酒気が立ちのぼる口が開いた器を両手で捧げ持つさま。
    尊
     剛刧(ごうきょう)尊         甲骨文         金文       
     BC11-10 (トーハク)

古代には、功績を称える恩賞として「爵」に注いだ酒が与えられた。
尊卑の順を定めるときには、「尊」を捧げ持つ儀式によって席次が決定された。
現在、「爵」という漢字を、伯爵とか侯爵といった身分を表す意味として、
また「尊」という漢字を、「とうとい」「尊敬する」という意味に使っている。

「鼎」  テイ  かなえ  「方鼎」  ホウテイ
商代、周代の青銅器の鼎には通常は饕餮紋などの細かい装飾の紋が刻まれ、
しばしば銘文が刻まれる。
商代中期から西周代前期にかけて、箱型の胴体に4本足がつく「方鼎」が出現。
もともとは肉、魚、穀物を煮炊きする土器として出現したが、同時に宗廟において
祖先神を祀る際にいけにえの肉を煮るために用いられたことから礼器の地位に
高められ、国家の君主や大臣などの権力の象徴として用いられた。
  鼎
        鼎           甲骨文           金文

「鼎」という文字になるのだが、甲骨文、金文ともにネコにみえてしまう。

3千年以上も前の骨占いから始まり、途絶えることなく伝わってきた漢字。
「甲骨文」がエジプト、メソポタミア、インダスという、ほかの四大文明の
古代文字と違うのは、途切れることなく「漢字」へと発展して今に伝わること。
久しぶりに青銅器たちに逢いにいきたくなった。涼しい日を選んで・・・。

画像:『字統』『字通』(白川 静) 『中国国宝展』『誕生!中国文明』(東京国立博物館
中国・中国の旅

殷時代の青銅器

2016年07月04日
先月、桂花会のために「中国歴代王朝」を調べていて、何度か通って写生した
トーハクの東洋館に展示されていた青銅器を想い出した。(先ずは暗記を
それらの青銅器がはるか昔につくられたものだということにあらためて驚いた。
本画にもした「爵」も商時代のもの。(中国文明展旅するギャラリー東洋館

中国王朝の歴史は、黄河中下流域を直接の支配領域とした夏()、その後に
続いた商(BC16~11)という2つの初期王朝から始まった。商は殷とも呼ぶ。
祭礼や儀式に基づく統治制度を整備していた夏と殷は、精密な文様をつけ、
きわめて複雑な形をした青銅器を大量に製作する高い技術をもっていた。

         写生*Click!
           青銅器スケッチ(一部)    旧東洋館  *Click!

青銅器は、銅と錫、あるいは銅と鉛の合金で鋳造され、食器、酒器、水器、
楽器、兵器、農具、工具、貨幣などに用いられたという。
中国の青銅器時代は、商代晩期から西周前期までの最盛期を経て、鉄器が
普及した戦国、秦漢時代になると、鉄器時代にかわられて終わったとされる。

殷代、周代の青銅器の鼎には通常は饕餮(とうてつ)紋などの細かい装飾の紋が
刻まれており、しばしば銘文が刻まれる。
饕餮とは、中国神話の怪物。体は牛か羊で、曲がった角、虎の牙、人の爪、
人の顔などを持つ。饕餮の「饕」は財産を貪る、「餮」は食物を貪るの意。
何でも食べる猛獣、というイメージから転じて、魔を喰らう、という考えが生まれ、
後代には魔除けの意味を持つようになった。

    饕餮紋
                   饕餮紋

青銅製の酒器や食器には互いに形態を異にする数多くの器種があり、
それぞれに「爵」「尊」「壺」「鼎」などの器名がついている。
このうちもっとも早く登場するのは「爵」と呼ばれる温酒・飲酒のための器。

「爵」は、長い注ぎ口があり把手のついた三本脚の器。酒を入れて温め注ぐ
ために使われた。ちょうど今のお銚子のようなもの。把手のつく側と注ぎ口の
向きを考えると、例外なく右手で持って左側へ注ぐように作られている。
儀礼制度として酒の注ぎ方の作法というものが確立していたことがわかる。

      爵
        饕餮紋爵       殷時代       雷紋平底爵

「鼎」は、通常はなべ型の胴体に中空の足が3本付き、青銅器の場合には
横木を通したり鉤で引っ掛けたりして運ぶための耳が1対つく。
殷代中期から西周代前期には箱型の胴体に4本足がつく「方鼎」が出現した。

   鼎方鼎
          饕餮紋鼎       殷時代        龍紋方鼎
 
もともとは肉、魚、穀物を煮炊きする土器として出現したが、同時に宗廟で
祖先神を祀る際にいけにえの肉を煮るために用いられたことから礼器の
地位に高められ、国家の君主や大臣などの権力の象徴として用いられた。

鼎に関することばには、足が3本であることから、3という数を表すことがある。
鼎談(ていだん)は、3人で会談すること。
鼎立(ていりつ)は3つの勢力が並び立つ状態のこと。「三足鼎立」「鼎足之勢」とも。
権力の象徴として用いた故事成語には、「鼎の軽重を問う」「問鼎軽重」がある。
中国・中国の旅

素敵な「折り返し地点」

2016年07月03日
ひょんなことから始まったスケッチ会の最初は大田区立多摩川台公園。
7月1日、暑い日。東急線多摩川駅10時集合。大森からⅠさん、川越から
「冷房が効き過ぎて・・・」とFさんが到着。もっとも近いY さんは少々遅刻。
ツバメは「きっぷうりば」前の巣でまだ子育て中。 (ツバメ子育て中

多摩川台公園は3人とも初めてとか。「あじさい園」から入り「水生植物園」へ。
トンボが飛び交いアメンボウが泳ぐ。睡蓮、半夏生、ミソハギ、フトイ・・・
梅雨晴れの蒸し暑い日、木陰がないのでパス。 

亀甲(かめのこ)山古墳展示室でタイムスリップ。(田園調布にある古墳群
亀甲山古墳は都内でも大きい古墳だが、「仁徳天皇陵」の何と大きいこと!
秦の始皇帝陵やクフ王のピラミッドなどとの規模の比較展示も興味深い。
何度も訪れたが、今まで見過ごしていた展示がいかに多かったことか。

展示室を出て見晴台へ。快晴の日は多摩川の向こうに富士山、丹沢、箱根の
山々も見える。すでにスケッチしているグループがあったが、3人はその近くで
蚊取線香もつけてスケッチ開始。すでに11時半を過ぎていた。

実に久しぶりにF5スケッチブック、絵具と色鉛筆を持参。高台の木立の中に
陣取って、蛇行する川と中州を描いた。色鉛筆で軽く色づけて30分で終了。
イーゼルを立てて描くⅠさんは色づけ、ほかの2人もスケッチ中だったので、
スケッチする彼女たちをクロッキーした。風景スケッチより楽しい。
虫除けスプレーも効いたのか、手の甲を刺された以外は被害なし。

    多摩川
           別のグループメンバー  Fさん Ⅰさん Yさん

ランチは玉堤通りへ出てすぐ、先日、Uさんと行った>「多摩川ダイナーへ。
頑張ってスケッチしたせいか、ボリュームたっぷり、大きなバケットのロースト
ビーフサンドウィッチも残さずにいただいた。

もう1つの目的地は、6月の「夏越の大祓」が済んで間もない浅間神社。
石段を上がると「茅の輪」が目に飛び込んできた。3人は同じく浅間神社も
「茅の輪くぐり」もはじめて。皆がくぐり終えたそのとき、1台の車が止まった。

「わぁ、長嶋さん!」Yさんの声に振り返ると、巨人終身名誉監督長嶋サンだ。
「こんにちは」「写真撮らせていただけますか~」 普段控え目な?Yさんだが、
実に積極的。長嶋サンは快諾され、2台のカメラ10枚ほどに納まってくださった。
実際に隣に並ぶと、想像以上に背が高く、スリム。やはりカッコいい!
Yさんはご主人が40年近く野球チームをつづけていることなど話し始めた。
ありゃ、ありゃ、長嶋サンのお参りも「茅の輪くぐり」はまだなのに。

    浅間神社
                            張り切るYさん

車を見送り、田園調布駅まで興奮冷めやらぬまま歩き始めた。
スケッチ中に正午の鐘の音がきこえてきたカトリック教会の前を通ったとき、
「この建物も絵になるわね~。今度描きに来よう」と誰かが言う。
長嶋さんとの偶然の出会いで皆のテンションは高まるばかり。駅着3時。
レピドールでティータイム。至福のひととき。次のスケッチに話が及んだ。

帰宅後、写真をみて思わず笑った。穏やかな笑みを浮かべる長嶋サン、そして
あふれんばかりの笑顔のオバサンたち。次に会うときまでにプリントしなくては。
浅間神社の氏子だということは知っていたが、まさか7月に「茅の輪」の前で・・・
ラッキー! 今年、無事に折り返しできたことにも感謝!
旅・散策・イベント

橋梁の高欄 Ⅱ

2016年07月02日
隅田川の高欄は橋の名前にちなんだデザインが多い。 (橋梁の高欄 Ⅰ
小さな川に架かる橋にも工夫されたデザインの高欄が設置されている。

     浜離宮 
                浜離宮  築地川 中央区

築地川は、中央区を流れ東京湾に注ぐ二級河川。現在は、ほとんどが
埋め立てられ一部が残るのみ。江戸時代、この界隈の土地が造成され、
海から陸になった際に埋め残された部分が築地川となったと考えられる。

     昌平橋
               昌平橋   神田川 千代田区

       芝浦
        芝浦
                 芝浦運河   港区   

呑川に沿ったガードレールのデザインは、大田区の区の花ウメと区の鳥ウグイス、
そして本門寺の屋根とハトだろうか。

        呑川
              大田区の花 ウメ  鳥 ウグイス
       呑川
             池上本門寺付近  呑川  大田区
旅・散策・イベント
 | HOME | Next »