FC2ブログ

江戸-東京・八重洲

2017年01月31日
地下通路を歩いていて、壁に画が飾ってあったり、壁画があると楽しくなる。
八重洲地下街は昭和40年(1965)開業。日本で2番目に面積が広い地下街。
北口通りには、「EDO ・TOKYO ・YAESU ・ HISTORY」と題したコーナーがあり、
江戸-東京、八重洲の様子がわかる展示になっている。
       
         地下街           
       
八重洲の地名は、ここに住んでいたオランダ人ヤン・ヨーステンの和名「耶楊子
やようす)」に由来する。
彼は江戸時代に日本に漂着し、後に徳川家康の国際情勢顧問や通訳として
活躍し、家康からこの地に邸を与えられた。その屋敷は和田倉門外の堀場に
あったので、後に彼の名にちなんで八代洲河岸と称され、更に八重洲になった。
 
        南口通り 
               ヤン・ヨーステン記念像  

             八重洲の由来
                   「八重洲の由来」 
     ヤン・ヨーステン 徳川家康 ウィリアム・アダムス リーフデ号  

家康は、リーフデ号が漂着した半年後の関ケ原の戦いの時にリーフデ号に
積載されていた兵器(大砲や火縄銃等)や砲員を有効活用したという。
オランダ人の航海士、朱印船貿易家ヤン・ヨーステンとリーフデ号航海長
ウイリアム・アダムス(三浦按針)の2人は家康から厚遇され旗本になった。

      日本橋
     「ウォーターフロントでの歌舞伎」      「日本橋」
         (「江戸名所図屏風」より 17世紀前半)

    江戸
                  城郭都市「江戸」    

    日本橋
         「繁昌する江戸のメインストリート」(日本橋付近)

    広重
      「京橋竹かし」         一石橋からみた「水の都」

「京橋竹かし」   安藤広重「東海道五十三次」    
竹河岸は、竹商人が多くいたことからそう呼ばれていた。多くは、千葉県から
高瀬舟に載せられて京橋川に入って来たものや、群馬県から筏に組んで
送ったものであったという。
現在京橋川は埋め立てられ、橋も親柱だけが残されている。

東都一石ばしから見た「水の都」  歌川広重「富士三十六景」 
一石橋越しに富士を観る風景を描いたもの。江戸城と大名屋敷、行き交う舟、
水都といわれた江戸の様子を垣間見ることができる。

一石橋は日本橋川と外堀、道三堀が交差する場所にあり、「八見橋」の通称の
とおり、一石橋自身を含めて八つの橋を見ることができたという。 
北岸にある後藤庄三郎の金座と南岸の後藤縫殿助の呉服所との中間にあった
ことから、二つの後藤(五斗)を合わせて一石橋という橋名になったとも、
永楽銭一貫文を米一石と交換したため橋名としたとも伝わる。・・・
旅・散策・イベント

「准高齢者」とは!!

2017年01月30日
『君の名は』をみたいけれど1人では・・・というYさんと観ることになった。
友だちと観てきたりんりんに勧められたものの躊躇していたところだった。
1月半ば、二子玉川109シネマズへ。この映画館がオープンしたときに
上映された『うみ やま あひだ 伊勢神宮の森から響くメッセージ』をUさんと
観てからもう2年近くが経ったとは・・・!  (森に行きたくなりました

Oさんと出かけた「すみだ北斎美術館」でもシニア料金で入館した。
美術館は65歳以上(¥900)、映画館は60歳以上(¥1100)、有り難い。
シニア、高齢者は何歳から?

      チケット

国連が、高齢化率の基準となる年齢を「65歳以上」として以降(1956年)、
国際的に65歳以上を高齢者とするのが主流になったとされるが、
60歳以上を高齢者と扱う場合もあり、統一した定義はない。
1956年当時の日本人の平均寿命は男性63.59歳、女性67.54歳だが、
2015年は男性80.79歳、女性87.05歳。約半世紀後、75歳以上が
人口の1/4になるといわれている。

日本老年学会などは、現在65歳以上とされている高齢者の定義を75歳以上に
見直す提言を発表した。
90年代以降の高齢者の身体、知的能力、健康状態に関する国内のデータを
収集、分析したところ、ここ10~20年間に5~10歳程度、若返っているらしい。

とくに65~74歳は心身の健康が保たれ、活発な社会活動が可能な人が多く、
「准高齢者」として、「高齢者」(75歳~)、平均寿命以上の「超高齢者」(90歳~)を
支える側として捉え直すことになるのだとか。
65歳以上を「支えられる側」として設計されている社会保障などの在り方に関する
議論にも大きな影響を与えそうだ。

高齢者が75歳以上とすれば、高齢者人口はほぼ半減するという。だからといって、
「まだ高齢者ではない」といわれて、腰痛や膝痛が消え去るわけでもないのだが。
博物館や美術館など、「准高齢者」がシニア料金で入れなくなる日も近いような気もする。
今のうちにシニア料金の恩恵に与っておかなくては・・・?
つれづれ

人名がついた坂道

2017年01月29日
都内にある坂道の名は、バラエティに富む。人名がつけられた坂道も多い。
気になる坂名数字がついた坂名都内の坂名Ⅲ) 

夏目坂  新宿区喜久井町~馬場下町
夏目漱石の随筆『硝子戸の中』によると、漱石の父でこの辺りの名主であった
小兵衛直克が、自分の姓を名づけて呼んでいたものが人々に広まり、やがて
こう呼ばれ地図にものるようになった。漱石の生家は牛込馬場下横町。

『硝子戸の中』では「父はまだその上に自宅の前から南へ行く時に是非共
登らなければならない長い坂に、自分の姓の夏目という名をつけた。不幸にして
これは喜久井町ほど有名にならずに、ただの坂として残っている。しかしこの間、
或人が来て、地図でこの辺の名前を調べたら、夏目坂というのがあったと云って
話したから、ことによると父の付けた名が今でも役に立っているのかも知れない」


    夏目坂
                      
坂上には父たちが眠る寺がある。何度も通る坂だ。

久七坂   新宿区下落合
『豊多摩郡誌』に「久七坂 村道元耕作道。字本村に属す、急坂なり」とある。
土地の人の話によれば、昔、妙正寺川べりの田圃は大半山上の農家のもので、
この坂も住家から田圃へ下る野良道であったという。
坂名はゆかりの人名に因むものだろうといわれている。

     久七坂

相馬坂   新宿区下落合
この坂に隣接する「おとめ山公園」は、江戸時代には将軍家御鷹場として
一般人の立入りを禁止した御禁止山(おとめやま)であった。
この一帯を明治時代末に相馬家が買い取って屋敷を建てた。この坂は
新井薬師道から相馬邸に向け新たに通された坂道であるため、こう呼ばれた。

       相馬坂

山屋坂  品川区小山
東急目黒線洗足駅近くの小和田邸の側に狭くなだらかな坂道は山屋坂と呼ばれる。
坂の名は海軍大将山屋他人に因んだもの。山屋氏は退任後、洗足田園都市の
初期に功績を残した。居住地の一角に「山屋坂」という石柱が建ったと思われる。
皇太子徳仁親王妃雅子は曾孫にあたる。

       山屋坂

六郎坂   大田区仲池上
坂名は、江戸時代後期、池上村のために尽くした海老沢六郎左衛門の屋敷が
坂に沿ってあったことに由来する。仲池上、上池台付近は耕地整理により
できた坂道が多いが、これは古くからある坂道。

           六郎坂
旅・散策・イベント

ケヤキの向こうに

2017年01月28日
昨年は元旦から大晦日までほぼ毎朝、ベランダから見えるケヤキを撮りつづけ、
りんりんのススメ通りにパラパラ写真をつくった。(今年のケヤキ317枚
1つにはまとまらずに多少の不満が残ったが、「ぼくの言ったように頑張ったね」
と褒められた?! そのせいでもないが、孫たちのカレンダーづくり終了後、
ケヤキをひと月3枚ずつ、計36枚の画像をA3にプリントしてカレンダーにした。
こちらの反応はなぜか今一つだった。

       ケヤキ

たまにわが家に来ると、ベランダから外を眺めることが多いりんりん、「今年から
どうするの?1時間ごとに撮ったら?」と言われたが、それはなかなか難しい。
雨や曇りではほとんど変化ないので、晴れる日の在宅が第1条件。
さらにケヤキの向こうの空が目的のため、葉をすっかり落とした晩秋のころから
4月半ばの芽吹き始めたころまでになる。果たして年に何日くらいあるだろうか。

1月19日朝、1枚。ふと外をみるとすでに変化している空。夕方までに計7枚。
大田区の19日の日の出6:49、日の入り16:55。元日が6:51と16:39だった。

  6:43
       6:43   (6:49 日の出)   7:03 
  
  8:27
       8:27               11:14   
  
  16:23
       15:01       16:23   (日の入り 16:55)

17時を過ぎるともう真っ暗。ケヤキの枝の間にはマンションの灯りしか見えない。
旅・散策・イベント

マナーも江戸から??

2017年01月27日
ますます増える外国人観光客を意識してか、Tokyo Good Manners Project
「TOKYO GOOD MUSEUM」というポスターが貼られている。

     東京マナー
      「世界一の玄関口」 「あたり前になった整列乗車」 「銭湯のかけ湯」 
     
東京を美術館に見立て、東京のグッドマナーやそれを構成するヒト・モノ・コトを
「作品」として定義、収蔵、展示することで世界中に発信する
・・・どうもピンとこない。
以前見かけた「江戸しぐさ」のポスターの方がまだインパクトがあるように思う。 
     (今も通じる江戸しぐさ しぐさも挨拶 江戸しぐさの街」)
    
数年前、都立現代美術館に行くために大江戸線森下町駅で降りて地上に出ると、
新大橋通りの街路灯に「江戸しぐさ」を染め抜いたバナーがハタめいていた。
纒がデザインされた街灯に記された「纒の由来」によると、八代将軍吉宗時代の
町火消しが編成された折、本所深川組発祥の地森下でつくられた纒がモデルという。

       森下
        「うかつ謝り」   「傘かしげしてすれ違う」   森下

「江戸しぐさ」は、日本における江戸町方の商人道、生活哲学。
「しぐさ」は仕草ではなく思草と表記する。もともと「商人しぐさ」「繁盛しぐさ」と
いわれ、多岐にわたる項目が口伝により受け継がれたという。
 (Wikipedia)

      肩引き
「肩引き」  道を歩いて、人とすれ違うとき左肩を路肩に寄せて歩くこと。

      傘かしげ
「傘かしげ」  雨の日に互いの傘を外側に傾け、濡れないようにすれ違うこと。

260年以上もの間、戦争のない平和な社会を支えたのが、人間関係を円滑にする
ための知恵だったといわれる。自分を磨き、相手を尊重すること、身分や血筋、
門閥に捕らわれず、自由な発想が出来る人間が「江戸っ子」とされた。

「時泥棒」  断りなく相手を訪問し、または、約束の時間に遅れるなどで相手の
時間を奪うのは重い罪(十両の罪)にあたる。

「うかつあやまり」  たとえば相手に自分の足が踏まれたときに「すみません、
こちらがうかつでした」と自分が謝ることで、その場の雰囲気をよく保つこと。

「こぶし腰浮かせ」  乗合船などで後から来る人のために拳1つ分腰を浮かせて
席を作ること。状況を咄嗟に思いやる「目引き、鼻引き、合点のしぐさ」。
新客は先客に礼を言い腰かける。譲り合う気持ちや心くばりが「くせ」になっていた。

「七三の道」 道のど真ん中を歩くのではなく、自分は道の3割、残りの7割は
緊急時などに備え他の人のためにあけておくこと。

「喫煙しぐさ」 煙草は同席した相手が吸わなければ自分も吸わないのがルールだった。
料理屋などで相客に気づかずに喫煙していると、店では「根付けをいただいて
よろしいでしょうか」と預かりにきたとか。また、灰皿がないところでは喫煙しては
いけない。これが江戸っ子の常識で、「くせ」になっていなくてはならなかった。

「東京マナー」はともかく「江戸しぐさ」はCool!だろうか。思いやりの心を
もっていれば当たり前のことばかり。忘れているのか、無視しているのか?
だからといって道徳教育やマナーの押し付けに使われるのは少々悲しい。
旅・散策・イベント

道案内

2017年01月26日
朝刊に載っていたセンター試験問題、なぜか英語にチャレンジしてみようという
気になった。第1問の発音や語句から始めて第2問の途中で出かける時間に。
仮に時間があっても長文読解などに取り組む気力も能力もないが。
英語も使う機会がなく、単語や語句はすっかり忘れても文法なら何とかなると
思っていたが、甘かった・・・。

英語もせめて日常会話ができればいいが、英語力がもっとも高かっただろう
高3の時でさえ「きく・話す」は苦手で、それは今もなお変わらない。
ある調査で「英語で道案内ができる」と答えた人はおよそ2割。残り8割は
「できない」という結果だった。それを受けて「英語で道案内ができるか?」と
街でインタビューした結果(TBS「森本毅郎スタンバイ!」)でも「英語で道案内」には
ほとんどの人が自信がないということになった。

彼らは海外在住経験がない、日本の英語教育を受けた「純粋なジャパニーズ」、
略して「純ジャパ」というらしい。その「純ジャパ」の多くは、自分の英語レベルは
中学生くらいと答えたという。ちょっとした道案内なら中学生レベルで十分だろう。
文章にならずとも単語を並べたり、目的地まで連れて行ってあげるとか、
自信はないなりに、何とか案内している人が多いようだ。

中国では、片言の中国語で積極的に道を尋ねた。通じなくともそれはそれで
いい思い出になった。もとも印象に残っているのは、北京后海での迷子体験。
后海は北京に数多くある湖の1つで、水面面積は東京ドーム7個強。
北京と杭州を結ぶ京杭運河の一部として、世界文化遺産に指定されている。

      后海2002.10
              后海     泳ぐ人がいた・・・  

ガイドなしの旅だった。3人別々にスケッチをしていて約束の時間になったが、
方向音痴に加え、土地勘がない。何人もの人に尋ねたが、地図を見せても
店名を言ってもわからず、湖の傍をやみくもに歩き回った。犬を連れた若者に
地図をみせてやっと解決。30分ほど遅刻して何とか辿り着けたのだが、
ケータイ連絡も出来ない頃の懐かしい思い出だ。 (懐かしい北京の胡同

さすが都庁。大菩薩峠、雲取山、武甲山、中野サンプラザなど、展望室の案内は
日本語、英語、中国語、韓国語で表示されている。

     都庁から 
                   展望室からの眺め    2011.1

最近はGoogleマップなどでスマホで検索している外国人も多く見かける。
いざとなったら、スマホで検索して示したり、相手のスマホに打ち込むことも。
英文で案内ができ、地図アプリを起動して説明もできる「道単!Lite」という
無料アプリもある。便利ではあるが、少々味気ないご時勢になったように思う。
旅・散策・イベント

避けたい落としもの

2017年01月25日
約54万枚の衣類、約35万本の傘、約30万個の財布。現金だけでも76億円
以上。全国で1年間に338万件の落とし物が届けられている。(警視庁)
東京で財布を落とした場合、戻ってくる確率は63%で、世界的にもかなり
高いという。だが、財布の中の現金が戻ってくる確率は36%くらいとか。

イギリスでは、落とした財布が戻る確率は15%と低いが、赤ちゃんの写真を
財布に入れておくと財布が戻る確率は88%となるという実験があるとか。
ちなみに、家族や子犬の写真では、その戻ってくる確率は約50%だとか。
日本ではどうだろう。 写真の有無に関係なく、届ける人は届けるような気がする。

財布に比べてケータイが戻ってくる確率は高いらしい。スマホがまだなかったころ、
ケータイを落とした。どうやら空地に捨ててあった満開の桐の枝を拾ったときに
落としたらしい。このときは交番に届けたくれた人がいて助かった。

傘も財布も失くしたことはないが、昨年は散々だった。りんりんの家の鍵を落とし、
カメラは公園のベンチに置き忘れた。鍵は交番に届いたが、カメラは戻らなかった。
どちらもりんりんと一緒のときで、かなり急いでいたときだった。 (鍵の行方
以来、失くしものをしないという自信はすっかり崩れてしまった。

          鍵
                      戻った鍵

昨年11月、東急線渋谷駅で「MAMORIO(マモリオ)」の落し物追跡タグを
活用した「忘れ物検索・通知サービス」が半年間、導入された。これは電車や
駅構内で発見した遺失物を持ち主に確実に早く返却するための実証実験。
電車や駅での遺失物の届け出件数は東急電鉄だけで年に約40万件弱。
このうち持ち主に返却されるのは40%程度にとどまるという。

「MAMORIO」は、小さな「落とし物防止の電子タグ」。3500円で約1年間使える。
失くしては困るものにタグをつけておき、手元から離れるとBluetoothでスマホと
つながり、紛失物の位置情報を地図で確認することもできるとか。

    マモリオ
                     縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mm

専用アンテナを渋谷駅の忘れ物受け付け所に設置することで、追跡タグの付いた
忘れ物のアンテナから、一定範囲内にいる持ち主に位置情報を通知することで、
早期受け渡しを可能にするという。

初めから「MAMORIO」が付いている手袋もある。財布などもできつつあるらしい。
ますます便利な世の中になるが、スマホに「MAMORIO」を付けるわけにいかず、
肝心のスマホを失くしてはどうにもならないだろう。
つれづれ

ボールペンを前に

2017年01月24日
マニアというのとは違うが、とにかく文房具好きのりんりんのペンケースは
多くのシャーペン、サインペン、ボールペンでいつも膨らんでいる。
アンダーラインを引いたり○付けするための4色や3色ボールペンも欠かせない。
別のケースに数種のシャープ芯も入れて持ち歩いている。鉛筆は1本もない。

その彼に「ボールペンはいつできたか知っている?」と訊かれたことがある。
彼が○○年と言っていたか忘れたが、Doodleのロゴをみた後だっただろうか。

     Google
               「ビーロー・ラースロー 生誕117年」

Google検索のときにたまに登場する Doodleのデザインが面白く、数年前から
わがフォルダに入れるようなった。
昨年暮、そのフォルダを整理中に「ビーロー・ラースロー生誕117年」という
オシャレなデザインに目がとまった。ビーロー・ラースロー?聞いたことがない。
調べてみると、ボールペンを発明したユダヤ系ハンガリー人だった。
ハンガリーでビーロー・ラースローがジャーナリストとして働いていたとき、
世界初の近代的ボールペンを考案し、パリで特許を取得した。(1938年)

彼は新聞の印刷に使っているインクが素早く乾き、にじまないことに気づいて、
そのインクを万年筆に使ってみたが、粘性が強すぎてペン先まで達しなかった。
化学者だった弟と共にソケット内に自由に回転するボールを仕込んだペン先を
生み出した。カートリッジ内のインクがボールに付着して、ボールが回転する
ことでそのインクが紙に転写されるという仕組み。
1945年にビーローのペンは量産化され、戦後のアメリカでブームとなった。
インク漏れをほぼ完全に防止でき、安定した製品が市場に出たるのは50年代。

          ボールペンなど すべて100円台

りんりんには及ばないが、いつの間にかたまった机上のボールペンとシャーペン、
よく使うのは数本で、昨年、かなり処分してからも使わないペンがほとんど。
あるとき、彼に「へえ~、ジェットストリーム持っているんだ~。一番人気だよ」
と言われた。いつどこで手に入れたのかも覚えていないが、確かに使いやすい。
 
りんりんが置いていったものや彼に勧められた「uni STYLE FIT」とか
「フリクション」シリーズを除けば自分で選んで買ったものは少ない。 
「フリクションボールペン」はボディ後部の専用ラバーで擦ることで生じる摩擦熱で
インキの色が無色に変わり、筆跡を消すことができる。

       フリクション 
                   「FRIXION」
          STYLR FIT
           3~4色を選べる「STYLR FIT」 
    
正月明け、少し暇が出来たので、わがボールペンが何位なのか調べてみた。
「ピントル」ボールペン専門ページの「人気ボールペンランキング50」をみると、
やはり「ジェットストリーム」はランキング1位だった。

        1位
   手前から 1位 JETSTREAM  2位 SigNo 13位 REX GRIP
       ボールペン 
  手前から 23位 25位 Laknock  35位 Tapi  42位 Highbrid

多くのシャーペンやボールペン、消しゴムに囲まれていても、メモ書きの以外
キーボード頼り。筆記具はめったに使うことがなくなってしまった。                 
つれづれ

木のぬくもり

2017年01月23日
ごんさんがつくった木製品は少なくない。もっとも大きなものは数10年前の
『暮しの手帖』に掲載されたソファをベニヤ合板で、クッション部分は私が布を
買ってきて縫った。さすがに30年前の旧宅解体時に処分したが、ほかにも
文庫本用棚、絵具や画材の棚なども長い間愛用した。
孫誕生後は玩具棚、机、椅子兼玩具箱、ままごとセットなど。(木の玩具) 

 玩具棚椅子
          玩具棚              椅子兼玩具箱

       机
              机とキャスター付玩具棚   

        ままごとセット 2007.2
               ゆうゆうへのままごとセット  

  画材棚
                
それまでの絵の具棚に新しく棚をつなげてキャスターを付けた棚は画材棚
としてずいぶんと重宝した。          (岩絵具 色とりどりの宝石
絵のお仲間たちにリクエストに応じた画材棚をつくった時期もあった。

     絵の具棚
                Kさん             Uさん   
     絵の具棚
                Sさん             Kさん
身近な人びと

リユースにリメイクに・・・

2017年01月22日
木製品はやはりいいと思う。百均で買った木材でも、それなりに使い道はある。
2学期の技術家庭の授業で「本立て」をつくったりんりん、冬休みの自由制作に
選んだのはティシューケース。外箱には百均の木材、蓋にはわが家にあった
桐の端材を使用。

     箱作り

ごんさんの指導と、道具が揃っていることもあってなかなかの出来栄え。
深緑の水性ペンキを吹きかけている画像を母親にLINEすると返ってきたのが
「また、緑!」だった。りんりんにきくと、学校の「本立て」に緑色のペンキを塗った
とのことだった。
     ペンキ

今まで最高のリメイク?は、かつての娘と息子の部屋の仕切りになっていた
クローゼット内の木地の抽斗はリメイク。2つを合わせて丸窓のある?猫たちの
部屋となっている。

   部屋
            2014.1          アミ  2016.12

昨秋、トラが逝き、ケシが3ヶ月の間姿を消していた間にククとトモが木造の部屋を
占領した。アミは2階ベランダの段ボールの中で縮こまっている。

庭でペンキを吹きかけてティッシュケースが完成した日、物置で、以前ごんさん
絵具入れ用につくってもらった棚をみつけた。ニスもペンキも塗らずに20年ほど
経った棚だが、落ち着いた木の風合いにあたたかみが感じられる。
この棚はちょうどよくじゅんじゅんのミニカー用の棚となった。持ち帰ったその晩、
棚にミニカーを片づけている画像が送られてきた。

4歳半のじゅんじゅんは居間で遊ぶことは少なくなり、2階のかつて兄の部屋は
今やプレイルームとなった。兄が長い間遊んでいたミニカー関連、プラレール、
列車関連、レゴなどは片づけられずに部屋中に広げられたままのことが多い。

        じゅんじゅん
                 少しは片付くだろうか・・・

数台のミニカーが棚に収まらなかったというので、使っていなかった2つ折りの
絵具棚も彼のミニカー入れとなった。

       棚
          
最初に彼の部屋に行った棚だが、もとは瓶に入れた岩絵の具を並べるための
シンプルな棚だった。画材一式を仕舞えるようにと、屏風畳みの外側には以前の
絵具棚をつけてもらい、移動式5連の棚をにしてもらったのはいつだったか。
重宝していたが、瓶入りの絵具は持ち運ぶのに重たいこともあり、袋入りにして
「百均」で揃えた抽斗に移した。棚は解体し、押し入れで再び棚となったものや
物置に眠っているものもある。 

次は春休み、りんりんが愛読漫画『七つの大罪』が入る本棚を新しくつくることに。
さすがに百均の木材では少し心配になる。
身近な人びと

木になる駅舎

2017年01月21日
東急池上線戸越銀座駅のリニューアル工事が昨年12月に完了し、東急電鉄と
戸越銀座商店街連合会との連携で竣工式が行われた。
この工事は駅開業90周年を記念して、駅の利用者や沿線住民の意見を参考に
歴史ある木造駅舎を雰囲気を継続する上でも木材を使うことになったとか。
木造の駅を木造でリニューアルするというのは全国でも珍しいらしい。

    五反田方面
               上り(五反田)方面              
  蒲田方面
                下り(蒲田)方面 

都内の鉄道施設で初めて都の「森林・林業再生基盤づくり交付金事業」。
鉄骨造に比べて建設段階の二酸化炭素放出量を約100㌧削減できるほか、
都内で産出された木材を使うことで森林資源の循環利用を促し、東京の森林、
環境保全にも役立つという。

ホーム屋根やトイレの建て替えには、多摩産の木材を丸太にして約470本分
約120㎥使用。従来より拡大されたホーム屋根は木と木をかみ合わせて織り
上げるシザーストラス構造を採用、。木製ベンチのほかにも「切妻の三角屋根」の
シンボルマークや「のれん」も設置されている。

    五反田方面
      のれんのマークは上向き  上り(五反田)方面 
       蒲田方面
       マークは下向き        下り(蒲田)方面

     改札口
 
月に数回ほどこの駅を通るが、昨年の暮れ、工事の終わった駅舎が目に入った。
それまでポスターで新しい駅の概観はみて知ってはいたが、眩しいほど明るく、
木のぬくもりの感じられる素敵な駅になっていた。親戚を訪ねてこの駅で下りた
こともあったが、見違えてしまった。

      ベンチ
                            「多摩廃材を使っています」    
     上りホーム
                            「シザーストラス構造の屋根」
   メッセージ
               利用者のメッセージボード

五反田行方面ホームには旧駅の思い出や駅との関わりを記した駅の利用者の
メッセージを刻んだボードが設置されていた。ゆっくり読む時間はなかったが、
「がんばろーぜ!戸越銀座!」「古い駅ご苦労様 新しい駅宜しく」「戸越銀座
サイコー!」・・・、駅と街への愛に溢れている。朝の通勤通学時、電車を待つ間、
スマホでなく、これらのメッセージを読む人はどのくらいいるだろうか。

年明け早々、カレンダーづくりのためのプラケースを探して百均を廻った。
戸越銀座にキャンドゥがあることを思い出し、駅の見学を兼ねて出かけた。
結局、カレンダーはなく、この日は駅舎の見学のみで終わった。
旅・散策・イベント

陽なたを追いかけて

2017年01月20日
今日は24節気の1つ「大寒」。暦の上ではもっとも寒い時季。この時期の寒さを
利用して、酒や味噌、寒天、凍り豆腐などのいわゆる「寒仕込み」が始まる。

本格的な冬がやってきて、わが庭の風景はかなり変わった。
昨年、トラが逝き、ケシが姿を消して以来、それまで玄関から門付近で過ごして
いたククは南側の庭に来るようになった。ケシの代わりにテリトリーを守っている
つもりだろうか。アミは近くのオジサンのところで過ごし、わが庭には朝夕食べに
来るだけになっていたこともある。

      玄関前10.30
             玄関前    ククとトモ              

ケシが突然、現れてからもククは時折、南側にやってきていた。たまにトモ
連れてくるようになった。それまでもトモは水飲みに蹲まで来たこともあるが、
書斎の前、和室の前、居間の前と少しずつ行動範囲を広げていった。

       和室前11.10
        「ここがニンゲンの部屋・・・」と教えるクク?    和室前    
             居間前11.20
             「お邪魔しま~す」     居間へ
 
陽が当たる南側がすっかり気に入ったようで、日向を追いかけて1日を過ごす
ようになった。ガラス戸を開けると中に入ってみるだけの余裕もできたようだ。

    クク トモ1.4
   クク トモ1.6
 
1週間も経たないうちに居間の前の段ボール箱の中で眠り、朝、雨戸が開いて
アサゴハンにありつけるまで、居間の前でククと待っているまでになった。
   
     ケシ1.9
            トモ                ケシ

そんなこともあって4匹の食事は今年になってからは南側1ヶ所だけにした。
動物など

お留守番

2017年01月19日
センター試験の行われた土日、じゅんじゅんを預かった。雪こそ降らなかったが、
寒波襲来とかの寒い朝、車でやってきた。
この冬、風邪をひかずに保育園も元気で通い続けている彼は、わが家に来ても
公園など外で遊びたがり、「ゾウサンこうえんに行こう」とごんさんにせがむ。

ごんさんはいつも園送迎用の自転車で公園に連れていく。この日は車で来た。
ゾウの遊具がある公園は自転車なら10分ほど。歩いていくのは勘弁願いたいらしい。
「自転車がないからゾウサン公園は遠いので行かれない・・・。あの大きな時計が
ある公園はどう?」「いや!」・・・挙句、わが家から徒歩3分の通称「かえる公園」に
落ち着いた。30分ほどで戻ってきたが、この日はそれで満足したようだったが・・・。

その後は持参したビデオをみる。「となりのトトロ」「ドラえもん」から、最近は
「こどもチャレンジ」の「しまじろう」がお気に入りで、その教育効果?は大きい。
ときどき「3つのおやくそくはね~」などと言ったり、平仮名をほとんど読める
ようになっていて驚いた。

    ビデオ
                       生意気なスタイルで

りんりんが帰ってきた。彼は2階のベランダからの景色が気に入っている。
楓や梅にやってくる野鳥をみようと置いてあった双眼鏡を手にして大喜び。
遠くの欅、松、桜、銀杏・・・「わあ~こんなに近くに見える!」。じゅんじゅん
覗きたがるので、もう1つの双眼鏡を渡すと、首にかけて探検家気取り。
そういえば、双眼鏡で探検する場面は『ドラえもん』に出てきたっけ。
それからは庭に出たり、2階のベランダで走り回ったり、公園で遊ぶだけでは
彼のエネルギーは消耗しないらしい。
 
   紅梅1.15
          2階から
                                             
翌日も留守番のじゅんじゅん、朝、車を出そうとする母親に「自転車で行く」と
頑張ったという。前日は自転車がないのでゾウサン公園に連れて行って
もらえなかったことをきちんと理解していた。
昼食後のリンゴを頬張りながら、公園に行く準備をする彼の嬉しそうなこと。

午後、りんりんがやって来るとまもなく、じゅんじゅんも公園から戻ってきた。
彼のマイブームの「すごろく」でしばし遊んでいたが、兄が双眼鏡を手にすると、
「あの、ああいうのあったでしょ」と前日遊んだもう1つの双眼鏡を要求。

        庭で
           支柱を3本並べるじゅんじゅん  

それからの2人はそれぞれ双眼鏡を持って庭と2階ベランダを行ったり来たり。
4歳のじゅんじゅんと、こんなときは兄も弟もなく楽しく遊べるようだ。  
身近な人びと

街を歩けば自販機に・・・

2017年01月18日
日本ほど自販機の多い国はないらしい。とくに飲料の自販機の多さには驚く。
実は自販機設置台数で世界1位なのは米国だという。だが、人口や国土面積を
考えれば、日本が世界一と言われるのももっともだろう。

観光地の自販機はそれなりに辺りの風景に溶け込むような工夫が凝らされて
いるような気もするが、それにしても・・・。          (自販機大活躍
りんりんと犬山や名古屋を訪れたのは2014年7月。(犬山城の天守から
1537年織田信長の叔父織田信康によって造られた犬山城は、国宝の四城
(犬山城・彦根城・姫路城・松本城)の中で最も古い城。 
 
   犬山
            犬山の街並み      「わん丸君」の自販機

全国で唯一、市の名前に「犬」がつくという犬山。キャラクターは「わん丸君」。
誕生日は10月10日、永遠の10歳の男の子だとか。

        名古屋城
                    名古屋城前      

         会津
                     会津若松市
東京でも・・・
     浅草
        多摩川 浅間神社      浅草 「清涼飲料販売箱」 

「100円」という自販機もよく見かける。
   桜
          桜のデザイン     100円
      100円
            100円        100円 80円 50円
駅構内・ホーム
        御徒町
              JR御徒町駅  ミルクスタンド横

      両国駅
        大江戸線両国駅ホーム    JR恵比寿駅ホーム

       都立大学
        東急線キャラクター「のるるん」 都立大学駅 ホーム        

      田園調布駅
            駅舎のデザイン   東急線田園調布駅   
旅・散策・イベント

カレンダーづくり優先?

2017年01月17日
コンビニ、百均に行けば、日用品などたいていのものは揃うと思っていたが、
今年は年明け早々、目的のモノを手に入れるまで苦労した。
その1つ、年賀状。ここ数年、自分の年賀状は正月になってからになる。
元旦、用意してあった年賀状が、8枚足りない。本局よりコンビニの方が近い。
だが、コンビニを数軒回るが、もう年賀状は置いていなかった。初めから本局に
行くべきだった。必要とわかっていても準備するのが年々、面倒になってきた。
これも歳のせいかとつくづくと嫌になった。

        カレンダー
     カレンダーとアルバム(ゆうゆう誕生からあいあい入学まで)

        カレンダー
                A3版  カレンダー 

カレンダーづくりでも同じこと。壁掛け用とA3版とのほかに、今年はCD大と
ハガキ大のカレンダーを数種類つくった。百均に11月から並ぶカレンダーを
買って、そのプラスチックケースを使うつもりだった。
今年2日、カレンダーがやっと出来て買いに行くと、すでに置いていなかった。
カレンダーのあったところにはバレンタインチョコつくり用グッズが並んでいた。

仕方なく、ヨドバシ・ドットコムで10個入りプラケースを注文した。送料なしで
329円とは安いこと! 朝、コンビニで支払い、夕方、帰宅すると届いていた。
すっかりその存在を忘れていたフロッピーディスクケースが10個が出てきた。
注文の際、FDという文字を見落としたようだ。このサイズでカレンダーをつくる?
そのうち使い道を考えよう。

3ヶ所の百均になかったCD大のプラケース、6日、電車で最後の頼みの百均へ。
はがき大もCD大もたくさん置いてあった。助かった! 毎年買う「月の暦」のほか、
「宇宙」の写真のもの、文字だけのものまで全部で6個も買ってしまった。

        CD版
                    CD版カレンダー

ゆうゆうたちにはすでに手渡したが、その後、じゅんじゅんに「新幹線+特急」を
つくった。列車名はすでに知っているが、そろそろ平仮名を覚え始めたので、
写真の下に「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」などの文字を入れた。
りんりんはわが旧パソコンで、目下お気に入りの『七つの大罪』を取り込んだ
カレンダーをつくり始めた。なかなか時間がとれないため出来上がりはいつに?

りんりん誕生からつくり始めたカレンダーづくりは年中行事になっている。
孫4人がモデルのわが家の分が終わらないと、新しい年になった気がしない。
身近な人びと

高崎だるま

2017年01月16日
冬休み、沼田に出かけたりんりんのお土産は横川の釜めしと高崎のだるま弁当。
1960年に登場したというだるま弁当は有名な駅弁。駅弁名は「だるま」で有名な
市内の少林山達磨寺にちなむ。茶飯には、群馬の山の幸、こんにゃく、椎茸、筍、
山クラゲなど、群馬の山菜がたくさん載っている。

     3161no02.jpg
     
そういえば、釜めしの釜は「膠」を煮るために絵具などの画材のところに2つ
とってあるが、ダルマの方は貯金箱にしたこともあったが、いつの間にか
処分してしまったようで残っていない。

弁当箱はともかく、長い間、部屋にあった小さな高崎だるまも、願いが叶ったか
どうかわからないまま姿を消した。    (ダルマさん にらめっこしましょ
「高崎だるま」は、別名「福だるま」「縁起だるま」とも。顔は吉祥を表現していて、
眉毛は「鶴」で鼻から口髭は「亀」を表す。    (うさぎ年のダルマさん) 

高崎市の少林山達磨寺は、農民を飢饉から救おうと江戸中期にだるま作りを
広めたとされ、新春に開かれるだるま市はおよそ200年続く伝統行事。
高崎市で張り子のだるまづくりが始まったのは、今から200年以上も前のこと。
2011年現在、だるまの生産店は50余店。 年間約90万個のだるまを出荷し、
その数は全国の張り子だるまの大多数を占めているという。

上州は昔から、養蚕が盛んな地域。 蚕は繭を作るまでに4回脱皮するが、
それを「起きる」という。養蚕農家では七転び八起きのだるまを大切な守り神
として大切にしてきたという。
だるまが赤いのは、達磨が赤い衣を着ていたとされることに由来するとか、
その他、赤色には魔除けの効果があると信じられていたことや、疱瘡の神が
赤色を嫌うと信じられていたことにも由来しているともいわれている。

だるまのモデルはインド生まれの禅宗の開祖達磨大師の坐禅姿といわれているが、
『ダルマの民俗学―陰陽五行から解く』(吉野裕子 著)によると、陰陽五行説、
五行でいう、いわゆる「火」の属性を持つ呪物だという。
その形と色は、上へ昇る三角形の「火」の象徴で、仏教の火天、四神における
朱雀などを例にとり説明されているが、陰陽五行説は難しい。

    手ぬぐい*Click!
                    縁起達磨    *Click!

義父が下田の達磨大師で手に入れたと思われる「縁起達磨」の手拭を久しぶりに
広げてみた。32体のだるま達、高崎だるまだけでなく、関東、信州、南東北の
だるまの方が馴染みがある表情をしている。  
この1月で義父が亡くなって7年、父が亡くなって10年になる。
父の逝った朝と同じように、父の大切にしていた紅梅が今年も数輪開いた。
旅・散策・イベント

沼田の思い出

2017年01月15日
「真田」ブームは終わったのか、続いているのかわからないが、かつて沼田城が
あった群馬県沼田では、「真田丸展」が3月末まで開かれている。
正月5日、りんりんは母親と沼田へ出かけた。岩櫃城跡(吾妻町)を訪れたが、
食べるところどころかコンビニもなかったとか。

沼田公園になっている沼田城址の方は城郭再建の動きもあるとか。
真田の居城だった沼田城は戦国時代の1532年に築城。その後約150年間、
5層の天守を持つ城として関東では江戸城と並ぶ存在だったという。
りんりんが出会った1匹の猫は、さびしいのか、彼の後を追いかけてきたとか。

   沼田城址
         雪の「沼田城址」でりんりんと猫  2017.1.5

現在は故郷の泉州(福建省)で農場を経営している呉さんだが、沼田市に
住んでいたとき、何度かお邪魔して車で案内してもらったことを思い出す。

      吹割の滝2006.12
         「吹割の滝」   天然記念物指定 「日本の滝百選」

沼田城址を訪れたのは2006年12月、Sさん、Kさんと「吹割の滝」に連れて
行ってもらったときだろうか。お城にも真田にも興味がなかった当時、ここに
お城があったなんて・・・!、だれの城だろう?と思った記憶しかない。
もっとも『真田丸』も最初の2,3回みただけ、りんりんと名古屋城、犬山城、
会津城などに行ったが、いまだに真田にもお城にも興味はわかないが。

2007年夏、呉さんの第一子、U君が生まれた。Sさんとりんりんと病院まで
お祝いに駆け付けた。       
2010年元旦、桑樹では日本三名木の1つ「薄根の大桑」と「須賀神社の大欅」、
2本の巨樹は忘れられない。

      大クワ2010.1
              薄根の大クワ  沼田市町田町
   樹齢1500年 樹高13.65m 目通り7.97m 国指定天然記念物

       大ケヤキ2010.1
             須賀神社の大ケヤキ   沼田市
   樹齢400年 樹高24.5m 目通り8m 県指定天然記念物

2009年元旦は雪の中、古刹吉祥寺に初詣。(今年の旅はじめⅡ 初詣
2013年の元旦には富岡製糸場に。まだ、世界遺産になる前で静かだった。
旅・散策・イベント

書き損じたハガキは

2017年01月14日
15日は「お年玉年賀はがき」の抽選日。毎年、当選番号がわかると、一応
チェックする。頼まれた年賀状のうち印刷ミスというより色の調整に使った
葉書もチェックした上で、郵便局でいわゆる「書き損じ」葉書として手数料5円で
切手や官製はがきに換えてもらっている。

ラジオで耳にしたのは、こうした未使用の書き損じ葉書を回収して、飢餓のない
世界をつくるために活動するNGO団体がいくつかあること。

HFW(ハンガー・フリー・ワールド)というNGO団体では「書き損じハガキ回収
キャンペーン」(2016.12~2017.5)を行っている。
書き損じ葉書1枚で給食1食分、未使用テレカ(50度数)1枚で苗木2本などになる。
昨年度は、全国の9万6千人から1億5千万円分の書き損じハガキや切手などが
集まったという。
 
      キャンペーン

スポンサーシップ・プログラム(里親支援)、寄付、募金によってフィリピン、ネパール、
スリランカの子どもたちを支援する国際NGOのチャイルド・ファンド・ジャパンは、
子どもたちが楽しく勉強できるよう、学用品の支給や、学校設備の整備、教員への
研修などの支援を行っている。

       ネパール

ネパールの古くなった学校には机がない教室もあり、子どもたちは地面に敷いた
「むしろ」の上に座って授業を受けている。
書き損じハガキ3枚で色鉛筆のセット1つ、17枚で教室の床に敷くカーペット1枚、
25枚で、机1つを贈ることができる。100枚分で、家庭の収入向上支援のために
メスのヤギ1頭贈ることができ、150枚でヤギの小屋を1つ贈ることができるという。

ヤギは丈夫で育てやすく、ネパールでは食肉として高い値段で売ることができ、
ヤギの販売によって収入が増えた親は、子どもたちに制服や学用品を購入するなど、
これまで以上に責任をもって子どもたちの世話をすることができるようになるという。

    切手
                        プラケースに分けて

書き損じハガキは切手に交換して送る方がよさそうだ。最近、手紙を出すことが
めっきり減って、抽斗には10年以上前の記念切手もかなりある。封書が80円
だったときはもちろん、62円だったころの切手まであった。必要分だけ残して、
これらの切手も送ろうと思って抽斗の整理を始めた。お陰で誤って購入した
フロッピーディスク用のプラスチックケース10枚もうまく利用することができた。

シェアという保健医療を中心に国際協力活動を行うNGO団体では、使用済み
切手、中古図書、中古CDや外国コインもOK。小さな小さなボランティアができ、
断捨離にもなり、一石二鳥だ。
さてどこの団体に送ったらいいだろう。それぞれに?それともまずは期限が
あるHFW? いずれにしても、お年玉年賀はがきの抽選が終わってからだが。
つれづれ

北斎美術館で

2017年01月13日
すみだ北斎美術館を訪れたのは『北斎の帰還』展も終わろうという11日。
朝、筋トレ後に北斎美術館に行こうかなと思っていた矢先、Oさんからの電話。
彼女が水彩画を習っている山内和則氏の『油絵展 モン・パリ 』(三越)に誘われた。
昨年春に大田区に越してきたOさん、私の勧めで夏から筋トレを始めた。まずは
筋トレ、ランチ後、北斎美術館、そして三越へというコースと決まった。
     
      北斎通り
           2015.1                   2016.1

JR両国駅から美術館へ北斎通りを行くが、通りの様子は以前と変わっていて、
北斎の画が街灯から姿を消していた。
美術館の方へ向かう人たちの多いこと。混んでいるのか。嫌な予感がした。
       (北斎忌 北斎ゆかりの地に 葛飾北斎と墨田区

        北斎美術館
                 すみだ北斎美術館

案の定、ガラス越しに見えた長い行列!チケット購入のため、そして奥にある
エレベーターを待つ列だ。1階のフロアはそれらの人たちで埋め尽くされていた。

企画展「北斎の帰還」の意味は、100年余り行方知れずとなっていた北斎の
幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」が、2015年に再発見され、海外から日本へ
里帰りしたこと。さらに、世界に散逸した北斎の名品が、生誕の地すみだに
再び集められ、名品とともに北斎がすみだに帰ってきたことを意味しているとか。

『富嶽三十六景』の「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」などのプルシャンブル―、
「北斎の青」をじっくりみようと思って出かけた。  (プルシャンブル―
2点とも展示されていたが、上野で対面したときの印象とは違っていた。
混んでいることもあるだろうが、落ち着いて見られずに残念。

ちなみに企画展では撮影禁止。 常設展は禁止マークのある数点を除き撮影可。
常設展には北斎の作品が数多く展示され、作品の傍のタッチパネルを楽しそうに
操作している人たちも大勢見受けられた。
 
    館内
         4階 常設展入口       3階 企画展前 ホワイエ

常設展入口前に「須佐之男命厄神退治之図」(推定復元図)があった。元の画は
北斎晩年の画で、牛嶋神社の社殿に掲げられていたが、関東大震災で焼失した。
明治43年の『国華』掲載のモノクロ写真をもとに最新の技術を用いて制作当時の
色彩と状態が復元された。

         退治之図
           「須佐之男命厄神退治之図」 推定復元図

門人露木為一の絵を元に再現された「北斎アトリエ」での北斎と娘阿栄の
みごとな等身大の模型には驚いた。コタツから身を乗り出し絵筆を取る北斎は
あまりにもリアルで怖いほど。顔や手指の艶、皺などもさることながら絵筆を
持つ手が時折動くという細かさ。Oさんは気づかなかったというが、頭も動いたし、
今にも言葉を発するのではないかと思うほどだった。以前、聞いたラジオドラマ
とも重なり、いつか彼らの夢をみそうな気がしている。 (北斎と阿栄

    再現                    
                           北斎
                             身を乗り出す北斎  *Click!

企画展の4階まではエレベーターのみ。定員は10名ほど。行列が出来るのも
無理ない。辿り着いた4階で観賞後は、らせん階段で下りることになるのだが、
3階から下は階段はない。そのため、エレベーターの前にも長い列が出来ていた。
とりあえず最後尾に並んだが、4階ならエレベーター待ちの列は少ないのでは?
と階段を上ると待つ人はわずか。お陰で比較的短時間で1階へ戻ることができた。

エレベーターも2基と少ないが、トイレも1階と3階に男女各1つしかない。
「地下にもあります」と係員が叫んではいたが、地下に行くにもエレベータ―に
なかなか乗れない有様だ。どこで行列ができてもおかしくない。
展示の内容より、スムーズに移動できない館内の方が印象に残ってしまった。
時が経ち、混雑も落ち着いてきたころに再度訪れるつもりだ。江戸博とともに。
絵画・博物館

プルシャン ブルー

2017年01月12日
福島の原発事故から5年半が経った昨年9月に東京新聞によって行われた
「東京湾放射能調査」結果が先月発表された。東京湾に注ぐ主要河口部で
堆積物を採取、放射性セシウム濃度を調べたところ、いまだにセシウムが
継続的に供給され蓄積し続けていることがわかった。(5年10ヶ月経って
森林域では放射性物質は土壌にとどまり、水環境には流出しにくいが、
都市部では河川など水環境に流れ込みやすいことが指摘されている。

    東京新聞
            東京新聞  2016.12.2
                 
セシウムといえば、東大などの研究グループが北斎の『富嶽三十六景』などに
使われた青色顔料「プルシアン ブルー」を活用し、放射性セシウムを効率的に
吸着する「除染スポンジ」の開発に成功。除染などへの実用化が期待されている。

プルシアン ブルーはセシウムを吸着する素材として知られていたが、水中では
微粒子になって拡散する性質があり、福島の原発事故後の除染にはほとんど
用いられなかった。

プルシャン ブルーのパウダーをポリウレタンに練り込み、スポンジを作る。
自由な形に加工でき、軽くて扱いやすいスポンジは、原材料のコストも安い。
海水中でもセシウムだけを吸着できるという。実験では、水溶液中のセシウムが
1~2日で、99%以上吸着され、検出限界以下になった。

福島県内のため池に1㎥ほどのスポンジを入れる実証事業が行われる見通しで、
福島第一原発内でも、排水溝などにスポンジを置く検討が進んでいるという。
セシウムを吸着したスポンジは、圧縮して埋め立て処分。プルシアン ブルーには
シアン溶出という問題もあるが、実験では環境基準を満たしていたという。

プルシアン ブルーを使った北斎の青が、水に濡れても流れ落ちないことから、
何らかの方法があるはずだと探索した結果、極細の繊維を使い、結合させて
パウダーを作ると、水に溶け出さないことを確認したという。
その発想の出発点は葛飾北斎の版画だったというのは興味深い。

  神奈川沖浪裏       
      富嶽三十六景 「神奈川沖浪裏」   トーハク  2011.1.1
 
平賀源内が『物類品隲』に紹介し、伊藤若冲が『動植綵絵』の「群漁図(鯛)」の
ルリハタを描くのに用いたのが確認されている最初の使用例。
後に清国商人がイギリスから輸入した余剰を日本へ向けて大量に輸出・転売
したために急速に広まった。
なお、葛飾北斎が「富嶽三十六景」において紺青を用いて描いた濃青が評判に
なって全国に広まったとする俗説が存在するが、実際には大量輸入による値段
下落をきっかけに流行となった紺青(プルシャン ブルー)の絵具を北斎も利用した
というのが実情であると見られている。
 (Wikipedia)

今まで「プルシャン ブル―」は紺青の洋名くらいにしか思っていなかった。
昨年開館した「すみだ北斎美術館」にはまだ行く機会がなかった。
「凱風快晴」「神奈川沖浪裏」などは、6年前トーハクで見て以来だろうか。
あらためて「北斎の青」を見たいと思う。
絵画・博物館

5年10ヶ月経って

2017年01月11日
東日本大震災から5年10ヶ月。土日をのぞき、毎夕LINEで来る「東京新聞」と
「河北新報」。その「河北新報」は、今月17日に創刊120年を迎えるという。
東日本大震災を踏まえ、これからも東北の人々と歩んでいくためにと、
河北新報 震災・防災など、震災関連の記事や特集も充実している。 

昨年12月半ば、仙台最大の仮設住宅が姿消すという記事を読んだ。
2011年、東日本大震災被災者向けに建てられた市内18ヶ所のプレハブ
仮設住宅は計1505戸。2012年3月のピーク時には1346世帯3042人が
入居していたという。

      仮設
          最後に解体される1棟(下) 2016.12.15 (河北新報より)   

あすと長町仮設住宅団地を皮切りに解体工事が始まり、他の17ヶ所は下旬
以降に順次着手、16年度末までに全てのプレハブが撤去され、跡地は公園など
プレハブ整備前の状態に戻される。

昨年の東京新聞の記事で印象に残っているのは、「東京湾放射能調査」の結果。
「東京電力福島第一原発事故が及ぼした首都圏への影響はどの程度なのか。
私たちの足元も見つめようと始めた東京湾の放射能調査」
の3回目の結果は
1回目の調査結果を知ったときにもまして衝撃を受けた。 (都心の川は・・・

もっとも高い濃度を検出したのは、印旛沼につながる花見川で、最大789㏃/kg。
多摩川河口は100㏃/kg強で過去2回の調査と同水準というか、減っていない。

              調査結果 Click!
           「東京湾放射能調査」主な結果 2016.9  Click!  
           ⑮・・・2015.9  ⑭・・・2014.9  (単位は㏃/kg) 

魚介類の影響は? 東京湾で調べられた(水産庁 2016年)81件の魚のうち
8件でセシウムが検出されたものの、食品基準の百分の一未満の低い水準とか。
海水魚はセシウムを取り込んでも排出するため、影響は限られるとみられるが、
継続的な監視は必要だという。

3年目の今回は海底の表面だけでなく、その下の堆積物も採取、その結果から
見えてきたのは、川を通じて新たな蓄積が続いている事実だったという。
上流から新たなセシウムが運ばれてきていることは、まだ原発事故の影響が
続いていることを示している。
旅・散策・イベント

福袋

2017年01月10日
お正月、街に出ると目にする「福袋」。3日、出かけた帰り、駅ビルのパン屋で
目に入った千円の福袋を買ってしまった。中が見えるのでそれなりに選んだが、
当てが外れた。ブドウパンと思ったのが小豆入パンだったり、トリのデザインの
パイの中にはチョコ、やたら甘いものばかり・・・。気に入ったパンをいくつか
選ぶべきだったと後悔しきり。

     パン
              2012.1  パンの福袋      2016.1

新聞で目にし、ラジオのニュースで耳にしたのは4日から始まった「本の福袋」。
昨年につづき、品川区立の10の図書館では中身が分からないように貸し出す
サービスが始まり、人気を集めているという。貸出期間は通常と同じく2週間以内。 
この取り組みは、ふだんは利用者が手に取らないジャンルや作家の本を手に
触れてもらおうというもの。

         品川図書館
          「本の福袋」  品川図書館 (東京新聞より

「今年はやる気の年に!」「旅に出るのだ!」といったメッセージが添えられ、
テーマに沿って選ばれた3冊の本が入っている。品川図書館では、一般書の
大人向けが43セット、絵本や児童書の子ども向け40セット。昨年は計65袋が
3日間でなくなったため、3割ほど増やしたという。

練馬区立図書館でも10ヶ所で、昨年12月半ばから「本のふくぶくろ」企画が
始まったという。配布数は計1155セット(先着順、無くなり次第終了)。
「本の福袋」は急速に全国に広がったのは3、4年前からというが、大田区では
残念ながらまだ行われていないようだ。もっとも自分で選んで借りた本も読み
終えないまま返却することもあるようでは、「本の福袋」は向かないかもしれない。
旅・散策・イベント

真冬の水替え

2017年01月09日
比較的暖かい年末、庭で金魚ウーパールーパーの水槽の水替えをした。
りんりんがもらってきたウーパーも、金魚の世話も今年の春で3年になる。
じゅんじゅんが金魚すくいでとってきた金魚はすぐに死に、代わりに買った
3匹の金魚は同じ大きさだったが、いつの間にか「大・中・小」となっている。

      金魚
                  金魚を移すじゅんじゅん

水替えはいつも私1人でやっているが、今回は初めて彼ら2人といっしょに。
大きくなったウーパーはネットですくうより手で掴んで移す方がいいのだが、
りんりんは拒否。小石などを洗うのも嫌々。結局、やらざるを得なくなる。
じゅんじゅんの方は金魚の移し替えを喜んでやる。

       横から
       上から

次の水替えは厳寒? どのみち、1人でやることになるだろう。
フィルターを換えるだけで春までもってほしいのだが。
身近な人びと

シロクマのことは・・・

2017年01月08日
それにしても覚えておきたいことはどんどん忘れるが、忘れてしまいたいことは
いつまでも覚えているのは困ったものだ。
「忘れたいこと」は無理に忘れようとせずに、脳の抽斗から記憶を引き出して、
また仕舞えばいいのだという。その度タグを付け替えることで、辛く悲しかった
最初のタグも「あんなものだったのか」「自分に必要だったかもしれない・・・」と、
意味合いが変わってくるのだという。

ラジオできいた「ウェグナーのシロクマ実験」は面白かった。
シロクマの一日を記録した約50分のビデオを被験者に見せた後に指示を出す。
1グループの人には「シロクマのことを覚えておいてください」
2グループの人には「シロクマのことは考えても考えなくてもいい」
3グループの人には「シロクマのことは絶対に考えないでください」


1年後、ビデオの内容をどのくらい覚えているかを調べたところ、もっとも詳しく
覚えていたのは3のグループ。つまり、考えないようにしよう、忘れようとして、
逆に何度も思い返した挙句、一番詳しく覚えてしまった、という皮肉な結果に。
なぜシロクマか? 心理学的にはシロクマは何の象徴でもなく、イメージが固定
されていない動物だからだという。

気になったので、この実験について書かれた『シロクマのことだけは考えるな!』
植木理恵 著)を借りてきて読んだ。
「忘れようと頑張ること、それが結果的に、脳には覚えておけという伝令になって
しまう。脳のメーターが振り切れるまで考えること!忘れようとしないこと!
考えて、考えて、思う存分考えることが、忘れたい事を忘れられる」
コツだとか。

     忘却曲線
           ネガティブな出来事の「忘却曲線」  
      
この「忘却曲線」のグラフをみるとわかるように、悲しいことや辛いことは
3ヶ月まではなかなか忘れられないが、その後、急速に記憶率は下がり始め、
6ヶ月経つとほとんど忘れられることができる。

「人に話す」とか「書き出す」ことなどは「忘れてしまいたいこと」から逃れる
一番の近道だという。心のモヤモヤを外に吐き出すことで、カタルシス効果が
得られ、「どうでもいい」といった気持ちにさせてくれるのだとか。

記憶しようとするとなかなか覚えられず、忘れようとするといつまでも引きずって
しまうという、脳には意外にもへそ曲がりなところがあるようだ。 
自分の中に住むシロクマ、つまり、心の傷に気づかない人もいるという。
心の不調としてではなく、眠れないとか、お腹が痛いとか、身体の不調として
現れることも多いという。

『シロクマのことだけは考えるな!』には、ほかにも興味深い行動心理学、
認知心理学など、すぐにでも役に立ちそうなことが書かれている。
元気になる心理術、頭がよくなる心理術、人をコントロールする心理術・・・、
もう少し早く読めばよかった気もするが、まずは、わが心の中のシロクマを
何とかしなくてはならないようだ。
つれづれ

都内の坂名 Ⅲ 

2017年01月07日
東京は全国でも有数の坂道の多い都市として有名だが、23区内で、名前が
付いている坂道だけで740もあるのだとか。
一番坂が少ないのは墨田区の1つ、次が足立区の2つ、中野区の3つとか。
最多の区は港区で118の坂道があり、次いで多いのは文京区の117で、
2区を合わせると、23区全体の約3割を占めている。第3位が新宿の91。

坂には数字、人名、動物名、植物名などのほか、傍にあった建物、店などの
名がついていることもある。      (気になる坂の名都内の坂名 Ⅱ) 
たまたま通った坂だけでも、いろいろあるものだと思う。

焼餅坂(赤根坂)  新宿区市谷
    やきもち坂.jpg2011.2

昔このあたりに焼餅を売る店があったことからこの名がついたと言われている。
「市谷山伏町と同甲良町との間を上る。西の方柳町に下る坂あり、焼餅坂という。
即ち、岩戸町箪笥町上り通ずる区市改正の大通りなり」(「新撰東京名所図会」)

団子坂 (潮見坂、千駄木坂、七面坂)  文京区千駄木
    団子坂2011.10

千駄木から谷中、上野に通じる道。名の由来は昔団子を売る店があったとか、
団子のような石の多い坂だったなどの説がある。
江戸時代には菊づくりの植木屋が多く、毎年秋には菊人形の見物で知られた。
また、この坂上には森鴎外、夏目漱石、高村光太郎が居住していた。

御殿坂(大坂、富士見坂)  文京区白山
白山御殿へ上る坂だった。5代将軍綱吉就任以前は館林候時代の屋敷で、
もともと白山神社の跡だったので、白山御殿と言われた。綱吉が将軍職となり、
御殿跡は幕府の薬園となった。享保7年、園内に小石川養生所が設けられた。
明治になってからは東京大学付属植物園となった。
   
      御殿坂2009.8

薬園坂(御薬園坂 役人坂、役員坂)  港区南麻布 
江戸時代前期、坂上の西部に幕府の御薬園(小石川植物園の前身)があった。
幕府は品川(麻布御薬園)と牛込(高田御薬園)に初めて御薬園を設けた。

      薬園坂2009.11

しかし麻布御薬園の地に白金御殿が建てられることとなり、御薬園は小石川の
白山御殿内の敷地に移設された。それに先立って、高田御薬園も護国寺造営の
ため麻布御薬園に統合されていたので、両薬園ともに白山御殿内に移転した。

茶屋坂  目黒区三田
茶屋坂は、昔はたいへん寂しいところだった。昔からきれいな清水がコンコンと
湧いて樹木が茂っていた。
江戸初期、三田方面に通ずる坂上の眺望のよいところに、1軒の茶屋があった。
3代将軍家光は、目黒筋遊猟の帰りにしばしばこの茶屋に寄って休息をとった。
家光は、茶屋の主人彦四郎の素朴な人柄を愛し、「爺、爺」と話しかけたため、
この茶屋は「爺々が茶屋」と呼ばれるようになった。

     茶屋坂2009.8

明治に入り、山手線が通ると、目黒、恵比寿の中間に位置する茶屋坂一帯は、
工場立地の条件が揃い、海軍の火薬製造所が建設されたたが、付近に住宅が
建ち始める昭和の初めに移転した。その後も海軍技術研究所などが入った。
現在は、マンションが建ち並び、防衛省の施設が隣接している。
旅・散策・イベント

5分の新幹線旅は・・・

2017年01月06日
毎年、ゆうゆう一家は岩手の祖父母のところで正月を過ごす。彼女たちの1年間の
写真でカレンダー数種をつくるのが年末恒例だが、出来上りが遅くなることも度々。
見送りがてら東京駅に持って行き渡すこともある。
昨年は園が休みになった新幹線大好きのじゅんじゅんと少し早めに出かけた。

           ホーム            
                   ごった返す新幹線ホーム  

      やまびこ
               やまびこ・つばさ 11:00発

当初、入場券を購入するつもりだったが、列に並んでいてゆうゆうたちの乗る
「やまびこ」に上野まで乗車することに決めた。特急券860円也。
自由席前に並ぶ人々の混雑の中を抜けてホームの先端まで行き記念撮影。       
じゅんじゅんはあれほど夢中になっていた「かがやき」にはさほど関心を示さない。

       はやぶさ
               はやぶさ・こまち  11:20発

「はやぶさ」のグランクラスの前、「こまち」との連結部分でも1枚ずつ撮った。
りんりんが「こまち」との連結がはずされるところをじっと見いっていた光景が
思い出された。たしかゆうゆう誕生のときだから11年も前のことだ。

 りんりん
                  盛岡駅         2歳のりんりん
    
まもなくゆうゆうたちを見つけると緊張しているのか、目を合わそうとしない。         
4日前には彼女たちの家で大はしゃぎだったのにどうしたことか。シートに
座らせてもらってもひと言も発することなく、わずか5分で上野駅着となる。

          車内
           東京発 11:36 やまびこ 上野着 11:41
    
  上野駅
                   手を振って見送る

あのようなじゅんじゅんをみたのは初めてだ。りんりんが一緒なら違った
だろうか。そんなこんなで彼のご機嫌が治ったのは東海道線に乗ってから。
新幹線柄のリュックを背負いつづけた彼の短い旅は終わった。
身近な人びと

「コケコッコー」

2017年01月05日
今日は24節気の1つ「小寒」。小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、
寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。冬本番を迎える。 寒稽古や寒中
水泳が行われるのは、この「寒」の時季。

桂花会のお仲間と千葉県御宿へS氏を訪ねたのは、3年前の連休明け。
慶長年間、スペイン領フィリピン総督ドン・ロドリゴ一行の船が御宿沖に座礁した
ことを知った。                     (御宿について調べたら

       御宿
             ドン・ロドリゴ一行が上陸した海岸

サン・フランシスコ号が座礁した御宿沖の岩和田に「金鶏伝説」が伝わる。
船に積んであった夜昼を告げる仕掛けの黄金の鶏の時は石の唐櫃の中に
大切に入れられてあった。この時計は海中に放り出されて海底に沈んだ。

大多喜城主はその後、度々多くの人夫を使って海底を探させたが、金の鶏が
入った石櫃は見つからなかったという。今でも波風の静かな月の明るい夜には、
鶏の声が海底から聞こえるという?!
   
鶏の「コケコッコー」は人の言語学習とは違い、生まれつき耳がきこえなくても、
自然に鳴けるようになるため、習わなくても遺伝的に獲得できる先天的な発声
といわれる。
また、鶏が夜明け前に鳴くことはよく知られるが、それが体内時計によって
制御されていることがわかっている。    (体内時計で鳴いている

決まったタイミングで灯りをつけたり消したり(12時間点灯、12時間消灯
⇒点灯前に鳴く)、ずっと薄暗い状態でずっと鶏を飼育したところ(24時間、
薄暗い照明⇒約23.7時間で鳴く)明かりがつく2~3時間前から鳴き始め、
薄暗くしていても多くの鶏がそのタイミングを変えなかった。

鶏は周囲の刺激によっても鳴くため、朝の「時をつくる」しくみはずっと不明の
ままだったが、この実験によって「オンドリは体内時計で鳴く」ことが実証された。
一定のリズムを刻む「時計」、体内時計に合わせて鶏は鳴くことになる。

         群鶏図
                 若冲 『群鶏図』(部分)

「コケコッコー」という発声には縄張りを主張する意味がある。数羽のオンドリを
まとめて同じ部屋に入れると、「つつき合い」が始まり、優劣関係が決まる。
最初にどの鶏が目覚めても、必ず最上位の鶏が最初に鳴き、つつきの順番に
よって鳴いたという。つまり、オンドリたちは社会性を持っているという。
毎朝それぞれの体内時計で目覚めても、自分の鳴く順番が回ってくるのを待つ
彼らを想像しただけでも楽しくなる。
動物など

成語の中の「鶏」

2017年01月04日
鶏にまつわる故事成語でまず思い浮かぶのは「鶏口牛後」。小学生のとき、
この「鶏口となるも牛後となるなかれ」を覚えた。
いつごろからだろうか、「鶏口」になるより「牛後」」の方がいいと思うようになった。
鶏口であると、井の中の蛙のまま満足してしまいがち。「牛後」は環境によって
伸びる可能性があるかもしれないと。もっとも今はいわゆる組織から解放され、
どちらでもいいような気もするし、どちらにもなりたいと思わなくなったが。

鶏口牛後  大きなグループや組織の末端にいるよりも、小さなところであっても
長となって重んじられる方がよい。 出典 『史記』(蘇秦伝)
「諸侯之卒 十倍於秦。 并力西向 秦必破矣。 為大王計 莫若六国 従親以擯秦」
中国戦国時代、遊説家の蘇秦が韓王に、小国とはいえ一国の王として権威を
保つのがよく、秦に屈して臣下に成り下がってはならないと説いたことから。
「鶏口」を「鶏頭」、「牛後」を「牛尾」とするのは誤り。

鶏鳴狗盗 出典 『史記(孟嘗君伝)』
中国、斉の孟嘗君が秦の昭王に幽閉された時、こそどろや鶏の鳴き真似の
上手な食客の働きで逃れたという。鶏の鳴き真似をして人をあざむいたり、
犬のようにして物を盗んだりする卑しい者。

鶏群一鶴 鹤立鸡群  鶏の群れに一羽だけ鶴がまじっていることから転じて、
凡人の中に優れた人物が1人混じっていること。出典 『晋書』
「嵆紹始入洛、或謂王戎曰昨於稠人中、始見嵆紹、昂々然如野鶴在鶏群
多くの人の中で、嵆紹(けいしょう)はひときわ高く抜きん出ており、まるで野生の
鶴が鶏の群れの中にいるようだ。「鶏群」は、何の取柄もない人々の集まり。
「群鶏の一鶴」「鶏群の孤鶴」「野鶴の鶏群に在るが如し」とも。

鶏肋 「用处不大,扔掉又可惜的东西」 出典 『後漢書』(楊修伝)
大して役には立たないが、捨ててしまうには惜しいもののたとえ。
曹操が劉備を討つために漢中に出陣するが、苦戦を強いられていた。
陣中で軍の進退を考えているとき、出てきた料理の中に鶏肋があった。
鶏肋(鶏のあばら骨)は捨てるには惜しいが、腹の足しになるほど肉が
ついてない。曹操は「鶏肋」という言葉を呟いた。この言葉をきいた楊修が
「漢中は惜しいが今が撤退の潮時」と、曹操の気持ちをと解説したという。 

          鶏
               一刀彫        陶器   
   
陶犬瓦鶏 形ばかり立派で、実際の役に立たないもののたとえ。
「陶犬」は陶製の犬。「瓦鶏」は素焼きの鶏。  出典 『金楼子』(立言上)
犬には夜の番をする、鶏には夜明けを告げるという役目があるが、作り物では
その役目を果たすことができないことから。 「瓦鶏陶犬」とも。

木鶏 「深く蔵して虚の如く、容貌は愚の如し」 出典 『荘子』(達生篇)
木彫の鶏のようにまったく動じない。闘鶏飼育の名人が闘鶏は木鶏の如くに
動ぜざる鶏が最高であるとした故事から。
 
闘鶏といえば、「食と農の博物館」入口に立つ、巨大な鶏のモニュメントを
思い出す。タイで闘鶏に用いられる軍鶏の代表的な品種の1つ「ナレース
ワン大王鶏(カイ・ナレースワン)」がモデルという。

   大王鶏           
             大王鶏とりんりん    2012.9

そのほかにも鶏にまつわる故事成語はあるが、その出典のほとんどが中国。
つれづれ

「酉」

2017年01月03日
今年の干支は「酉」。西暦年を12で割って1が余る年が酉の年と初めて知った。
「酉」は「ちぢむ」という意味の「緧」(しゅう)で、果実が成熟の極限に達した状態を
表しているとされる。
収穫した作物から酒を抽出するという意味や、収穫できる状態であることから
「実る」ということも表す。そのことから、果実が成熟した状態を表しているとされる。
「酉」という漢字は酒つぼを描いたもので、「酒」に関する字に使われてきた。

   酉
                 「酉」             「大字源」より

3千年前くらいまでは、「酉」は酒の甕や:酒を飲むときの器のことを指した。
また、10番目の「十二支」で、酉の刻は、午後5時から7時の間の2時間をいう。
季節は農暦(旧暦)8月、秋季で、方角は西を意味する。
古代の酒は穀物を発酵してつくった。その収穫は農暦の8月頃になる。
その後、「さんずい」が付いて液体の「酒」を表すようになったという。

「酉」の字を鶏などの「とり」にしたのは覚えやすくするためで、もともと「酉」に
「鳥・鶏・とり」の意味はまったく存在しないという。
 
「干支(えと・かんし gānzhī)」は、年や月、日、方角を表すために古くから中国で
使われていた。「十干(じっかん)」と「十二支」を合わせた60の周期を使って表す。
暦をはじめ、時間、方位などに用いられる。

川崎稲毛神社には、樹齢千年を越すと言われるご神木の「大銀杏」がある。
戦前は神奈川県指定の天然記念物だったが、戦火により大きく損傷した。
そのまわりには十二支のブロンズ像が配されている。それぞれの干支について
書かれたものを読むとなかなか楽しい。   (大銀杏と十二支めぐり

     酉
                大銀杏と十二支講の酉

「酉」は、「社交上手で如才なく、多芸多才でよく目立つ。外柔内剛で芯は強情。
先見の明あり、なかなかの自信家。損得計算がうまく締まり屋だが、食べ物には
出費を惜しまない。ロマンを解し自由を求め、批判精神が旺盛。やや勤労意識が
薄く小細工が目立つのが気になるが、人をそらさぬ態度で好感を得、グループには
欠かせない存在」


酉年といえば、ごんさんと孫娘ゆうゆう。友人ではYさんくらいしか知らないが、
どうも当てはまらないように思うが。
つれづれ

2017年 初日の出

2017年01月02日
多摩川に架かるガス橋から初日の出を拝むことにして今年で5回目になる。
子どもたちが小さいころは車で羽田空港へ行ったこともあったが、数年前は
東京タワー、横浜ランドマークタワーへ出かけたことも。(今年の元日の旅
だが、寒い中、開館まで外で待つことは歳とともに億劫になってきた。

多摩川土手やガス橋なら日の出時刻直前に着けばいい。りんりんがわが家に
泊まった年は付き合ってくれたが、その後はいつも1人で。  (初日の出

             6:49
              橋へ向かう道     6:49
        
            6:53
                      6:53

 6:56
             6:56            6:59
    
         7:00
            左 大田区  右 川崎市   7:00

             7:01
                      7:01

          7:08
                       7:08

      富士山
       橋から  7:03       河川敷から   7:13

初日の出と富士山をみた後は、土手を多摩川浅間神社まで行こうか迷ったが、
土手の近くの小さな神社で初詣。穏やかな元旦となった。
旅・散策・イベント
 | HOME | Next »