FC2ブログ

まずは折り返したが・・・

2017年06月30日
6月も今日で終わり。多くの神社では「夏越の大祓(おおはらえ)」が行われる。
6月と12月の晦日に行われる大祓の神事は、それぞれ「夏越祓(なごしのはらえ)」
「年越祓(としこしのはらえ)」と呼ばれる。

神社によっては、「夏越祓」に「茅の輪」がつくられる。毎年どこかの神社の茅の輪を
くぐらないと半年が終わらないような気がしている。中でも4年前にりんりんと訪れた
多摩川浅間神社の「大祓」がもっとも印象に残っている。(「大吉」でやっていきたい

      2013.6.30
       小4のりんりん    大祓神事         2013.6.30

今年は「大祓」前日の昨日、期末試験中のりんりんと多摩川浅間神社へ。
彼はこの神社の氏子の1人でもある。何やら懸命に手を合わせていた。
     
          母の分も一つくぐる 茅の輪かな  一茶  
 
     2017.6.29 
             多摩川を望む見晴台
     2017.6.29
      中2のりんりん               2017.6.29

昨年の7月、スケッチで訪れたときは、巨人軍の長嶋終身名誉監督との偶然の
出会いに皆しばらく興奮冷めやらず・・・     (素敵な折り返し点)         
   
古歌を唱えながら茅の輪をくぐる。なかなか覚えられないでいる。
最初の左廻りのとき 水無月の夏越の祓する人はちとせの命のぶというなり
そして、左廻りに 思うことみなつきねとて麻の葉を切りに切りても祓ひつるかな
       
2009年から茅の輪めぐりを始めた。亀戸浅間神社の「年越しの大祓」で
関東一の「大茅の輪」をのぞけば、すべて「夏の大祓」のとき。
多摩川浅間神社(2013~2017) 奥沢神社(2009 2012 2014~2016) 
愛宕神社(2009 2014) 世田谷八幡宮(2009) 居木神社(2009) 
高円寺氷川神社(2009) 桐ケ谷氷川神社(2009) 雪谷八幡神社(2009)
金王八幡神社(2011) 等々力八幡(2016) 

欲張っているだろうか。寿命は延びなくとも、残り半年の無病息災を願うのだが・・・
神社で茅の輪をくぐって半年間の穢れを祓い、大晦日にはお寺で除夜の鐘を撞く。
まずはこの夏を乗り切るかことが大問題だと思いながら神社の石段を下りた。
旅・散策・イベント

昭和のベンチはここにも

2017年06月29日
昭和遺産ともいえる木製長ベンチが残る駅は、東急池上線では池上駅のほか、
久が原駅と旗の台駅に残っている。多摩川線沼部駅、武蔵新田駅にも何度も
塗り直されたベンチがある。(アートなベンチ 昭和のベンチともお別れ

旗の台駅  上り(五反田行)ホーム  1
     旗の台

久が原駅  上り(五反田行) 1  下り(蒲田行) 1
     下り
             広告8枚分ほどの長いベンチ
     上り

武蔵新田駅  上り(多摩川行)ホーム 2  下り(蒲田行)ホーム 3
    上り
     上り
                  上りホーム
                          下りホーム       
   下り
                   
       上り
            TSAO Design 「ナゴリイス -made in Ota-」 
              多摩川アートラインプロジェクト 2007
            
沼部駅  上り(多摩川行) 1   下り(蒲田行) 1
     上り
                 堂本右美 「時の音域」
               多摩川アートプロジェクト  2007 

      上り
                   現在のベンチ

「多摩川アートライン」は2007年11月3日から開始されたイベント。多摩川線
エリアの鉄道(アートライン)・駅(アートステーション)・街(アートタウン)を舞台に、
市民と企業で取り組む、現代アートによる街づくりの活動。多摩川線でのキャッチ
フレーズは「古代から未来へ 10分7駅多摩川線」。    (光のシャワー
旅・散策・イベント

昭和のベンチともお別れ

2017年06月28日
「マニアもよろこぶ東京都内の“古き良き”駅舎5選」(「文春オンライン」)は、
池上駅(ザ・昭和遺産)、原宿駅(レトロモダンと「宮廷ホーム」)、両国駅
(大正モダン建築と国技館)、御茶ノ水駅(コルビュジェの弟子が手掛けた)、
堀切駅(金八と小津と木造駅舎)。この記事をlineで転送してきたのは息子だ。
最初の画像は池上駅ホームの彼にとっても「懐かしいベンチ」だった。

池上駅(池上電気鉄道駅)の開業は、池上-蒲田駅間開通時(1922年)で、
当時は主に池上本門寺への参拝客のための鉄道として運営していた。

池上線・多摩川線の各駅ではワンマン運転実施にともなって安全性の向上を
図るため構内踏切を廃止、多くは上下線ホーム別の駅舎・改札口を整備した。
だが、池上駅は改札口を新設する用地がないため、構内に踏切が残された。

       構内踏切
               東急線唯一の旅客用構内踏切

改札内左側は構内と外が柵で仕切られ、数台の自販機が置かれているが、
本門寺お会式の際には移動、臨時改札(有人)が設けられる。

 臨時改札
     準備中  12:45   10.12    臨時改札  17:50      

その駅も改良工事がスタートした。改札を南側にも新設、北側を橋上化し、
構内踏切は廃止。保育所や公共・公益施設、店舗などが入居予定。
外観には、740年以上の歴史をもつ本門寺を中心とした門前町の歴史性を
デザインに取り入れられるという。開業は2020年9月末の予定。

池上駅
       現在の池上駅    リニューアル後の池上駅(イメージ)

「駅舎5選」には、池上駅の改良工事前に見ておきたいポイントが載っていた。
駅前には小さなバスターミナル、商店街と足早に行き交う老若男女。いかにも
昭和らしい東京の小さな私鉄の駅、シンプルな駅舎に白塗りのコンクリートの
屋根が載り、ホームの壁や上屋はもちろん木造。これまた白塗りのホームの
壁に取り付けられた長いベンチは、もはや東京では池上線の駅くらいでしか
見かけない昭和遺産のひとつだ
。・・・白塗りの壁から飛び出た木造長ベンチに
腰掛けられるのも、あとわずかだ。


   ベンチ
          上りホーム             下りホーム

   ベンチ
              年季の入ったベンチ

その昭和遺産ともいえる木製長ベンチが残る駅は池上駅のほか、久が原駅と
旗の台駅にあるが、多摩川線の沼部駅、武蔵新田駅にも何度も塗り直された
木製ベンチがある。          (アートなベンチ  長ーいベンチ
旅・散策・イベント

ヤブカラシ

2017年06月27日
梅雨前に植木屋の入った庭にヤブカラシがそこかしこで蔓を伸ばし始めた。
大雨のときも草や樹木の根のお陰で土は流れ出さずに持ちこたえてくれる。
雑草と言われる草にもそれぞれ生える意味はあるはず。雑草すべてを嫌う
わけではないが、ヤブカラシは目の敵にしている自分がおかしい。

     野ブドウとヤブカラシ
            ヤブカラシとノブドウは仲良し?

公園の植込み、フェンスなどに絡んでいるヤブカラシをみると、花も可憐。
蔓を伸ばして樹を枯らすわけではないのに「やぶ枯らし」とは気の毒な名前。
大好きな野ブドウとはどこが違うのかと思ったりもする。

     ヤブカラシ   ブドウ科ヤブガラシ属
               学 名  Cayratia japonica
               和 名  藪枯らし
               別 名  貧乏葛

   やぶからし
      
和名は藪を覆って枯らしてしまうほどの生育の旺盛さを示す。ビンボウカズラ
(貧乏葛)とも呼ばれ、庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る、
あるいはこの植物に絡まれた家屋が貧相に見える、またはこの植物が茂った
ことが原因で貧乏になる、などの意味に解釈されている。     (Wikipedea)

      ヤブカラシ
                近所の公園で

このヤブガラシの退治は非常に大変な作業で、長い地下茎があり、根ごとすべて
抜き取れればいいが、地下茎が少しでも残ると必ず再び芽を出すことになる。
7月頃には小さな花がたくさん咲くため、スズメバチなどの蜂も集まる。
かなり前になるが、Hさんがヤブカラシの花はなんときれいなのだろうといって
いたのをきいて以来、この花をみる度に彼女を思い出す。

     ヤブカラシ

漢方薬になるのではと思い、調べると、「烏瀲苺(うれんぼ)」という生薬があった。
利尿、鎮痛、神経痛、解毒などには、乾燥した茎葉を煎じて服用。
打ち身、骨折、虫刺されには、酢と小麦粉で練り合わせて患部に塗布。
毒虫などに刺されたときは、生の根茎をすり潰して患部に塗布。
若芽は、茹でてから水にさらして、アク抜きをしてから、おひたし、あえもの、
油いため、汁の実、煮びたしなどにして食べることもできるとか。

除草剤など使わない、すごいヤブカラシ駆除法をみつけた。蔓を切れないように
樹からほぐしていき、くるくると巻きつけ地面にそっと置く。ただそれだけ。
ヤブガラシは他の植物の根を伝い、幹や枝に絡みながら立ち上がってはじめて
勢いを増す蔓性植物。 絡みつくものがないところでは徐々に衰退していくという。
この方法を試してみることにした。が、まだ、庭に1m以上に伸びた蔓はない。
こんな簡単な方法で駆除できるかどうか、早く試してみたい。
植物など

猫たちの「哲学」!?

2017年06月26日
桂花会の中でも猫好きのFさんには、ラインのグループ以外にときどき猫の
とくにアミの画像を送っている。彼女は長い間飼っていた猫が逝ってから、
今はセキセイインコを可愛がっている。

わが庭で生まれたアミは、昨年夏ごろから近くのNさんのところで見かける。
駅への道はいくつかあるが、アミがいるかなと、その前を通ることが多くなった。
今や、そこが彼女の本拠地。Nさんが外で花の手入れをしていようがいまいが、
そこで過ごすことが多いようだ。たまに隣家の階段や門柱の上にいることもある。
いずれにしてもこのひと月はわが庭には一度も姿を現していない。

2016.8  少し遠慮がち  
     8.23
         8.23
2017.4  
      4.13
      4.22
2017.5
      5.14
「猫って人より肝がすわっているという感じ。その門柱、よほど心地よいのね♪」
とFさんのいう通りかもしれない。呼び掛けても一瞬目を開けただけ・・・。
1年前に比べて栄養状態がいいようだ。

       5.25
2017.6
            6.3by りんりん
      6.6
         涼しければ車上、暑ければ車の下へ

        6.8
              招き猫ならぬ狛猫?

先日、「猫学事始」(東京新聞)が面白かったので、Fさんに転送したところ、
執筆者がユニークで興味深い記事。猫と哲学者の話、すごく面白かった。
(哲学者左近司祥子氏は現在37匹の猫を飼っているとか!)
猫の飼い主は猫にひどい目にあわされたことを自慢し、犬の飼い主は、
自分の犬の賢いことを自慢するというのも、頷けるね
」と。
(これは作家・パンク歌手の町田康氏の話。家には7匹の猫)

次いでながら、左近司氏によると、本当の生き方は1人1人違っていい、
ちょうど猫のように、他の猫など気にせずに。つまり、猫のように生きること。
そうなれば哲学は不要になるが、「残念ながら人間は猫ほど賢くないので、
そうはいかずに考え続けるしかないでしょう
」。

シーサーの横に、車の上、門柱に・・・アミの画像を送ると、Fさんから
凄いね。哲学してるのよ、きっと」。哲学してる・・・?笑ってしまった。
猫たちを眺めては、彼らの哲学を学ぼうとはするが、ニャンともしがたい。
動物など

プロムナードの石彫像

2017年06月25日
銀座の地下通路「プロムナード」の壁には、作品展示ができるギャラリーがある。
「銀座プロムナードギャラリー」(東京都道路整備保全公社)の展示スペースは
13ケース(130cm×360cm)で構成されている。

数十年前、当時、クロッキーの会のメンバーとして、このギャラリーに日本画を
展示したことがある。たしか、人物と風景、2点だったように記憶している。
一般の展覧会場と違って24時間営業、あくまでも通路だ。当時の写真は
1枚もなかった。会場当番もいないし、メンバーで集まったこともないからか。

プロムナードの中央がホームレスたちの住まいになっていたことがあった。
ほんのたまに人通りが絶えたときなどは、壁を飾る作品をゆっくり鑑賞する
どころか、素早く通り抜けたい通路だった。

    プロムナード
   
最近はめったに通ることがなかったが、先日、Kさんの絽刺し展に伺うとき、
東銀座駅からこのプロムナードに出た。歩き出してすぐに目に入ったのは、
柱と柱の間にしっかり張られたチェーン、石柱、プランター、そして、石像が
置かれていた。蛇に馬、2頭ずつ、両通路側を向いているが、観賞用では
ないようだが、なかなか表情豊かな干支の動物たちだ。
   
   子牛
   寅卯
   辰巳
   午未
   申酉
   戌亥    
旅・散策・イベント

「銀の鈴」の歴史

2017年06月24日
最近の待ち合わせは、ケータイで連絡取り合うことがほとんどになったが、
東京駅の「銀の鈴」の前は今も変わらず、待ち合せスポットになっているのか、
多くの人たちでいっぱいだ。現在の「銀の鈴」は4代目。駅の地下、丸の内側と
八重洲側を結ぶエキナカ「グランスタ」の広場にある。
「銀の鈴」は、来年誕生50周年を迎えるという。カウントダウンイヤーとして
10年ぶりに3代目が公開された。(6/1~18)

       銀の鈴
         3代目(1985~)     4代目(2007~)     

先週、東京駅で乗り換えることがあった。時間に余裕があったので、地下へ。
金曜日の夕方とあって、「グランスタ」は通勤客、観光客、お土産やお弁当を
抱えた人たちでごった返していた。広場奥のベンチも空席が見当たらない。
ほとんどの人は足をとめることなく3代目、4代目の「銀の鈴」を通り過ぎていく。

   広場

現在の「銀の鈴」は、2007年の「グランスタ」オープンの時に設置された。
デザインは金属工芸家宮田亮平氏(当時は東京芸大学長、現文化庁長官)。
鈴には、佐渡島から上京した際、故郷の海で見たイルカが刻まれている。
今までグランスタに行っても、4代目を眺めたことはなかったように思う。

   銀の鈴
           3代目               4代目

隣に置かれた3代目は直径70cmの鋳銅製。10数年前まで新幹線を利用する
スケッチ旅行では東京駅集合が多かった。「銀の鈴」前で集合したことはないが、
まさしく鈴の形をした3代目には見覚えがあった。懐かしい。

     1~4代
     
初代(1968年6月~) 1964年の東海道新幹線開業により駅利用者が急増。
駅員の1人の考案で、新幹線改札口前に待ち合わせ場所として誕生した。
竹の骨組みの上に和紙を貼り、銀紙で装飾した手製のもの。直径70cm。
中にスピーカーを入れて鈴の音色を流した。

2代目(1969年11月~) 手製だった初代の誕生から約1年半後、鋳銅製で
つくられ、少し離れた八重洲中央改札の外側に設置された。鈴の音を流す機能は
受け継がれ、1978年まで鈴の音を流した。

3代目(1985年2月~) 東京駅名店会より名店会30周年記念事業として寄贈。
東京駅八重洲中央待ち合わせ場所の改良工事完成とともに設置された。
1994年8月、北陸新幹線乗り入れ工事に伴い地下の現在地に移転。

   フェア

グランスタでは「銀の鈴フェア」が開催されていた。スイーツなどの店舗の前には
長い行列ができていた。
50周年の来年6月、復元した初代と2~4代目までを一堂に展示する予定とか。
旅・散策・イベント

200年前の日本橋?!

2017年06月23日
先月、日本橋三越での展覧会に向かうときに通った地下のコンコースの壁には、
日本橋の賑わいが描かれた『熈代勝覧』(きだいしょうらん)の絵巻がつづいていた。

      熈代勝覧

パンフレットによると、この絵巻は、原画の1.4倍に拡大され、和紙に印刷された
約17mにわたる詳細な解説がついた複製絵巻。(2009/11 除幕会、日本橋
地域ルネッサンス100年計画委員会 江戸東京博物館監修)
「熈代勝覧」は「熈(かがや)ける御代の勝れたる大江戸の景観」と言った意味。

      パンフ
『熈代勝覧』は、文化2年の江戸日本橋から今川橋までの大通りを東側から
俯瞰描写した作品。(43.7×1232.2cm)
原画は、ベルリン国立アジア美術館に所蔵されている。作者は不明。
1999年にドイツで発見され、化政期の江戸の文化を知る上で貴重な史料。

現在の中央通りに当たるこの通りは、現在では三井グループなど大手企業の
オフィスビルが立ち並び、ビジネス街としての性格も強いが、当時は問屋が
隈なく立ち並ぶ江戸一の商店街。
絵には88軒の問屋が登場するが、暖簾は屋号が判別できるほど精緻に描かれ、
当時通り西側に出店していた店舖の一覧を知ることができる。

    三越
        駿河町通り界隈    三井越後屋

中心には江戸店でも随一の呉服商・三井家の越後屋。全体が余す所なく描かれ、
通り沿いにも系列店や蔵を多数構えている。国元の本店から派遣された男所帯の
江戸店の典型。立看板に「現銀無掛直」(げんきんかけねなし)とあり、掛売りが通例の
世に現金商法を打ち出し、また店先売りで大当たりした。
現在も打刃物問屋として営業を続ける木屋は室町二丁目に4店舖並ぶ。
          行商
         巡礼  辻駕籠  古着売り  回り髪結  魚売り など

絵には総計1671人が描かれるが、このうち女性は200人だけ。日本橋に
近いほど人が多く、実際の混雑の分布が反映されているとみられる。
買い物客の外、振売、辻占など路上の商人、勧進僧などの僧侶、寺子屋に
通う親子など様々な人種が活き活きと描かれている。ほかにも野犬20匹、
馬13頭、牛車4輌、猿飼の猿1匹、鷹匠の鷹2羽が描かれている。

    日本橋
                   日本橋       遠くに一石橋

         今川橋
                       神田今川橋

三越からの帰りは地上を歩いた。200年前・・・今も変わらないのは人の多さ。
さすがに江戸の日本橋にタイムスリップというわけにはいかなかった。
旅・散策・イベント

猫のおしごと

2017年06月22日
2年前の今日、和歌山電鐵の貴志駅で2007年から駅長を務めたたまが逝った。
動物駅長の先がけとなった三毛猫だ。
1匹の猫がたま(猫の駅長)としてWikipediaに載っていることも珍しいが、
「生い立ち」から「死去とその後」までが詳しく書かれているのには驚く。

生まれたのは1999年4月29日。今年の誕生日、日本と世界の11の国や
地域のGoogle Doodleのロゴは「たま駅長 生誕18周年」バージョンだった。

     Doodle

たま駅長の主な任務は「客招き」、改札口の見張りやイベントへの出席など、
任期はなく終身雇用、出勤日は月曜から土曜、祝日も勤務、朝から夕方まで
となかなかハードな任務だ。報酬は年俸としてのキャットフード1年分。

たまは貴志駅の売店の飼い猫。同居する雌猫のちびと、たまの母親ミーコ
助役に就任した。ちびは生後間もない頃に駅前に捨てられていたのを拾われ、
たまが母親代わりとなって育てていた。

初代たま駅長誕生のきっかけは貴志駅の経営移管。これに伴い駅周辺の
猫たちが住んでいた倉庫も取り壊されることとなった。和歌山電鐵の社長が、
たまを「招き猫」兼「駅長」として大抜擢。たま駅長は利用者に大人気となり、
和歌山電鐵は全国的に知られるようになった。

        たま駅長
                 たま駅長        (Wikipedia)

貴志駅は2010年、猫の姿をした「たま駅舎」としてリニューアルオープン。
2013年、たまの古希を祝うイベントが開催された。高齢のため、祝日を除く
毎週火、水、木曜日のみの出勤になった。(後に金曜日も出勤日に)

2012年、駅長就任5周年記念式典において、新たに三毛猫のニタマ
「貴志駅長代行兼伊太祈曽駅長」に任命された。
2015年たまは死去後、「名誉永久駅長」となり、50日祭を機に、ニタマは、
「たまII世駅長」を襲名。
         
和歌山放送局の『たま駅長に会いにいく』をYouTubeでみたが、たまの仕事は
なかなか大変。マントはともかく駅長の帽子を被せられて、カメラのフラッシュを
浴びて・・・。慣れてしまったのかよく文句をいわず勤務している。
猫の16歳というのは人間の80歳くらい。ひょんなことからたまは駅長に就任した。
そのことが彼女にとって幸せだったかどうかはわからないが、和歌山電鉄が
社葬で見送ったということは、わかるような気がする。
昨年夏逝ったトラを思い出す(2008.5.1~2016.8.28)。庭で生れた猫の中で
もっとも元気だったのだが。

     トラ
            生後4年       トラ       生後1ヶ月  

かなり前になるが、今年の2月22日の「ねこの日」、岩手県奥州市胆沢(いさわ
図書館はネコ関連の本を集めた常設コーナー猫ノ図書館を開設したという
ニュース(河北新報 ライン)で知った。

       図書館長
          館長の「むぎ」   「猫の図書館」にゅうす (奥州市サイト)

コーナーには写真集、小説、エッセー、漫画などの蔵書約600冊が揃っているとか。
開設に合わせて公募したねこ館長は、市内39匹から利用者投票で選ばれた。
初代「ねこ館長」には、捨て猫やノラネコなどではなく、同市の会社員の飼い猫
ブリティッシュ・ショートヘアーのむぎが就任したという。雄1歳。
任期は1年。館内勤務はなく、図書館だよりや今後開設する会員制交流サイト
画像で登場するとか。むぎ館長の方はたま駅長にくらべると楽な仕事のようだ。
動物など

役目を終えた蹲

2017年06月21日
今日は24節気の1つ「夏至」。1年でもっとも昼の長くなる日。
実際は、梅雨の真っ只中のため、日照時間は冬よりも短いことが多い。

昨年につづき、蹲にガマガエルが卵を産んだのは4月。今年はかなり遅い。
一部を甕に移して玄関前に置いたので、手足が出て尾が消えたばかりの
小さなカエルもみたが、まだ、オタマジャクシが数十匹残っている。

  2016
     蹲中の卵  3.18  2016   3.8 下見に来た?カエル 
  
私が生まれたときにはすでに庭にあった蹲は、旧宅解体とともに紅梅の下に
移された。毎年、ガマガエルが産卵していた庭の中央にあった池も埋められたが、
何代目かはわからないが、ガマガエルはずっとわが庭に棲みついているようだ。

庭で過ごす猫たちの水飲み場だった蹲だが、最近はここを利用する猫はみない。
もっぱら、オナガハトなど、鳥たちの水のみ場となっていた。

   2008 2008.11
               生後半年のトラとアミ     

        2012 2012.2.29
                    雪の朝                 

       2.18 2016.2.18
                   紅梅散る

落葉やカエルの卵が詰まったのか、蹲の水が流れて行かず、前に水たまりが
できるようになった。絶えず流していると水道代大変でしょうと植木屋さんに
言われたこともあるが、結局、水道屋さんに来てもらい、水を止めてもらった。
 
      6.7
                  工事中           6.7
      6.7
                  水が止まった蹲

幹が空洞になっているといわれて久しい紅梅は今年も咲いて実がなった。
紅梅の老木の下の蹲は苔むして貫禄そのもの、その役目は終わったようだ。
2階から工事の様子を見ていたら、何とも複雑な気持ちになった。

菖蒲と紫陽花の絵タイル

2017年06月20日
今の季節、よく目にする花菖蒲や紫陽花。歩道の絵タイルには紫陽花や
花菖蒲のデザインも多い。渋谷区では区の花ということもあり、花菖蒲の
絵タイルは区内でよく見かけた。ほかには葛飾区の花も花菖蒲。      

    菖蒲
                      渋谷区
   
      3312no9.jpg
                      渋谷区
 
      菖蒲
                      大田区

     菖蒲
                      江東区
  
江東区塩浜の歩道には「23区の区章一覧」が敷かれている場所がある。
タイルには区の形と区の花がデザインされている。(都内23区の「花」 Ⅰ 

      菖蒲
             葛飾区の花           渋谷区の花 
   
      紫陽花
             港区の花             御宿 千葉県 

      紫陽花 border=
                         大田区
旅・散策・イベント

梅雨の晴れ間に Ⅱ

2017年06月19日
今月は2回、多摩川台公園を訪れた。武蔵野台地の南端部、国分寺崖線に
位置する台地にあるため、多摩川との高低差は大きく、多摩川、富士山、
秩父連山などが眺望できる。また、2基の大前方後円墳と8基の古墳の周囲に
あじさい園、野草園、水生植物園(元調布浄水場跡地)、古墳展示室などがある。

水生植物園では最初に訪れたときに緑色だった「半夏生」はわずか4日の間に
葉が白くなっていたのには驚いた。       (梅雨の晴れ間に Ⅰ

    6.9
                      半夏生
      6.9

     トンボ
           シオカラトンボ              イトトンボ

        6.9
       6.9

お揃いのTシャツの園児たちが何やら捕まえようと、水に糸を垂らしている。
手作りの釣り糸の先にはスルメ、クリップでつけられていた。
「○○ちゃんがとったんだよ」というザリガニが水槽の中に入っていた。

        6.9
    6.9
            ザリガニ          スルメをつけた釣り糸

水生植物園から亀の甲山古墳、多摩川台古墳群の前を通り、古墳展示室へ。
ここはいつも新しい発見がある。亀の甲山古墳は国指定の都内では大きな
前方後円墳だが、仁徳天皇陵などと比べればはるかに小さいことがわかる。

多摩川園駅に戻り、東横線で自由が丘ZenRoomへ。 (薬膳ランチ)
烏骨鶏スープの米粉麺、デトックスコースを選んだ。輝北豚、金針菜、きくらげ、
ナツメ、パクチー、百合根、クコ・・・あとは覚えていない。2人は「疲労回復」。   
2時からのSさんのフルートレッスンの時間まで、お茶とデザートでおしゃべり。
今度はKさん、Sさんとフルメンバーで女子会を約束して分かれた。
旅・散策・イベント

梅雨の晴れ間に Ⅰ

2017年06月18日
梅雨入り前、歯科のクリーニングを済ませ、傍の多摩川台公園に寄ってみた。
紫陽花は木陰にあるせいか、この時はまだ淡い色の花を除くとあまり咲いて
いなかったが、スケッチしている人を何人か見かけた。

昨年、3人を案内して台公園を訪れたのは7月初め。紫陽花の季節は終っていた。
多摩川をスケッチ後、川の見えるレストランで食事をし、茅の輪がつくられていた
浅間神社へ。そこでの巨人軍終身名誉監督長嶋氏との出逢いは忘れられない!
記念撮影に快く応じていただいたことを思い出す。 (素敵な折り返し地点

      6.5
      6.5
          6.5

桂花会の女子会の日は入ったばかりの梅雨はお休み。自由が丘で薬膳ランチ
(「禅ルーム」)の前に、多摩川駅で待ち合わせて多摩川台公園へ寄ることにした。
Sさんはお茶会の準備で多忙、Kさんは仕事、集まったのはSさんとFさんと3人。

多摩川駅で待つ間、毎年決まった場所につくられるツバメの巣。だが、ツバメの
姿はない。巣立ったのかと駅員さんに訊ねると、カラスが多くて近寄れないという。
昨年は餌を運ぶツバメの姿を見かけたのだが。     (ツバメ 子育て中

     6.9
          多摩川駅      2017.6.9
                                2016.6.14
    2016.6.                      
        
4日前に訪れたときより紫陽花はだいぶ咲いていた。スケッチや散策の人も多い。
2人は亀の甲山古墳、多摩川台古墳群の説明板を熱心に読んでいた。

      6.9

古墳資料館を経由して多摩川駅に戻って自由が丘へ。梅雨の晴れ間にⅡ
旅・散策・イベント

次は何を・・・?

2017年06月17日
今年になって、ごんさんはままごとのコンパクトなキッチンを3台つくった。
Y さんがお孫さんの入学祝に、Sさんの友人のお孫さんの1歳の誕生日用に、
そしてOさんが1歳のお孫さんにプレゼントされた。(ままごとキッチンセット
10年前、現在小6のゆうゆうにつくったキッチンセット以来だ。

     10年前
           ガス台と流しは別々   10年前

1台目、Yさんのお孫さんは6歳。早速、レストランごっこ。メニューやレジを
作って家族に料理を振舞ったとか。まだまだ、そういう年齢でよかったとのこと。
 
2台目は、Sさんの友人のお孫さんの誕生日に間に合わせた。だが、Sさんから
思わぬメール。「・・・実は依頼された友人の息子さん、急遽アメリカに行くことに
なりました。それも夫婦で会社を退職して留学だそうです。一才になる子どもを
連れて・・・友人の落ち込みにすっかり同情して、受取ったおままごと、わが家で
引き取ることにしました!」
というSさんからの連絡に驚いた。結局、Sさんの
お孫さんへの誕生日プレゼントは半年前倒しとなった。

その後、とりかかったキッチンセットは、Oさんの1歳のお孫さんのためだが、
いずれ机のように使えるようにという注文があり、上板を載せられるようにと、
ひと工夫が必要だったため、時間がかかったが、なんとかクリア。

   3298no2.jpg
        引出しを立てると棚に、板を外して机に

Oさんからのメールには、「昨日おままごとキッチンセットを渡す機会があり、
孫にみせたところ、まだ使い方がわからないので楽しめないのではと思って
いましたが、扉を開けたり閉めたり、それだけでも大はしゃぎで、これほど
喜ぶとは想像していませんでした。この喜ぶさまをみて、じじばばは非常に
満足いたしました。・・・」
。机にもなるので、出番が多くなってよかったとも。

Sさんのお孫さんには作らなくてよくなり、リビングには3ヶ月の間、フル活用の
ノコギリやカンナがそのままになっている。端材で「書見台」をつくってもらおうか。
身近な人びと

パッションフルーツとトケイソウ

2017年06月16日
遅いかなと思いつつ、ホームセンターにゴーヤの苗を買いに出かけた。
近所の花屋さんとは違い、その種類の多いこと。苦味が強いもの、少ないもの、
白ゴーヤというものまであり迷ったが、グリーンカーテン ゴーヤを5株選んだ。
会計に向かう前、パッションフルーツの鉢植えが目に入った。見ると、緑だが実が
5,6個ぶら下っている。何年も前に育てたことがあったことを思い出した。
たしか実がなったと思うが、食べた覚えはない。もう実がなっているから紫色に
熟すのは時間の問題だろうか。鉢を抱えて会計で並んだ。

       パッションフルーツ
              パッションフルーツ     小さな実

パッションフルーツはトケイソウ科トケイソウ属。カジツトケイソウ(果実時計草)
ともいうようにトケイソウとそっくりの花。抗酸化作用によってアンチエイジングに
効果的、また、カリウムも豊富で、高血圧予防なども期待できるという。
トケイソウが実をつけることがあるが、実のボリュームは少なく、 種が大きめだとか。

     トケイソウ
          トケイソウ            パッションフルーツ

帰宅後、ラインを開くと、中国から帰ってまもないSさんからは鎌倉から。
あじさい寺の紫陽花時計草の花だったので何だかおかしくなった。
早速、買ってきたばかりのパッションフルーツ(果実時計草)の写真をとって
アルバムに追加した。

           トケイソウ
               トケイソウ  Sさん撮  
           
すぐにFさんから「懐かしや。ナイロビの庭にパッションフルーツがなってました。
Sさんの写真通りの花でしたよ。パッションフルーツ熟れたら食べないとね。
酸っぱいけど」「熟れるとシワシワになるよ
」と。
Fさんが数年間住んだナイロビの庭にはジャカランダもあったときいていたが、
ほかにどんな木があったのだろう。今度ゆっくり伺ってみよう。
植物など

ジャカランダの前で

2017年06月15日
ジャカランダは南米産のノウゼンカズラ科に属し、鳳凰木(フランボヤン)、
火炎木(スパト­デア)とともに「世界三大花木」の1つ。中南米原産。  
日本ではあまり知られていないが、5月下旬から6月にかけて桐の花に似た
青紫色の花を房状に咲かせる。別名はキリモドキ(桐もどき)。

         2017.6
               ジャカランダ  大田区蒲田    2017.6.11

2年前の6月初め、熱海を訪れた。2014年にオープンした親水公園沿いには
本州一多くのジャカランダが植えられている。     (ジャカランダの花
夢の島熱帯植物園、大船フラワーセンター、神奈川歯科大学構内なども
知られている。     
              
ケニアのジャカランダが街を紫色に染め上げる光景は見事だとか。ナイロビに
暮らしたFさんは、10、11月頃、庭にこの花が咲くと日本の桜を想ったという。
熱海の帰り、車中からFさんにジャカランダの画像を送ったところ、懐かしい!と
返信がきた。日本の花は、ケニヤの花より色が鮮やかだそうだ。

熱海から戻って数日後、わが家から近いところにジャカランダがあることを知った。
東急線蒲田から環状八号線に出て世田谷方面へ数分歩くと、街路樹の中に
1本のジャカランダがひっそりと立っている。    (環八沿いのジャカランダ
『ジャカランダ「2004年浜名湖花博のジャカランダより東京蒲田にある樹の方が
すてきです」とインターネットでこの樹が紹介されました』
と札がついている。

    2017.5
                ジャカランダ   2017.5

先週、車で環八を走っていると、目に飛び込んできたのは、銀杏並木の中に
青紫の花。ひと月前にみたときは緑一色だったジャカランダが咲いている! 
帰りに1人で見に行くことにした。歩道側はほとんど花をつけていないため
気づかずに通り過ぎる人が多い。歩道に散った花を見つけ仰ぎみない限り・・・。

    2017.6
        歩道側     2017.6.11       車道側    

ケニヤのジャカランダに思い出があるFさんと、先月、四川省成都でみて感動した
というSさんにlineで送ろうと、デジカメのほかにタブレットも持って樹の周りを
ウロウロ。オートバイが停まり、70代くらいの男性に「この花はアカシアですか?
何の花ですか?」と訊ねられた。「ジャカランダです」と答えると「以前からここを
車で通る度に気になっていて・・・。ここは車は停められないので、オートバイで
来てみたんです。よかった」と大喜び。ジャカランダと出逢えたことも、こういった
男性がいることを知って嬉しくなった。

      2017.6

30年ほど前、ガソリンスタンドのオナーが苗をスタンド前の銀杏の街路樹の
間に植えたときいていたが、そのスタンドはあとかたもなく、空地になっていた。
排気ガスにも負けずに頑張ってきた樹が伐られることがないように祈るばかり。 
植物など

車内の沿線案内

2017年06月14日
東急池上線と多摩川線に山吹色と濃紺のツートンカラーのレトロな列車が
走るようになって1年余。化粧板は木目調、吊り手は木製となっている。
何よりも雑誌や新刊本、病院、マンション、墓地などといった広告はなく、
中吊りも1つのテーマで統一されているためかすっきりしている。
   
     蒲田駅
 
「戸越銀座駅の木になるリニューアル」の広告から初夏には「あじさい」、そして
スイカ、風鈴、金魚などの夏バージョンに。秋には沿線の「祭りとイベントの秋」。
新田神社と品川区雉子神社の例大祭、池上本門寺のお会式、「蒲田映画祭」
「オープンファクトリー」など、沿線のお祭りやイベントの案内。 (車内の秋
これらで「丸子の渡し祭り」や新田神社の「古武道演技」を知って出かけた。          
10月には「品川観光フェア」、11月には「匠のまち おおたオープンファクトリー」。

        2016.112016.11
              おおたオープンファクトリー

今年1月は沿線の「七福神めぐり」。池上七福神、多摩川七福神、荏原七福神。
3月には大田区に多い銭湯。4月には、大田区制70周年、品川区制70周年記念
「子ども絵画展 50年後の未来、ぼくたち・わたしたちのまち」。
   
       22017.12017.1
                 沿線の七福神めぐり

    2017.32017.3
                        銭湯     

         3308no11.jpg2017.4
                      子ども絵画展

そして初夏の「東急多摩川線散歩」。ぶらっと歩いて街の魅力を再発見!と、
多摩川線(多摩川~蒲田)沿線の散歩コースが紹介されていた。田園調布、
多摩川、沼部、鵜の木、下丸子、武蔵新田・矢口渡。いつもは素通りしていた
よく知っているはずの街でも、のんびりと歩けば、新しい発見が待っているはずと。

           東急多摩川線2016.6

「田園調布さんぽ」    田園調布の復元駅舎  宝来公園 多摩川台公園 
      田園調布

「多摩川さんぽ」     多摩川台公園の古墳  せせらぎ公園(多摩川園跡地)

「沼部さんぽ」       区内最古のトンネル  桜坂  六郷用水跡
              沼部

「鵜の木さんぽ」      多摩川の川風
          鵜の木

「下丸子さんぽ」      昭和のくらし博物館

「武蔵新田・矢口渡」    新田義貞ゆかりの新田神社  矢口の渡跡 
             武蔵新田・矢口渡               
旅・散策・イベント

ヒメシャラとバイカウツギ

2017年06月13日
旧宅の庭にあったナツツバキはなくなったがヒメシャラが白い花を咲かせている。
5月末の暑い日、涼し気なヒメシャラを数輪生けた。
「この花はバイカウツギ」とUさんにいわれてみると、花の大きさ、花びらの数、
葉の違う花も混じっていた。だが、ヒメシャラに咲いた花だからヒメシャラのはずと
まだ思い込んでいた。

        ヒメシャラとバイカウツギ

Uさんが帰られてから、ヒメシャラの樹をみると、枝の間からバイカウツギらしき
枝が出ていて、白い花が咲いている。その枝のもとを辿ると、カラタネオガタマ
下に置かれた鉢があり、細い幹が柵を越えてヒメシャラの方に伸びていた。
枯れたり、花が終わった鉢がいくつか放ってある、めったに見ることのない隅だった。
鉢を引っ張り出すと、2m以上も伸ばした枝の先に白い花がまだ1つ咲いていた。
まさにバイカウツギだ。紅梅の下に地植えすることにした。
それにしてもわが庭にバイカウツギがあったとは・・・!

      バイカウツギ
           ヒメシャラ          紅梅の樹の下に・・・

ヒメシャラ(姫沙羅) ツバキ科ナツツバキ属。ナツツバキに比べ、花も葉も小ぶり。

  ヒメシャラ
          ヒメシャラ               バイカウツギ

バイカウツギ アジサイ科バイカウツギ科。南東ヨーロッパや小アジアが原産。
ウメに似た花を咲かせることからこの名がある。

ナツツバキ(夏椿 沙羅) ツバキ科ナツツバキ属。シャラノキ(娑羅樹)。
仏教の聖樹である娑羅双樹(サラソウジュ)に似ているので、この名がついた。
幹高10mほどで、葉も花も椿のように肉厚でなく、花は開くとまもなく散る。
紅葉し、冬に葉を落としすべすべとした幹だけになる。(夏椿6月の白い花

ちなみに、沙羅双樹は、フタバガキ科。幹高30mにも達し、花は小形の淡黄色。
インド原産の常緑喬木で、日本の風土では育たない。
植物など

ストロベリームーン

2017年06月12日
先週、ラジオで気象予報士が「ストロベリームーン」について話していた。
夏至が近づいた満月は、イチゴのような赤色に(彼女はオレンジ色と)なる
「ストロベリームーン」といい、1年の中でも今の時期しか見ることができない
貴重な天体現象だという。だが、天文用語ではないようだ。

「ストロベリームーン」は地平線の近くの位置にあるため周りに高いビルがない
開けた場所か、高い場所からみえるとか。今年は今月9日。朝は覚えていたが、
夜にはすっかり忘れていた。雨戸を閉めるときのルーティン、東の空に目を遣ると
オレンジ色の満月!皆みているかなと思いながら、数人に満月の画像を送った。
庭に出てみたが月は見えず、道路まで行ってみるが、時間が早いのか見えない。
再び2階に上がり、空を見ると、もう雲がかかっていた。それも神秘的で美しい。

Kさんは大田区。「少し雲がかかって薄いオレンジ色でした。秋の頃とは違って
いました
」。彼女の家も高台にある。横浜のUさんは「雲がかかっているので
わかりませんが、月の周りが薄いピンクでした。何となく不思議なお月様でした
」。
初めて知りました。優しい感じのムーンですね」。「私も初めて知った」と世田谷の
Kさん、杉並のFさんも。りんりんたちは月をみただろうか、「既読」だったが。

        6.10
                6.10   20:15 

満月の翌日の月も赤みがかっていた。デジカメでもタブレットでも今一つうまく
撮れなかったが、とりあえず満足した。

「ストロベリームーン」の名前の由来はイチゴのような赤い月ということから、
また、アメリカでは「イチゴの収穫が6月」であることからだともいわれる。
ヨーロッパでは赤い満月をバラに見立てて「ローズムーン」と呼ぶのだとか。

「この時期は月の高度が冬より低いため、赤く見えるように思うかもしれないが、
この日の月が特別に赤いわけではない
」「朝日や夕日が赤く見えるのと同じで、
月も昇り始めと沈む時は赤く見える
」という記事(朝日新聞デジタル)を読んで、
納得しつつも少々がっかりした。

  2015.3.42016.9
    2015.3.4   18:10      2016.9.15  十五夜  21:30 

くらべてみると、たしかに10日の月は赤みがかっている。梅雨の晴れ間の満月は
貴重だ。10日もしないうちに夏至。梅雨が明ければ苦手な夏がやってくる。     
旅・散策・イベント

「おのくん」の今

2017年06月11日
東日本大震災から6年3ヶ月。6年たった今も仮設住宅で暮らす人々がいる。
ごんさんがつけていたテレビ『旅サラダ』で「東松島」ということばが耳に入った。
「震災後、行く勇気がなかったが、東北の底力や根性、優しさなどに触れたい」と、
泉ピン子が東松島を訪れていた。陸前小野や「おのくん」も出る!と確信。
(被災地の集会所仮設住宅くらしストリートビューで誕生した新しい街)  

     小野駅 2014.5
                      陸前小野駅

案の定、陸前小野駅、そして小野駅前応急仮設住宅を訪れた泉ピン子は、
作業場で、被災地を支えるシンボルとして親しまれている「おのくん」人形
作りに挑戦、40分後に完成した。

「おのくん」は手づくり、1つとして同じものはない。ボランティアが子どもたちに
プレゼントしてくれたソックモンキーを見て、震災の1年後、仮設の皆でつくり
始めたという。自治会長の武田さんによれば、縫うのが難しいく「めんどくしぇ」
とか言いながらやっていたのが、「おのくん」のキャッチフレーズになったとか。
「おのくん」は、ネットでは1年待ちだが、現地に足を運べば買うことができる。 

     作業場

JR仙石線(仙台-石巻)は津波により大きな被害を受けた。(津波の被害
とくに線路が流出するなど被害の大きかった陸前大塚駅~陸前小野駅間は
震災前より500m内陸側に移設された。駅舎が被害を受けた東名(とうな)と
野蒜(のびる)の2駅は新設された。
2015年5月、工事は無事完成し、仙石線全線で運行が再開された。

      仙石線
                不通区間と代行バス

3年前、りんりんとの城めぐりの旅では、東松島を訪れるのも目的の1つで、
「おのくん」の材料になる手芸綿などを持参した。  (おのくんの里親に
当時はまだ仙石線は全線開通していなかったため、松島海岸から代行バスで
津波の被害を蒙った地域の中を陸前小野へ向かった。
   
          おのくんハウス
                 武田さんに別れを告げて

テレビで映った武田さんも作業場の雰囲気も3年前とあまり変わっていない。
懐かしさがこみあげてきた。
大震災から6年以上。まだ、仮設住宅くらしがつづいているのだろうか。
車内で偶然出会い、一緒におのくんハウスを訪ねたSさん親子は元気だろうか。

      おのくん
                   わが家のおのくんたち

わが家の「おのくん」は大人しく棚の上に座っている。いつか彼らを連れて
里帰りしたいと思っているのだが、なかなか実現しない。
旅・散策・イベント

楽しい時計

2017年06月10日
今日は「時の記念日」。 天智天皇10年4月25日に漏刻(水時計)が設置され、
宮中に時が告げられるようになった(「日本書記」)この日が、「時の記念日」と
制定された(1920年)。                   (時の記念日

ちょっと楽しい時計たち
      切手博物館
              切手博物館   豊島区
   
    安久工機
               安久工機   大田区

        すし店
                寿司店   杉並区

         からくり櫓   からくり櫓
        落語   「人形町からくり櫓」  町火消   中央区       
通りを挟んで1基ずつ。それぞれ毎日12時から17時まで1時間おきに
江戸落語と町火消しの人形が出てきてショーをしてくれる。
この一帯は、江戸唯一の歓楽街として賑わい、歌舞伎、人形操り芝居、
浄瑠璃芝居、見世物小屋などが軒を並べ、それに携わる多くの人形師達が
この町に住んでいたことから、「人形町通り」と呼ばれるようになったという。

  中野サンプラザ
             中野サンプラザ  中野区
コンサート会場でも有名なサンプラザ前には、からくり時計がある。
鐘の数は38個、人形は4体。演奏は9時~18時の毎正時。

    マリオン
               銀座マリオン   中央区

     アゼリア
             川崎アゼリア「宇宙カプセル」  川崎市
オルゴール式からくり時計のカプセルが開き、中にあるハンドベルと鼓笛隊を
模した人形によって約9分間、10時から21時まで毎時演奏される。
よく訪れる川崎、たまにエスカレーターで演奏に出あうことがある。

     ザルツブルグの鐘
           「ザルツブルグの鐘」   JR川崎駅
JR線川崎駅の東西自由通路に川崎市の友好都市オーストリアのザルツブルク
大聖堂の鐘をイメージしたモニュメント。震災の際に被害を受けた「ミューザ川崎
シンフォニーホール川崎」への寄付金をもとに、感謝の思いを込めて設置された。
案内板を兼ね、JR川崎駅、「ミューザ川崎」とザルツブルク市の方角を示している。
ちなみにザルツブルグ市はモーツアルトの生誕の地。その距離9,350kmとか。
鐘の音は「アイネ クライネ ナハト ムジーク」とか。8時、正午、18時の3回。
 
       日テレ
          日テレ「宮崎駿のからくり大時計」   港区   
汐留シオサイトの日テレタワー前広場の巨大からくり時計」は、時計の内部も
歩くことができる構造で幅18m、高さ12m、奥行3m。外側は鍛金という
伝統的技法で、金属の板材を1枚1枚叩いた銅板が1228枚で総重量は28㌧。

     田端
      行船公園 江戸川区      田端ふれあい橋  北区  

     表参道
             表参道          横浜元町  

       八重洲
                   平和の鐘   八重洲
旅・散策・イベント

「時の鐘」

2017年06月09日
明日は「時の記念日」。江戸時代、鐘楼に吊るした大型の鐘を撞いて市井の
人々に時を知らせた「時の鐘」は、日々の暮らしを区切る中心的な手段となった。
時の鐘は、はじめ江戸城内で撞かれていたが、日本橋石町に移され(1626年)、
江戸市民に時を告げるようになった。元禄以降、江戸の町の拡大に伴い、
上野山内、浅草寺、本所横川、芝切通し、市谷八幡、目白不動、目黒円通寺、
四谷天竜寺など、全部で9ヶ所に置かれた。

石町の時の鐘    中央区  都指定有形文化財
江戸城から移された時の鐘は、その後、火災で鐘楼などが焼失。現在の
時の鐘は、1711年につくられた。寺社の鐘と違い、公費で運営していたので、
時の鐘が聞こえる約400町の範囲から鐘撞き料を徴収していた。

明治初期に「時の鐘」は廃止され、鐘は十思公園に移された(1930年)。
鐘楼は鉄筋コンクリート造り。現在は大晦日のみ鐘が撞かれている。
   
    時の鐘
          十思公園  2011        上野寛永寺    2015

上野寛永寺 時の鐘 台東区 「残したい日本の音風景100選」
最初の鐘は1666年にでき、その後、1787年に現存する鐘ができた。
今でも「時の鐘」は6時、正午、18時に撞かれている。

川越の時の鐘 川越市 「残したい日本の音風景100選」
「小江戸・川越」を象徴する川越市の「時の鐘」は、蔵造りの町並み同様に
江戸時代初頭からの面影を残す建造物で、今から約400年前、当時の
川越藩主酒井忠勝によって創建されたといわれる。

以来度重なる火災で鐘楼や銅鐘が焼失したが、その度、建て替えられた。
現在の「時の鐘」は4代目、川越大火の翌年再建(1894)。町の3分の1が
焼失した中で、「時」を告げる時計台は、自らの店も再建していない川越の
商人達によって、いち早く建て直されたという。

  川越
         時の鐘             蔵造資料館      1986

2年前に始まった工事は「昭和の大修理」以来の「平成の大修理」となった。
コンクリート基礎の上に乗っていただけの本体を、礎石の上に立つ本来の
形に復元した上で、強固な基礎に固定。明治当初の姿に復元された。
今年1月、中断していた鐘つきが復活。通常は機械式の鐘つきを手動で行う。
木造3層の櫓で高さは約16m。6時、正午、15時、18時の4回鳴る。

川越は何度かスケッチに訪れたが、街並みの写真は数枚しか残っていない。
羅漢さんに魅かれて2度ほど喜多院を訪れた。(転売される御朱印
翌年の年賀状は、龍の羅漢さんの写生をもとにしたごんさんの版画だった。
その後、辰年は何度巡ってきただろう、ずいぶん昔のことだ。 
旅・散策・イベント

梅雨に咲く花

2017年06月08日
昨日「梅雨入り」したらしいが、発表があろうとなかろうと梅雨は苦手だ。
そのあとにやってくる長い夏に耐えられるだろうか、今から憂鬱だ。

     3303no1.jpg
                       庭の紫陽花        6.2     

「晴天が2日以上続いた後、梅雨前線の影響で前日と当日が雨で、さらに
その後1週間の予報が5日以上雨または曇り」のような天気図がみられた場合、
「梅雨入りしたと見られます」の発表がされる。関東では5月下旬~6月中旬。

梅雨入り 梅雨明けの判断は非常に難しく、外れてクレームが殺到したため、
2年間ほど「梅雨入り 梅雨明け宣言」をしなかった年があった。だが、やはり
気象庁に発表の要望が多かったため、現在では「梅雨入りしたとみられます」
「梅雨明けしたとみられます」という、かなり曖昧な表現で発表されている。
さらに、9月になってから「あの時が梅雨明けだった」などといった訂正を行い
「梅雨入り 梅雨明けの確定値」が決定される。

「梅雨明け」は、雨が2日以上続いていた後、梅雨前線が北上して、前日と
当日が晴れで、さらに週間天気予報で5日以上が晴れ(か一部曇り)といった
天気図が「梅雨明けしたと見られる」の基準。関東では7月中旬~8月初め。
   
       タチアオイ
                      タチアオイ

梅雨の花といえば、紫陽花を思い浮かべるが、タチアオイ梅雨葵といわれる
ように梅雨入り頃に咲き始め、頭頂部まで咲けば梅雨明け頃とか。(タチアオイ
このことを知って梅雨もさほど嫌ではなくなった。 (梅雨明け間近を知らせる花
   
たまに通るマンションの植込みではキンシバイが咲き誇っている。ビヨウヤナギ
似ていて、近くづかないと、どちらの花か見分けがつかない。
どちらもオトギリソウ科オトギリソウ属。            (梅雨に咲く黄色い花

        キンシバイ
                      キンシバイ
          ビヨウヤナギ
                      ビヨウヤナギ

5弁の花、花期も同じだが、ビヨウヤナギは1枝に1個または数個の花をつける。
キンシバイの葉は対生して水平につくが、ビヨウヤナギの葉は十字対生。
植物など

「考える力」は・・・

2017年06月07日
わが家でのりんりんは、勉強は集中できないが、スマホ、ときにわがタブレットで
「マイクラ」中の集中力は大したもの。(終った黄金周 脱線つづきの宿題

先日、イオンの未来屋書店の「BIRTHDAY BUNKO」で古井由吉の本を購入
したのを見たりんりん、「この間の国語の模試に古井由吉さんの文が出たよ」
と話してくれた。答案はまだ返却されていなかったが、あまりできなかったという。
「言葉について」という本からの出題という。      (本との出会い方

彼が帰ったあと、調べてみると、中学生からの大学講義(筑摩書房)の
第2巻に収められた文の1つだということがわかった。
このシリーズは全5巻。1巻「何のために学ぶのか」 2巻「考える方法」 
3巻「科学は未来をひらく」 4巻「揺らぐ世界」 5巻「生き抜く力を身につける」 
(1巻 外山滋比古 前田英樹 今福龍太 茂木健一郎 本川達雄 小林康雄 鷲田清一
2巻 永井均 池内了 管啓次郎 萱野稔人 上野千鶴子 若林幹夫 古井由吉) 

     1,2巻

図書館で1巻と2巻を予約するが、「言葉について」が載った2巻は貸出中。
先に借りた1巻の外山滋比古の「知ること、考えること」をみると、読みかけ、
いや、中断した『忘却の整理学』と重なる部分が多い。

「覚える」のと同じくらいに大事で、しかも難しいのが「忘れる」ことだという。
起きている間の人間の頭の中へは、いわゆる知識以外にも、雑多な刺激が
常に入り込んでくる。そのように入ってきたもので不要だと思われるものは
はねのけられる。頭の中の掃除がレム睡眠の間に行われている

こうした自然忘却作用は大事で、睡眠だけでは掃除が足りないとなったら、
昼間も何とかして不要なものを忘れなくてはならなくなるらしい。
りんりんが授業中、ボーとしているのがわかったような気がした。

    1,2巻
   古井由吉「言葉について」  外山滋比古「知ること、考えること」

『中学生からの大学講義 1』を彼にみせると、「外山さんの文も試験に出た。
『君の名は』のことが書いてあった・・・」。2015年版の本に『君の名は』が?
と一瞬思ったが、「忘却とは忘れ去ることなり」の方だった。
ちなみに、映画の題名は『君の名は。』 

外山氏の『忘却の整理学』によると、「忘却とは忘れ去ることなり」というのは、
全部忘れてしまうのを暗示し、それはむしろ病的な忘却だという。
「正統の忘却は決して百パーセントの忘失ではない。忘れるところと、記憶の
ままを残す部分とを区別する。その区別、分別、取捨をほとんど無意識の
うちに行っているのはおどろくべきである」
と。

「知ること、考えること」(外山滋比古)の中で見つけたトーマス・カーライルの
「経験は最良の教師である。ただし授業料が高い!」りんりんが座右の銘に
したいと、ラインで英訳した。微妙に違うような気がしたので、カーライル自身の
原文を探した。Experience is the best of schoolmaster,
                      only the school-fee are heavy.


苦しいこと、つらいことが人間を育てるということが今は忘れられているという。
この経験とは、辛い経験、苦しい経験のことだとわかっているのだろうか。
茂木健一郎の『脳の上手な使い方』(2巻)にも「苦労は買ってでもせよ」と
昔からことわざにいうのは、ゆくゆくは自分のためになるからだと書かれている。

「学ぶことは苦労であると同時に喜びでもある。そして学ぶ喜びは、脳が感じる
喜びの中で、最も深い喜びなのだ。だからドーパミンがたくさん出る」
とも。
イヤイヤだと当然ドーパミンも出ないので、やっても楽しくないそうだ。
1巻、2巻をAmazonで購入した。テストが終わったら、読んでほしい本だ。
身近な人びと

今年の「キャンドルナイト」

2017年06月06日
「電気を消してスローな夜を」を合言葉に、全国各地で夏至のころに行われて
いるイベントが「100万人のキャンドルナイト」。
大田区では恒例の「100万人のキャンドルナイト in 池上本門寺」が行われた。
境内は地元や石巻の子どもたちが描いた「メッセージランタン」や模様のついた
竹製ランタンなど1500個のランタンで彩られる。
今年は6月3日。例年より10日ほど早い。梅雨入り前にということなのだろうか。
(11年は6/11 12,13年訪れず 14年は6/14 15年は6/13 16年は6/11)
      (キャンドルナイト 電気を消して キャンドルナイトin本門寺

      準備中
        ランタン 18:20

夕方6時過ぎ、此経難持坂(しきょうなんじさか)に着く。今年は石段の片側に
「ともしび 2017 6.3」と置かれたランタンが1つずつ灯されていく。
96段の急な石段を上がると、ライブ中継(Ustreamで配信)中だったのか、
大堂で行われている平和祈願法要の読経が境内に響いていた。

    大堂前
                    大堂前
       仁王門前 19:00
                  竹製ランタン  総門前
      
東松島市や熊本の物産品の販売、熊本地震の復興の募金も行われていた。
大田区と東松島市は友好都市(2016.11~)。東日本大震災の際に「被災地
支援本部」を設置、区内団体、区民が東松島市でボランティア活動を行なった
ことから交流が始まったという。

テントにはキャンドルづくりに夢中の子どもたち。暗くなるまで時間があるので、
2本つくることにした。小さくなって使えなくなったお寺のロウソクが材料とか。
出来上がったキャンドルは古くなった障子紙でつくられた紙袋に入れてもらった。
さらに子どもたちが咲かせたチューリップの球根を10個いただいた。

     キャンドルつくり 18:30

      行列 19:00

いつのまにか、ディップキャンドル作りのテントの前には長い行列ができていた。
だいぶ暗くなってきたので、灯ったランタンを眺めながら此経難持坂を下った。
ネコの絵、花の絵、アンパンマンの絵などのほか、「平和な地球がいつまでも」
「がんばろう 東日本」「LOVE&PEACE」・・・。
   
     6.3 19:15

振り返るとランタンの「ともしび 2017 6.3」の文字浮かび上がり、幻想的な光景だった。
いつの間にか1時間が経っていた。

        ロウソク

次は7月2日からの「500個の風鈴の音を聴く」。地元の子どもたちの願い事などが
書き込まれた短冊が下げられた南部鉄器の風鈴が境内に響き渡る。
旅・散策・イベント

ルリマツリ

2017年06月05日
今日は24節気の1つ「芒種」。稲・麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期と
されていた。蒸し暑さを感じる時期になり、同時に梅雨入りもする頃。
紫陽花が咲き、梅の実が色付き、百舌鳥が鳴き始めるのもこのころ。

庭では、セッコクはそろそろ終わり。ベニガク、ヒメシャラが咲き始めた。
毎朝、早くからシジュウカラの囀りがきこえるが、巣箱に入った様子はない。
今年はじめてウグイスの声をきいたのは遅く、5月29日朝。

今年もグリーンカーテンをつくろうとは思っていたが、5月に暑い日がつづいたり、
グズグズしているうちにタイミングを逃してしまった。思い立って花屋に行った
ときにはすでにゴーヤは売切れ、カーテンになりそうなのはヘチマくらいだった。
とりあえずヘチマの苗を4つだけ購入。2階のベランダに置くことにした。

   ルリマツリ  イソマツ科 ルリマツリ属 
           学 名  Pulumbago auriculata
           原産地  南アフリカ
           別 名   プル-ンバゴ

  ルリマツリ

アプローチのリュウノヒゲがダメになり、土が露出した部分に蔓性のものを
植えたいと思っていたところ、「いいのがあるよ」と勧めてくれたのはルリマツリ
花は咲いていなかったが、とにかく丈夫でどんどん蔓を伸ばすという。

淡いブルーの花の写真の裏には、「プルーンパゴ」(ルリマツリ)と書かれていた。
本来は常緑性だが、日本では冬の寒さでばっさり葉が枯れることも多いらしい。
花期は6月から10月とあるが、花は1度咲き終ったようだった。(100円まけて
くれたのは・・・) これからうっとうしい梅雨、そして暑い夏がやってくる。
涼し気な淡いブルーの花、咲いてくれるといいのだが。
植物など

すばらしい仲間と

2017年06月04日
以前は1年に2回程度だった桂花会の集まりは、Sさんのお店に替わって
1年半、今回は5回目。次は8月末と決まり、この分でいくと、2年間に7回?!
実に素晴らしいお仲間だと心底思う。お茶の会と違って日本語で通せるのも
いい・・・と思うのは私だけかもしれないが。
闘病中のO氏は前回よりお元気、K氏、Fさんのご主人、そしてO氏とM氏。
Kさん、Sさん、Fさんと私の9名。今回は中国へ旅行中のSさんは欠席。

美味しい料理とお酒、日本語で会話を楽しんでいるとき、「明日から中国です。
ラインはできませんが、5/29」と、Sさんから尻切れトンボのラインが入った。
まだ、日本なのかな、29日に出発?帰国?おかしいとは思ったが、日本ならと
皆とわかれて電車待ちのときに電話してみた。すると、「今中国・・・ 電話代
大変だから・・・」とSさんの声がきこえた。

慌てて電話を切ったが、あの「明日から中国・・・」というラインは何だったのか。
中国ではラインは使えない。だが、彼女の話では、ある瞬間、ラインが送られた
ことがあったという。結局、計算してみると、10日ほど遅れて届いたことになる。
国番号など選ぶこともなく、電話ができたことも不思議だ。どうやら日本から
ケータイで中国へ、だったからだろうというのだが。

    茶
      金絲皇菊    南京雨花茶(上)   蒙頂黄芽

帰国の翌々日が中国茶の会、彼女は10日余の旅の疲れを少しも感じさせず、
いつも通りに丁寧に3種のお茶を淹れて下さった。この日は「金絲皇菊」(菊茶)、
「南京雨花茶」(中国十大名茶の1つ 緑茶)、「蒙頂黄芽」(黄茶)の3種。
以前、いただいた「蒙頂甘露」も、四川省雅安市にある蒙頂山景区のお茶。
蒙山は5つの峰(最高峰は1456m)からなり、茶文化発祥地。

四川省は、中国で最初にお茶の栽培がされ、喫茶が始まったところでもあると
いうことは初耳だった。「天府の国」「花城」ともいわれる四川は、気候が穏やかで、
温かい街には花があふれていたそうだ。省都の成都でジャカランダ(藍木樹)を
見たときには、ケニア赴任時、お庭にあったというFさんの話を思い出して
感動したそうだ。                     (おススメの場所は・・・
   
  ジャカランダ
          成都  2017.5           熱海  2015.6

2年前、ジャカランダを見に行ったのは6月初め。今年は神奈川歯科大学に
行ってみたいと思っているが、大学の開花情報をみると、まだ少し先のようだ。
中国・中国の旅

今年はのんびりと

2017年06月03日
今年も庭の蹲で卵を産んだガマガエルだが、昨年よりおよそひと月遅かった。

     つくばい 4.5 
  
睡蓮鉢に卵を移してからもなかなかオタマジャクシにならなかった。
オタマジャクシをみつけたのは、4月半ば。 

                4.26 4.26
       5.17 5.17

やっと手が出て足が出て、尾がとれて、小さなカエルらしき数匹をみつけたのは
5月の末のことだった。1人前のカエルになれるのはどのくらいいるのだろう。

       5.30
                         5.30
    6.1
                         6.1
動物など

新しい青色

2017年06月02日
新たに発見された「青」がクレヨンとして年内に発売されるとラジオできいた。
アメリカのクレヨン会社"クレヨラでは、この新色の名前をホームページ上で
子どもたちからアイディアを募集(6/2締切)、9月に発表するという。

     クレヨン

この新色は、イットリウム(Y)、インジウム(In)、マンガン(Mn)の元素記号を
組み合わせて「インミン・ブールー」と名付けられたという。コバルトブルーが
フランスで発見されて以来で、なんと207年ぶりだとか。

新色は、偶然に発見された。米オレゴン州立大学研究室のオーブンで黒色の
酸化マンガンとその他の化学物質と混ぜて1000℃近くまで熱したところ、
鮮やかなブルーに変わったのだという。

   新色

新色は、赤と緑の波長が完全に吸収され、青の波長だけを反射するという
特殊な構造の化合物であることから、非常にくっきりした青。
古代エジプト以来、最初のブルー色素はいくつか開発されてきたが、安全性、
毒性、耐久性の問題に苦労してきた。

鉱物からつくられる青色の原料は7~8種類。これらに他の色を混ぜ合わせ、
数百種類の青色がつくられている。現在、主な青色原料は、エジプシャンブルー
(約3500年前~)、ウルトラマリン(6世紀頃~)、コバルトブルー(1802年~)など。

エジプシャンブルーは、ツタンカーメンの黄金のマスクにも使用されていた、
人類最古のブルーともいわれる。ラピスラズリから採れるウルトラマリンは、
当時、金よりも貴重だった。フェルメールもこの青を(フェルメール・ブルー)も
好んだという。コバルトブルーは、比較的安く手に入ったため、青色を多く使う
印象派など、19世紀の絵画に大きな影響を与えた。モネ・ブルーとも。

これらはどれも時間の経過に伴って色褪せてしまうし、毒性もある。
だが、新しい青色は、非常に安定しているため、オイルや水に入れても色が
褪せることもない。さらにいいことは、色素の成分に毒素がないことだという。
例えば、紫外線をはじくため、塗料や合成樹脂など幅広い用途に利用できる。

    青系
                     紺青色(左頁上)  瑠璃色(右頁下)

わが家の『日本の傳統色』(長崎盛輝 著)や「日本の伝統色」や「フランスの
伝統色」(大日本インキ カラーガイド)にはかなり多くの「青」があることに驚く。
前者には、コバルトブルーが「瑠璃色」、ウルトラマリンブルーが「紺青色」で、
どちらも「さえた青紫」となっている。エジプシャンブルーは見当たらない。
「日本の伝統色」カラーガイドにコバルトブルーを見つけたが、ラピスラズリーが
瑠璃色となっている。色名は難しい。

青色で思い出すのは、北斎たちが好んだ「プルシャンブルー」のこと。
日本では、「ベルリン藍」「ベロ藍」と呼ばれた。     (プルシャンブルー
浮世絵の青色着色料には天保元年の前半まで藍が用いられ、後半からは、
プルシャンブルーが用いられた。日本にベロ藍が入ったのは、オランダ船の
船員の脇荷として長崎へ持ち込まれたという記録が残っている。
絵画・博物館

宿題は脱線つづき

2017年06月01日
たまにわが家でりんりんがたまった宿題をやることがある。たまったというより
かなり意図的に「ためた」といった方が近い。
中間、期末テスト直前に教科書に沿ったワークを決められた範囲すべてを
解いて提出することになっているという。多くの生徒は試験前にまとめて
やるのは大変なので、帰宅後少しずつやるか、家でやらないですむように
授業中にやってしまう生徒もいるときいた。

彼はといえば、問題集はずっと学校へ置きっぱなし。やっと持ち帰り、わが家で
彼が広げると、30ページほどの範囲のうち、やってあったのは、途中、2問だけ。
何でも授業中、当てられそうな箇所を慌ててやったらしい。
2ヶ月近くの間にこれだけ?授業中どうしていたのだろうか、実に不思議だ。
訊くと、彼は「後ろの席のお陰でボーとしていられる」と、なんともはや・・・。

        ワーク

学校で息抜きしても、家で集中してやればいいが、ためたものを一気に
やるのは難しい、ひとの数倍も時間を浪費しているのもわかっている。
「あ~集中力が10%しかなくなった~」「もう5%だ」とブツブツいいながらも
やっていると思うと、突然、「メガフェプ・・・?とかいうの知ってる?」と脱線。
「メガフェ?何それ?」と検索を開始すると、シメシメとばかり中断する。
「メガフェプスダ」は、mind enjoy give up avoid finish escape 
practice suggest  deny admit 動名詞のみをとる動詞の頭文字だった。

こんな調子で気分転換どころか、ときに思わぬ方向で盛り上がることも。
「朗読の時間」は漱石の『草枕』が終わり、今週から太宰治だと、ラジオの
話題を持ち出すと、「太宰治の本名知っている?」とノッテ来る。
「え~と、なんだったかな、選択肢があればわかるかも」と言おうものなら、
「修治 林太郎 金之助」と書く。「修治!」「正解!じゃあ、金之助は?」
「夏目漱石」「林太郎は?」」「森鴎外。三鷹のお墓に行ったこと覚えている?
向かいに太宰治のお墓があって・・」「覚えているよ。ぼく何歳だったかな」
どんどん英語の問題から遠くなっていく。     (現役の昭和の家
   
     三鷹

鴎外を尊敬していた太宰治の墓は、自身の希望で、禅林寺に移転してきた
鴎外の墓の向かいに建てられたという。
いまだ太宰治の本を1冊も読んでいない彼が、あのときなぜ三鷹に行きたい
と言ったのか不思議だ。伝記を片っ端らから読んでいたころではあったが。

小1のりんりんと三鷹の禅林寺を訪れたのは「桜桃忌」の前だった。
墓前に紅花が供えられていた。来月19日は「桜桃忌」。(桜桃忌に因んで) 
身近な人びと
 | HOME |