FC2ブログ

芽が出たら・・・

2020年05月07日
桂花会のLINEで4月半ばから「サトイモの水栽培」で盛り上がっている。といっても、すでに始めているFさんと、月末に始めることにしたAさん、そして昨年鉢植えで育てた私と3人の間でだが。

キッカケはFさんが送り先を間違えたことからだった。「八百屋は外の八百屋にしてください。里芋の種類によって、微妙に葉の形が違うみたい。最初は暗い所に入れておき、芽が出るのを待ちます。それにだいぶかかるかも」 
うんざりする巣ごもり生活の毎日、こういった話題はホッとする。

突然の「里芋」??「いっそのこと植木鉢に埋めておくのはいかが? 去年、畑で転がっていた里芋を鉢植えにしていたら、立派な観葉植物になり、しかも秋には小芋が出来ていました。楽しいです!」と書いた。

  4372no5.jpg
               2019.6

5分後、「大変大変失礼しました。妹に送ろうと思い、間違ってしまいました。 この前といい・・・二度目の誤発信。今後気を付けます」と慌てたFさんから。    

        4372no4.jpg
            Fさんの里芋   4.17

緊急事態宣言が出てから10日後のことだった。しばらくはアベノマスクが来たとか、まだ来ないとか、近くで感染者が何人出たとか、コロナ関係の話題がつづいた。

そして今度はAさんから突然、届いた里芋1個。「里芋の芽がやっと出てきました!次は何をしたら良いでしょうか?」「水につけるとカビませんか?」

昨年、畑で転がっていた里芋をもらってきて鉢植えにした。「水栽培ならFさんかな? 私は鉢植えにしました。暗い所に置いて、もう少し芽を出した方がいいかなと思います」「畑で転がっていた里芋はすでに5cmくらい芽が伸びていたです」

   4372no02.jpg
         Aさんから   4.27

「私はその芽が1cmくらいになったとき、芽が上を向くようにして、芋の下を切り、安定させて水にセットしました」とFさん。
「芋は泥を落としてあるでしょ。水はともかく毎日替えました。黴は生えないです」   

5月になって「こんな調子で・・・、もう少しですか?」と、2個の里芋の写真がAさんから送られてきた。

4372no01.jpg
           Aさんから       5.1          

「もうちょい、くらいところが良くないかな? この前より芽らしくなってきた。私は1cmくらい伸びたときに、水につけた。どうかしら? 植物のことはみんみん先生の方が信頼できそう!」とFさん。

「いえいえ、私は人間も植物も育てるのは下手です・・・もう少し、新聞紙か何かに包んで冷暗所に置いておいたらどうかしら?土の中にいると錯覚させて?」と書いた。 「そうね、もう一息 ♡ ♡」とFさん。
「今後の里芋の芽について 方向がわかりました。まずは新聞紙に包んで、土の中を思わせて、暗い所に置くんですね」
Fさんの「もうちょいだと思います」
「すくっと、育ってほしいな 楽しみィ」「お二人の言葉、励みになります」

2年前の夏にわが家で頑張ったリボべジを思い出した。もとはりんりんの夏休みの自由研究だったのだが、楽しかった。里芋はやらなかったが、サツマイモがぐんぐん伸びても面白かった。(リボべジ生活
植物など
 | HOME |