FC2ブログ

人と人との距離

2020年05月08日
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために人と人の間に十分な距離を保つ「ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)」という耳慣れた言葉だが、「社会的距離」というと、家族や友人などとの関係を社会的に断つといった感じを受け、何かしっくりと来なかった。
だが、最近これを「フィジカル・ディスタンシング(身体的距離の確保)」と言い換える動きが出てきたという。

要するに「人と人との距離」、推奨される距離は約2m。一歩外へ出れば、この間隔をキープし続けるのも一苦労。しかも換気の悪い空間の場合、2mだけでも不十分」ともいわれている。

4371no4.jpg

3月初めころだったが、病院の待合室の椅子にも「社会的距離」と書かれた紙や「×」とテープが貼られていた。  
最近はあまり行くことがなくなったが、スーパーなどのレジにはビニールが下がり、前の床には2mごとにラインが貼られていることも多くなった。
 
       4371no6.jpg

たまに自転車で行くことがあるパン屋さんに歩いて行った。中に10人ほどの客がいただろうか。
数台あるレジ前には2mほどの間隔を空けて並んでいる人たち。パンをトレイに入れて最後尾に立つと入場制限が始まった。

  4371no3.jpg

   4371no1.jpg

「買い物は3日に一度、1人で・・・」とはいかないようだ。休日の昼前、2人連れ、家族連れが多かった。店を出ると行列が出来ていた。

 4371no2.jpg

代わり映えしないわが家でもたまのパンのランチは、しばしコロナのことを忘れさせてくれた。
旅・散策・イベント
 | HOME |