FC2ブログ

秋には逢えるかな

2020年05月10日
Fさんからケヤキの写真が送られてきた。??どこのだろう??と思っていると、次の写真が来た。
あの「トトロの樹」だと思った途端、「いつかみんみんとSさんとで見に行った、西荻のトトロの木の様子。とっても元気です」と。

       4376no1.jpg                
    4376no2.jpg
       トトロの樹   Fさんより  2020.5.5 

西荻窪の彼女の家から「トトロの樹」までは歩いて5分ほどだろうか。「この木の前のカフェの3歳くらいの男の子がいて、私をみて、そばにいたお父さんにおばあさんが来たよ!と言いました。帽子をかぶり、マスクをして、眼鏡もかけていたのに、おばあさんとわかるとは!ショック!」
いやいや、帽子もマスクも眼鏡もなければ、お姉さん!と言われたはずと返したのだが、実際に彼女はだれがみてもお婆さんには見えない。

「坂の上のけやき公園」(杉並区西荻)の「トトロの樹」と呼ばれて親しまれているケヤキの大木はマンション建設による伐採や立ち枯れの危機を乗り越えてきた。保存運動の署名簿、この話題が掲載された新聞の切り抜きなどが入れられたタイムカプセルが花壇の下に埋められたという。
初めての出逢いは公園が出来てひと月経った2010年4月。荻窪の病院に肺炎で入院した孫娘あいあいの付き添いに行く前に立ち寄った。(坂の上のけやき公園

  4376no3.jpg
          2010.4.24
   
樹高約19m、幹周り5.5m 樹齢90年を超えるケヤキに圧倒された。このときはまだ樹の周囲に柵はなく、子どもたちが自転車でグルグル回って遊んでいた。

2011年、樹に亀裂が入てから次第に枯れ始め、翌年春には葉の出が遅く、左右不均等の異常な状態に。プロによる樹勢回復が行われ、2015年秋には葉にも勢いが出て、繁り具合も戻ってきたという。
FさんとSさんと「カノン」でランチをいただいたのは、2015年のクリスマス前だった。(再会したトトロの樹

   4376no4.jpg       
4376no9.jpg
     2012.12.22  アトリエ「カノン」で

4376no7.jpg
          2015.12.17 

その後、ごんさんと孫たちの運動会の帰りに「カノン」でランチしたこと、Kさんとスケッチブックを持って行ったこともある。Oさんと出かけたことも、現在は上海に戻った非さんと行ったこともある。

4376no6.jpg
          2016.10.2   

「トトロの樹」は、2016年9月、杉並区の「景観重要樹木」第1号に指定された。
  
  4376no5.jpg
          2018.4.4  
      
そういえば2年前に訪れて以来、トトロの樹に逢っていない。「秋になったら逢いに行きたい」と伝えてとFさんに頼んだ。
旅・散策・イベント
 | HOME |