FC2ブログ

紅花咲く頃

2020年05月26日
今日は24節気の1つ「小満」の次候「紅花栄」。(紅花

紅花は、キク科ベニバナ属の一年草または越年草。雅称を末摘花ともいう。紅色染料や食用油の原料として栽培される。
花から得られる紅は女性の口紅にされ、平安王朝人の紅や桜色の衣装を染めた。源氏物語での光源氏は葵上を弔う喪服に使用したとか。また、古代エジプではミイラの布の防腐剤として使われた。

   4391no2.jpg
原産地はエチオピアともいわれ、エジプトからシルクロードをたどって6世紀頃に日本に伝来したといわれてる。
山形県では15世紀半ばから栽培が始まったとされているが、江戸初期には質・量とも日本一の紅花産地として栄え、最盛期には全国の50~60%を山形産が占めた。最上川沿いの肥えた土地が主産地で、朝霧の立ちやすい気候が、トゲのある紅花を摘みやすくしたという。

紅花の大産地は最上川流域。気候、土壌が栽培に適していたこともあるが、むしろ最上川の舟運で山形と京都や大阪が北前船によって深く結びつき、紅花商人たちが活躍したことが、産地の拡大に繋がったといわれている。
だが、明治時代以降、中国産の紅花が盛んに輸入され次いで化学的に合成可能なアニリン染料が普及したため、紅花生産は急速に衰退。現在では紅花染めや観光用などにわずかに栽培されている。

先週、『失われた色を求めて』(BSプレミアム)という特集番組(再放送)で、故吉岡幸雄の日本古来の植物染による伝統的な染色が紹介された。吉岡氏は京都で江戸時代からつづく染屋の五代目で染織史家でもある。
「染司よしおか」では、寒い時期、東大寺のお水取り (修二会) の折、二月堂の十一面観音に捧げる椿の造り花のための染和紙を紅花で染める。様々な工程を経て紅花から取り出した色素は、烏梅という梅の実の燻製の力を借りて艶紅と呼ばれるように輝くような紅の色になるという。

    4391no5.jpg
     韓紅・唐紅  紅・呉藍     紅色
        紅花で染めた色  『色の手帖』 

日本の伝統色や「襲の色目」などに関心が強かった母の影響もあって『色の手帖』『色彩事典』『日本の伝統色』を傍においたり、「色の万華鏡」というサイトを覗いていた時期もあった。
母の遺した『色の手帖』を開くと、紅花の花弁の色素から染め出した「紅色」(3R 4/14)「紅・呉藍」(10RP 5/11)「韓紅・唐紅」(2.5R 4/12)の色の見本が載っている。

色名は、染めの原料の名だったが、平安時代になると四季折々の自然の色の微差が色名になっていく。紅梅色は、梅で染めるわけではないし、若竹色も竹で染める色ではない。
色と色を重ねて季節や植物を表現し、装いを凝らす「襲(かさね)の色目」も登場した。

    4391no4.jpg

母が句集を上梓するときなどに手に入れたのか、色見本として切り取るようになっている「日本の伝統色」「中国の伝統色」「フランスの伝統色」(大日本印刷)。
絵を描く上でもよく活用したが、久しぶりに見てみると、「日本の伝統色」の「紅梅色」「浅緑」とか「白緑」など、決まった色が切り取られていることが極端に減っていることにあらためて驚いている。
芸術・文化・考古
 | HOME |