近居のメリット・・・

2015年01月10日
近居(きんきょ)という言葉をよくきくようになった。
親世帯と子世帯の別居の距離が近い場合にはとくに「親子近居世帯」と呼ばれる。
こうした世帯にさまざまな助成、補助をする自治体も増えているようだ。

新潟市では住宅改修を行う際に、同一小学校区内または隣接小学校区で、1km以内に
親世帯・子育て世帯が住居を有する場合、補助率と補助金上限額を大きくしている。

千代田区では、区内に親世帯があり、子世帯が区内に越してきた場合に「次世代育成
住宅助成」として住宅関係費用の一部を助成している(8年間で300万円)。
区内の世帯構成バランス改善や地域コミュニティの活性化、定住性の向上が目的。
親は区内に5年以上居住などの条件があるが、人口が3万人台から5万5千人へと
増えたのはこの制度のお陰もあるのだろう。  

北区の「親元近居助成」は、住宅取得時の登記費用を助成することにより、
介護・子育て等の共助を推進し、定住化促進を進めることを目的としている。

品川区の「親元近居支援事業は、介護や子育てなどお互いに助け合いながら
安全・安心に暮らしていくことができるように親世帯と近居または同居することになった
ファミリー世帯に対して転入・転居費用の一部を「三世代すまいるポイント」として交付。
子世帯に区内の食事券、商品券など10万円相当のサービスもある。

親世代と子世帯との距離は1.2km、徒歩15分以内。この事業がスタートした2011年、
東日本大震災があった。公共交通機関も使えない。自転車も瓦礫の中では使えない場合、
お互いのところへ歩いて駆け付けられる距離が1.2kmということらしい。
最近では年間募集件数の35件がすぐ満員になるとか。
増えるひとり暮らしの人たちの見守り、空き家対策にもなるということのようだ。

わが家は祖父母の代、戦前から大田区在住。子世代もりんりんが1歳から大田区に住む。
わが家と娘の家はどのくらいの距離があるのだろうか。1.8~2kmくらいだろうか。
電車なら2駅、歩けば20分ほど。坂もないので自転車で行くことも多い。
じゅんじゅんの保育園がちょうど中間にあり、迎えに行くこともある。

     りんりん 2004.11
                 りんりん 1歳のころ  庭で

孫たちが1泊するだけでも疲れるこのごろ、おそらくさらに疲れる同居はできそうにない。
親世帯にとっての近居のメリットは? スープも冷めかかる距離あたりがいいところか。
熱を出したじゅんじゅん、保育園のお迎えを頼まれたり、小児科に連れて行くことも。
りんりんが鍵を失くした・・・など、駆け付けることも度々。
       
          2人 2013.12                                
                 すでに芝生はなくなって・・・

ちょうど1年前、猫にドアチェーンをかけられて、じゅんじゅんたちが締め出されたという
予想もしなかった事件が起きた。             (ショータンは悪くない・・・?
駆け付けるのもいやだが、駆け付けてもらう日々が来るのが遠いことを願っている。
身近な人びと