FC2ブログ

京雛は京都風に

2019年03月03日
今日3月3日は「桃の節句」は。本来は「上巳(じょうし、じょうみ)」の節句」といい、3月の最初の巳の日を指していたが、のちに3月3日に定まった。

中国ではこの日に水辺で身を清める習慣があり、それが平安時代に日本に伝わった。草木、紙や藁で作った素朴な人形(ひとがた)に自分の厄災を移す習わしや、貴族階級の子女の間で始まった「ひいな遊び」という人形遊びが結びつき、海や川に人形を流してお祓いをする「流し雛」の習慣となった。 (江戸流しびな

     流しびな
           江戸流し雛       2015年

江戸時代に上巳の節句が五節句のひとつに定められると、5月5日が男の子の節句であるのに対し、3月3日は女の子の節句となり、桃や雛人形を用いることから「桃の節句」「雛祭り」と呼ばれて定着。「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、旧暦のこのころに桃の花が咲くことや、桃は魔除けの効果を持つとされてきたからという。

関東雛の飾り方は、男雛を向かって左側に女雛を右側に飾る。
三人官女の持ち物は、長柄銚子、加銚子、盃(三宝)。仕丁の持っている道具は、大名行列での道具なのだとか。

京雛といわれる関西雛では、男雛を向かって右側に女雛を左側に飾る。
官女は盃(三宝)ではなく島台を持つ。
仕丁の持ち物は宮中で使う持ち物で、左から「熊手」「ちりとり」「箒」の順に並べる。

男雛を向かって右、女雛を向かって左に飾るのは、京都御所の紫宸殿の御即位の式典でこの並びだったのが由来。
また太陽が先に当たる側が位が上とされて、これは中国からの考え方「太陽が登る東の方角が上位となる」という考え方から来ているとか。

関東では武家中心の慣習が強く、右側が「位が上」とされていたため、男雛を向かって左、女雛を向かって右に飾るようになったと言われている。
特に江戸時代に雛人形はお輿入れのお道具として持たせていたので、権力の誇示として関東の飾り方になったと言われている。

西洋の文化が入ってきた明治時代、西洋では右側が「位が高い」とされていたのを受け、大正天皇が即位の時に立たれたのが右側だったことから、それ以来雛人形もそのように変わったと言われている。
昭和天皇即位式の時の両陛下の位置を参考にして、東京の雛人形界で決めたという。

京雛は切れ長の目、鼻筋が通った京美人、関東雛は目が大きめ、口元がほころんでいてふっくらとした顔。
母と同じ歳を重ねてきた雛人形の顔もお道具も京都風。祖父母、母とずっと男雛は向かって右側に飾っている。左近の桜、年長の左大臣が向かって右側なのでこの方が自然だと思っている。(ひと足早く雛祭り

   2019
                  2019年

今年は思いがけず多くの人に母の雛人形を見ていただくことができた。片付けるのは正直、面倒だが、来年も飾ることができるように願って丁寧に箱にしまうことにしなくてはと思う。

昨年の2月、東邦医大病院の入口脇につくられた雛段に感激したことを思い出す。京都の作者だということもあるのだろうか、男雛が向かって右側だったので嬉しかった。

     2018
               2018年
   2019
               2019年

ところが、今年、向かって左側に男雛、右側に女雛。え~何で? 思わず声をあげそうになった。昨年と違う人が飾ったのだろう、京都雛なのに・・・。昨年喜んだ分だけがっかりした。ここは東京だから仕方ないのだろう。
身近な人びと