FC2ブログ

きいておきたかった・・・

2020年03月06日
コロナ騒ぎの中、男性1人を含む友の会の5人がわが家に集まり楽しい時間を過ごした。母の初節句のときの雛人形のほか、祖父母の遺したものを見ていただくためでもあった。昨年、家が近いということでお誘いした麦わら細工の会で親しくなったYさんも。

父がいただいたと思われる翡翠が入った石と祖父が遺した土器2点とを博物館に受け取っていただけたことでまずはほっとした。
この須恵器風の土器について、学芸員のSさんは朝鮮半島から来たものだろうというが、コロナ騒ぎが収束して博物館の友の会の集まりが再開されるころには詳しいことがわかっているだろうと思う。(土器いろいろ

   4309no3.jpg

旧宅の床の間や書院に飾ってあった置物で残っていたものは多いが、今までまったく関心がなく、小学1年の時に亡くなった祖父はともかく、祖母にきいていなかったことを後悔している。

お宅がちょっとした博物館のようだと言われているK氏には、端渓の硯や円形の硯など3点差し上げた。残念なことに細かいヒビがあるが、蓋や側面には螺鈿象嵌が施されている2段式の硯箱は珍しいとのこと。
ほかにも旧宅の書院に飾られていた翁の置物も。  

   4309no1.jpg
   4309no2.jpg

   4309no4.jpg
         旧宅

何はともあれ祖母や母ともっと話をしていたら・・・と今頃になって思っても遅いのだが。
身近な人びと